ストロークのレベルアップ〜段階的なレベルアップ方法〜

ストロークのレベルアップ

 

ストロークのレベルアップ段階を

あなたは知っていますか?

 

基本の動きができる前に

●プロと同じフォームで打つ練習をしていませんか?

 

もちろん初心者としての

最初の段階から、プロのフォームを目指してももちろんいいのですが

 

フォームが安定するまでには

少し時間がかかります。

 

まずは基礎的な打ち方をマスターして

徐々に威力の出る打ち方に移行していく方が近道です。

 

何事も

段階を踏んだ方が近道ですね。

 

僕が発信しているテニスでも

この段階を踏んでいます。

 

こちらがブログでご紹介している

ストロークの基礎の打ち方です。

 

このテニスはストロークに安定感が出ます。

 

反対に

攻撃力はまだ出てきません。

 

ここから攻撃力を上げるために

【腕にひねり戻しを使ってのヒッティング】にチャレンジしていきます。

 

こちら

ズベレフ選手の練習動画がありましたのでご紹介します。

 

腕にひねり戻しを使ったヒッティングです。

コンタクトから一気にひねりが戻って

 

フィニッシュにラケットが帰っています。

 

 

腕のひねり戻しでのヒッティングは

力が入らない打ち方です。

 

ですが

いきなりこの打ち方を目指すと

 

バランスを崩しやすい腕に振り回される打ち方になってしまいます。

 

体幹の基礎の回転があるからこそ

腕のひねり戻しでのヒッティングが安定するのです。

 

テニスはこの段階的な練習を

コツコツ積み上げていくことで

イメージした打ち方に近づいていきます。

 

そしてテニスは進化していきます。

ズベレフ選手の打ち方も

 

押している打ち方ではないのです。

踏み込みで飛ばしているわけでもありません。

 

腕のひねり戻しを使っているのです。

 

 

この打ち方を見て

あなたも今のテニスの段階を確認してください。

 

基礎固めができていない人は

まずは基礎を固めましょう。

 

基礎が知りたい方は

基礎からの上達段階をまた表にしてお届けする予定ですので

 

下記のメルマガに登録しておいてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

画期的なテニス練習法~ゴムチューブ強制練習法~

あなたはテニスを最短で上達したくありませんか?

 

【ゴムチューブフォーム強制練習法】

 

この練習法は

あなたの腕がまだ覚えていない

理想のフォームを強制的に腕に覚えこませてくれる練習方法です。

 

この練習方法が

どうやって生まれたかというと

 

僕が打っている打ち方での腕の動きを

ゴムチューブを使って

 

腕に『その動きになるように巻き付ける』ことで

あなたの腕が僕の動きをするようになるのです。

 

これ本当に驚きますよ。

 

そして人間の感覚は

とても不思議なもので

 

そのゴムをとっても

腕がその動きを覚えてくれているのです。

 

この感覚は感動モノです。

 

そのゴムチューブを使った

腕のひねり戻し強制練習法で

 

あなたのサーブを変える練習方法を今回はご紹介します。

 

■腕にない感覚が出来てくるまでに時間がかかる

 

テニスは感覚のスポーツです。

 

『うまく打てた』という

感覚が出てこないと、打てた実感は湧きません。

 

この

新しい感覚が腕に芽生えるまでが

テニスはとても道のりが長いのです。

 

特にサーブは

その感覚が出てくるまでに

かなりの時間がかかります。

 

ただでさえ

どのショットよりもうまく打てるようになるまでに

多大な時間がかかるショットがサーブです。

 

なのに

練習時間をほとんどかけていないのもサーブです。

 

特に試合に出ている人は

サーブの良しあしで、大きくゲーム展開が変わります。

 

その時間が取れないサーブで

何か最短でマスター出来る練習方法はないかと

 

日々考えていたところ

この練習方法を発見しました。

 

腕にない動きは

『強制的に生み出してしまえばいいんだ』

 

誰かがあなたの腕を

『正しい動きで動かしてくれればいいんだ』

 

それをゴムチューブが

やってくれることを発見したのです。

 

■段階的フォームの作り方

 

あなたはサーブが

どのような動きで作られているか知っていますか?

