非常識理論愛知講習会が終了しました。

【全国講習会ツアー】

 

写真はお一人の方が

ちょっと休憩に行かれている間しか撮る時間がなく

入れなくなってすみません。

 

また次回には写真撮影しましょう。

 

 

本日は

【愛知講習会】を開催しました。

 

とても天気が良く

絶好のテニス日和でした。

 

今日は朝から

トラブル続きの一日でした。

 

参加者の方も

皆さんバタバタしていました。

 

只今

帰りの新幹線でやっと落ち着いています。

 

ドラマな出来事&講習会の内容をお伝えします。

 

 

■いきなりの列車事故

 

今回は前日入りではなく

当日の早朝始発で名古屋に向かいました。

 

その名古屋で事件は起こりました。

 

到着したら

駅がざわついています。

 

どうやら列車事故とのことで

ダイヤが大幅に乱れていました。

 

30分待ってもめどがつかず

たまらずタクシーに飛び乗って

 

コートに到着したのが

講習会開始10分前でした。

 

タクシーのメーターが壊れているのではないか?

 

と思うくらい

どんどん料金が上がっていくタクシーを

 

初めて体験しました。

 

 

■バタバタのスタート

 

その影響で

静岡からの参加の方が

 

1時間近くも遅れてしまうアクシデント

 

金沢からの方も

僕と同じくギリギリでの到着となりました。

 

という

開始早々みなさんバタバタのスタートとなりました。

 

■ストロークのタイミング

 

今回の講習会のテーマ

【ストロークのタイミング】

 

やはりみなさんタイミングに

なかなか手こずっていました。

 

共通の

悪いタイミングが

 

【早く構える】でした。

 

早く構えてしまって

ボールがまだ来ないために

 

●手持無沙汰でラケットが止まり、振りだすタイミングに悩む

●ボールが来ないから段々後ろの引きが大きくなる

●時間がありすぎて振りがカクカクして、バランスが崩れる

 

このようなストロークの症状の原因がすべて

早く構えることにありました。

 

【早く構えない】

という練習をしたこところ

 

みんな

タイミングが綺麗に合うフォームになりました。

 

不思議ですよね

早く構えないほうがタイミングが合うなんて

 

だから多くの人が

ここから抜け出せないのです。

 

今回のストローク

みなさん是非定着させてください。

 

 

■驚き

 

もちろん参加者のみなさんの

いい発見、驚きもたくさんありました。

 

一番驚いたのが

最年長組の男性お二人の参加者の方が

 

この年代の人はほとんど見ない

スピンのフォアハンド&バックハンドを

 

軽いフットワークで使いこなしていたことです。

 

さすが非常識理論の入門生!

その年代の人がほとんど出来ない

 

カッコいいスピンのフォームで

テニスをされているのを見て感動しました。

 

僕が

『打ち方カッコいいですね!』とお伝えしたところ

 

『先生のDVDは、今まで買ったDVDの中で一番しっかり観ました。』

『息が上がっていたのが、あがらなくなりました。』と

嬉しい報告をもらいました。

 

いや~打ち方がカッコいい

僕もそんなプレーヤーになりたいと思いました。

 

他の参加者の方も

 

ボレーがぴか一凄腕のプレーヤー

僕もガンガン決められました。

 

前回の講習会の時から

格段にミスがなくなって、かなりレベルアップしていた方

 

ボレーが突如開花して

決めボレーがビシビシ打て出した方

 

スピンサーブが

一気に安定して打てるようになった方

 

今回も

皆さんの変化に驚きました。

 

いや~みなさんなかなかやりますね!

