【テニスメンタルコントロール】上達に漠然と悩んでいる、道をいろいろ探している

【メンタルコントロール】

 

前回の記事に引き続き

メンタルについてお伝えします。

 

あなたは

テニスの上達に悩んでいますか?

 

こちらのブログに行きついた方は

テニスの上達についての情報を得ようと思っているはずです。

 

ということは

少なからず悩みがある。ということですね。

 

さらには

情報を探していることにもつながります。

 

あなたが上達について悩んでいるのなら

今回のメンタル的な部分から

 

脱出方法が見つかるかもしれません。

 

■道は正しいのか?

 

テニスの練習を続けていると

【この練習でいいのか?】

 

または

【このコーチに習い続けていいのか?】

 

という今の進んでいる道への

疑問がふっとわいてくるものです。

 

なかなかテニスは結果が出にくいために

この様な悩みに陥りやすいのです。

 

なぜ?

結果が出にくいかというと

 

テニスはショットの上達具合は

【確率】というものになって現れます。

 

そのショット確率の向上によって

ポイント確率が【少し上昇】します。

 

そのポイント確率の向上で

ゲーム取得確率が【少し上昇】するのです。

 

このあたりを

コーチは見て、データを取っていますので

 

『良くなっていますよ』と言いますが

 

自分の実感としては

『全然変わっていない』

『全然勝てるようになっていない』

と、感じるのです。

 

このあたりに

不信感が募ってくると

 

【コーチを変えてみよう】という気持ちになってしまうのです。

 

あ、もちろん

そのデータを取ってなくて

 

その場しのぎに『良くなってますよ』というコーチとは

早めにお別れしたほうがいいですが

 

そんなコーチはいない。と、

思いたいものです。

 

■データを目標にする

 

本当にテニスの上達は

確率をデータとして取れば

とてもわかりやすいのですが

 

【なかなかデータは取れない】と、思っている人が多いのです。

 

実は簡単で

 

●今日はリターンミスは3本以内におさめる。

という目標に対し

 

今日は5本してしまった。という結果が出た場合

 

次回は4本を目標にしよう!

という目標と、次回のチャレンジで4本以内におさめたら

 

目に見えての上達が感じられます。

 

ボレーストロークでもストロークラリーでも

実はそうやって、自分で回数を決めることで

 

データ的に目標をクリアする感覚がわかり

確率が自然に上昇していく感覚もわかるのです。

 

これを各ショット

●ストロークの時にバックハンドのネットミスを0にする

●コーチとのボレーボレーの時に50球続ける

●サーブで今日はダブルフォルト0にする

 

という目標を決めることで

上達を感じることが出来ます。

 

■信じて3か月頑張る

 

何事も

3か月は続けないと結果は出ません。

 

この3という数字は意外と重要で

 

とりあえず3回

そして3日

次に3週間

 

3か月に向けて

3という区切りが何かと目標設定には大切です。

 

そして本当に変えるときは

3年で自分を大きく変えるプロジェクトを組みます。

 

今回のメンタルトレーニングとしては

3という区切りの回数を目指して

 

あなたが上達したいショットに対して

データの目標を立てて

 

3の区切りで目標を達成していく事にチャレンジしてみてください。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------