 

この動きを

ほとんどの人が知らないのです。

 

または

自分がどんな動きをしているかを知らないのです。

 

これは

部分的な動きの練習ばかりでサーブ練習をしている人に良く見られます。

 

全体の流れを理解して

その中の、『この部分の練習が今のあなたには必要』という練習の仕方ではなく

 

ただただ切り取られた

一つの部分的な練習では

 

サーブがいつになっても変わらないのです。

 

そこでこの練習講座は

●段階的にサーブを練習していく

●定期配信メールマガジン講座です。

 

そしてメルマガには

説明&練習動画がついています。

 

その段階は何と

38動画に及んでいます。

 

あなたがこれを

週に一回のスクールで

 

一回について一つの動画を練習していくと

 

何と約9か月かかるほどの段階があるのです。

 

これはサーブがうまくならないのも納得しますね。

 

それほどたくさんの情報で

フォームを作り上げるサーブなので、多くの方が悩んでいます。

 

ですがサーブは

『自分一人で練習できるショット』という利点もあります。

 

練習メニューさえしっかり分かっていれば

自分だけでコツコツ上達していくことが出来るのです。

 

その段階的メニューを

今回のメルマガ講座であなたにお届けします。

 

サーブをここでしっかり練習しておきたい方は

こちらのページで練習メニューの内容を確認してください。

 

そして

これだ!と感じたならば

 

この練習に取り組んでみてください。

 

僕もサーブが苦手でした

この練習方法は僕が苦手から脱出した方法でもあります。

 

出来ないとこから出来るようになるプロセスは

出来ない人しかわかりません。

 

サーブが苦手だと

テニスの面白さが半減します。

 

こちらのページで

あなたのサーブが変わる可能性がありますので

 

こちらをクリックしてチェックしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス】あなたはサーブを段階的に練習したことがありますか?

【あなたはサーブを段階的に練習したことがありますか?】

 

実は多くの人が

サーブを段階的に練習した経験がないのです。

 

あなたがサーブが苦手か得意ではないか

または、サービスゲームのキープ率が低いならば

 

サーブを段階的に

練習した経験がない可能性があります。

 

ストロークやボレーでは

段階的に徐々に上達する練習をほとんどの人は経験していますが

 

サーブに関しては

テニスではとても重要なショットで

ゲームを左右する重要ショットにもかかわらず

 

『サーブ練習時間』を

しっかり長い時間をかける環境が極端に少ないのです。

 

これ実は

ほとんどの人がサーブの練習時間を取れていないのです。

 

そしてさらに大きな問題が

 

サーブに関して

メニューを段階的に練習出来る環境もないのです。

 

つまり

しっかり教えてもらえる環境がないと言うことです。

 

サーブは

一人だけで最初から最後まで練習する事が出来る

唯一のショットです。

 

つまり

練習環境さえ整っていれば

 

練習相手を探す必要もなく

一人でコツコツ練習していくことが出来るショットです。

 

その練習環境を

今回非常識理論は完成させました。

 

それが

【サーブ段階的マスター講座】です。

 

これは僕のサーブ理論だけではなく

生徒さんの意見もしっかり取り入れて

フィードバックをもらいながら制作した講座のために

 

●あなたがサーブで悩んでいた状態から抜け出す方法

●分からなかったサーブの動き

●なぜダブルフォルトするのか?の原因

●回転をかける方法

●体の正しい使い方

 

このようなあなたのサーブの悩みが

解決する講座を完成させることが出来ました。

 

あなたは以下の項目の中で

同じサーブの悩みはありませんか?

