【チャンスの決めボレーが決まらない】〜ボレーの決定率を上げるメンタルコントロール方法〜

【チャンスの決めボレーの決定率を上げる方法】

 

 

あなたはボレーで

【チャンスボレーが決まらない】という悩みはありませんか?

 

今回の内容は

チャンスの決めボレーをしっかり決める打ち方のお伝えではありません。

 

今回の内容は

考え方で決定率を上げる方法です。

 

チャンスボールが決まらない原因が

技術的なことだけだと思っている人が多いのです。

 

実は決定率を上げる

技術以外の方法があるのです。

 

その方法とは、

メンタルコントロールです。

 

テニスでは

メンタルがとても重要になります。

 

緊張からプレーが

大きく変わるスポーツだからです。

 

テニスで言うところの

メンタルコントロールというと

 

【緊張】しないようにすること

だけがイメージとしてあると思いますが

 

今回の内容の

チャンスボールの決定率を上げる方法として

 

プレーの考え方も

メンタルコントロールであり

 

ショットの確率を上げる

大切なポイントなのです。

 

 

■考え方でショットが変わるとは?

 

では今回のテーマの

【考え方でショットが変わる】というのはどういうことかというと

 

それは

【意識によって打ち方が変わる】ということです。

 

つまり意識することを

コントロールすることが大切ということなのです。

 

ちょっとわかりにくいですね・・・

もう少し砕いて説明すると

 

テニスは

意識を忘れると、ミスの原因になることがあります。

 

例えば

左手を忘れると

フォアハンドが乱れる。というミスにつながることです。

 

これと同じように

テニスのプレー中の考え方で

 

意識を忘れると

ミスが生じる考え方があります。

 

それは

【決めること】です。

 

この【決める】という意識は

あなたを焦らせる言葉になります。

 

その焦りが

決定率を下げている原因となります。

 

ということは

【決める】という意識をコントロールする必要があります。

 

今回の内容は

その【決める】という意識をコントロールすることで

 

ボレーの決定率を上げる

意識のコントロール方法となっています。

 

 

■メンタルコントロール

 

僕はこの

メンタルの部分を意識することがとても好きです。

 

好きです。というのも

何かおかしな言い回しですが

 

技術ではない

メンタルのコンントロールによって

 

ポイント率が変わり

勝敗が変わることに

 

僕は面白さを見出しています。

 

このメンタル的な説明をすると

『うわ〜やなタイプ』や

『絶対対戦したくない!』

 

という

褒め言葉をいただきます。笑

 

今回はまだ

僕のイメージを落としたくないために

 

相手を陥れる

メンタルプレッシャー方法はお伝えしません。

 

今回は

あなたのボレーの決定率を上げる

 

自分に対しての

メンタルコントロール方法をお伝えします。

 

相手を陥れるメンタルプレッシャー方は

またまたこっそりお伝えしていきます。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ストローク低いボールの打ち方】ラケットの真ん中で打つと、低いボールが苦手になる!?

【低いボールの打ち方】

 

低いボールを

持ち上げる打ち方が苦手な人は

 

今回の内容を参考にしてみてください。

 

低いボールは

テニスでは必ず避けては通れないボールです。

 

その際に

低いボールを持ち上げるラケットの使い方が出来ていないと

 

もともと始めのスタートから

このボールは取れない・・と感じてしまいます。

 

あなたはこんな経験はありませんか?

 

そしてその原因が

あなたが【ラケットの真ん中で打っているから】という理由だとしたら

 

ちょっと衝撃ではないですか?

実はその可能性も大きくあるのです。

 

低いボールの返し方のコツが今回のテーマです。

 

■ラケットの真ん中で打つと・・

 

あなたがラケットの

真ん中でボールを打っているとします。

 

そうすると

ラケットのフレームからそのコンタクトポイントである

ラケットの中心までの距離

 

その距離分

地面からボールが離れていないと打てないことになります。

 

しかも

低いボールということは

あなたは走りながらボールを持ち上げようとしています。

 

その際に、ラケットの真ん中で打っているとしたら

ボールの下にラケットが入りにくい感覚はイメージできるでしょうか?

