【テニスフットワークの基本説明】~これは絶対練習しないと良くならない~

【テニスフットワークの説明動画】

 

今回は

フットワークの種類についてお伝えした動画のご紹介です。

 

前回のご紹介より

オフコートでのテニス情報をお届けしています。

 

今回は

フットワークの種類についてご紹介しています。

 

目的は種類を紹介するのではなく

実は・・今回お伝えしたいのは

 

『フットワークどうなっているか見えますか?』

と言う意味合いの方が強いです。

 

フットワークは早すぎて

どのように動いているのかがわからないのです。

 

わからないから

フットワークを練習するにはイチから基本の

フットワークメニューをこなして

 

体が自然に動くように

トレーニングしていく必要があるのです。

 

これがフットワークがスムーズに動かない

フットワークに悩みを持つ人が多い理由です。

 

あなたはフットワークに

悩みを持っていませんか?

 

フットワークが良くなれば

あなたのテニスが大きく向上すると思いませんか?

 

こちらに

フットワークのメニューをご紹介しておきます。

 

こちら

 

こんなにたくさんのフットワークがありますが

実際に出来るようになれば体が勝手に動いてくれます。

 

それまでは

しっかりトレーニングを行う必要があります。

 

本日も実は

『後ろに下がってスマッシュが打てません』と言う悩みの方の

プライベートコーチングを行いました。

 

イチから走り方のトレーニングを行いました。

 

〇バックサイドステップ

〇バッククロスステップ

〇バックラン

〇ベースローテーション

〇バックギャロップステップ

 

この数のフットワークトレーニングを行う事で

パッと瞬間的に後ろに下がる動きが出来るようになりました。

 

それでやっと

ロブを上げてスムーズに下がることが出来るのです。

 

もちろんその際に姿勢も重要で、

肩が伸びた形になってしまうと

そもそものフットワークが機能しなくなります。

 

このテニスの技術面からと

フットワークの体感の面からの

 

ダブルアプローチを行う事で

テニスはゲームでのプレーが作られています。

 

フットワークに悩みがある方

●シングルスで動きが悪い

●動かされたらフォームが崩れる

●下がってのスマッシュが打てない

●ボレーが動けない

●スムーズなテニスが出来ない

●高いボールが返球できない

●楽にテニスがしたい

などなど・・

 

上げれば数えきれないほどの

フットワークが原因になっている悩みがあります。

 

それらを2019年の春に向けて

一気に解消しよう!と言う企画が今回の

【フットワークトレーニング研究会】です。

 

あなたがもし

フットワークに悩みがあるのならば

今回の企画に参加してください。

 

春には華麗なフットワークなった

あなたを周りに見せて驚かせましょう!

 

●なんでそんなに動きが良くなったの!?

●前衛で動いてくれて助かる!

●足早くなった!?

●下がるの早いから上が抜けない!

●シングルスで勝てない相手に勝てた!

 

動きが変わると

またまたテニスが楽しくなりますよ。

 

冬の時期にしっかりフットワークを磨いて

今年のテニスを楽しみましょう。

 

参加詳細は

こちらのページからどうぞ!

特別価格での募集期間は2月25日までです。

 

【フットワークトレーニング研究会】←こちらをクリック

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

非常ラーチャンネルで情報発信!!~テニスの情報をお届けします~

【ボールコントロールの練習法】

 

今回は

テニスのコントロール練習法についてお伝えします。

 

何と今回は

初のスタジオ収録を行いました。

 

コートではない

別の形での発信もトライしていきたいと思います。

 

Youtubeでは様々なテニスの情報の発信を目指していきます。

こちらのブログではテニス理論や情報の他にも

 

講習会や合宿の報告など

非常識理論の活動報告もお届けしていきます。

 

もう一つ

非常識理論にはメールマガジンがあります。

 

そちらでは

テニス理論の情報をガッチリお届けしています。

 

もっと詳しく

テニス理論の情報を知りたい方は

メルマガにご登録ください。

 

今回初チャレンジのスタジオ収録では

ストロークのコントロール練習法をお伝えしています。

 

この練習からスタートすると

コントロールのイメージが作りやすいと思います。

 

こちらの動画で

練習方法を確認してみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

フットワークトレーニング研究会募集中~2月25日で終了!