 

上の項目がすべて

サーブ講座のお届けする内容となっています。

 

全38通の内容を

全て動画で説明した動画付きメルマガでお届けしていきます。

 

今見る限りは

表現的に意味が分からない内容もあると思いますが

段階を踏んでマスターしていけば、サーブの動きを理解することができます。

 

これほど多くの内容を

段階を踏んで練習していくショットがサーブです。

 

どのショットよりも動きが複雑で、しかも

『自分ではどうなっているかわからない』というショットのために

 

●自分で修正することが出来ない

●サーブの練習時間が極端に少ない

●そもそも正しい打ち方が分からない

●どうすればボールが飛ぶのかわからない

●回転のかけ方がわからない

●なぜ安定しないのかすらわからない

 

という

サーブが一向に上達しないままの状態が続いていくのです。

 

そもそも僕も実は

現役時代からサーブが苦手ショットでした。

 

『ダブルフォルトはしない』というだけのサーブで

 

サーブゲームのキープ率を捨てて

リターンゲームのブレイク率の強化に集中していました。

 

なぜならサーブは

●自分でどうなっているかがわからなかったからです。

●どうすればいいサーブが打てるのか?

●どこが自分は悪いのか?が

全く知識としてわからなかったからです。

 

そして僕はコーチとなり

自分で自分のフォームを動画で撮影し

プロのサーブや一般のサーブのうまい人のフォームを研究し

 

自分のサーブとの違いや

体の使い方を研究することで

 

なぜ自分のサーブが弱かったのか?

どうすればサーブが良くなるのかを

 

見つけることが出来ました。

 

その僕のサーブが良くなった練習方法を

生徒さんにも体験してもらい

 

そのフィードバックでさらに磨きがかかったのが今回の

『サーブ段階的練習講座』です。

 

この講座の募集を開始したいと思います。

次回のブログにてご紹介します。

 

今回の講座は

たくさんの方が嬉しい成果を報告してくれました。

 

そのフィードバックが

この講座をしっかりご紹介していこうという自信にもなりました。

 

たくさんのフィードバックを送ってくれた

生徒さん達へ、感謝・感謝です。

 

サーブで悩んでいる人はとても多いです。

その方達にきっと希望の光となる講座になっています。

 

僕も長年悩んできたサーブが

しっかり打てるようになると

 

次のテニスが楽しみで仕方がなかったです。

 

あなたもサーブでお悩みならば

次回ブログをチェックしておいてください。

 

きっと希望の光をお届け出来ると思います。

次回を楽しみにしてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスはネットの上に目標を設定する~テニスの基本その5~

【テニスの目標はネットの上】

 

あなたはボールを打つ際に

どこを狙ってボールを打っていますか?

 

●相手の目標のコート

●ネットの上

●だいたいあの当たりというぼんやり狙い

●方向性のコースの狙い

 

この上の項目の中で

あなたはどのような狙いをしていますか?

 

 

正解はズバリ!

【ネットの上】です。

 

と言っても

感覚的な部分もありますので

 

●方向性のコース

だけ狙っている意識の人でも

 

ボールの軌道の意識もバッチリで

落下地点もしっかりコントロール出来ている人と

 

方向性は合っていても

落下の場所がバラバラで

 

短くなったり

アウトしたりと前後にばらつきがある人とに分かれます。

 

●相手の目標のコート

を狙ってしまって、ネットミスが多い人など

 

コントロールに乱れがある人は

左右の方向性と前後の距離のコントロールの

 

どこかの感覚が薄い人が

コントロールが乱れる傾向があります。

 

あなたは

前後左右にズレない

 

立体的なボール軌道のイメージで

ボールをヒッティングしていますか?

 

■ボールの狙い

 

今回テーマの

【ボールの目標設定】

 

【ネットの上】に狙いを設定するとお伝えしています。

 

このネットの上というのは

左右の方向性以上に大切なポイントが

 

ボール軌道の頂点です。

 

このネットの上に目標を設定する一番の目的が

【ネットの上にボール軌道の頂点が来るボールを打つ】という意識です。

 

この縦の立体的なボール軌道は

とても認識が出来にくいために

 

意識がなくショットを打っている人が多いのです。

そのためにコントロールが乱れやすい人のほとんどの人が

 

この

縦のボール軌道のイメージがない人なのです。

 

そしてこの

縦のボール軌道のイメージが薄い人は

 

自分の打球が落ち始める

軌道の頂点の意識が薄いのです。

 

あなたはストロークやボレー

スマッシュやサーブの際に

 

自分の打球がどこから落ち始めているかを

イメージ出来ていますか?

