サーブスピードを上げるラケットヘッドの加速

【サーブのラケットヘッドの加速】

 

今回は

ラケットヘッドの加速についてお伝えします。

 

今期はサーブとストロークの

ラケットヘッドの加速をテーマに練習しています。

 

理由は

腕でラケットを押すように使っている人が多いからです。

 

目指す打ち方は

腕より先の『ラケットの動きだけで打ちたい』という事です。

 

これが

『ラケットヘッドの加速での打ち方』です。

 

サーブでスピードが出ていない人は

腕でスイングしています。

 

ストロークで威力やスピンがかからない人は

ラケットヘッドが走っていません。

 

『あ・・私もだ‥』と

思い当たる節がある方は今回の記事をチェックしてください。

 

ではラケットヘッドが走らない

原因についてお伝えしていきます。

 

 

■腕が止まっていない

 

ラケットヘッドが加速しない原因は

●腕が動いている事です。

 

腕が動き続けるために

ラケットヘッドが追い抜けずに加速しないのです。

 

このフォームになってしまう原因は

腕でボールを飛ばそうとする『力み』です。

 

ラケットヘッドを加速させるためには

腕が『止まる』必要があります。

 

動いてきた腕が止まる事で

その先のラケットヘッドが加速していきます。

 

そしてこの腕が止まる動きが

力が要らない・力んでないと言われるフォームになります。

 

そのために

オンコートでのコーチングで生徒さんに

 

〇腕を引く練習

を行っています。

 

この練習をすると

みなさんの反応が面白く。

 

『ボールコンタクトから腕を引いてください』

と言うアドバイスで打ってもらうと

 

『コーチ!腕が止まりません!』

『これでも止まっていないの!?』

 

という驚きと、自分の体が思い通りに動かない焦りで

コートは阿鼻叫喚です。笑

 

ちょっと大げさすぎましたが

その壁を乗り越えるとこんな体験が出来ます。

 

生徒『コーチ!力って全くいらないんですね!』

 

私『それです!』

 

生徒『サーブが凄く飛びます!』

 

私『それです!』

 

生徒『今まで腕で打っていました。』

 

私『ですよね!』

 

とこんな会話になっています。

 

ラケットヘッドの走りでボールを打てると

今までいかに力を入れていたかに気が付きます。

 

気が付かないと

自分が力で打っていることがわからないのです。

 

この目からウロコの感覚に

気が付いてもらう事が今期の私の目標です。

 

今回はこちらのブログでも

サーブのスピードが上がった練習をご紹介しておきます。

 

今回の動画は非公開の動画です。

 

一般公開のYoutube動画とは別に

非常識理論は1500本以上の練習動画をストックしています。

 

こちらのブログでは

ちょこちょこご紹介していきますね。

 

もっと見たい方は

下記のメルマガにご登録ください。

 

今回の動画は

サーブのラケットヘッドを走らせる練習です。

 

トライしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

振り遅れる原因になるラケットの動き~構えるというセリフは要注意~

【振り遅れの原因になるラケットの引き】

 

今回は

振り遅れの原因についてお伝えします。

 

一般プレーヤーや

ダブルスプレーヤーは

コンパクトスイングを目指したいと私は思います。

 

理由は

シングルスは大きなフォームでも間に合いますが

ダブルスではコンパクトではないと間に合いにくくなります。

 

一般プレーヤーは

やはりスピードに対応出来たほうがいいので

物凄いショットを目指すよりも対応力を上げたほうが

 

ゲームでの勝率が上がるからです。

 

その

『コンパクトスイングを目指したい』

『振り遅れを無くしたい』と思っていても

 

なかなか改善されない人が多いです。

 

その原因となっている

『引く』というアドバイスについて詳しくお伝えしていきます。

 

■引くのは何を引く?

 

ではあなたは

『速く構えて』

『ラケットを引いて』

『ラケットを速く構えて』

と言うアドバイスを言われて

 

どのような動きを行っていますか?