 

■アイディア満載

 

このように

講習会を行うと

 

いい閃きや発見がたくさんあります。

また動画でお届けしますね。

 

明日は

千葉で講習会があります。

 

東京にとんぼ返りです。

次回はゆっくり手羽先、きしめんを堪能したいと思います。

 

参加のみんさん

お疲れさまでした。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

仙台プライベートコーチングツアー

【仙台プライベートコーチングツアー】

 

今月は

初の仙台プライベートコーチングツアーに行って来ました。

 

プライベートコーチングツアーというのは

参加者の方すべての方が

【プライベートコーチング】を受講される方ばかりの出張コーチングです。

 

仙台ツアーの参加者の方達は山形からの参加者もあり

頻繁に受けることが出来ないのもあり

 

プライベートでガッチリと

自分のポイントに集中して受講しています。

 

 

あなたは

テニスでのプライベートコーチングを

受講したことはありますか?

 

プライベートコーチングに

適しているというか、向いているかたと言うのは

 

●自分の練習ポイントをわかっている、または症状を言える

●その項目をコツコツ練習してマスターする場所がある

●大勢ではなく一人での練習の方が集中できる

●テニス動画を観て練習している

●練習後にもう一度復習したい

 

この様な意識でテニスをしているかたは

プライベートコーチングに適しています。

 

または

プライベートコーチングの方が成果が出やすいです。

 

今回の仙台でのコーチングは

すべてのかたがこのプライベートコーチングを希望されました。

 

参加者の方は4名です。

 

 

すべての方が

事前に練習項目を調整して、当日にその目標をクリアする

という計画でコーチングを行いました。

 

そして

その映像を動画に編集してお届けします。

 

ただいま編集の真っ最中で

今週中のお届けとなります。

 

これにより

当日の内容を再度振り返ることで

 

内容をじっくり

コツコツ自分の中で取り入れてマスターしていく事ができます。

 

今回は仙台でしたが

各地での講習会&プライベート会を開催したいと思います。

 

来月には

愛知での講習会を開催します。

 

あなたの近くでの開催を計画していますので

また情報をお届けしていきます。

 

■仙台の美味しいもの

 

今回は

仙台の美味しいものもご馳走になりました。

【仙台の牛タン】を堪能しました。

 

初めて食べましたが

かなり美味しかったです。

 

僕よりも年上の方に

連れて行って頂きましたが

 

僕よりも良く食べられて驚きました。

 

テニスをする方はやはりパワフルですね。

 

 

仙台はこれより冬期休暇に入るみたいですね。

雪が降るとのことで

 

また春から

定期開催をすることが決定しましたので

 

第二回仙台プライベートツアーは来春開催しますね。

 

参加のかたは

動画&コーチングノートの到着をお待ちください!

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

10月神戸講習会 in 天王ダムスポーツガーデン

【神戸講習会】

 

先週は神戸講習会を開催しました。

 

写真の通りの

秋晴れで最高の講習会日和でした。

 

今回の目標が

 

ストロークの腕のひねり戻しの極意をマスターすること

 

スライスボレーをしっかり打つこと

 

腕のひねり戻しでのサーブフォームにすることが目標でした。

 

力を抜くことと

癖を直すことがテニスでは大きな壁となります。

 

 

力を抜くのも

抜きっぱなしではいけないので

 

 

力を抜くポイントと

入れるポイントを理解することが大切です。

 

 

そのために

ゴムチューブを使ってのフォーム矯正をしたりと

参加者の方も楽にストロークが飛ぶ感覚を掴めて

 

 

スピンも軽くかかるようになりました。

 

 

ロングでのストロークラリーをして

その後でボレーストロークをすると

 

 

ボールを飛ばす距離が全く違うこと

同じフォームでは、ボレーストロークの際に

ストロークが飛びすぎること

 

 

ボレーストロークの時には

ラケットセットが遅れないためにもコンパクトにすること

ボールを飛ばさないくていいのでコンパクトでいいことを

みんなで確認しました。

 

 

やはり同じテニスを志す集まりはいいですね~

 

 

定期講習は続けますので

また次回には今回の内容をマスターしておいてください。

 

 

そして!

非常識理論の免許皆伝段階を目指す。

横幕さん

今回もガッチリマスターされました。

 

 

こんなにシングルバックハンドが打てるようになると

テニスが楽しいですよね~

 

 

技術の習得率が高いです。

さすが!