 

■はじめの段階の五つの基本

 

今回のテーマは

テニスの基礎段階に必要な『五つの基礎項目』をお伝えしてきました。

 

これをマスターすれば

次のステップに行ける第一段階の目標を

 

ブログにひとつずつ

ざっと説明しています。

 

基本1:ボールの予測

基本2:体幹の回転ヒッティング

基本3:基本の四つのフットワーク

基本4:運動連鎖スマッシュ・サーブ

 

このブログでは

あくまでも目標の説明だけなので

 

各項目をマスターするためには

もっと段階を踏んだ練習メニューが必要となります。

 

今回も

ボレーを例として

 

ボール軌道の頂点の意識をご紹介しています。

 

あなたはボレーの際に

『ボールが浮いている』と言われたことはありませんか?

 

そのボールが浮く原因は

何が原因かは理解できていますか?

 

これが理解出来ていないと

『浮く』というミスがなくなることはありません。

 

そのボレーが浮く大きな原因が

 

ボレーの軌道の頂点がネットの向こうの

相手コートになればなるほど

 

●ボールが浮くというボールになるのです。

 

この部分を今回は

動画にて説明していますのでチェックしてみてください。

 

このように

テニスはいろんな要素が一つのショットを作り

その組み立てがプレーを作っています。

 

今回で五つの基本のご紹介は終わりですが

この五つは【基礎の段階】です。

 

これをマスターした人は

次の応用段階へと進みます。

 

その次の段階では

よりたくさんの項目があなたを待っています。

 

その段階を踏むことで

テニスのレベルが一つずつ上がり

 

上のクラスへと

上がっていくことが出来るのです。

 

この段階を踏まずに

漠然とした練習をしていると

 

ある一定のところで壁にぶち当たります。

 

僕はその壁に当たっている人が

とてもたくさんいると痛感しています。

 

壁から脱出する道を常に示し

段階的にクリアしていく方法を提供することが

 

テニスのモチベーションには

とても大切なことだと感じています。

 

今回は、基本の5項目のお伝えでしたが

次のステップの項目もまたお伝えしたいと思います。

 

こちらのボレーの動画で

ボール軌道の頂点のイメージを持ってみてください。

 

そしてさらにこのテニスを

知りたいという方は、ほかの動画もお届けするメルマガがありますので

 

下記のメルマガをのぞいてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

運動連鎖スマッシュ・サーブ~テニスの基本その4~

【運動連鎖スマッシュ・サーブ】

 

あなたはスマッシュ・サーブで

運動連鎖を使えていますか?

 

スマッシュとサーブは練習量がとても少ないために

苦手な人が多いショットです。

 

つまり

運動連鎖がうまく使えていない人が多いのです。

 

でもここで

ちょっと考えてみたいことがあります。

 

この【運動連鎖】と言う言葉に対して

あなたはどのようなイメージを持っていますか?

 

足からの動きが

腰・肩・腕へと上がってきて

 

最後にラケットがボールをしっかり飛ばす

その動きの連動を運動連鎖と思っていますか?

 

実は運動連鎖と言うイメージには

それだけではない要素が入っているのです。

 

■二つの運動連鎖

 

そのフォーム的な

体の使い方の運動連鎖ともう一つ

 

●ラケットの重さを使ったボールの飛ばし方

●ボールの反発力を使ったボールの飛ばし方

 

という二つの要素で成り立っている

エネルギー的な運動連鎖のポイントもあるのです。

 

つまり

フォームではラケットにしっかりスピートが出ていても

 

肝心のコンタクトで

その力のボールへの伝え方が間違っていると

 

うまくボールは飛ばないのです。

 

もちろん反対に

ボールの飛ばし方は出来ていても

 

体の使い方の運動連鎖が出来ていないと

●ボールは安定して飛ぶが、威力は出せない

と言うショットになります。

 

この二つの運動連鎖が出来ていないと

安定したスマッシュ・サーブにならないために

 

苦手な人が多いショットになっています。

 

