省エネテニスに必要なライジングに必要なボールの飛ばし方

【ライジングに必要なボールの飛ばし方】

 

今回は『ライジング』についてです。

 

非常識なテニス上達理論は

〇コンパクトフォームでミスのない

〇動きを最小限にした

〇ライジングでのカウンターテニスです。

 

そのために

ライジングのマスターは必須項目です。

 

今回はその

ライジングがうまく打てない人がハマっている

落とし穴についてお伝えします。

 

■ボールの飛ばし方

 

このライジングに必要なポイントは

『コンタクトで力を入れない事』です。

 

ここが『脱力』と言われるポイントです。

 

なぜ脱力が必要なのかと言うと

コンタクト後にラケットをフィニッシュに収めることに

筋肉を使いたいからです。

 

これ、わかりにくいですよね。

 

先ずひとつずつご説明します。

 

■ラケットが途中で止まる

 

●振り切れない人

●スイングがバラバラな人は

スイングが途中で止まっている人です。

 

この症状に多いのが

コンタクトでグリップを握っていることです。

 

ここ筋肉に力が入ると

その後のフィニッシュにラケットを運ぶ動きを

腕が行えないのです。

 

どうすればいいかと言うと

コンタクトではまだグリップを握るという動きを

行わない事です。

 

そうすると

『ボールに負けてしまうのでは?』

と考える方が多いのですが

 

コンタクト後にラケットを

しっかりフィニッシュに持っていく動きをイメージしてください。

 

この際に

ラケットでボールをしっかりとらえていれば

ボールをグーッと運んでくれるスイングになります。

 

つまり

●コンタクトでグリップを握る動きは

コンタクトのポイントでボールを飛ばす人で

 

〇コンタクトで力を抜く動きは

コンタクトからフィニッシュまでのスイングの線でボールを飛ばす人

 

と言う違いとなります。

 

ここで話を戻すと

『ライジング』を点でとらえるか、線でとらえるかの違いです。

 

後者の線でとらえたほうが

絶対的にコンタクトが安定しますよね。

 

そのためには

『線でボールをとらえるスイングでのボールの飛ばし方』が

とても大切なのです。

 

非常識理論は

この線でボールをとらえる打ち方のために

ライジングとの相性がいいテニスとなります。

 

対照的な打ち方としては

●ボールコンタクトに向けて踏み込んで

●インパクトでグリップを握ってボールを飛ばす

と言う打ち方が対照的な打ち方となります。

 

もちろんこちらの打ち方でも

極めている方は多いです。

 

ですが一般プレーやには

ハードルが高い打ち方だと考えていますので

非常識理論の打ち方をお勧めしています。

 

この記事の最後に今回の練習動画をご紹介しておきます。

このテニスに興味がある方はメルマガをチェックしてみてください。

 

今回のようにテニスを頭と体で理解して

打てなかったボールが打てるようになる紹介動画を

たくさんプレゼントしています。

メルマガ登録はこちら

 

非常識理論はYoutube動画を毎日更新しています。

こちらのLINE登録で毎日動画をLINEでお届けしています。

簡単で見やすいので毎日チェックしたい方はご登録ください。

友だち追加

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

非常識テニスってどんなテニスですか?~私のコンプレックスから生まれました~

 

 

 

 

【非常識なテニス上達理論】

このテニスを簡単にお伝えすると

『一般プレーヤーが、上級者、経験者に勝てる。ジャイアントキリングテニスです。』

 

『ジャイアントキリング』とは?—————————————————————

ジャイアントキリングは、スポーツの試合などで明らかに格上の相手から、大方の予想を覆して勝利をもぎ取る、いわゆる「大番狂わせ」を意味する表現である。

——————————————————————————————————-

あなたにも

どうしても勝ちたい相手はいませんか?

 

■どんな人におススメ?

このテニスは

『一般プレーヤー』を対象としてるテニスです。

 

どいういう事かと言うと

●プロ選手を目指しているわけではない

●ジュニアのような体全体と体力を使うテニスを目指していない

●スピードとパワーで勝つテニス上級者テニスを目指していない

つまり

 

一般プレーヤーが

それらのテニスの経験者・上級者に対抗するためのテニスなのです。

 

■どんなテニス?