 

地面が邪魔をして

ラケットをボールの下に入れまいとしている感覚です。

 

真ん中で打っていると

低いボールの時に地面が邪魔に感じます。

 

■ラケットの先を使う

 

その時に

あなたがラケットの先でボールを打っているとしたら

 

ボールが地面ギリギリでも

ラケットの先っぽでボールを持ち上げることができます。

 

地面が邪魔にならない感覚です。

 

これが低いボールを持ち上げる

イメージのコツです。

 

低いボールを打つときだけ

この打ち方を取り入れてもいいでしょう。

 

もちろん

もともと先で打っていれば

 

何の抵抗もなく

低い地面ギリギリのボールも

 

持ち上げることができます。

 

この打ち方は実は

僕が取り入れている打ち方です。

 

低いボールが地面ギリギリでも

楽に返球することができるのです。

 

ちょっとイメージがわかないと思いますので

今回の動画にてイメージしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ラケットはどこを使う?】ラケットは真ん中だけ使うのではない

【ラケット面の使い方】

 

あなたはラケット面を

どのように使っていますか?

 

『ちょっと何言ってるかわかんない』と

どこかの芸人さんの突っ込みをされるような質問ですが

 

あなたはラケットの面の

どこをどのように使ってテニスをしていますか?

 

真ん中ですか?

 

ラケットの根元に当てると

詰まった感じがして、間違いなのはわかりますよね。

 

 

今回はこの

意外と盲点なラケット面の使い方についてお伝えします。

 

 

■真ん中ではない

 

ではラケットの

真ん中を使っているという人が多いと思いますので

 

実際にお勧めの使い方からお伝えすると

 

【真ん中から用途に合わせた方向】に使います。

 

この

【真ん中から】と

【用途に合わせた】というところがポイントです。

 

先ずは

真ん中ではない理由からお伝えします。

 

■真ん中は・・・

 

真ん中は

もちろん間違いではないのですが

 

真ん中だと

●フラットボール

 

にしかなりません

ま、理論上ですが

 

もちろんフラッターの方は

真ん中でどんどんテニスをしてください。

 

しかし

スピンをかけたい、ナチュラルスピンで落ちるボールを

 

持ち球にしたい人は、

真ん中だけだと回転がかかりません。

 

真ん中からどちらかの方向へ

ラケット面をつかうことをお勧めします。

 

では次に

用途に合わせた使い方をお伝えします。

 

■スピンとスライス

 

ではまず

スピンボールをヒッティングするときの

 

ラケットの面の使い方をお伝えすると

 

真ん中から下の面で

ボールを転がすように使います。

 

これでボールにスピンボールがかかる

ラケットの使い方となります。

 

ということはスライスはもちろん

 

 

ラケットの真ん中から

上の面を使うということになりますね。

 

このどちらの面を使うかを意識することで

回転ボールが打ちやすくなります。

 

または

真ん中だけの意識で

 

回転をかけようとしても

かけにくい面の感覚となるのです。

 

■サイドスライス

 

女性に多いのが

サイドスライスボールです

 

真ん中からラケットの先に向けて

面を使うことで、ボールにサイドスピンがかかる

ラケットの使い方です。

 

この方は

ラケットの先に向けて

 

ガットが山形にゆがむのが特徴です。

 

そうです

あなたがどのようにラケットを使っているかは

 

あなたのラケットを見ると一目瞭然です。

 

 

どの方向にも

ガットがゆがんでいない人は

 

フラットの可能性があります。

 

もちろんガットの種類や

張りの強さによっては

 

スピンボールを打ってもガットが動かない人がいますが

 

基本的には

あなたのヒッティングの癖は

 

ラケットのガットを見るとわかります。

 

一度自分のガットをチェックしてください。

 

■今回の意識

 

今回の意識としては

回転をかけたいひとは

 

真ん中だけを使う意識ではなく

真ん中から下か上を使う打ち方を目指してください。

 

あ、もちろん

 

サーブも必然的に

真ん中を使っている人は

 

回転はかかりにくいですよ。

 

今回のイメージは

どのショットにも言える共通の項目です。

 

ちょっとあなたの意識を

ラケット面に向けてみてください。

 

下に参考動画をつけておきます。

今回の記事に『ハッとさせられた!』という方は

 

続きは無料メルマガにて

このテニスをもっとお伝えしていますのでご登録ください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスフットワーク基本】テニスのいいフットワークとは?