 

 

聞けば

『動画をいつもいつも見てますから』との事

 

 

やはり日々の積み重ねに

勝るものなしですね。

 

 

今回の宿題を

次回までにマスターして

 

 

段階を踏んで上達することを目標としています。

 

 

年末までには

来年の一年間の講習会スケジュールも立てたいと思います。

 

 

定期開催

定期練習が目標です。

 

 

またスケジュールご紹介していきますね。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

非常識理論関東講習会~川崎講習会~

【関東講習会ツアー】

 

只今

関東講習会へ来ています。

 

昨日は第一日目として

川崎市での開催でした。

 

岡山の時からの

昔ながらの方も参戦してくれて

 

賑やかな講習会となりました。

 

ストロークの極意を伝授して

 

ボレーの基本をマスターし

 

サーブも腕のひねり戻しでの

スライスサーブを練習しました。

 

長く続けて来てくださっている方も

最近詰めて講習会へ来てもらえるようになった方も

 

今回ぐっと伸び率が上がりました。

ポイントを絞って極意の要点を絞れてきたからかな

と感じました。

 

 

練習のポイントの的を絞って

なるべく簡単な動きで、これだけ出来たらOKという

 

シンプルな練習を目指しています。

 

第二部の方達も

 

マニアックな質問を投げてくれる方や

私の右斜め上を行かれる超非常識な方も

 

いろんなタイプの方がありました。

さすが非常ラーのみなさん。

 

参加者の方が

後日興味深いメッセージをくださいました。

 

以下メッセージ


関東に来てからインターネットの情報を基に何人かのコーチとお会いしてレッスンを受けたりしたのですが、だいたいの方が脱力と体幹を使って、プロのような強力な打撃を生み出すような触れ込みが多いと感じてます。

脱力、体幹・・・大事だとは思うのですが、私たちはプロではないのし、子供のころからテニスをやってたワケでもありませんからスピード競技で勝てるワケないと思っています。

逆にプロ並みの強力な打撃を受けても平気でコートに返球できるスキルの方が私には有効と思っています。

時速150キロ以上のサーブを打って100キロのストロークでエースを取りにくる超上級の若者に対して、、、時速80キロのサーブでフリーポイントを取り、50キロのショットでなぜかポイントするというのが私の目指すとこです!非常識でしょ~(笑)

今回の基本講習会で、安藤さんは一度もすごいスピードショットでデモしませんでした・・・コレはいい意味で衝撃的でした。

スピードショットも打てるのでしょうが、あえてそういう事よりも一般プレーヤーの上達を加速するアイデアの基礎を実演
していたように感じました。

これもナカナカ非常識なアタッチですよね~Goodでした!


メッセージありがとうございます。

 

この方のメッセージで

非常識理論の目指すところを再確認出来ました。

 

確かに

A級バリバリのスピードテニスは

 

ジュニアのころや、部活に所属して

体力のある時代に多くの練習量をこなして培うテニスです。

 

一般プレーヤーがこれから

そのテニスを目指すには多くの練習量を必要とします。

 

 

私のテニスは

体格差・ボールスピードでのウィークポイントをなくすために

 

●素早いフットワーク

●ライジング

●反応速度での対応

 

これらを武器にして

 

体力・体格・筋力

ボールスピードでは勝てない相手にも

 

勝利を収めるテニスを磨いてきました。

 

 

そのテニスを

最短でマスターするのが

非常識なテニス上達理論です。

 

 

このテニスは

多くの【非常ラー】という賛同者の方達がついてくれた

 

 

スピードやパワーで押してくる相手にも

ひらりひらりとかわして

カウンターで攻撃し

華麗なネットプレーでポイントを取る

 

牛若丸のようなイメージです。

 

 

プロの世界でも

体格の劣る選手がプレーしているテニスであり

 

 

スピードテニスや

スピンボールでガンガン攻めてくる

上級者のテニスに

 

 

一般プレーヤーが対抗するためのテニスであり

 