【フットワークトレーニング講座募集中です】

 

ただ今フットワークトレーニング講座の

募集を開始しています。

 

通常はメールマガジンからお知らせしていますが

こちらのブログでもお知らせしておきます。

 

ブログは次の記事をアップすると

たちまち過去の記事になるために

すぐにあなたの目には触れなくなります。

 

そのたためにこの様なお知らせは

メルマガでのお伝えにしていましたが

 

タイミングよく

本日2月17日~25日までの間にこの記事に目が留まった方で

 

『フットワーク』に悩みがある方が

参加出来たら、それもご縁かなと思って投稿しました。

 

今回のフットワーク講座は

研究会スタイルでの募集を行っています。

 

この研究会スタイルとは何か?というと

 

非常識理論は

どんどんテニスの新しい練習方法を開発しています。

 

今のラインナップは

〇非常識テニスのストロークの基礎を固める

『非常識理論基本ストロークDVD』

 

〇サーブを40個の練習メニューからマスターする

『サーブマスター講座』

 

〇テニスの上級者が使っている、腕のひねり戻しでのテニスをマスターする

『ゴムチューブ練習講座』

 

この三つのラインナップとなっていますが

どのコンテンツも始めの第一回目のリリースの際には

 

私の独りよがりの押しつけコンテンツにならないように

こちらで用意した動画をお届けしながら

参加者の方達のリクエストにお答えする動画を作り

 

よりあなたの理想のコンテンツになるように

回答動画としてコンテンツを増やしていく体制を取っています。

 

それが『研究会スタイル』という

コンテンツの初リリースの際の特別形態での募集となっています。

 

利点は

〇あなたの意見が取り入れられたコンテンツになる事

〇あなたのリクエストが形になって残る事

〇初回割引き価格での参加が出来る事

〇チームで協力してコンテンツを作り上げる達成感がある事です。

 

何でも初回は特典大ですからね。

しかも今回は多くの方が興味があるけど情報がなく

悩みはあるけど解決の仕方がわからないという

 

『フットワークトレーニング』という内容になります。

 

すでに動画が40個をそろえています。

ここから追加動画が増えることを考えると

 

50個は行くような気がしますね・・ちょっと怖いですが。笑

 

ではこんなにたくさんの動画があって

●全部マスター出来るのか不安

●いつまで動画は見ることが出来ますか?

●どのレベルでも役に立ちますか?

という心配な部分もあると思います。

 

今回のフットワークトレーニングの内容は

僕が体系化したくてしたくて長く思い描いていたモノが

ついに完成した内容になっています。

 

なぜこのタイミングで完成したかと言うと

トレーナーの方達との出会いによって

フットワークについて細かく動きを理解することが出来たからです。

 

テニスの知識だけではない

体の動きの理論的な知識がないと

フットワークトレーニングのメニューは完成しなかったからです。

 

そのトレーナーの方達の動きの理論的を取り入れて

テニスの動きを分析することが出来

全ての動きを動画に落とし込むと何と

40個もの動画コンテンツになったのです。

 

かなりのボリュームになりました。

それだけテニスの動きは複雑な動きが混ざって

作り上げられていたのです。

 

その動きを全て体系化して

わかりやすく段階に分けてコンテンツにしました。

 

それがこの

【フットワークとレーニング講座】です。

 

ではここで

メニューをご紹介しておきます。

このフットワークは

初心者から上級者まですべてのプレーを集約しています。

 

この動画は永久保存版です

コツコツコツコツマスターしていく事で

あなたの動きが変わっていきます。

 

動画に期限は有りませんので

あなたのペースでマスターしていく事ができます。

 

1)どの動きが苦手なのか

2)その動きを良くするための動きはどの動きか

3)その動きのためのフットワークはどれとどれなのか

4)必要なフットワークを練習する

5)フットワークを組み合わせる

 

この流れによって

あなたが今までできなかった動きが出来るようになるのです。

 

例えばあなたが

『深いロブを下がってスマッシュすることが出来ない』と言う悩みがあれば

 

●ベースローテーション

●バックギャロップステップ

●ジャンピングスマッシュフットワーク

 

この三つの動きを練習して

組み合わせることで打てるようになります。

 

と、

この様に動きを体系化して理解することが出来ないと

深いロブをスマッシュすることは出来ないのです。

 

これらの内容が

今回のフットワークトレーニングコンテンツに詰まっています。

 

さらに!