【テニスのフットワーク基本】

 

 

今回はフットワークについてです。

あなたはフットワークに自信がありますか?

 

■フットワークとは?

 

皆さんからのご要望で

今回のテーマは

『フットワークが悪い』と言う事でについてです。

 

この何か限定的な

しかもズバッと言われると、グッサリ刺さってくるきつい言葉

 

【フットワークが悪い】です。

 

このフットワークが悪いと感じている人は

●自分のフットワークが悪いために

●動きが悪い

●ボールに追いつけない

と言うイメージがあると思います。

 

今回はこの

フットワークを悪くしている原因を探っていきましょう。

 
■原因その1

 

『先ず構える』

昔テニスの代名詞『早く構えろ』

この言葉が一番動きを悪くします。

 

理由は

『先ず構えるからです。』

 

この『構える』と言う動きは
足を踏ん張って上半身をひねる動きです。

 

つまり
『構えようとしている間は足が動かないのです。』

 

非常識理論は

『先ず動く』です。

 

構える必要が無い為に『すぐに動きに入れるのです。』

この一歩の違いが大切なのです。

 
■原因2

『踏み込み』

 

昔テニスの代名詞『踏み込め』とは

『打つ前に踏み込みがいる』と言う事です。

 

ボールに追いつく事にギリギリなのに

『踏み込む』と言う動きを打つ前に入れるのならば

 

一歩も二歩も『早く追いつかなければいけません。』

 

非常識理論には『踏み込み』がいりません。

と言う事は

一歩二歩、余計に走れるのです。

『踏み込まない』恩恵は楽々フットワークを可能にします。

 
■原因3

『ボールを見ろ』

 

昔テニスの代名詞『ボールを見ろ』は

『ボールをじっと見ろ』と言う意味で使われます。

 

非常識理論は『ボールの軌道を見て予測しろ』です。

 

ボールをじっと見ている人は
ボールを目で追いかけるために

『予測』ではなく、常にボールに合わせた動きとなり

 

『ボールから遅れた』動きとなります。

 

非常識理論は『ボールの軌道を予測して先回り』する動きとなります。

これが『素早い動き』につながります。

 

相手の動きが見えなかったり
『予測』が出来ずに動きが遅れたりする方は

 

間違いなく『ボールをじっと見ています。』

 
■そういえば。。。

 

思い当たる方は多いと思います。

しかし!
それらをすぐに改善すると

 

動きは良くなりますが。。。

『打てなくなります。。。』と言う方が多いと思います。が

 

 

今回のテーマとして

早く構えずに先ずは動くことで

 

素早いフットワークとなります。

 

さらに

打つ前に踏み込みがいらなければ

直前まで走ることができます。

 

そして

ボールをずっとよく見るのではなく

 

ボール軌道を予測して

アバウトに先回りすることによって

 

さらに素早い動きとなるのです。

 

このフットワークが良くなるためには

実にたくさんの項目があります。

 

反対に言えば

これらの項目をクリアすることによって

 

あなたも

今よりも早く効率よく動く可能性が

 

まだまだ眠っているということです。

 

これは年齢がある程度いって

そろそろ体に負担のないテニスを求めている人に

 

よくヒットする項目です。

 

もちろんその方達には

テニスがまだまだ長く続けられる可能性が出てきて

 

まだ若者を楽々テニスで

空回りさせるテニスにもつながります。

 

そして

まだまだバリバリに動ける世代の方がこの動きをマスターすると

 

ハイパフォーマンスなテニスとなります。

 

残念ながら動ける人たちの多くは

バリバリ動けるために

 

楽に動くテニスの情報を

入手しようとする人が少ないのです。

 

僕もこのテニスを

現役の時に知っていれば・・・と

今とても思います。

 

まだまだバリバリ動ける人こそ

今のうちにこのテニスを身に着けて

 

ハイパフォーマンステニスを手に入れてください。

 

今回は

フットワークについての情報動画をお届けします。

 

ちょっと軽いフットワークのテニスを

見てみようかという方は、続きを動画でお届けしますので

 

下のメルマガにご登録ください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ボレーのレベルアップ】ボレーのレベルアップに必要な2点ポイント

【ボレーのレベルアップポイント】

 

あなたはボレーの次のステップに進む方法を知っていますか?