年齢が高くなっても体力に負担なくプレーを続けられるテニスです。

 

 

このはっきりとしたイメージを

私は会員の方や参加者の方に教えてもらいました。

 

 

非常ラーのみんなで

このテニスを追及していきたいと思います。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

福山講習会の報告

【福山講習会】

 

先日福山講習会を開催しました。

 

初めての方が2名

非常ラーの第一段階制覇が目前に迫っているマスター1名の

 

3名でのガッチリ講習会でした。

 

またしても

集合写真を忘れました・・・ほんとにいけません・・

 

この日は

マスターが写真をちょくちょく撮ってくれましたが

本当にすみません・・・汗

 

なぜいつも忘れるのか・・・

 

 

今回もゴムチューブを使って講習を行いました。

昔のウッドラケットの時代のテニス
●手首を固めて後ろから前に押し出すテニス

を、昔されていたという方で

この方は
非常識理論のDVDとゴムチューブで練習をされたそうで

打ち方を見て感動しました。

昔の名残はひと欠片もなく

足も踏み込まず、腰も落とさず

フォアハンドはスピンがかかり

両手のバックハンドを綺麗に打たれていました。

 

 

年齢的には
昔の押し出すテニスのころの方です。

 

この方の打ち方を見て

なお今でも新しいテニスにチャレンジしてマスターしていることに

とても感動しました。

 

 

もうお一人の方は

顔出しNGとのことで

 

ゴムチューブを使ってのサーブ練習で

 

サーブが覚醒しました!

 

『10年ぶりにいい当たりが出来ました!』

 

と喜ばれていましたが、

信じられないくらい、キレッキレのスライスサーブが

かなりの確率で入っていました。

 

 

これ本当に驚きますよ。

 

突然打てるようになる人がうらやましい・・

 

私は頭で理解できないと打てないので

本当にうらやましいです。

 

 

顔出しNGなのが残念・・

多くの方に希望を与えてくれる進化でした。

 

 

マスターのフォアはフィニッシュで綺麗にコンタクト面が

上向きになっています。

今練習中のスピンサーブももう少しで完成です!

マスターは

コツコツと非常識理論をマスターしてこられました。

 

免許皆伝目指して頑張ってください!

 

 

免状をお渡しするのも

面白いかもですね~

 

 

コーチのお手本です。

 

 

講習後には

チェックポイントを確認します。

 

講習で綺麗になったフォームを確認して

 

『結構いいね!』と

 

自分で自分の打ち方に自信を持つ事が大切です。

 

今回も

少数精鋭での濃い内容の講習会を行いました。

 

ゴムチューブの破壊力を

今回も再確認した講習会になりました。

 

 

サーブにはやはり必須の練習方法ですね。

 

 

引き続き

今月末には関東講習会があります。

 

絶賛募集中ですので

参加ご希望の方は、こちらを覗いてみてください。

 

 

関東講習会詳細ページ

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

福岡講習会

【福岡講習会報告】

 

福岡講習会を開催しました。

 

暑さを覚悟していましたが

福岡は涼しく快適な講習会となりました。

 

快晴です!

 

参加者がお二人の濃い講習会となりました。

 

ストロークはしっかり上への軌道の

ネットにかからないフォームを目指しました。

 

 

ボレーは

スライスボレーをしっかり練習しました。

 

お二人とも

非常識理論の基本理論はよく熟知されている方達で

 

ピンポイントの意識点を絞る事を目標に講習を行いました。

 

テニスは

目標をハッキリさせて

そこへの練習方法をクリアしていく事が大切です。

 

 

サーブはゴムチューブで感覚を出しておいて

自分のフォームにそれを反映していきます。

サーブが一番変わりにくいショットです。

 

お二人とも目標をはきりさせて

追加の動画を私の宿題として後日お渡しすることになりました。

 

やはりサーブを

安定させる事が大切ですね。

 

この辺りの段階を

私もハッキリ体系化しようと思いました。

 

 

やはり大切なポイントは

 

ストロークは

●フィニッシュのラケット面の向き

 

ボレーは

●コンタクトでのグリップの握り

 

サーブは

●ラケットの止めですね。

 

ここを

しっかり意識する事が大切だと

 

今回の講習会でまたまた学びました。

 

 

参加のお二人お疲れ様でした。

 

 

追加の宿題

ガツンと出しますのでお楽しみに!