今回はその

エネルギー的な運動連鎖の一部分と

体の運動連鎖の一部分の動きだけをピックアップした動画をお届けします。

 

もちろんこの

スマッシュ・サーブの二つのショットは

 

かなりの段階的な練習を積まないと正しい動きが

マスターできないショットですが

 

今回の動画は

先ずチェックしたいポイントですので

 

確認をしてみてください。

 

引き続き

このテニスの動画をチェックしたい方は

 

こちらのメルマガに無料動画をご紹介していますので

覗いてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスの基本四つのフットワーク~テニスの基本その3~

【テニスの基本の四つのフットワーク】

 

あなたはフットワークについて

しっかり練習したことがありますか?

 

または

フットワークいくつ使っていますか?

 

これ正確に

『〇種類使っています!』と言える人は少ないと思います。

 

●何となく

●動かす

●膝を曲げる

●しっかり踏み込む

という

あまり理論的ではないイメージで

フットワークとしては理解していない人が多いです。

 

今回動画では

一つのフットワークをご紹介しますが

 

基本をマスターする初期段階では

四つのフットワークは覚えておいた方がいいのです。

 

■四つの基本フットワーク

 

基本フットワークは

●斜めステップ

●セット&軸足

●ツーステップ

●ランニングステップ

この四つのフットワークを先ずは練習します。

 

始めの

●斜めステップとは

 

体を横向きに走ってしまうと

ラケットが大きく後ろに引かれてしまいます。

 

ボールに対しても

横向きと言う事は、すでに遅れているタイミングとなります。

 

ボールの軌道の延長線上に素早く動くには

体は正面を向いて走る必要があります。

 

その正面を向いたまま

足が横に走ると丁度

 

『斜めに足が向いた形でのフットワーク』となります。

これが斜めステップです。

 

これはボールに追いつくときのフットワークです

そして下の二つのステップは、ヒッティング時のステップとなります。

 

●ツーステップ

●ランニングステップ

この二つのステップは

 

非常識理論テニスの打ち方があってこそ

打てるフットワークとなっています。

 

そのために

フットワークだけ説明しても

 

『押す意識』で打っている人は

全く打てないフットワークなので

こちらが知りたい方は、メルマガに登録して詳しくみてください。

 

■セット足と軸足

 

今回動画でお伝えするのは

『セット足と軸足』です。

 

軸足と言うと

『右足と左足は、どちらが軸足ですか?』

という質問がよくあります。

 

あなたの軸足はどちらですか?

 

と言われても実は軸足は

【何に対しての軸足か?】という目的が実はあるために

 

右足にも左足にもなりえるために

『軸足はどっち?』と言う質問には答えにくいのです。

 

今回お伝えの足は

ボールにラケットをセットする時の軸となる

●セット足

 

ヒッティングの時に回転の軸にする

●回転の軸足

 

この二つの軸足についてお伝えします。

 

さらにほかの情報が知りたい方は

メルマガに登録して動画をチェクしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

体幹の回転ヒッティング~テニスの基本その2~

【体幹の回転ヒッティング】

 

あなたは

体重移動や踏み込みによる

直線的な『押す動き』でボールを飛ばしていますか?

 

それとも

体軸を中心とした

体幹の『回転の動き』でボールを飛ばしていますか?

 

もちろん前者は

昔テニスと呼ばれるテニスの打ち方で

 

後者は今のテニスとなっています。

 

 

■テニスはすでに技術が変わっている

 

まだまだですが

腰を落として踏み込んでボールを見て打つ

昔テニスの人がとても多いです。

 

体幹の回転でのヒッティングを

教えるコーチがまだまだ少ないからです。

 

すでに男子テニス界は

このテニスに変わっています。

 

女子のテニス界も

このテニスに変わりつつあります。

 

このテニスを実際に見る機会が増えていますので

あなたも打ち方の違いを注意してみてください。

 

踏み込みで飛ばすのではなく

体軸を中心とした回転のフォームでのヒッティングです。

 

例えば

最後のフィニッシュまで振り抜けない人は

 

『前に押しているから』という原因が考えられます。

 

前に押すと腕が伸びます。

最後まで振り抜いているフォームは

フィニッシュの腕は曲がっています。

 

ここが

振り抜けない原因が『押す動き』という理由の一つです。

 

腕を伸ばせば

振り抜けない形になりやすいのです。

 

反対のイメージとして

腕をフィニッシュで曲げるように巻き付ける意識の

 

途中でラケットの遠心力で

腕が伸びている状態になっているとしたら

 

途中で腕が伸びてボールを押しているように見えて

最後には腕が曲がってフィニッシュに収まるという

 

【振り抜けているフォーム】になるのです。

 

これイメージ出来ますか?