 

今回のテーマは

【ボレーの次のステップ】というテーマでお伝えします。

 

ボレーの基本がある程度マスター出来て

次のステップに進みたいが、何をすればいいかわからない

 

という方のために

今回の内容がヒントになればと思います。

 

■レベルアップ2点ポイント

 

ではこの

二つのレベルアップポイントをご紹介すると

 

一つは

●速いボールの対応

もう一つは

●チャンスボレーの決定力です。

 

この2点が

次のステップで必要なボレーのポイントになります。

 

■速いボールの対応

 

あなたは速いボールが来ても

ボレーで対応できますか?

 

ここはレベルアップの

大きな関門となるポイントです。

 

『速いボールにボレーがうまく対応できません。』

という人はとても多いのです。

 

ズバリこの

速いボールへ対応できるかできないかの違いは

 

【ボールを見てボレーしている】か

【ボール軌道を予測している】かの違いになります。

 

この二つの違いが

速いボールに対してボレーできるかできないかの

 

大きな違いとなります。

 

■ボールを見るのとボール軌道の予測の違い

 

ではこの

ボールを見ることと

ボール軌道を予測することの違いをお伝えします。

 

ボールを見て当てていても

ボールのスピードに、脳からの神経伝達のスピードが

追いつかなくなるスピードがあります。

 

このスピードから

ボールを見てラケットに当てている人は

 

ボレーが出来なくなるのです。

 

では

ボール軌道を予測する方法はというと

 

ボールが飛んできた瞬間に

その軌道の延長線上にラケットをセットして当てます。

 

これが速いボールへの対応です。

 

軌道の予測というのは

ボールの初めの軌道を見て、延長線上にラケットをセットするのです。

 

これがスピードボールに対応する

ボレーのポイントになります。

 

■チャンスボールの決定力

 

次がチャンスボールが来た時に

きっちりと決めが出来るかです。

 

決めというのは結果なので

しいて言えば、強いボレー、早いボレーが打てるかということです。

 

ネットにかかる可能性が高くても

次のステップには行けません。

 

チャンスボレーを

きっちり決められることが

 

次のステップの条件となります。

 

そのチャンスボレーを

きっちり決めるためのポイントとして大切なのが

 

コンタクトのラケットの動きです。

 

■コンタクトを見ようとすると・・

 

あなたはチャンスボレーの際に

ボールとラケットが当たるコンタクトを

 

【見ようとしていませんか?】

 

ここでコンタクトを見ようとしている人は

 

チャンスボレーが

ミスをする可能性があります。

 

それはなぜか?

 

チャンスボレーで

コンタクトを見ようとすると大きなミスの原因が現れます。

 

それは

【ラケットを振ってしまうこと】です。

 

コンタクトを見ようとすると

ラケットをコンタクトに向けて

 

【振る】というラケットワークとなります。

 

では

正しいチャンボレーの打ち方は

どのような打ち方かというと

 

●コンタクトにラケットをセットして

●コンタクト後にラケットを振る打ち方となります。

 

このイメージは動画ではないと

なかなか伝わらないと思います。

 

今回は先ほどお伝えした

ボールの軌道を予測するボレーと

 

チャンスボレーの打ち方を

動画にてお伝えします。

 

今回のボレーの内容は

本当は基本の内容となります。

 

いままであなたがこの基本について

●考えたことがなかった

●悩みの謎が解けた

●何か閃きがあった

という感覚となったならば

 

このテニスがあなたに合う可能性があります。

紹介動画の後に、メルマガの登録があります。

 