 

 

そして・・・

 

私は実家が久留米なのですが

その後、熊本の親戚の家で宴会があるとの事・・

 

熊本に直行&ビール・ワインによて

次の日は久留米の大砲ラーメンも食べられず・・

 

 

いつもの弾丸ツアーとなりました。笑

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

非常識理論北海道講習会報告

【北海道講習会】 in 豊浦町カルガモテニスチーム

 

北海道講習会が終了しました!

 

今回は11クラスを四日間での講習会でした。

 

北海道の幸も堪能させていただきました。

獲れたての秋刀魚は絶品でした!

 

このビールよりでかいズッキーニ・・さすがでっかいどうです!

 

今回は基本的なショット練習のほかに

フォーメーション練習も行いました。

 

写真はゴムチューブ練習です。

このクラスはマニアックな人が多かったです。笑

Oさん、絶妙な写り方ですね。さすがです。

 

秋山コーチの指導で

ジュニアのレベルアップも前回より大幅アップしていました。

 

親子対決は残念ながら・・大人は完敗・・・次回はリベンジしましょう!

 

同世代の大友さんはミズノのラケットを気に入ってくれました。

こちら

来月発売の

ミズノ【F-TOUR】
面サイズ : 100平方インチ
重さ     : 300g
バランス : 320mm

フレーム厚がマニアックです!

フレーム厚: 先から24-26-22-21m

秋山コーチとのシングルスの際に

ラケットにパワーがあるために、足の負担が激減しました。

 

そしてエース球のボールが増えました。

これ特に嬉しいですね!

 

前回より足が楽になったのと

次の日の筋肉痛も激減しました。

 

やはりパワーのあるラケットに変えるほうが

自然な流れですね~

 

ボレーも良く飛んでくれるので

楽にいいボールが打てるのですが

 

まだそこが修正できずに

アウトが多かったのが修正ポイントですね。

 

その修正が出来たら

ボレーの攻撃力も上がって、体力温存しながら

攻撃力が上がると言う

 

なんとすばらしいラケットなんだ!と言う感想でした。

 

大友さん予約ありがとうございます!

おまけも付けますね!

 

9月発売ですよみなさん!

 

ご予約承ります!

andycoachingcompany@gmail.com

 

夜には懇親会が行われ

バーベキューで北海道を味わいました。

 

岡山からマスカットを差し入れしました!

主催の吉井さんが

こんなアイテムを作っていました!

ボール軌道がわかる

立体的なコート模型です。

ボール軌道の頂点はかなりネット付近または

自分のコート側だという事が分かります。

かなり話しが盛り上がってきて

 

リモコンで素振りが始まり

 

 

ワインのビンで素振りをし始めました。

 

楽しい懇親会もあり

今回も初参加の方がたくさん来てくれて

楽しい講習会となりました。

 

恒例の

秋山コーチとのシングルス一本勝負もあり

 

今回は私にマイクをセットして

試合の状況や気をつけるポイント

ゲームポイントでの気持ちの持って行き方などを

 

ぶつぶつ呟きながらゲームを行いました。

これ見ると面白いですよ!

 

一般公開はしませんが

スクール生の方は楽しみにしてください。

 

主催のかるがものみなさん

中心に動かれた吉井家のみなさん

お疲れ様でした。

 

みなさんのテニスもレベルが上がっていて

楽しい環境でテニスが続けていける事がとても大切だと言うことを実感しました。

 

また次回もよろしくお願いします。

 

秋山コーチ球出しお疲れ様

次回はダブルコーチ目指してよろしく!