 

 

■見た目と実際のギャップ

 

今のフォームを説明すると

ボールを押しているように見えるフォームが実は

 

●押す動きでは作られないことを表しています。

●押していなくても押しているフォームに見えています。

つまり

●見た目の動きと実際のフォームの作り方には

●大きな違いがあるのです。

 

つまり

あなたが押して打っているとイメージしていたフォームが実は

押すと作られないということです。

 

これが

あなたの上達をストップさせているのです。

 

このテニスはその

【見た目と実際の作り方のギャップ】を意識して動画を作っています。

 

それも非常識と言われる一つの理由です。

 

見た目の説明のイメージが強い人にとっては

意味が分からないテニスとなるからです。

 

今回は体幹の回転ヒッティングの

動画をご紹介しておきます。

 

何かピンと来たかたは

下のメルマガで他の動画もご紹介していますので

チェックしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ボールの予測出来ていますか?~テニスの基本その1~

ボール軌道の予測出来ていますか?

 

あなたは

ボールの予測が出来ていますか?

 

と言われて

●相手が打ってくる方向を予測する

●相手のフォームを見て予測する

 

という予測だと思っていませんか?

 

この予測は違います。

 

テニスで先ず必要な予測は

【ボール軌道の予測】です。

 

相手が打ったボールの初期軌道をみて

ヒッティングポイントに先回りする

 

【ボール軌道の軌跡予測】なのです。

 

 

■キャッチボールの目的

 

あなたはキャッチボールを

テニスのトレーニングで練習したことはありますか?

 

キャッチボールには

ノーバウンドとワンバウンドでの練習があり

 

その練習の大きな目的が

『ボール軌道の軌跡予測力を向上させる事』が目的となります。

 

トレーニングも

●何の練習に結び付けるための

●どの過程の練習かを理解しながら練習する必要があります。

 

それぞれに意味を持たせて練習することで、

テニスのプレーに結びつくからです。

 

あなたがもし

ボールの予測が出来ていないのならば

 

この

『予測トレーニング』を行うことで解決します。

 

ストロークは

このボール軌道の予測が出来ていないと

 

ミスのないストロークにはなりません。

 

ストロークでミスを無くそうとすれば

『軌道の予測トレーニング』は必須項目となります。

 

今回はそのトレーニング動画をお届けします。

 

本当は一対一で

ネットを挟んで行うことで

 

より実践的なトレーニングとなりますが

動画のように壁を使って一人で練習することも出来ます。

 

このトレーニングは

やればやるほど感覚が鋭くなり

 

より早くボール軌道には入れる動きとなります。

 

感覚のトレーニングは

技術ではない部分での上達を加えてくれます。

 

あなたのテニスは

まだまだ上達する可能性に溢れています。

 

ボール軌道の予測が苦手な人は

こちらのトレーニングを行ってみてください。

 

このテニスをもっと知りたい方は

下のメルマガから動画をお届けしますので

 

チェックしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

あなたはテニスのフィジカルトレーニングを行っていますか?

テニスのフィジカルトレーニング

 

あなたは

『テニスのフィジカルトレーニングを行っていますか?』

 

ほとんどの方が

トレーニングは行っていないと思います。

 

なぜならばほとんどの人が

トレーニング=競技レベルの選手のモノ

 

と言うイメージだからです。

 

【トレーニング=筋トレ】

 

もしもあなたがこのイメージならば

今回のテーマをチェックしてください。

 

 

■テニスはの技術は遅れている

 

オープニング画像は

新宿のシズラーというお店です。

 

とても雰囲気のいい

気合が入る会場でのミーティングの機会がありました。

 

そこでの内容はズバリ!