あなたの悩み解決方法が内容になかったら

今回の研究会ではリクエストすることが出来ます。

 

その初回限定企画は

2月25日までの募集となります。

もちろん初回限定価格での申し込みが出来ます。

 

ブログでは記事が埋もれてしまうために

あまりお伝えしていないブログでの申し込みを

今回はトライしてみたいと思います。

 

お申込みは下にリンクをつけておきます。

 

丁度この記事をたまたま目にして

フットワークに悩みがあったあなたとの

偶然のご縁があることを願って

 

あなたのご参加をお待ちしています。

 

※2月25日で終了となります。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスフットワーク練習~種類や動画を紹介します~

【テニスフットワーク練習】

 

あなたはテニスの

フットワーク練習をしたことがありますか?

 

と言われて実は

フットワーク練習をしっかり取り組んだことがある人は

ほとんどいないのです。

 

ではなぜ?

フットワーク練習に取り組んだことがない人が多いかと言うと

 

フットワークは実はたくさんの種類があり

それらをしっかり練習しようと思ったら

 

しっかり体系化出来ていないと

うまく練習メニューが組めないからです。

 

『え?そんなにフットワークに種類があるの?』

と、思ったあなたに

 

ちょっといくつかのフットワークの種類を上げますね。

●サイドステップ

●クロスステップ

●キャリオカステップ

●ドロップステップ

●ギャロップステップ

●ペンデュラムステップ

と、ステップだけでも今六つ上げましたが

 

まだほかにローテーション系やブレーキング系

ヒッティンのためのフットワークや組み合わせを含めると

 

ものすごくたくさんのフットワークがあるのです。

 

あなたがもし

どこかのショットの時の動きに悩みがある場合は

 

その時必要な

フットワークがスムーズに出来ていない可能性があります。

 

例えばスマッシュの際に

●素早く後ろに下がれない

●前向きの万歳の形でさがってしまう

●アッと気が付いたら上を抜かれている

 

あなたがこの様な悩みがある場合

スマッシュボールが来た時に以下のフットワークが出来ているか

チェックをしてみてください。

 

『下半身のローテーションフットワーク』

『素早く後ろに下がるギャロップステップ』

『その動きを瞬時に行えるアスレティックポジション』

 

どうですか?

出来ていないポイントがありましたか?

 

これらのどこかにウィークポイントがある場合

●スマッシュが上がっても素早く下がれない

という悩みに繋がっている可能性が高いのです。

 

三つすべて使えていないと・・・

たぶん万歳後ろ下がりの形になります。

 

テニスはとにかく

前後左右上下斜めと立体的な動きを行います。

 

さらにヒッティングに必要な

体のローテーションの動きを入れます。

 

これらの動きを作るために

フットワークは様々な動きを必要とします。

 

複雑に動きが混ざった

フットワークのコンビネーションで作られます。

 

そのために

一つのフットワークが出来ていても

どこかのフットワークが出来ていないと

 

ゲーム中の動きにウィークポイントが出来ます。

 

もしあなたが今

フットワークに悩みがあるのならば

より詳しくはメルマガでお伝えしますので

 

下記のメルマガに登録しておいてください。

 

今回は一つのフットワークをご紹介します。

後ろに下がりながらのヒッティングフットワークです。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

山梨合宿の報告~テニストレーニングの成果~

【山梨合宿の報告】

 

先週末山梨合宿を開催しました。

コーチ・トレーナー3人

参加者4人の、ものすごく濃い合宿となりました。

 

この様にテニスの練習と並行で

トレーナーの方からのトレーニングを行います。

トレーニングと言うのは

テニスの動きの中で、必要な動きが出来ていないことで

プレーがスムーズに出来ていないポイントがあります。

 

そこを実際にプレーを見ながら修正をいれていきます。

フットワーク系のトレーニングもあれば

 

上半身の動きの矯正もあります。

 

もちろんテニスの内容もガッチリ取り込んでいます。

 