こちらのメルマガに登録すれば

他の動画もお届けしますので、このテニスをのぞいてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスの上達のコツ】打ち方の選び方ときっかけ

【テニス上達のコツ】

 

オープニング画像の

ミロシュ・ラオニッチ選手は

 

今回の記事とはまったく関係がないのですが、

今回はテニスの上達のコツというテーマでお伝えします。

 

このブログを見ている方は

少なからずテニスの上達に燃えていると思います。

 

最近では情報がたくさんあふれていますね。

と言う僕も、Youtubeやブログ、メルマガでテニス情報を発信していますが

 

その中で

どの情報を選ぶか

 

また、どの情報を信じて

練習をし続けていけばいいか

 

この情報の選択方法について

悩んだことがあるのでは?と思い。

 

今回はその内容について

お伝えしていきたいと思います。

 

■情報の選択方法

 

さて、先ほどの内容

ざっくり言うと

 

●無駄な練習はしたくない

●これをやれば上達するというものだけ練習したい

 

これが多くの方が望む

最短の無駄のない上達方法です。

 

意味がない練習はしたくなく

遠回りではなく、最短で上達したいのです。

 

僕も昔は

『この練習を続ければ、少し時間はかかりますが必ず上達しますよ。』

と、お伝えしていました。

 

今は違います。

今は『最短での上達』を目指しています。

 

そのために

andy『この打ち方はどうですか?』

生徒『あまりピンと来ませんが・・』

andy『では、これは?』

生徒『もう少し・・』

andy『ではこれは?』

生徒『これいいです!』

というふうに、

 

直ぐにピンとこないことよりも

別のアプローチを試したほうが、時短で上達すると考えています。

 

つまり何が言いたいかと言うと

『初めのファーストコンタクトが大切』ということです。

 

初めに何か自分の中で

『これすごいかも!』

『ひらめいた!』

という感覚が、テニスではとても大切なのです。

 

もちろんそのイメージで

コートに立ってみると、見るも無残な結果だったことなんて

 

僕も何億回もあります。笑

 

ものすごい閃きを感じたのに

全くダメな時ってありますよね。

 

でも、その閃きを次にコートで試そうとするときの

ワクワク感は半端ないですよね。テニスの中毒性ですね。

 

とにかく!

何がお伝えしたかったかと言えば

 

あまり自分にピンとこないアドバイスを

ひたすらコツコツ続けるよりも

 

自分のなかで閃きがあったことを

集中して練習したほうが、上達の近道がある。

 

ということをお伝えします。

 

これは、インターネットが普及して

たくさんのテニスの情報がある環境のおかげです。

 

今まではひたすら

一人のコーチの言うことを聞き続けるという狭い世界でしたが

 

今は情報をあなたが選べる時代です。

 

いろんなコーチの情報が

インターネットの世界には無数に散らばっています。

 

その中で

あなたが閃くことを選択してそれに取り組む。

 

そうすると

この人の言うことは、閃きが多い

 

という人を見つけたら

その人のコーチングを6~7割ベースとして

 

他の情報を入手しながら

自分のテニスを作っていくことをお勧めします。

 

僕は一人の教えに偏らないほうがいいといつも思っています。

 

あなたのテニスは

あなた一人しかできないテニスになるはずですので。

 

今回の内容として

『ファーストコンタクトのひらめき』を大切に

 

あなたの欲しい情報を

たくさんの中から見つけてみてください。

 

では今回の紹介動画は

ストロークのポイント三つを上げた動画です。

 

あなたが何か閃く事を願っています。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

非常識理論岡山講習会&凱旋講習会

【岡山講習会】

 

めちゃめちゃ寒かった~

 

晴れの国岡山での講習会は

とても暖かいだろうと思っていたらものすごく寒くて驚きました。

 

最低気温マイナス7度の日もあったそうで・・

雪も飛び交う講習会となりました。

 

先日神戸講習会の翌日は

非常識理論岡山講習会と

 

andytennisの岡山の生徒さんの

久々凱旋講習会でした。

 

