【楽天オープンテニス2017】お勧め練習法~ダブルス:ラム&クラーセンぺア~

【楽天オープンテニス2017】

 

楽天オープンでの

選手の練習法でお勧めのものを紹介しています。

 

 

今回は

ダブルスの選手

ラジーブ・ラム選手

レイベン・クラーセン選手の練習のご紹介です。

 

こちらのペアは

キッチリ練習を積み重ねていました。

 

 

コーチとラム選手は

ミズノ契約の選手&コーチでした。

 

 

クラーセン選手の安定感のあるストロークが印象的で

 

 

身長のあるラム選手が

手堅いボレーの練習をしていましたので

 

 

役割が分かれているのだなと感じました。

 

 

それにしても

ドミニク・ティエム選手だけは

コートに張り付いていましたが・・・どこにも姿を現さず・・

 

 

練習しているのかな・・

と思っていたら・・・初戦敗退・・

 

 

ダブルスも

会員さんの報告では

 

 

『ティエム暴発してました!』笑

『ペアのシュワルツマン選手が超安定です!』

 

 

・・スキップに来たか・・と思いました。

 

 

とりあえず

シュワルツマン選手の人気が半端なかったので

やはりこのテニスは日本人好みよな~人柄も。と痛感しました。

 

 

 

今回の

ラム選手もクラーセン選手も

スマートな選手でナイスガイでした。

 

 

 

ダブルス選手は知名度が低いために

なかなか注目されませんが

 

 

参考になるのはやはり

ダブルスの選手ですね。

 

 

 

今回は

ちょっとのラリー動画ですが

練習方法が地味ですが、効果ありなので

 

 

参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【楽天オープンテニス2017】ダブルスのおススメ練習方法

【楽天オープンテニス2017】

 

本日も

楽天オープンに潜入しています。

 

本日の紹介動画は

ダブルス選手のボレーのウォーミングアップ動画です。

 

 

これは簡単で

誰でもトライ出来そうなのでご紹介します。

 

 

前後左右に動きながらの

ボレーボレーの練習方法です。

 

 

キーポイントは

【前後】です。

 

 

 

左右の動きはボール軌道に入る動きや

ボレーのコントロールですが

 

 

前後の動きは

ボールの距離感です。

 

 

 

ボレーで難しいのは

前後の距離のコントロールです。

 

 

 

試合を見ていても

ダブルスでもシングルスでも

 

 

キーポイントは

ショートボレーです。

 

 

相手を左右に動かしても

相手はしっかり走って返球します。

 

 

そこに

前後の動きが入ると

 

 

エラーが増えるのです。

 

 

 

この前後の動きを相手にさせる

ボレーの長短のコントロール練習のための

 

 

練習だと意識してトライしてください。

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【楽天オープンテニス2017】潜入報告ブログ第一回:ディエゴ・シュワルツマン選手

【楽天オープンテニス2017】第一日目

 

 

始まりました!

楽天オープンテニス大会一日目

 

 

熱い戦いが繰り広げられています。

 

 

大会一日目のこの大会

 

本日は

予選を上がった19歳の高橋選手が

 

 

アメリカのパワフルプレーヤーの

ハリソン選手と熱い戦いを繰り広げています。

 

 

今ブログを書きながら

歓声が聞こえてきています。

 

 

本日のご紹介選手は

ディエゴ・シュワルツマン選手です。

 

 

この選手は

身長が170㎝という、ツアーではかなりの小柄な選手です。

 

 

その体格のテニスは

俊敏なフットワークと安定したショットで

 

 

一撃の武器がなくてもテニスは勝てることを証明してくれます。

 

 

非常ラーの方からのリクエストもあり

 

第一回目は

この選手と決めていました。

 

 

とにかく

 

ぶれない軸と

安定したストロークをご覧ください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

今年絶好調スイスのグリゴル・ディミトロフ選手【2015年楽天オープン動画】

スイスのグリゴル・ディミトロフ選手です。

この動画は

2015年の楽天オープンの時の練習風景です。

 

 

私は2011年より楽天オープンに行き始めました。

 

このころは

アンディー・マレー選手が練習していても

コートサイドは5人くらいの

最高の観戦環境でした。

 

が・・・・・

 

 

錦織選手が優勝したのが翌12年で

このころはまだ、錦織選手も

コートサイドの全ての人にサインをしていました。

 

が・・・・・

 

 

その年に錦織選手が

楽天オープンテニスで優勝してからは

 

観戦人数が跳ね上がり

コートサイドで選手の練習を撮影するも

ポジション取りが大変になりました。

 

さらにはコートサイドにすら行けなくなり

私は選手の練習風景を撮影し

それをスクール生にお届けしたり

自分の研究に使ったりと

 

 

観戦よりもコートサイドの練習の方が

最重要項目だったのです。

 

 

ちょっと愚痴になりましたが

選手の練習風景を間近で見られる大会に

戻ってもらいたいと強く思います。

 

 

そしてこの

ディミトロフ選手は

 

他の選手がコートサイドに人が来ない場所で

練習しているのに対し

 

コートサイドで見られる場所で

常に練習をしてくれました。

 

ファンサービスですね。

 

 

 

ディミトロフ選手は

”ベイビーフェデラー”とも呼ばれるほど

 

フェデラー選手に打ち方が似ています。

 

 

 

なかなか勝てませんでしたが

今期は調子がよさそうですね。

 

ディミトロフ選手は試合を見るに

メンタル的に弱い部分がある印象でした。

 

ファンには嬉しい

コートサイドでの練習も

 

裏を返せば

そんなに必死になっていない!?

 

私の12年の楽天で

ディミトロフ選手を見た感想は実はこれでした。

 

 

一番は

ファンサービスもあり

結果もきっちり残す選手ですが

 

 

こっそり一番遠いコートで

いつも練習しているトミック選手よりは

 

俄然応援したいところです。

 

 

この動画にはほかに

 

●ディミトロフ選手のヒッティングコーチのボレー

 

●ステパネク選手のサーブの動画も入っています。

 

 

コーチのボレーは

ボールを見ていません!

 

詳しく言えば

【ボールの軌道を見て延長線上にセットして当てている】のです。

 

非常識理論のボレーもこのボレーですので

参考にしてください。

 

 

ステパネク選手のサーブは

基本に忠実な美しいサーブです。

 

シンプルなので撮影しました。

 

 

ディミトロフ選手の元カノは

シャラポワ選手です。

 

ステパネク選手は見た目とは裏腹に(すみません笑)

テニス界のプレーボーイで知られています。

 

 

テニス界を代表する

色男の動画としても楽しんでください。笑

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------