今回の目標が『ゲームをスムーズに行う事』という

基本ショットをしっかり動きと共にマスターして

そのショットをゲーム中に動きながらプレーすることが目的です。

フットワークトレーニングをしっかり行ったので

参加者の方々は、筋肉痛を恐れていましたが・・・

 

ゆっくりお風呂に浸かり次の日もしっかり練習することが出来ました。

夕食は御酒も入り楽しい会食となりました。

話題は、このテニスを知ったきっかけになり

みなさん、Youtubeから知ったことがわかりました。

 

ん~恐るべしYoutube

参加者の方達も始めは『画面の中の人が目の前にいる』という

不思議な感覚になるそうです。笑

思ったよりも小さかったですか・・?笑

 

参加者の方達と一枚・・そうです

またコートでの集合写真を忘れました・・

本当にどこかに書いておかないと・・

 

こちらは夜の個別ミーティング会場です。

その日のデータをもとに、次の日の目標を計画します。

 

早朝は富士山を見ながら朝食です。

 

今回は動きを知って頂くために

トレーナーの方にもテニスを体験して頂きました。

やはり・・呑み込みが早い・・さすがです。

今回も

熱い合宿となりました。

その中で、面白いデータが取れました。

 

トレーナーの方に測定していただくデータがあるのですが

前回の中級クラス合宿の参加者の方々のデータと

今回の基本クラス合宿の方々のデータでは

大きな傾向のデータに差が出ました。

 

このレベルに分けてのデータの違いが分かったという事は

そのレベルアップに必要なトレーニングがわかってくるという事です。

 

初心者から中級へは

どのような動きをトレーニングすればよいかが分かってきた

と言う事です。

 

これはまた

大きな気付きとなりました。

 

参加者の方々も次のステップの目標がはっきりして

これからまた練習に力が入りますね。

お疲れさまでした。

 

非常識理論では今回のように

プロトレーナーの早稲田さん水川さんに協力していただき

テニスを体の動きからも上達させるカリキュラムを目指しています。

 

2月3月には

テニス&トレーニング講習会の開催も計画しています。

 

こちらに興味がある方は

下記のメルマガに登録してください。

そちらからお知らせしていきます。

 

また楽しい情報をお待ちください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニス合宿の準備~女子ダブルス合宿の計画~

【非常識理論合宿の準備】

 

本日は明日の合宿の準備をしています。

この写真ではテニス合宿とは思えませんね。。。

袋に入っているのは参加者の方へのお土産です。

 

『そんなのいつの間にやってるの!?』

と言う方もあると思いますが

 

合宿はメルマガでのお知らせと募集になっていますので

一般公開はほとんどしていないからです。

 

非常識理論合宿はちょっとマニアックなので

マニアックにご紹介しています。

 

今回のテーマが

『テニス&トレーニング合宿』です。

 

プロフェッショナルなトレーナーの方々の

CORE N’ CODE 早稲田さんと水川さんが参加してくださいます。

 

この方々は本当にプロフェッショナルで

参加の方々の体の動きを瞬時にチェックして

最適な動きを段階的に修正してくださいます。

 

その技術はもとより・・熱いんです。

アメリカへも技術を学びに行かれており

最新の情報に常にアンテナを張っています。

 

そして・・優しいんです!笑

 

トレーナーの方ってドМな方が多いイメージありませんか?

・・テレビの影響でしょうか?

 

お二人いわく

『可動域を広げるトレーニングでは負荷はいらない』ということ

 

無駄に負荷をかけるのではなく

その人の最適な動きを得るための

最適なトレーニングを提供してくださいます。

 

 

お二人の画像はこちら

優しそう~~

と言う事であなたも

『トレーニング=筋トレ』と言うのはかなりの情報遅れです。

 

あなたの体の動きを最適な動きにするためには

可動域トレーニングや筋肉トレーニングがあり

 

今回ご一緒にテニスのトレーニングを見て頂いた

僕のイメージをお伝えすると、

 

一般の方は『可動域を広げるトレーニング』と

『バランスを整えるトレーニング』が必要だと感じています。

 

今回の合宿でまた

たくさんのテニストレーニングデータが取れます。

 

またまたそれらのテニストレーニング情報は

メルマガにてお知らせしていきますので

 

テニストレーニングに興味がある方は

メルマガに登録しておいてください。

 

そして!