このテニスは

—————————————————————

相手の攻撃をひらひらかわしながら、エースは少ないがエラーがなく、

チャンスはカウンターで攻撃をする。相手がイライラしてるハマてる蟻地獄テニスです。

—————————————————————

一般プレーヤーや、小柄でパワーがない選手が

スピードやパワーがなくても勝てるテニスです。

 

■なぜこのテニスが生まれたの?

このテニスがどうやって生まれたのかと言うと

実は私のプレースタイルです。

 

私は身長が160㎝で

速いサーブもなくパワーショットも打てませんでした。

その条件でスピード・パワーのある相手に勝つために生み出したテニスがこの

〇後ろに下がらないライジングテニス

〇コンパクトフォームでの省エネテニス

〇脚力ではない予測での動き

〇力に頼らないカウンターテニス

『非常識なテニス上達理論』のテニスです。

 

■このテニスでどうなった?

私はこのテニスで

インカレベスト32に入りました。

学生中四国大会では優勝

高校生の時は徳島インターハイで優勝と

 

自分よりもテニス経験の長いジュニア上がりの選手にも勝ち

自分よりも身長の高いビッグサーバーにも勝ち

自分よりもスピードボールを打つハードヒッターにも勝ち

 

このテニスでしっかりと

ジャイアントキリングを達成する事が出来ました。

 

そしてこの経験が

今一般プレーヤーの方達に向けてこのテニスの情報を配信している

大きな理由となっています。

 

■上級者用のお手本情報が多い

テニスは上級者をターゲットにした情報が多いです

もちろんその中から

基本をしっかり吸い出せる人もいると思います。

 

ですがやはりジュニア育成の練習方法や

プロのような打ち方を目指す練習方法とは

私は一般プレーヤーが目指すテニスは少し違うと感じていました。

 

上級者の人、長いテニス経験者の方は

それらの情報でしっかり練習できると思います。

 

ですが

『その人たちに勝ちたいと思っている人の情報』は

全くないことに気が付いたのです。

 

これが私が一般プレーヤーの方に向けて

体に負担のない、パワーに頼らない

相手の力を利用した『非常識理論テニス』を

お伝えし始めた理由です。

 

■あなたにも・・・

あなたにも

どうしても勝ちたい相手はいませんか?

 

冒頭でもお伝えしたこの言葉は

私のテニスの原動力でした。

身長が低い事、パワーがない事、スピードがない事

これらのコンプレックスがこのテニスを作ってくれました。

 

あなたの周りに

●ボールスピードが速くて勝てない

●自分よりテニス歴が長くて勝てない

●いつもテニスで負けて悔しい

そんな

『勝てないだろうとあきらめていた相手』はいませんか?

 

もしあなたがそうならば

この『非常識なテニス上達理論』をチェックしてみてください。

 

一般プレーヤーの方達に

スピード・パワーではない、テニス経験値を覆す

ジャイアントキリングテニスをお伝えしています。

 

あなたの『勝てるようになって嬉しい』のために

私の経験値をすべてお伝えしていきます。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ポーチ】ポーチが出れるフットワーク~ギャロップステップ~

【ギャロップステップ】

 

今回のテーマは

『ポーチに出やすくなるフットワーク』です。

 

『ポーチに出れません』

『前衛の動きがわかりません』

と言う質問が私のもとにもたくさん届きます。

 

その方達のお悩みの解決のために

今回は『ギャロップステップ』をご紹介します。

 

このギャロップステップを使う事で

●体が加速してボールに追いつきやすくなります。

●スタートのタイミングが合わせやすくなります。

 

これによって

『ポーチに行きやすい』というフットワークとなります。

 

前衛にいても

◇チャンスはしっかりポーチで決められる

◇タイミングよく相手に読まれずにポーチに出れる

◇一気に加速して前衛の動きが良くなる

◇今まで取れなかったボールがボレー出来る

という嬉しい結果となります。

 

あなたも

安心して前衛に立っていたいですよね。

 

『前衛にいても何も出来ていない・・』と

悩んでいる方は多いと思います。

 

そんな方々に

今回の動画がヒントになればと思います。

 

前衛で動けるようになると

ペアに褒められたり、チームでの株が上がったりと

あなたの評価も上がりますが

 