テニスのフィジカルトレーニングについてです。

 

トレーニングのプロフェッショナルな方々と

ミーティングをする機会がありました。

 

その中で出たのが

トレーニング=筋トレと

思っている人がまだまだ多いということです、。

 

あなたはトレーニング=筋トレと思っていませんか?

 

僕が配信しているテニスは

理論的に打ち方を理解することで

 

自己修正能力を向上させ

テニスの上達のスピードやモチベーションを上げるテニス理論です。

 

その中でも技術的なポイントと

感覚的なポイントの二つのアプローチを重視しています。

 

どちらも必要で

どちらも不可欠です。

 

テニスの上達のタイプでも

●感覚的にすぐモノマネのように出来てしまうが、すぐに忘れる人

●不器用でなかなか出来ないが、身に着けると忘れない人

 

感覚的に理解するタイプと

理論的に理解するタイプに大きく分かれます。

 

自分の打ち方を説明できる人や

説明できるができない人など、様々なタイプの人がありますが

 

どちらも出来ないと

スポーツでは壁にぶち当たる。

 

と言うお話になりました。

 

話しを戻すと

テニスでの理論的な部分は

 

僕の得意とするポイントで

かなりの研究を重ねていますが

 

【体の動かし方】という部分

 

例えば

2歩でいっている足の動かし方を

1歩でいけるようにトレーニングする。

 

例えば

可動域が狭くなっているために打てないショットを

トレーニングで打てるようになる。

 

という

体を動かす感覚的なアプローチを

僕では修正することが出来なかったのです。

 

つまり

フィジカルトレーニングとは

 

体の使い方を矯正や潤滑にすることで

体の動きをスムーズにする目的となります。

 

それも

このショットを打ちたいけど

部分1の可動域が狭くなっているために打てていないので

 

まずこのトレーニングで

二つ前の部分3の可動域を広げておいて

 

次に一つ前の部分2の動きを良くして

最後に目的の部分1の動きがスムーズになる。という

 

理論的な段階トレーニングとなるそうです。

 

アメリカからのトレーニングということで

合理的で理論的です。

 

つまりは

●ハイパフォーマンスが目的の、競技者にも取り入れられる

●体の使い方を良くして楽に打てる、一般プレーヤーにも取り入れられる

●けがに泣いた経験のある、故障者にも取り入れられる

●これから体が作られる、ジュニアプレーヤーにも取り入れられる

 

この最新のトレーニング技術が

テニスを大きく変えてくれると確信しています。

 

このトレーニングを

非常識理論では取り入れていく事になりました。

 

本当に日本のテニス界では

新しい技術を取り入れる環境が少ないと感じています。

 

外からの新しい情報を入れて更新する

指導者がとても少ないと思います。

 

割と個人スポーツは

指導者も閉鎖的になりやすいものです。

 

未だに

●腰を落とせ

●ボールを見ろ

●速く構えろ

上げればきりがないですが

 

理論的にボールをコントロールする

体の動きやラケットの動きに対して

 

何の根拠にもならない上記のセリフが

未だに席巻しているのがテニス界です。

 

技術は進歩しています。

また非常識理論ではこのような情報を

 

ガンガン突っ走ってお届けしていきます。

情報に興味がある方は、下記のメルマガに登録しておいてください。

 

しっかりみなさんにフィードバックできるようになったら随時

お知らせしていきますので楽しみに待っていてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

腕のひねり戻し強制練習活動報告が入りました。

【嬉しい活動報告】

 

只今メルマガ配信しています。

【腕のひねり戻しゴムチューブ練習講座】で

 

参加者の方からの活動報告が入りました。

そしてそれが、とても素晴らしい報告でしたのでご紹介したいと思います。

 