次回のマニアック合宿のテーマが決まりました。

 

それは

【女子ダブルス合宿】です。

 

女子ダブルスは

●シングルス

●ダブルス

●女子ダブルス

と3種目に分けてもいいくらい、独特なテニス感があります。

 

・・ん~ちょっとまってください

女子ダブルスではなく、日本の女性ダブルスですね。

 

一般プレーヤーでは男性よりも

女性のダブルスプレーヤーの方が熱い戦いが繰り広げられています。

 

その女性ダブルスに特化した

合宿を開催しようと思っています。

 

こんなメニューではないですがこんなイメージです。

こちらも

メルマガでご紹介していきますので

 

興味がある方はメルマガに登録しておいてください。

非常識理論はマニアック合宿を開催しています。

 

シングルス合宿も開催したいと思っています。

またまた計画しますね。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニススライスサーブの打ち方動画の紹介~初心者~中級者~

【スライスサーブの打ち方動画の紹介】

 

テニス初心者の人はまず

スライスサーブをマスターしましょう。

 

本当に初めたての初心者の方は

俗にいう羽子板サーブのような打ち方からスタートすると思います。

 

それでまずはサービスコートに入るようになったら

次は回転をかけたサーブにステップアップしていきます。

 

その目指すサーブがスライスサーブです。

 

ではなぜ

スライスサーブをまずは目指したほうがいいかと言うと

 

体の動きを正しく使った際に

スライス回転がかかるフォームが基本フォームになるからです。

 

先ずは当てるだけのサーブでコートに入れられるようになったら

体の使い方を正しい動きを目指して、スライスサーブにトライしていきます。

 

■体の使い方

 

ではサーブの正しい体の使い方についてお伝えしますね。

この動きを簡単にお伝えすると

 

腕のひねり戻しを使ったサーブの打ち方となります。。。

 

と言われても・・

そんな打ち方全くイメージできないですよね。

 

そうなんです

サーブの打ち方は体の全ての動きが総合して作られているために

とても難しいショットになっています。

 

いきなり『腕の内転外転』と言われても訳が分からないですよね。

 

そこで今回は

肩の回転についてお伝えしたいと思います。

 

■肩の回転

 

肩の回転とは

肩の関節を中心に腕が回る動きではありません。

 

肩の回転とは

頭を中心とした、両肩が入れ替わる大きな回転の事です。

 

サーブで例えると

トスを上げる手が先ず前にあって、トスを上げます。

 

次に後ろに合ったラケットを持った方が

前に出てきてサーブを打つフォームになります。

 

この際には両肩が入れ替わっている肩の回転運動が行われています。

この動きはイメージ出来ると思います。

 

ではこの動きでサーブを打つ際に

この肩の回転の動きはラケットを振らなくてもスイングを作ってくれそうですよね。

 

イメージしてください。

ついサーブは腕を振ろうとしてしまいます。

 

腕でのスイングではなく

腕は動かさずに肩の回転がサーブフォームを作るフォームをイメージしてください。

 

これが安定サーブの一つのイメージとなっています。

 

ではそのイメージを

スライスサーブに変換していきます。

 

右利きのプレーヤーで説明します。

 

右手に持ったラケットを肩の回転でサーブフォームを作った際に

 

ラケット軌道は右上に上がり左下に降りる軌道になると思います。

 

その時に

ラケットをボールをの外側に当てるようにすると

肩の回転とともに左に飛んでいくサーブになると思います。

 

これがスライスサーブになります。

 

■安定させるイメージ

 

ではこの際に

スライスサーブを安定させるイメージと言うのが

『腕を振らずに肩の回転でスイングを作る事』です。

 

腕が動いていないために

ラケット面がブレる事がありません。

 

肩の回転は頭が動かなければ安定した回転になります。

 

この肩の回転でのスイングで

スライスサーブを打つことを、次のステップとしてトライしていきます。

 

もちろんこのイメージだけでは難しいと思いますが

先ずはこのイメージでのヒッティングにトライしてください。

 

スライスサーブの参考動画をご紹介しておきます。

コースの打ち分けと言う、中級クラスの目標も紹介しています。

 

こちらの動画でスライスサーブをイメージしてみてください。

 

サーブにお悩みの方は

動画の下にサーブのヒントになる無料動画をプレゼントしているメルマガがありますので

サーブでお悩みの方は参考にしてみてください。

 

 

サーブのヒント未公開動画はこちら←こちらをクリック

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

スライスの打ち方の基本ポイント~スライスが安定しない人へのヒント~

【スライスの打ち方の基本ポイント】

 

あなたはスライスショットの際に

この様な症状が出ていませんか?