 

〇ラケットヘッドを後ろに向けて引いている

〇肩を顔の前に持って来て引いている

〇グリップエンドを相手に向けて準備している

〇肘を引いて構えている

〇上半身をひねって引いている

 

このように

同じアドバイスでもいろいろな動きになります。

 

この中で

正解はどれでしょうか?

 

実はどれも

実際の動きをチェックしないとわからないのです。

 

今回は動画は

その答え合わせ動画となっています。

 

まずは良くない動きをお伝えすると

ラケットヘッドを後ろに向ける動きです。

グリップエンドを相手に向ける動きでもあります。

 

これが何が良くないかと言うと

ラケットのスイングが大きくなるからです。

 

反対に

コンパクトなスイングはどうなっているかと言うと

 

肘から引いて肘が出る動きで

ラケットヘッドが後ろに回るのです。

 

この動きの方が

スイング自体がコンパクトになります。

 

この動きを意識して

〇速く構えるという動きを

 

ラケットを引く動きではなく

上半身のひねりの動きになってくると

 

コンパクトな振り遅れないスイングになります。

 

そのイメージで

こちらの動画をチェックしてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスの動きを良くするスプリトステップのタイミング

【テニスの動きが良くなるスプリットステップのタイミング】

 

今回のテーマは

スプリットステップのタイミングです。

 

動画では簡単にお伝えしていますので

こちらのブログではよりマニアックにお伝えしていきます。

 

ではスプリットステップとは

そもそもどんなステップかと言うと

 

『どちらにも動ける状態を作るステップ』です。

 

この体の姿勢の事を

トレーニング用語で言うと

『アスレティックポジション』といいます。

 

そのどちらにも動ける状態を

相手が打つ瞬間に作るのがスプリットステップです。

 

つまり

相手がどこに打ってくるかわからない状態から

ボールが飛んだ方向に瞬時に動くための準備ステップです。

 

そのために

このステップを行うタイミングは

『相手のラケットがボールに当たる瞬間』です。

 

その瞬間に着地して

膝が軽く曲がりその時にボールが飛び始めていますので

 

その方向に次の瞬間に動き始めるのです。

 

そのために

『着地と相手ラケットがボールに当たる瞬間を合わせる』

と言っていますが

 

スローで見ると足の方が遅れます。

 

なので着地後に

すぐに動ける動きとなります。

 

この着地でまだ

相手のラケットがボールに当たっていないと

 

そのまま足が止まってしまい

安定してしまい動けないフットワークとなります。

 

つまり早く行うのは厳禁という事です。

 

とは言っても

実は早くステップをしてしまう人はほとんどいません。

 

そのために

一番タイミングが悪くなっている原因は

『遅くなっている人』です。

 

相手のラケットがボールに当たる時に

やっとジャンプを始めている人が

 

ものすご~~く多いです。

 

動きが悪いと感じる人の大半はこの

スプリットステップの遅れが原因です。

 

もう一つの原因は

スプリットステップをどんと踏ん張る人です。

 

この人はもともと

重心が落ちすぎて動きが悪くなっているだけです。

 

あなたがもし軽いステップをしているのに

●ボレーが動けない

●相手のチャンスボール攻撃が取れない

●一歩が遅い

このような悩みがある場合は

 

今回の動画で

スプリットステップのタイミングをチェックしてください。

 

あ!リターンもです!