それ以上に

前衛にいて何も動けていないと

自分の気持ちが落ち込んでしまいますよね。

 

前衛でしっかり動けるようになると

テニスがもっと楽しくなりますね。

 

今回の動画で

少しでも『前衛で試したい!』と思っていただけたら

私もうれしく思います。

 

こちらの動画で

前衛のポーチに出やすくなるフットワークを

チェックしてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【非常識理論土日テニス合宿】ニューサンピア姫路夢前~兵庫~

【非常識理論姫路合宿】

 

先週末

姫路にて非常識理論合宿を開催しました。

 

いつも講習会やプライベート

合宿のリピーターの方に加えて

 

初参戦の方もあり今回も

楽しく長いガッチリテニス漬けの合宿となりました。

 

今回の合宿も

直近のシングルス合宿・山梨合宿に続き

 

かなり成果の上がった練習方法が生まれました。

 

いや~長い時間

一緒に練習すると新たな発見がたくさん生まれますね~

 

今回は

夜の個別ミーティングの際に話しの中で、

 

プロ野球のイチロー選手の

『イチロー打法』から生まれた練習方法がスマッシュヒットでした!

 

植田さんありがとうございました。笑

 

今回の合宿では

『球出しは打ててもゲームで打てない』

と言う多くの人が体験している悩みの解決に取り組みました。

 

この様な実戦形式での練習を行いました。

 

植田さんいいフォアハンドのタメです!

股関節のタメが出来ています。

 

安部さんは

七色の変化球のサーブを持たれています。

 

初参加の合宿から

会を増すごとにサーブの球種が増えていきました。

本当に凄い・・今回はスピードアップでしたね。

 

国見さんは

動きがものすごくいいのでボレーの守備範囲が広く

ストロークのカバーリングもしっかり出来ています。

 

今回は股関節のタメからのヒッティングが出来て来たので

股関節の腸腰筋の筋肉痛になりましたね。

 

肩甲骨サーブを頑張ってマスターしましょう!

坂本さんは

押す打ち方になっていたためにラケットが途中で止まっていましたが

 

しっかり回転でのヒッティングとなって

ラケットが背中にフィニッシュ出来てきました。

 

ストロークに余裕が出来て

形式練習でもコースを狙えるようになりました。

 

次は組み立てをマスターしましょう!

今回の会場は

姫路のニューサンピア姫路夢前でした。

 

いつもありがとうございます。

行き過ぎて朝食のメニューを覚えました。笑

 

次回メニューチェンジを期待しておきます。

 

ご参加のみなさんお疲れさまでした。

今回の内容を来年の春までにマスターして

 

春からゲームでの勝率アップ目指しましょう!

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスダブルス】平行陣を崩せるようになる、ストロークの狙い①

【平行陣を崩すストロークの狙い】

 

今回は

対平行陣が苦手な人にお届けします。

 

平行陣が苦手な人は

ズバリ!

 

相手のボレーヤーに

直接ストロークを打ち込んでいます。

 

その直接打ち込んでしまう

メンタルの状態があります。

 

それが

●直接打ち込んで

●威力のあるボールを打たないと

●攻撃されるだろう。という

自分で自分の首を絞めている意識です。

 

ボレーは一番

ボール軌道が一直線に飛んでくるボールが

 

一番打ちやすいのです。

 

しかもそれが

方より高い位置に来れば

一番打ちやすいボールとなります。

 

そのボールになる原因が

『相手に直接打ち込まないと攻撃される。』

 

と言う勝手な思い込みです。

なぜかったな思い込みかと言うと

 

相手に攻撃されないだろうという

その感覚こそ

 

『自分に打った感触があるだけの自己満足ショット』

だからです。

 

自己満足ショットのために

相手がどれほど打ちやすいかに気が付かないために

 

いつまでたっても

対平行陣が苦手のままから抜け出せないのです。

 

今回の動画で

軌道のイメージをお伝えします。

 

その軌道のイメージでボールを打つと

『弱いボールが相手に届いて』

『攻撃されそう』な気がします。

 

ですがこのボールが

相手のボレーが一番打ちにくく

 

返球も威力のないボレーが返ってくる

ストローク有利になるボールの軌道なのです。

 

このイメージで

今回の動画をチェックしてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------