 

●切ってしまいコントロールが効かない

●薄い当たりでボールに伸びがない

●フレームショットになってしまう

これらの症状があるのならばそれは

 

コンタクトで

ラケット面が動いている可能性があります。

 

でもスライスは・・

切るように回転をかけていると思いますが・・

 

と、思っている人が多いのです。

実はスライスはコンタクトでラケットを動かすとうまく打てないのです。

 

■スライスのポイント

 

スライスのフォームで大切なポイントは

ラケット面を動かさない事です。

 

コンタクトでラケットを動かすと薄い当たりになって、

伸びのないコントロールの効かないスライスになります。

 

ではコンタクトでラケットを動かさずに

アンダースピンをどうやってかけているかというと

 

ラケットも腕も動かさずに

肩の回転の動きがラケットを動かして回転をかけるのです。

 

この違いわかりますか?

ちょっとイメージしにくいのでしっかりお伝えしますが

 

腕やラケットが動く動きはラケット面をブレさせて

コンタクトでボールの接地時間がすぐになくなります。

 

これが薄い当たりの原因です。

 

反対に

腕やラケットを固めて、コンタクトの面を

ガッチリ固い面を作ります。

 

そのガッチリ固いラケット面を

大きな肩の回転の動きがボールを厚くとらえながら

 

じわじわと回転をかけて押し出していくのです。

 

これがスライスが伸びて

回転がしっかりかかるラケットの動きになります。

 

■なぜ?薄い当たりになるのか?

 

ではなぜ多くの人がスライスの当たりが薄くなるのかと言うと

今回説明した、腕やラケットを動かさずに肩の回転でのフォームは

 

見た目は腕を動かして

切っているように見えるからです。

 

見た目の違いは感じないのに

打ち出されたボールに大きな違いが出るために

 

なかなかこの違いがわからずに

多く人が、切った薄い当たりのスライスから抜け出せないのです。

 

■厚い当たりの打ち方

 

では厚い当たりのスライスの打ち方は

どのように打てばいいかと言うと

 

『コンタクトでグリップを握る』

『そのまま肩を回してみる』

 

この2点のポイントからトライしてみてください。

 

厚い当たりのスライスをしっかり打ちたい方は

下記のメルマガに質問フォームがありますので

 

そちらから質問してください。

練習動画をお届けします。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ストレートアームとダブルベンドって何?~迷っている人の選び方~

【ストレートアームとダブルベンドとは?】

 

 

今回は

ストレートアームとダブルベンドの違いについてお伝えします。

 

最近ちょくちょく聞かれています。

もちろんそれぞれの表現があると思いますが

 

非常識理論的な見解を

今回は動画にてお届けしたいと思います。

 

■ストロークの腕の形

 

では簡単にこの二つのフォームを説明しておきます。

『ストレートアーム』とは

コンタクトの時に腕が伸びている状態でのヒッティングフォームです。

 

『ダブルベンド』とは

コンタクトの時に腕が曲がっている状態でのヒッティングフォームです。

 

この二つのフォームのうち

『どちらのヒッティングフォームがいいのか?』

というポイントに色々な見解があるそうです。

 

非常識理論の見解としては

『どちらも同じフォーム』と言う見解です。

 

・・ちょっとこの説明では

説明不足でわかりにくいですね。。。細かく説明すると

 

●腕を曲げるか伸ばすか

と言うポイントを意識するのではなく

 

【ストロークを安定させる法則】にのっとってフォームを作った時に

グリップの違いでこの二つの形に分かれる。と言う事です。

 

つまりどちらも同じフォームだという事です。

 

■グリップの違い

 

『グリップが違いますよね!』

と言われると、確かに違うフォームですが。

 

ではあなたは

『ストロークが安定する大切な基本』と

『グリップの握り』や『腕の形』という見た目の形の情報と、どちらが大切だと思いますか?