 

温泉もあり食べ物もおいしい

さらにテニスもある講習会に

みなさんもご参加お待ちしています。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

北海道講習会~豊浦町カルガモテニスチーム~

【北海道講習会】in 豊浦町

 

昨日からスタートしました。

 

北海道講習会

今回もたくさんの方が参戦してくれています。

 

今回のテーマは

【実戦形式】です。

 

実践の形式の中で練習することで

 

この方は

●ロブがうまく入らない

●足元に沈められない

●サーブの確率が悪い

というデータが取れます。

 

また

●ファーストサーブの確率が高い

●リターンが良く沈む

●ストレートショットが得意

という得意ポイントもわかります。

 

これだけで

修正ポイントが決まり、

得意パターンが出来上がります。

 

だいたい修正するショットは

 

良くやるミスという事は

そこを狙われたり、そこで自分に組み立てが止まります。

 

そのショットの確率を上げることで

 

相手の狙いを無くし

攻めのパターンを潰します。

 

また

それが得意パターンに変わる事もあります。

 

 

その

ポイントを絞って参加者の方に伝えて

改善点を提供することが今回の目標です。

 

 

つまり

次回までの宿題提供ですね。

 

 

北海道講習会はすでに定期開催が決まっています。

 

 

次回の宿題を出す作戦です。

 

 

そうすると

次回はまた次のステップに進むことが出来ます。

 

 

テニスは何か目標があって練習すると

モチベーションが上がります。

 

 

定期的に宿題が出て

それをコツコツマスターして

 

だんだん自分のプレーも変わっていくと

テニスがより楽しくなりますね。

 

 

ついマンネリ化してしまうのも、良くあることです。

 

 

いつものメンバー

いつもの配球

いつものパターン

 

 

たまには新しい刺激があれば

新鮮ですよね。

 

 

昨日の参加者の方も

みなさん宿題を持って帰られました。

 

今日も宿題をガンガン出して行きたいと思います。

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

非常識理論 愛知講習会初開催! in 愛知健康の森公園

【愛知講習会】 in 愛知健康の森公園

 

先週末

愛知講習会を初開催してきました。

 

愛知の夏はかなり蒸し暑く

11日の講習会はかなりの無茶なスケジュールだと聞かされましたが・・

 

あいにくの曇り空で

快適なテニス日よりとなり、ラッキーでした!

 

非常ラー講習会は

いつも天気に恵まれています。

 

年内は

非常識理論講習会、初参加の方に向けて

【非常識理論初心者講習会】と

 

今年の大ヒット練習法

ゴムチューブによる強制フォーム練習法を使った

【ゴムチューブ講習会】の二つの講習会を開催しています。

 

 

講習会の模様です。

今回のストロークは

非常識理論の基本の

●引く動きでのフィニッシュへのラケットの戻し

●ボールの予測

をしっかり行いました。

 

バウンドはやはり

みなさんうまく予測が出来ていなかったので

ストロークに余裕がありませんでした。

 

ここの矯正が

ストロークには大きく影響しますね。

 

ボレーは

コンタクトの時の

グリップの握りがうまく出来ていないと

ボレーが飛ばないか、振ってしまうフォームになります。

 

ここもしっかり握りだけで

ボールが飛ぶようになりました。

 

後半戦は

【ゴムチューブ講習会】です。

関東から来てくださったかたがあり

講習会が終わって、下呂温泉に直行されました。笑

 

ゴムチューブを使って

サーブの威力が上がり、それをコントロールする練習です。

サーブが良くなると

かなりテンションが上がりますね。

 

これらの講習会の内容は

ずべて動画で撮影しています。

 

それを後日お届けするために

講習会の内容を何回も繰り返し復習することが出来ます。

 

先日の岡山講習会後もTさんが報告をくれました。


講習会の後もフォアハンドについては,試行錯誤していますが,

先週末にこれまでとはちょっと違った感じで打てて,

非常識テニスのフォアハンドに近づいたのではないかと期待しています

(今週末に打ったら,やっぱり勘違いだったということなるかもしれませんが…)

