非常識理論石川講習会に行ってきました!

【非常識理論石川講習会】

 

先週末

石川講習会を開催しましました。

 

いや~本当に

いつも写真を忘れるんです。。。

 

何と今回。。。

この一枚だけ・・・ひどいです。泣泣

 

今回は

いつも講習会や合宿に来てくださるメンバーで

ガッチリナダル選手の打ち方の練習を行いました。

 

ナダル選手の打ち方と言えばこちらです。

 

この打ち方は

●手首を痛める打ち方

●腕の力で打っている打ち方

と、思っている方が多いです。

 

正しい練習方法で練習すれば怪我をすることもなく

 

プロ選手が使っているということは

安定感がありコースが狙いやすく

 

理にかなった打ち方ということです。

 

特にフォアハンドが苦手な方は

今回各地の講習会やプライベートでも取り入れましたが

 

フォアハンドが良くなった人の確率は

堂々の6割越えなので、立派に会員への提供練習に認定されました。

 

 

走りながら

アングルに切り替えしが打ててみなさん楽しそうに打っていました。

 

参加の皆さんお疲れ様でした。

引き続き頑張りましょう!

 

 

さてこの非常識理論の

練習の認定制度とは?何かというと・・

 

ただの私の中の決め事なのですが

オンコートや講習会で生徒さんに合わせたコーチングの中で

 

かなり打ち方が良くなった練習方法があったときに

他の方にもその練習方法を提供した際に

 

かなりの人数で成果が見られたものは

 

『配信してもOK』という認定練習制度になります。

 

その確率が低いものは

マニアックな癖がついてしまった方への

 

ピンポイントの練習方法という認定となります。

 

プライベートコーチングも確率の高いコーチングから入り

ダメならだんだんマニアックなコーチングを当てていきます。

 

10人の生徒さんに対して

10人に同じ打ち方をマスターさせようとすると

 

最低10個はコーチングが必要になるということです。

 

その中で動画になっている練習は

6割以上の人がヒットした練習方法としています。

 

 

その数ある練習の中でも

特に練習が難しいのがサーブですね。

 

なぜサーブが難しいかというと

●同じフォームの人がものすごく少ないショット

●一人一人全く違う打ち方のショット

 

という

サーブほど人によって打ち方がバラバラなショットはないからです。

 

そしてさらに!

物凄く大切なショットなのに

 

練習時間がものすごく短いショットでもあるからです。

 

サーブの悩みは

テニスでは一番か二番の悩みです。

 

■今回はサーブについてお伝えします。

 

 

あなたはサーブで
どのようなコンタクトのイメージをもっていますか?

 

『上からたたき落す』

『上にラケットを振りぬく』

『足の力をコンタクトに込める』

などなど
人それぞれの感覚があり、それぞれの表現があります。
つまり正解が伝えにくいのです。

 

と、いう曖昧な答えでは発信者としてはNGなので

今回はズバリ
『ボールに回転をかける当て方』についてお伝えします。

 
このイメージに反対的なイメージとしては

『ボールをコートに打ち込む』です。
ラケットで上から
ボールを下のコートに打ちおろすイメージです。

 

ラケットを
手のおいでおいでの動きでボールを打つと

『アンダースピン』がかかる打ち方になります。

 

このイメージ分かりますか?

 

ボールを撫でて
逆回転がかかるイメージです。
上から打ち込みの使い方の人は
この逆回転サーブになっている人が多いです。
サーブはやはり縦回転をかけたいところです。

縦回転だからボールが落ちて確率が上がります。
ではこの
縦回転をかけるためのラケットの動きは

どんな動きかと言うと
ボールの上にラケットが抜ける動きです。
■上に抜けるように使いたい
つまりサーブは縦回転をかけるように

 

ラケットはコンタクトから
ボールの上に少し動きたいのです。

 

ではこのラケットの動きを作る
手のイメージはどんなイメージかというと
ラケットをボールの
上にすり上げるようなイメージです。
このイメージがサーブの見た目のイメージとは
全く違うイメージのために

サーブでつい手で抑えるように
逆回転がかかる落ちないサーブになっている
サーブに悩む人が多いポイントなのです。
ということで今回は
そのラケットが上に抜けるイメージの予習と