 

僕は後者の、グリップや腕の形では

直接ヒッティングに関係しない情報だと考えています。

 

二次チェックポイントだという事です。

 

本当に大切なストロークの基本が出来た次に

グリップや腕の形に焦点を当てるポイントだという事です。

 

『グリップを変えたら打てるようになった』

『腕を伸ばすか曲げるかで打てるようになった』

 

この情報では打てるようになる人の確立が低いのです。

 

つまりこの

ストレートアームやダブルベンドの違いに悩んでいる方は

 

根本のストロークの基本が

おろそかになっている可能性があるのです。

 

■私の打ち方

 

私は実際に

コーチングの際はイースタンフォアのグリップでコーチングします。

試合に出る際はウエスタングリップでプレーをします。

 

その時に

イースタンフォアの時はストレートアームになります。

ウエスタングリップの時にはダブルベンドになります。

 

そしてその際に

腕を伸ばしている、曲げているという意識はないのです。

 

そのグリップでコンタクトを作った際に

腕が伸びるているか曲がっているかの見た目の違いだけなのです。

 

意識しているポイントはそれとは別の

ストロークを安定させる基本のポイントがあるのです。

 

そのポイントは。。。

こちらの動画にて確認してください。

 

このテニスをもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニストレーニングの必要性~あなたはテニストレーニング方法を知っていますか?~

【テニストレーニングが流行る!?】

 

最近テニスの情報が
テレビからたくさん流れていますね。

大坂なおみ選手効果ですね。

 

その中で
テニスのトレーニングをしている選手の映像たくさん目にします。

ストレッチのようなものやゴムチューブを使ったものなど

プロ選手は必ずトレーニングを取り入れています。

 

〇フットワークトレーニング

〇胸郭トレーニング

〇腹圧トレーニング

〇腕の回旋トレーニング

などなど、たくさんのトレーニングがあります。
その目的は

『パワー維持』

『ケガの予防』

『運動効率の維持』

『バランス感覚の維持』

などなど
目的もたくさんあります。

みなさんもその光景は目にしていると思いますが
実際に身近に、その環境がない方がほとんどだと思います。
この話をすると
『プロ選手だから必要なんでしょう』と言う人がいるんです。

・・と言うのは

すでに何年か前の話ですね。
すでにこのトレーニングが

●筋肉トレーニングではない

●運動効率を上げることが目的

●一般の人にも必要

●けがの予防

と言う事は浸透しつつありますよね。

多くの方がトレーニングに対して意識が上がってきたと感じています。

ですが、身近にその練習方法がないのが現状です。

 
僕もただいま
トレーナーの方とテニストレーニングを開発しています。

先日のやり取りで

—————————-
andy『このフェデラー選手の胸を張った姿勢を意識させるだけで、腹圧が上がりますか?』

と聞いたところ

トレーナー『腹圧のトレーニングを先に行わないと、腰を折る姿勢になる可能性があります。』

という回答がありました。

トレーナー『安藤さんは出来ているから、その姿勢のまねで出来るのです。』

—————————-

なるほど・・・
ただその姿勢を真似するだけでは体の動きは作ることは出来なのですね。

 

これはテニスのコーチングが

『うまく生徒さんに伝わらない』と言う事にもつながりますね。

コーチの培われた体の動きでは出来ても

●生徒さんの体の動きでは再現できないという事が多々あるのです。

 

このもともとの体の動きの違いに

『出来ている人』は気が付かないのです。
出来ない人は、根本的な体のトレーニングから行わないと
その打ち方をマスターすることが出来ない。。。

出来ない。ではないですね。

時間がかかる、と言うニュアンスですね。

 

そこをトレーニングを入れることで、時短になる。
これが今の僕の『仮説』『推測』です。

この仮説に対して
PDCAサイクルを回していこうと思っています。
またトレーニング情報は
メルマガでお伝えしていきます。

あなたもトレーニングについて
アンテナを張っているのならば

 

メルマガに登録しておいてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------