リターンも遅くなっている人が多いです。

 

今回の動画で

リターンが不調の方も

スプリットステップのタイミングを

少し早めてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスサーブ】相手レシーバーが返しにくいサーブのコース

【リターンが返しにくいサーブのコース】

 

今回は

題名そのままの

『リターンが返しにくいサーブのコース』についてお伝えします。

 

『返しにくい』と言うのが結構ポイントで

 

エースは獲れないけど攻撃しにくいコースという

狙いがあります。

 

反対に

下手にコースを狙いすぎると

カウンターの逆襲に合いやすいという事も多いので

 

今回のお伝えするコースは

エースは獲れないがそんなに厳しいリターンも返ってこないという

 

実はセカンドで打つと

効果のあるコースなのです。

 

そのコースとは

『ボディースライス』です。

 

ボディースライスとは

体の正面にスライスサーブを打つことです。

 

ただ打てばいいのではなく

相手のバックに食い込むようなコースを狙う事が大切です。

 

その際に

ちょっと意識したいイメージがあります。

 

それは

フォアハンドで回り込もうとすると無理があるコース

というイメージです。

 

そしてこのコースに関しては

ちょっとイメージが持ちにくいために

 

今回の動画ではこの

レシーブ目線の画像も一緒につけています。

 

なぜならばこのレシーブ側のイメージが

サーブの組み立てではとても大切だからです。

 

サーブ側から見ると

ものすごく厳しいコースを狙わないと攻撃されそうに感じますが

 

実はレシーブ側から見ると

そんなコースではなくてもリターンしにくいとわかるからです。

 

リターンの時は

相手サーブにどこに打たれてもリターンしにくい。と

悪いイメージを持ちながら

 

自分のサーブでは

どこに入れてもリターンされそう。と

自分のリターンのイメージを忘れている人が多いのです。

 

という事で今回は

リターン目線のイメージをつけながら

 

ボディースライスを打つことにトライしてください。

 

今回の動画の後ろに

実際に打っているプロ選手の動画もご紹介しておきますね。

 

 

こちらの動画の自分目線の

チチパス選手&ダニエル太郎選手のヒッティング動画です。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

3種類のスライスショットの打ち方~伸び・ドロップ・ロブ~

【3種類のスライスショットの打ち方】

 

今回は

スライスショットの3種類の打ち分けについてお伝えします。

 

スライスの種類には

〇伸びる滑る攻撃的なスライス

〇スライスドロップショット

〇スライスロブ

と大きく分けて

この3種類があります。

 

もちろん守りの安定スライスはありますが

基本のために含んでいません。

 

今回の3種類のスライスショットは

どれも『同じ打ち方で打つ』と言うところが大きなポイントです。

 

同じ打ち方のために

一つのショットが打てたら他のショットも

打てる可能性が高くなるという

 

一石三鳥を狙っています。

 

今回のスライスの打ち方で

大きなフォームのポイントが『J型のラケットの動き』です。

 

この動きは

グリップエンド側からラケットを動かす動きで

この動きがスライス回転を安定してかけてくれる動きとなります。

 

スライスが苦手な人は反対に

ラケット面を出す動きでスライスを打っています。

 

今回の動画ではこの

グリップエンド側からリードさせる

ラケットの動きをチェックしてください。

 

■伸びるスライス

 

今回の3種類のスライスで

伸びるスライスになるための重要ポイントが

腕のひねり戻しです。

 

このひねり戻しの動きで

ラケットがサーブのように弾きだされるために

威力のあるスライスとなります。

 

■ドロップショット

 

ドロップショットのキーポイントが

上への持ち上げと回転をかけるラケットの使い方です。

 

ドロップショットは

回転をかける事でボールが前にはねないショットになります。

 

そのラケットの動きは

ボールを持ち上げながら回転をかける動きとなっています。

 

■スライスロブ

 

この打ち方のスライスロブは

低いボールを上にしっかりあげるロブの打ち方です。

 

ドロップショットの打ち方の

上に回転をかけながら持ち上げる使い方と

 

伸びるスライスで使う

腕のひねり戻しを使うと低いボールのロブショットが打てます。

 

この打ち方が出来ると

とてもバリエーションが広がります。

 

今回の動画は

フォアハンドとバックハンドで動画を分けていますので

二つの動画を参考にトライしてみてください。

 

【フォアハンド】

 

【バックハンド】

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------