 

そこを力を入れないイメトレのために

こちらの動画をチェックしてみてください。

 

■サーブ力が入る人要チェック

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

非常識理論千葉講習会を開催しました。

【非常識理論フットワーク講習会】

 

先週末は千葉で

非常識理論講習会を開催しました。

 

二日間に分けて講習会を行い

土曜日は

トレーナーの早稲田さんに来ていただき

『フットワークトレーニング講習会』

 

日曜日は

非常識理論基本講習会と

ONLINE会員専用講習会を開催しました。

 

トレーニング講習会では

参加者の方の練習を見て頂き

 

その方の特性に合わせたトレーニングを

個別に入れて頂きました。

 

今回のトレーニング講習会では

早稲田さんが参加者の方の動きの特性効果測定を行ってくださいました。

もともとはテニス用ではなく

どんな筋肉の特性かをチェックするもので

 

テニスのレベルや今の状態によって

数値の特性が出てくることがわかってきました。

 

もう少しデータを取れば

その数値に合った練習メニューが出来そうな予感がしてきました。

 

やはりコツコツデータを取ると

色々新しいものが見えてきますね。

 

今回は二日間

『フットワーク』をテーマに開催したところ

 

クロスに体を使う事が

まだうまくスムーズに出来ていない人が多かったです。

 

このクロスに使うとは

右手と左足、左手と右足を連動させる動きで

 

例えば歩く時に

右手と左足、左手と右足が連動して動きますよね。

 

それと同じで

テニスのひねりが入るときは

右足で重心を支えて左肩が右足方向に引っ張られて

ひねりが作られます。

 

ヒッティングの際には

左足に重心が移って右手のラケットが左に引っ張られて

ボールをヒッティングします。

 

このクロスに使われると

体の体幹が安定する動きとなります。

 

反対に

右手のラケットを引いて右足に重心を乗せて

左足に踏み込んでラケットをボールに当てに行くと

 

体はドアの様な動きをして

体がブレやすい体の使い方になるのです。

 

この体をクロスに使う代表的なショットが

ランニングショットで

 

この練習には

参加者の方々も苦戦していましたが

 

出来るようになれば体が安定して

テニスに余裕が出て相手が見えるボール運びができる

準備が出来てきます。

 

テニスはコツコツと段階を踏んで

技術を向上させることで次のステップに進めます。

 

また次回の講習会までに

参加者の方々は今回の練習メニューをマスターしていきましょう。

 

ご参加のみなさん

お疲れさまでした。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ONLINE会員練習会

【ONLINE会員練習会】

 

画像は先日行われた

【ONLINE会員練習会】の模様です。

 

非常識理論はインターネットでの

テニススクールを開講しています。

 

2014年からスタートして4年目となります。

 

ONLINEなのでもちろん

一度もお会いしたことがない方もたくさんあり

 

動画でのアドバイスで参加者の方達が

どのように変化しているかもなかなか確認が取れませんでした。

 

ということで

テニスの練習する環境があれば参加しやすいのではないか。と考え

 

2~3か月に一度

定期練習会を開催することになりました。

 

今回は初開催となり

川崎のコートで開催しました。

 

やはり同じテニスを目指している仲間と

一緒に練習するのはいいですね。

 

今回も

『また一緒に練習しましょう』という連絡先の交換もありました。

 

そうなんです!

このテニスは『非常識』のために

分かってくれる人が少ないのです。

 

この定期練習会で

また一緒に練習できる仲間が出来たらいいですね。

 

会員の方が主催しているテニスオフもあります。

なかなか周りにこのテニスを志している人がいないので

 

少しでも交流のきっかけになったらと思います。

 

全国の講習会の際も

コートに余裕がありましたら、練習会の開催を考えています。

 

2019年も

非常識テニスを広めるとともに

非常ラー同士の交流も増やしていけたらと思います。

 

参加者の方々お疲れさまでした。

次回さらに練習の成果が出せるように引き続き頑張りましょう。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

非常識理論講習会in愛知

【非常識理論愛知講習会】

 

先月末に

非常識理論愛知講習会を開催しました。

 

またまた遠方からのご参加もありがとうございました。

静岡・兵庫・福井と駆けつけていただきありがとうございます。

 

