【ボレー】相手に返さない!ボレーに必要な簡単ラケットの使い方

【相手に返さないボレーの打ち方】

 

今回は

相手に返さないボレーの打ち方についてお伝えします。

 

どのようにボレーを打てば

相手に返さないボレーになるかは

 

今回ご紹介の動画で説明していますので

こちらのブログでは追加情報をお伝えしておきます。

 

今回のボレーで

特に必須の項目は

 

『ラケットのセット』です。

 

ボレーは

ボール軌道の延長線上にラケットをセットして

 

ボールコンタクトを行います。

 

その際に

ボールコンタクトに向かって

 

足で踏み込みながら

ラケットを飛び込ませていると

 

今回のような

ボレーのコントロールが出来ません。

 

つまり

昔テニスの『踏み込みでコンタクトするボレー』では

 

ご紹介の動画のイメージはならないのです。

 

動画のイメージは

ボール軌道にラケットをセットしているために

 

ラケットを動かさなくても

ボールがラケットに当たります。

 

その『当たる』と言う感覚がある事で

ボレーでは『コースを狙う』と言う意識が生まれます。

 

この際に

ボールにラケットを当てる意識が強いと

 

コースは狙えないのです。

 

これも

相手にボールをつい返してしまうボレーにつながっています。

 

さらには

ボールに対して踏み込みながらボールをコンタクトしていけば

 

そのまま飛んできた場所に

そのままボールを弾き返すという

 

ボールが来た場所に返すボレーになります。

 

これも

相手に返してしまうボレーになるのです。

 

今回の動画のボレーは

『ボール軌道に延長線上へのラケットセット』

 

これが必須のイメージですので

そこを踏まえて動画をチェックしてください。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスフットワーク】距離感が良くなる簡単フットワーク

【フットワークの足音チェック】

 

足音で変わる

距離感が良くなる

簡単フットワークチェック

 

今回は

足音でチェックする

距離感が良くなるフットワークについてお伝えします。

 

そのフットワークとは

『ブレーキング』です。

 

このブレーキングとは

◇減速のフットワークです。

 

距離が合わない人の多くは

体がしっかり止まっていない事が多く

 

それが原因となって

ボールとの距離感が合わないと

感じる場合が多いです。

 

この

●体が止まっているか?は

自分ではわかりにくい症状です。

 

そのために

綺麗に止まっている人は

 

ほとんどの人がこの

『ブレーキング』が出来ています。

 

止まる前の減速のフットワークです。

 

減速できていないために

止まろうとしても止まれない事で

 

ボールとの距離がズレて

距離感が悪いと感じてしまうのです。

 

本来人間の感覚は

パソコンをはるかにしのぐ性能があります。

 

ボールとの距離感も

ビシッと合う能力が備わっています。

 

ですがそこに

足の使い方で体がブレていると

 

距離感が悪いと感じます。

 

その距離感が悪いと思いこんでいると

他の原因に気が付かずに

 

いつまでも距離感が悪い悩みは解消されないのです。

 

あなたが距離感が悪いと感じているのなら

その原因の一つである

 

『減速が出来ていないフットワーク』になっていないか

 

今回の動画でチェックしてください。

 

そして追加情報としては

今回のフットワークはあくまでも

 

『減速』です。

 

つまり

『停止』ではないのです。

 

あくまでもブレーキングフットワークなので

ストッピングではありません。

 

このブレーキングの

つま先のフットワークで

 

そのまま止まろうとしていても

最後に止まれずに、体がブレて

 

ボールとの距離がズレます。

 

今回ご紹介のフットワークはあくまでも

減速です。

 

その原則の後は

ストッピングのフットワークで止まります。

 

ここの違いを

ブログで追加しておきますので

 

それも踏まえて動画をチェックしてください。

 

◇非常識テニス

 

このテニスは

○フォーム技術

○感覚トレーニング

○フットワークトレーニング

○ムーブトレーニング

 

いろいろな角度から

テニスの練習を行います。

 

特に体の使い方は

多くの一般プレーヤーの方が練習していません。

 

ジュニアのように

自然に体が動くことは年齢を重ねる程なくなっていきます。

 

根本的な体の動きが出来ていない事で

テニスの上達が遅れている人が多いという

 

一般プレーヤーの一番の課題を

このテニスはクリアするためにトレーニングをたくさん取り入れています。

 