岡山を飛び立って

はや3か月、と言っても3か月なので

 

そこまでお久しぶりでもなく

元気~といういつもの感じでの再会でした。

 

みなさん調子が変わらない人や

崩れている人もあり

 

新しいヒントを伝授しました。

 

懐かしさもそんなになく

久しぶりでもなく、ここはいつも感じるのは

 

いつも久々ではない感じという

いつ会っても変わらない場所で、いつもの

 

『癖がすごい』人たちばかりです。笑

 

 

写真は講習会のメンバーです。

 

定期メンバーと、初めての方と

参加の方も増えて、岡山講習会も定期開催を目標にしていきます。

 

今回の講習の内容も

それぞれの練習の段階をしっかり把握して

 

個々に合わせた講習を行い

みなさんが自分に合った目標を見つけることを目指しました。

 

なかなか皆さん

予習が効いていて、呑み込みが早かったですね~

 

動画での予習効果ですね。

 

参加の方が地元で通っているスクールの

担当のコーチが、僕の同級生コーチでした。

 

テニスのつながりを感じますね〜

 

今回の

神戸・岡山講習会での発見は

 

●ストロークの段階的な目標設定の大切さ

●サーブの極意の発見

と、大きな発見がありました。

 

こちらもまた

メルマガにてお伝えしていきますね。

 

こちらのブログは

非常識理論テニスの情報はもちろんですが

 

講習会情報・結果報告と

非常識理論の活動報告をお届けしています。

 

がっちりテニスの情報を入手したい方は、

メルマガをご購読ください。

 

こちらから登録できます。

非常識理論紹介動画もついていますよ。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

2月11日(日)非常識理論神戸講習会を開催しました。

【非常識理論神戸講習会】

 

昨日

神戸講習会を開催しました。

 

いや~寒かったですね。

楽々テニスも運動量がないから、そこはちょっと物足りないですね。笑

 

今回、大阪から来てくれた方もあり

コートからとても近くの方もあり

 

いつもの常連の顔ぶれに

今新しい人もたくさん来てくれて

 

今回も新鮮な講習会となりました。

 

その中での今回の僕のテーマは

【基本から応用までの個人に合った段階の設定】です。

 

どんなことかというと

 

講習会を開催すると

多くの方が

『レベルが気になります。』

『ついていけるか不安です。』

 

と、講習会のレベルが気になりますよね。

 

なので今回は

【個人のレベルに合わせたショットの設定】を目標に開催しました。

 

先ず基本をお伝えして

その次のステップも目標としてお伝えする。

 

そして実際に打ってみて

一番の基本をその方がやったほうがいいのか?

 

次のステップの打ち方にチャレンジしたほうがいいのか?

 

この辺りを見つけて

その方に合った段階での打ち方を見つける事を目標にしました。

 

これを個々にすることによって

【レベルの違いでも同じ講習会を受けられる】という講習会となります。

 

もちろん参加者が増えてきたら

クラス分けを行っていきますので

 

各地での講習会も

段々参加者を増やして、クラスを分けていきたいと思います。

 

■腕のひねり戻し

 

今回の参加者の方には

先ず、基本の体幹のひねり戻しを基礎練習して

 

そこから次のステップの

腕のひねり戻しを使ったスピンストロークもチャレンジしました。

 

この打ち方は実は

サーブにも共通の腕の使い方で

 

『サーブでうまく使えたから

それを使って、フォアハンドを打ってみましょう。』と

 

サーブでのひらめきから

フォアハンドが劇的に安定した方がありました。

 

いや~素晴らしい!