今回は

3連休中の3日間の開催となり

連日たくさんの方に参加して頂きありがとうございました。

 

コート確保をしてくださる

非常ラーのT家の方々いつもありがとうございます。

今回は

〇テニストレーニング

〇腕のひねり戻し

こちらをメインテーマとして講習会を開催しました。

 

中でも

サーブトレーニングの取り入れたことで

体の使い方が良くなって

 

サーブの安定・威力が上がった人が

多かったことがとても印象的でした。

 

体の使い方を良くすることで

自然といいフォームになる事を

 

参加者の方とも話になって

『トレーニングは本当に大切ですね。』と実感しました。

 

あなたも体の使い方が良くない事が

なかなか『ショットがマスター出来ない』原因になっているならば

 

テニスの練習だけでは上達が遅くなってしまいます。

 

今回の講習会で

体の使い方を良くすることも、最短上達の近道だということが

実際に参加者の方達によって証明されました。

 

ということで只今

トレーナーの方達と

『テニストレーニング』なるものを開発しています。

 

このテニストレーニングというものの

情報がものすごく少ないことは皆さん知っていますか?

 

なぜなら

『トレーニングメニュー』がテニス理論と一緒に考えられていないと

再現性がないからです。

 

この言葉の意味はイメージ出来ますか?

 

例えば

サーブのトレーニングメニューとして

 

『ボール投げ』をするとします。

ではその投げ方の時に

 

どこに注意して

どの動きが出来るように意識して

どうなったら反対に良くなくて

この動きが出来たら、このフォームになって

そのフォームになったらどのようにボールにラケットを当てれば

どのようなボールが飛んで完成する。

 

という

このような細かい動きとフォームとボールへの連動がないと

再現性のないトレーニングになるからです。

 

ただの『ボール投げをしてください』では

サーブに結びつかないのです。

 

なぜこのように

テニストレーニングの情報が少ないかと言うと

 

僕も今回じっくりトレーナーの方達と

テニストレーニングを考案して分かったのですが

 

しっかり打ち方の理論があり

その動きに対してのトレーニング理論がきっちりある関係性で

 

時間をかけて動きを合わせないと

【再現性のあるトレーニングメニューは出来ない】といことがわかったからです。

 

つまりは

僕の配信する非常識理論用のトレーニングメニューということになり

 

またテニス理論が変われば

そのトレーニング内容も変わるということです。

 

ということは一般的な

凡庸性の高いトレーニングメニューは

 

ぴったりはまる確率も低く

再現性が低いことがわかります。

 

これがテニストレーニングメニューの情報が少なく

しっかり確立されたものも少ない理由です。

 

そのトレーニングメニューを今

実用化に向けて開発しています。

 

興味がある方は

下記のメルマガに登録しておいてください。

 

そちらで情報はお知らせしていきます。

 

というまたまた

大きな収穫のあった愛知講習会でした。

 

愛知では

愛知グルメを毎回堪能しています。

 

今回はこちら

『味仙』と書いて、『みせん』と呼ぶそうです。

 

実は倉敷にも

『味仙』と書いて『あじせん』というお店があります。

 

お互い台湾料理で

何か関係があるのかないのか・・は謎です。笑

甲羅付きカニの唐揚げは絶品でした。

牡蠣の炒め物

名物のラーメンには

普通のイタリアンに

辛さが少ないアメリカン

極秘メニュー激辛の

アフリカンがありました。

とても美味しかったです。

ありがとうございました。

 

愛知を堪能して

今週末は山梨での合宿です。

 

今回は

トレーナーの方達も参戦して頂き

トレーニングも取り入れての非常識理論合宿です。

 

とても楽しみです!

参加のみなさんよろしくお願いします!

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【非常識理論&テニストレーニング講習会】in千葉

【テニストレーニングの必要性】

 

先週末

非常識テニス理論と

プロトレーナーの株式会社CORE N’ CODEさんの

早稲田さんと水川さんとの

 

テニス講習会&テニストレーニング講習会の

コラボレーション講習会を開催しました。

 

あなたは

テニストレーニングを行っていますか?

