こちらでは、ゴムチューブ強制フォーム練習法を実際に、講習会で

体験した方たちの、貴重な意見をご紹介していきます。

皆さんと同じ悩みの方が、【どのように悩みが解決したか】の

参考になればと思います。

 

 

●ゴムチューブ強制練習って何?

 

この練習方法を発見したきっかけは

”最速で打ち方をマスターする方法”を考えに考えた結果

 

ゴムチューブを使うことによって

強制的に理想的な打ち方を腕に覚えこませる事に行き着き

 

たくさんの方が劇的に打ち方が変わった

再現性の高い、とても可能性のある練習方法です。

 

 

 

●参加者の方から続々と報告が届いています。

 

■KAOさん:女性

先日ゴムチューブの講習会に参加させていただいて色々びっくり。

特にフォアハンドストロークとボレーは体験したことのないスイングでした。

でも私の場合、ゴムチューブがすごいのはここからで、

今まではレッスンでできるようになってもしばらくすると全然分からなくなり、

またいつものプレーに戻ってしまうというパターンでしたが、

今回はゴムチューブを付けてラケットを振ってみると、

あ、そうだった!と思い出せるところがすごいです。

 

できたら、ゴムチューブを使った練習会を定期的に受けたいです、、

ゴムチューブ付けたままヒッティングしたい!

 

■andy

KAOさんありがとうございます。

こちらの方は、フォアハンドが悩みで、強制練習に望みをかけたところ

いきなりスピンのかかったフォアが打てて驚きでした。

この【出来た】という体験は、みなさん経験があると思います。が

この方が言われているゴムチューブのすごいところが

”忘れても思い出せるとこ”にあります。

 

引き続き体が覚えるまで繰り返し練習していきましょう!

定期講習会の開催も今計画中で、スケジュールページを作っていますので

必ずや定期講習会を実現しますね。

メッセージありがとうございます。

 

 

■SAKさん:男性

今までボレーについては、ラケットと手の間に隙間を作り、

握って飛ばすということをずっと練習していましたが、

握りこむ時に、グリップ側がぶれてしまう感覚がありました。

ゴムチューブつけてボレーするとグリップエンドが固定されるので

ボールがきれいに当たるようになりました。

 

ストロークはフォアのリターンがよくなりました。

コーチにアドバイス頂いていましたが、振りをコンパクトにするよう、心がけています。

今までは腕をしならせる感じで打つのがいいと思っていましたが、腕を動かさ
ずグリップの握りこむだけも十分飛ばすことができるということがチューブの動きでわかりました。

 

講習会でもちょっと苦戦したのが、サーブでした。
チューブを巻いてサーブしようとすると、グリップエンドに巻くのでいつもより短く持つこととなるのと、面の感覚がいつもと変わってしまい、うまく打てません。チューブの巻き方はもうちょっと自分なりに研究してみます。

 

ですが、ラケットなしでチューブを巻いた時には、強烈な腕の捻り戻しが感じられました!
コートでサーブ打ったら、バシバシ当たるようになりましたが、今度はロングフォルトが多くなりました。なので、また修正して、握りの力を弱めにして、その後、体幹を回すことの方に多く力を使うようにしたら、厚い当たりでも、割とサーブが入るようになりました。

 

■andy

SAKさんありがとうございます。

こちらの方は、もともとパワーがある方で、ショットにも威力がありました。

ゴムチューブの練習によってよりフォームがコンパクトになり、最小限の動きで

同じパワーショットが打てるようになりました。

省エネテニスで長い試合にも対応できるスタミナもつきますね。

 

こちらの方は、講習後も自分でアレンジして練習されています。

コツがわかってくると、自分でもゴムを幅広く使うことが出来ます。

また新しい練習法がありましたらご報告お待ちしています。

メッセージありがとうございます。

 

●こちらはLINEグルーブでの報告です。

 

参加者:女性

参加者:男性

参加者:女性

 

皆さん嬉しいご報告ありがとうございます。

これからさらに練習メニューを追加していきますね。

 

 

 

 

まだまだ引き続き、ゴムチューブ練習の成果を報告していきます。

このゴムは体幹トレーニングにも使います。

 

体に芯が出来たような感じが出てきて、姿勢が良くなり

日ごろの生活も体が引き締まった感じがして、歩くのが楽になりました。という報告もありました。

 

 

この強制練習は短期で腕に感覚を覚えこませる効率的な練習だと実感しています。

もとは、合宿での練習方法でしたが、だんだん練習方法が確立されてきて

一つの【練習法】としてコンテンツ化することになりました。

 

 

この練習方法は、講習会に来れない方にも、もちろん提供しています。

練習方法の動画とゴムチューブがセットになった

【ゴムチューブによる非常識理論フォーム強制マスター講座】

 

 

こちらの

練習方法の動画とゴムチューブがセットになった

【ゴムチューブによる非常識理論フォーム強制マスター講座】は

一ヶ月単位で参加者を募集しています。

 

 

毎月20名の枠で募集しています。

LINEでグループを作って意見交換を行いながら練習していくための定員制です。

 

 

募集はこちら【ゴムチューブ講座紹介ページ】