このテニスの情報は

メルマガで配信していますので

ご興味がある方はご登録ください。

メルマガ登録はこちら

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ボレーフットワーク】ボレーが待てる足の使い方

【ボレーは踏み込まない】

 

今回のテーマは

『見た目と実際の感覚の違い』です。

 

表題と違うぞ!と

思いますよね。

 

表題は

『ボレーが待てる足の使い方』です。

 

ご紹介の動画は

『ボレーは踏み込まない』という紹介の動画です。

 

・・なんかすべてバラバラですね。汗

 

これを今回は

つなげて一つの重要なポイントをご紹介します。

 

◇ボレーは踏み込まない

 

先ずは

『ボレーは踏み込まない』です。

 

非常識理論テニスでは

『ボレーは踏み込まない』とお伝えしています。

 

この踏み込まない理由は

いくつかの理由があるのですが

 

今回の動画の内容で説明すると

●踏み込むとボレーが待てないからです。

 

ではどうすればいいかと言うと

右利きのフォアボレーで説明すると

 

『右足の蹴りでボレーを飛ばします。』

 

踏み込むイメージの方は

左足の踏み込みで飛ばすイメージとなります。

 

ここが大きく違うポイントです。

 

左の踏み込みではなく

右足の蹴りなのです。

 

踏み込みを意識していると

右でのタメがなくなります。

 

右の蹴りで飛ばす意識では

右足でのタメが出来るのです。

 

これが

『踏み込まない』の理由です。

 

左足に意識を向けると

突っ込みやすくなるからです。

 

◇見た目は同じ

 

ですがこの二つのボレーは

見た目は同じフォームになります。

 

ここがポイントです。

 

多くの人がボレーを見て

『左足の踏み込みで飛ばす』と思っています。

 

ではなく

『右足の蹴りで飛ばす』と言う感覚なのです。

 

つまり

見た目のイメージと

 

実際の体の感覚とは

正反対なイメージの違いがあるのです。

 

ここがテニスの上達を遅らせる

一番のポイントです。

 

多くの人が

『見た目の説明』のイメージで練習をしています。

 

このイメージでは

体が目標の動きにならないために

 

いつまでも理想の打ち方にならないのです。

 

または

このような原因もあります。

 

うまい人に

『ボレーはどのように打っていますか?』と聞いて

 

その人に

『こんな感じで打っている』と説明を受けても

 

見た目はそんな打ち方ではないために

信じられずにアドバイスを流してしまった。

 

という話も聞きます。

 

テニスではこの

感覚と実際のフォームに違いがある事を意識する事が

ものすごく重要なポイントなのです。

 

◇あなたの体の動き

 

もう一つ大切なのが

『あなたの体の動かし方』です。

 

では上記の

『見た目と実際のフォームを作る感覚』を意識して

 

あなたが体を動かす感覚で

テニスの練習を行ったとします。

 

これですぐに打てるようになるかと言うと

実はもう一つ課題があるのです。

 

それは・・・

 

●あなたの体が

●あなたの思い通りに動いているか?

 

というポイントです。

 

実はここが一番の難関で

あなたの体が思い通りに動いていれば

 

希望の打ち方を

ものすごく速くマスターする事が出来ます。

 

これが『運動神経がいい人』です。

 

自分の体を

ある程度い思い通りに動かせる人は

 

ただしフォームの感覚を教われば

直ぐに打ち方を矯正する事が出来ます。

 

ですが

●運動経験が少ない人

●なかなかフォームが変わらない人

●同じミスが続く人

これらの悩みがある人は

 

●自分の体をうまく動かせない

という根本原因がある事がほとんどです。

 

これらの人は先ずは

『体の動かし方を良くすること』からスタートします。

 

その方が

テニスの上達が速いのです。

 

体がうまく動かない状態で

どのショットも練習時間が長くかかるよりも

 

先ずは体の動きを良くしておいたほうが

その他のショットの習得が早くなるからです。

 

これらの内容を意識して

このテニスは非常識なテニス上達理論として

Youtube動画を配信しています。

 

今回の内容は実は

このYoutube動画の制作の過程で気が付いたポイントです。

 

配信当初は

自分のイメージと実際に撮った映像とに違いがあったのです。

 

今では

ほとんどその違いはありません。

 

非常識理論Youtube動画は

このようなバックボーンを基準として作っています。

 

浅く見えて

作りは深くなっております。

 