きっかけは講習会のゴムチューブでのフォアハンドでした。

ゴムチューブと言ってもひねり戻しではないのですが、

ゴムチューブをつけると手首が背屈したまま固定されて、

スイング中に全く掌屈が出来なくなることで打ち方が変わりました。

やはり、これまで私の打ち方は、コンタクトポイントで手首を伸ばしてボールを後ろからおして、少し面をかぶせていたようです。

コンタクトポイントで面を上に向けるとアウトすると思っていたのですが、押しの要素が強いのでアウトしていたようです。

打点を体の真横近くまで後ろにして、ボレーの感覚でラケットセットしたままボールをしっかり待って

キャッチした後で体幹の回転・腕のひねり戻しをするようにすると、これまでと違った感覚でボールが飛ぶようになりました。

この打ち方をもっと練習してみます。

これで合っているかどうかを次回の機会に安藤コーチにみてもらいたいです。


 

と言う報告がありました。

すばらしい考察&修正でのご意見ですね。

 

この方も

動画を後日しっかり観て、このように打ち方の理解を深めています。

 

自分の打ち方を見ることはとても大切で

よりテニスが深くわかるようになって行きます。

 

と、

またその内容はメルマガでお伝えするとして

 

参加者の皆さんお疲れ様でした。

定期化を目標に

夏以外の開催を次回計画しますね。

高山から来られた方に

根付と言う

江戸時代に煙草入れや印籠、などを紐で帯から吊るし持ち歩くときに用いた留め具を

趣味で作られている方より

 

andytennisマークの根付をお土産で頂きました!

凄い!これを全国に持ち歩いていきます。

ありがとうございました。

 

夜は名古屋市内へ案内してもらいました。

”風来坊”と言うお店で

手羽先を頂きました!

名古屋コーチンの味噌カツも頂きました。

ゲリラ豪雨で電車は大変なことになっていましたが

 

テニスも懇親会も

雨に邪魔されることなく楽しい時間がすごせました。

 

お世話をしてくださった

殿柿家のお二人ありがとうございました。

 

帰りは

渋滞に揺られながらゆっくり帰りました。

 

片道5時間圏内は

射程距離ですね。

 

またみなさん

次回までに今回の内容をマスターしてください!

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

岡山・神戸ゴムチューブ講習会

【岡山・神戸ゴムチューブ講習会】

 

先日の弾丸ツアーの模様です。

 

午前中に岡山で講習会を行い

午後から神戸での講習会という弾丸スケジュールでした。

 

オープニングの写真の方は

サーブが開花しました!

 

もともと威力がありましたが

まだバラツキも多かったのです。が・・・

 

 

安定感が出てきました。

 

 

理由はラケットが止まりだしたからです。

 

 

スマッシュ・サーブは

ラケットを止めています。

 

 

肩が回り続けるために

スイングしているように見えますが

実際はラケットはコンタクト後に止まります。

 

そこで

ラケットが止まらない原因は

 

 

ラケットをスイングしている。からです。

 

 

振ると止まりません。

振ることに力を使っているために止まらないのです。

 

 

ではどうやったら止まるのか?

それは・・・

 

 

腕のひねり戻しでスイングを作る。です。

 

 

そして

その戻ってきたラケットを止めることに力を使うのです。

 

 

このひねり戻しでのスイングが

安定した威力のあるサーブにつながります。

 

 

ゴムチューブはそのひねり戻しを

腕に強制的に覚えこませてくれるのです。

 

 

 

その他のショットにも

腕のひねり戻しを使う事がキーポイントです。

 

 

ボレーはひねり戻しではない動きなので

ゴムチューブの巻き方がかわります。

 

 

今回の岡山・神戸の参加者の方も

大きな閃きがありました。

 

 

まだまだ新しい練習方法が見つかっています

さらなる大ヒット練習方法を見つけて

 

 

最速上達を目指していきます。

 

 

皆さんお疲れさまでした!

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------