以下報告メッセージ

—————————————-

いつもお世話になっております。
 
まずはゴムチューブの感想を。
「素晴らしい!!!!!!」の一言に付きます。
 
私自身も、特にストロークのラケットワークで手首のスナップ(甲側から手のひら側)を使うことが、ストロークを不安定にする原因だと昔から感じていました。
 
それで、自分なりにリストバンドで手首を固定したりして工夫してみましたが、どうもうまくいきませんでした。
 
それが、このゴムチューブを使うと、なんと数分で理想のストロークができました。感激でした。
こんなに短時間で体の動きを矯正させる方法をよく開発されました ね。
 
スポーツ界の「ノーベル賞」ものです。
 
将来的には、このゴムチューブとアームバンドを合体させて、もっと使いやすくした「テニス矯正バンド」なるものを商品開発されても面白いと思います。
 
話を戻しますが、このゴムチューブを使った感想で、効果の素晴らしさは折り紙付きですが、やや使いにくいところもあります。
 
それは、【腕に巻き付けにくい、汗で滑ってすぐ緩む、腕が痛くなる】などです。
 
そこで、私が「いいものを発見」しました。
100均のダイソーで見つけた「アームカバー」です。もちろん100円です。
 
値段なりに縫製が悪く、ほつれやすいのが少々難点ですが、汗での滑り止め、装着時の痛み緩和効果は抜群です。
その他、以外にも装着したときのほうが涼しいです。
 
テニスがますます楽しくなってきました。
今後も、ガンガン突っ走ってください。応援しています。
——————————————–
 
応援ありがとうございます!
 
そして
素晴らしいアイディアをありがとうございます。
 
画像まで送ってくださいました。
 

お~素晴らしい!

 

実は少しゴムがきついかと
もう少し使いやすいゴムを丁度見つけて試すところだったのですが
 
腕に『アームカバー』を付ける。という発想は
僕の中にはなかったですね~
 
こういうのが
非常ラーの人たちは素晴らしい発見・閃きを持っているのですよね~
 
勉強になるな~
 
さすが!
マニアック集団の集まりです。笑
 
 
僕も買って試してみますね。
早速講座の参加者の方達にシェアしますね。
 
報告ありがとうございます。
さらに自分流の改良も加えてみてくださいね。
 
 
改良と言えば
 
先日のオンコートでは
今流行りの、DAPAMPのダサカッコいい踊り
 
USAの『カモンベイビーアメリカ』の時の踊りが
『片手バックハンドの動画の動きと同じです。』と
 
踊りのように打つ人がいました。
誰とは言いませんが、、
 
 
これ実は
その踊りのイメージは、ヒッティングのイメージとぴったりで
 
 
悔しいですが
本当にそのイメージでのヒッティングで合っていました。
 
参りました。
さすが、川崎クラスのアイドル、”何かしか持っていない人”ですね。
 
 

このように

このテニスを練習している方達から

 

●『シュ・ポン』と打つ感じですね。

●ピコ太郎の動きの感じですね。

●水前寺清子の感じですね。

 

などという

不思議なフレーズが良く出てきます。

 

これこそが

『自分の体を動かす感覚を言葉で表した表現』なのです。

 

つまり

感覚的に動きを感じることが出来た言葉なのです。

 

この言葉の表現によるコーチングは

感覚へのアプローチではとても大切で

 

理論的な説明での頭での理解と

感覚的な表現での感覚的な理解と

 

両方の理解が

テニスでは大切なポイントなのです。

 

非常識理論では

両方のアプローチからのコーチングを目指しています。

 

そのために

このような感覚的な表現の言葉が生徒さんから良く出てきます。

 

この言葉が出てくると

感覚的な上達の目安になっていますので

 

あなたもこの擬音表現的なイメージを意識してみてくださいね。

 

そしてまさに

今回の感覚的なアプローチと

理論的なアプローチについて

 

他方面のプロフェッショナルの方達と

本日お話する機会があり

 

まさにその両方からのアプローチこそが

スポーツにおいてとても大切ですね。という話をしました。

 

これについては

また次回のブログでご紹介しますが

 

テニスの昔からの定義を

大きく覆す情報となり

 

それを非常識理論では

しっかり取り入れていく予定となりました。

 

今回メッセージを送ってくれた方が言うように

ガンガン突っ走っていきますので

 

応援よろしくおねがいします!

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------