 

自分のいい身体の使い方を

段々他のショットにも応用して使えるようになると、

 

結果全てのショットがうまくいき始めます。

 

この感覚が

テニスでは大切なんですよね。

 

『コツ』と言われる、何やら物体のない

閃きの感覚ですよね。

 

ひらめいた時は

『これか!』と、感動しますよね。

 

■フットワーク

 

そして

フットワークも基本なので、チェックを行いました。

 

皆さんいろんなフットワークでした。汗

 

一番目についたのが

●ボールにとても近づいてしまうことです。

 

ボールは飛んできています。

ある程度は待っていても飛んできてくれるのです。

 

一番ベストな形が

ヒッティングポイントに追いついて

 

そこにスイングをゆっくり初めて

ボールがそのタイミングに飛んできてくれることです。

 

これが

ヒッティングポイントよりも

 

ボールに最後まで

突っ込んでしまうフットワークになっている人が多いのです。

 

これは

【詰まる】というミスの原因となっていました。

 

結構みなさん詰まってたな~

待てない?感じです。

 

そして

ボールから離れて止まることがちょっと抵抗があるみたいで

 

どうしても近づこうとしてしまう。

そのために詰まってしまう人が多かったです。

 

早く追いついて

余裕のあるテニスをしているときは

 

ボールからかなり離れた場所で止まります。

 

そのまま待っているために

余裕のあるショットとなります。

 

これを今回の講習後に

みなさん気を付けていきたいところです。

 

■サーブ

 

そして

サーブがやはりみなさん

 

【腕のひねり戻し】を使えていない人がほとんどでした。

 

腕のひねり戻しを使わないと

ボールを飛ばすために、ラケットを振ります。

 

ラケットを振ると

ボールは安定しません。

 

ひねり戻しで勢いがついたラケットを

止まることでボールが安定するショットがサーブです。

 

これだけは

自分でトスを上げるので、この打ち方が出来ます。

 

●サーブは腕のひねり戻しを使って止めて打つ

 

●ストロークは腕のひねりを作ってコンタクトして、戻しで飛ばす。

 

この違いと

同じ腕の使い方という矛盾が、いわゆるコツと言われるモノかもしれませんね。

 

参加者の方も

かなりの冷えた気温でしたが

 

集中して今回のテーマを頑張って身に着けてくれました。

 

あとは

お届けする動画で復習ですね。

 

この自分の動画を見る事が

大きな気づきにつながります。

 

 

初参戦の方には

『いつも動画で見ている人が目の前にいるのが不思議です。』と言われました。笑

 

今度はあなたが

動画の中にいますので、自分の打ち方を見て、ショックを受けないようにしてください。

 

おっと、ショックではなく

出来ていることを見て、自信をつけてください。でした。

 

皆さんまた動画をお届けしますね。

 

本日は

岡山講習会です。

 

 

さて、今日も閃きを求めていきましょう!

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ボールとの距離感が合わない原因】その1〜距離が合わない気がするという感覚〜

【ボールとの距離感が合わない原因】

 

『ボールとの距離感がうまく合わせられません』

というメッセージが届きました。

 

これに対しては

たくさんの要素があるために、『これ』と、言い切れないところがあります。

 

そのために

今回は、そのチェックする三つのポイントに絞ってお伝えしていきます。

 

あなたが

ボールとの距離感が悪いと感じる原因が

 

どれかに当てはまるかもしれないです。

 

■三つとは?

 

ではこの

距離感が悪いと感じる三つの原因をお伝えします。

それが

●腕

●フットワーク

●予測

この三つです。

 

つまり

距離感が悪いと感じる原因にはたくさんの原因があるのです。

 

そのために

一つずつ潰していく作業が必要となります。

 

今回はその一つ

●腕についてお伝えします。

 

■距離感が悪いと感じるとは?

 

先ほどから僕は

『距離感が悪いと感じる』と言っています。

 

気がつきましたか?

 

『距離感が悪い』とは言っていません。

『距離感が悪いと感じる』と言っています。

 

つまり

距離感が悪いのではなく

 

距離感は合っているのに

別の原因で『悪い』と感じる原因がある。ということです。

 

その原因が

『腕』です。

 

腕がどうなれば

距離が合わないと感じるかというと

 

腕が伸びたり縮んだりと

腕が動けば、必然的にボールを捉える距離も変わりますよね。

 

つまり

ボールとの距離は合っていても

『腕が不安定なことで、打点が安定しない』という原因になっていることがあるのです。

 

あなたは

腕は一定の距離に保たれていますか?

