【海外進出】韓国でも配信されています!非常識理論テニス

【非常識理論海外進出計画】

 

非常識理論は

海外にも進出しています。

 

今回はそんな

非常識理論の野望のお話です。

 

実は今

非常識理論は韓国でも配信されています。

 

ブログにもご紹介しました。

韓国の非常ラー、朴さんが韓国で紹介してくださるということで

 

ただ今韓国で

非常識理論が配信されています。

 

朴さんいわく

なかなか評判がいいみたいです。

 

日本でのYoutubeコメントはひどいですが。笑

 

そんな韓国ではこのテニスのことを

『厚いテニス』と言っています。

 

何が厚いかと言うと

『ボールへのラケットの当たり』です。

 

つまり

『厚い当たりのテニス』ということですね。

 

韓国では『厚い当たり』というのが

とても重要な言葉とのことです。

 

非常識理論は

●ゆっくりコンタクトでボールをラケットで掴み

●そこからフィニッシュまでしっかりラケットを動かします。

●その動きで、ボールが凹む割合が大きくなり

●ボールとストリングスの反発力が大きく使え

●ボールがバウンドして失速しない、伸びるボールとなります。

 

これが厚い当たりの非常識理論の原理です。

 

反対に昔テニスの

後ろからの勢いでボールを飛ばす打ち方は

 

インパクトと言うイメージで

点でボールを飛ばしたり、

 

押す意識でのヒッティングが

ラケットの動き幅を狭めて、

 

ボールの凹む時間が短くなるために

ボールが伸びない、薄い当たりと呼ばれる打ち方に

なりやすいテニスと位置づけしています。

 

その厚い当たりを生む

グリップの握り方が

 

『コンタクトでグリップを握らすに』

『コンタクト後に握っていく』

 

つまりこれが

ボールを握っている、掴んでいる感触となり

 

『ボールをつぶす』と言われる

感覚に繋がるのです。

 

どのように潰しているかと言うと

握り潰すような、握った感触があるからなのです。

 

この理論の

その部分が韓国の『厚い当たり』と言う文化にマッチして

 

この様な韓国進出に繋がりました。

 

と言う事で今回は

その韓国での『厚い当たり』のチャンネルをご紹介します。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------