この内容を踏まえて

また動画を見ると違った感覚になると思いますので

 

それを踏まえて

こちらの動画をチェックしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ポーチ】観るだけでポーチが上達する動画

【観るだけでポーチ上達】

 

今回も

そんな夢のような動画を目指して制作しました。

 

その名も

『観るだけでポーチが上達する動画』です。

 

この見るだけシリーズは

最近お伝えの『オープンスキル』を意識して作成しています。

 

テニスの練習方法は2種類あって

◇クローズドスキル

◇オープンスキルに分けられます。

 

あ!そういえば

非常識理論ではトレーニングも必須項目ですので

◇トレーニングの3種類ですね。

 

クローズドスキルは

フォームの矯正練習です。

 

オープンスキルは

視覚や空間認識などの感覚的な練習です。

 

今のシリーズで出している

『観るだけ動画』は

 

観るだけで

タイミングやボールの予測を

感覚的に身につける事が目的です。

 

今回は

『ポーチのタイミング』をテーマにお届けします。

 

◇ポーチとフェイント

 

今回のポーチのタイミングは

動画の中でお伝えしていますので

 

こちらのブログでは

ストレートケアの動きを追加してお伝えします。

 

ストレートケアは下記にお伝えしておきます。

先ずはポーチのタイミングです。

 

この動きに合わせて

ストレートケアの動きを行います。

 

これを併用することで

前衛の動きが良くなります。

 

このテニスの詳しい情報は

日刊メールマガジンで配信しています。

 

メルマガ登録はこちら

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【観るだけテニス上達動画】テニスはオープンスキルで上達する

【観るだけテニス上達動画】

 

今回は

何と魅力的な題名でしょうか。

 

そんな

観るだけでテニスが上達する動画があれば

夢のような話ですね。

 

ですがその

『観るだけでテニスが上達する動画』を意識して

 

今回は動画作成してみました。

 

その動画を

今回はご紹介したいと思います。

 

ですがその前に

今回の動画の趣旨を説明しておきます。

 

今回の動画でもありますが

同じ映像を見ても

 

その捉え方を

知っているか知らないかで

 

大きく印象や

頭に入る情報が変わってきます。

 

今回の動画は

『オープンスキル』用に作っています。

 

このオープンスキルというのは

『感覚的な練習方法』の事です。

 

も一つは

クローズドスキルと言って

『フォーム矯正の練習方法』の事です。

 

 

テニスはこの

二つのアプローチからの練習をしていかないと

 

【ゲームで強く】なれないのです。

 

フォーム矯正練習だけでは

球出し打ちやラリーはうまくなりますが

 

ゲームが弱くなります。

 

反対に

フォームの練習をしない

ひたすら打って上手くなる練習では

 

感覚がいい人ではないと

上達できにくい練習方法となり

 

または回転やスライスショットなどの

新しいテクニックがなかなかマスター出来ないでしょう。

 

ざっと

オープンスキル練習と

クローズドスキル練習とをお伝えしましたが

 

動画でも

オープンスキル用と

クローズドスキル用があります。

 

今回は

『オープンスキル用』の動画です。

 

そのために

『観るだけで上達』という効果を狙っています。

 

今回の目標は

『タイミングのイメージ』です。

 

非常識テニスでは

『ボールをしっかり見ない』とお伝えしています。

 

理由は

ボール軌道の予測をしてほしいからです。

 

多くの人が

ボールをしっかり見ようとするあまり

 

『ボール軌道の予測』が出来ていません。

 

軌道の予測が出来ないと

スイングのスタートのタイミングが合わせられず

 

振り遅れがなくならないのです。

 

今回はその

ストロークの軌道に合わせたタイミングの合わせの

オープンスキルでの練習動画となっています。

 

細かなフォームはチェックせずに

ボール軌道をボーっと見て

 

それに合わせた

私の体の動きをボーっと見て

 

あなたも動画のボール軌道を見ながら

同じ動きを行う事で

 

タイミングを体で覚える事が目的です。

 

さらに

リターン動画も添えましたので

 

実戦でのイメージも

イメトレしてみてください。

 

今回は

オープンスキル用の動画です。

 

非常識テニスでは

このようにマニアックなテニス情報をお届けしています。

 

詳しくはメルマガで

たくさんご紹介していますので

 

マニアック好きの方は

こちらのメルマガにご登録ください。

メルマガ登録

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------