 

■とっさな対応

 

●スピードボールが来た時

●深いボールが来た時

 

この時に

『ボールとの距離が合わない』と、感じることが多いならば

 

●腕が動いている

可能性が高いです。

 

とっさな時に腕は動きやすいために

その腕の動きを抑えてあげれば

 

距離感が乱れなくなるフォームにな流可能性が高いです。

 

■チェック動画

 

今回は

距離感が悪くなる原因の一つ

 

●腕の動き

についての動画をお届けします。

 

こちらの動画にて確認してください。

 

今回の内容で

悩みが解消された方は

 

引き続き動画を見てこのテニスがあなたに合うかを確かめてみてください。

 

たくさんの無料動画は

こちらのメルマガからチェックしてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスで高いボールが苦手な人は、軸を傾けて解消しましょう。〜ストローク軸の関係とボール軌道〜

【高いボールの簡単な返し方】

 

 

あなたは

【高いボール】が苦手ですか?

 

今回の内容は

高いボールを簡単に返すヒントになります。

 

今あなたが

高いボールの返球に悩んでいるのならば

 

今回の記事をヒントにしてください。

脱出のヒントになると思います。

 

■体軸はぶれてはいけない

 

今回の内容のキーマンが『体軸』です。

 

体軸とは

体の中心に一本通った軸のことです

 

そこを軸にして

肩や胸部が回ってスイングを作っています。

 

その軸は

あなたも意識したことがあると思いますが

 

『軸がぶれないように』と

軸はぶれてはいけないという認識だと思います。

 

もちろんこれは正解で

軸がぶれるとショットも乱れます。

 

ではこの軸ですが,

 

あなたは動かしていますか?

 

軸がぶれてはいけないのは

先ほど確認しましたが

 

軸を動かすというのは全くの別物なのです。

 

軸は動きます。

それはもちろんヒッティングの時ではなく

 

そのヒッティング前に

どのようなボールを打つかによって

 

軸が傾きを変えるのです。

 

■軸の傾き

 

あなたはこの

『軸の傾き』を意識したことがありますか?

 

『軸をぶらさない』という意識の中に

●軸を真っ直ぐにキープし続ける

 

という意識と同じだと考えている人が多いのです。

 

軸を真っ直ぐにと

軸をぶらさないは別ものです。

 

軸は色々な角度に傾きます。

そしてその傾いたままで

 

ヒッティングの時に

軸がぶれないように気をつけます。

 

ではなぜ

軸を傾けるのかというと

 

先ほどお伝えしましたが

軸を中心として、肩や胸部が回転することによって

スイング軌道を作っています。

 

そのスイング軌道は

ボールの高さによって変わります。

 

低いボールは

下から上へのスイング起動

 

高いボールは横振りのスイング軌道が必要です。

 

そのスイング軌道を変える方法が

軸を傾けることなのです。

 

あなたは軸を

ボールの高さによって傾けていますか?

 

 

■高いボールの返球

 

例えば

高いボールが飛んできたとします。

 

バウンドした後に

まだまだ高く上がったボールを

 

あなたはどのように返球しますか?

 

バウンド後に高く上がったボールを見ていると

顔は上に見上げるように向いているはずです。

 

その時の軸は

斜め上向きに顔が向いているので

 

軸は斜め後ろに傾いているはずです。

 

実はこれ

そのままの軸で打てば

 

自然に高い軌道で打ち出して

高いボールを楽に返球できる軸の傾きなのです。

 

これをヒッティングの際に

軸を真っ直ぐに戻してしまうと

 

たちまち軸が乱れて

高いボールがうまく返球できなくなrのです。

 

高いボールが来たら

つい、ロブを上げてしまうのも

 

その軸のまま打つには

ロブが一番打ちやすいからなのです。

 

■軸は前後ろ横に傾ける

 

今回は高いボールの返球の例だけをあげましたが

 

ボールはコート上に立体的の飛んできて

こちらのスイングも立体的に使います。

 

ということは

軸の傾きも立体的に変えていきます。

 

今回のイメージで

あなたも軸を傾けて打つことを意識してみてください。

 

もう少し聞いてみたい人は

こちらの動画にて確認してください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------