 

非常識理論ではテニスの上達には

『技術的な練習』と

『体の動かし方』のトレーニングと

 

両方からのアプローチが必要だと考えています。

 

例えば

●サーブの肩や腕の使い方

●フットワークのもともとの動かし方

●ひねりの体の作り方

●ボールに追いついた時の止まり方

などなど

 

テニスには

体の動きが悪いことで上達を妨げているポイントが

とてもたくさんあります。

 

そのために

テニスの技術的な講習会と一緒に

 

あなたの体の動きもチェックして強制する

トレーニング講習会も同時に行っているのです。

 

今回の講習会でも

またまた大きな非常識な発見がありました。

 

 

■体は固いほうがいい

 

あなたは体は

『柔らかいほうがいい』と思っていませんか?

 

僕はそう思っていました。

今回の講習で、トレーナーの方が言われて衝撃だったのが

 

『固いほうが良い場合もあります。』という言葉でした。

 

どういうことかと言うと

例えばボールに追いついて止まったときに

 

体が柔らかかったら

ふにゃりと止まって安定しないのです。

 

止まる時は

『ビタッ』と『カチッ』と固まるように止まりたいはずです。

 

その際に

バックハンドで例を挙げると

 

非常識理論のバックハンドのヒッティングでは

右足を突っ張るように止まります。

 

その足をガチッと固めるのです。

 

この時に

膝を曲げてしまうと

 

筋力がないと止まらない状態になるそうです。

 

つまり

膝を曲げた方が筋力がない人はブレるのです。

 

伸ばして固めてカチッと止まって、

筋力がなくても素早く動けるフットワークが

 

非常識理論の動き方だそうです。

う~ん。納得。

 

トレーナーの方に言われると

より一層非常識理論テニスが合理的に理解できました。

 

そしてその表現が

『足を固める』という表現になるのです。

 

僕の中でこの『固める』という表現は

あまりよくない印象で使わなかったのですが

 

『安藤さんの動きは、固める時にしっかり固めているので動きがブレないのです』

というトレーナーの早稲田さんからのお言葉でした。

 

非常識理論テニスは

筋力ではなく健で動くテニスということで

 

そのテニスは

跳ねるように、踏ん張らなく、踏み込まない、

重心の高い軽やかテニスとなります。

 

固めるポイントをしっかりレクチャーを受けました。

またバックハンドのコーチングスキルが上がりました。

 

講習会への参加の方達も

個人個人別々のトレーニングを受けていました。

 

『いいな~僕も受けたいです。』

もちろん

非常識理論テニスもガッチリ伝授しました。

 

今回は基本クラスでは

フットワークとヒッティングを合わせることを目標に行い

動きながら一定のショットが打てる事を目標にしました。

 

マスタークラスでは

『ゲームの組み立て』です。

このゲームの組み立てが

多くのプレーヤーが抜け出せないポイントです。

 

一通りのショットは打てるようになって

ゲームも出来るようになったけど

 

得意ショットはこれと言ってあるわけでもなく

ミスもそこそこ減らない

 

勝ったり負けたりがその日次第

相手に合わせたテニスをしているような状態

 

ここから抜け出すための

【自分の得意パターンを見つけてプレースタイルを見つける】

 

という段階が

一番大きな壁となっています。

 

今回はその組み立ての練習から

次の目標を見つける事が目的となっています。

 

参加者の方は

レポートで次のステップをしっかり決めていきましょう。

 

 

そして!

非常識理論&トレーニング講習会は

動画の撮影を全工程行っています。

 

後日テニス講習会と

トレーニングの模様が届きますので

 

引き続き練習を続けていきましょう。

 

トレーニングの模様は

またダイジェスト版の動画を作ってご紹介しますね。

 

12月の

非常識理論&トレーニング合宿

4人の参加者に対して3人のコーチ&トレーナーの

 

スペシャル合宿が

募集開始一日で予約が埋まったことも納得できますね。

 

今回の講習会でも

トレーニングの必要性をもっともっと感じることができました。

 

合宿参加の方は

今回のトレーニングで生まれた内容を

 

事前に予習していきますので楽しみにしておいてください。

 

またまた引き続き

講習会のお知らせはメルマガで行っていきます。

 

興味があるかたは

下記のメルマガにご登録しておいてください。

 

また紹介動画お届けしますね。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------