【テニス】ブロックリターンの打ち方~ラケットの壁の作り方~

【ブロックリターンの打ち方】

 

今回は

前回の記事でご紹介したリターンについて

 

非常識理論のYoutube動画の中に

イメトレになりそうな参考動画がありましたのでご紹介しておきます。

 

あくまでも一般公開のYoutube動画は参考動画のくくりなので、

これだけではなかなか打てるようにはなりませんが

 

イメージを作るにはバッチリです。

 

『リターンはどうやって返すのですか?』

『速いサーブの返し方を知りたいです。』

『ブロックリターンの打ち方を教えてください』

『リターンが返せません、アドバイスをお願いします』

 

昨日メルマガにてお悩みのアンケートをとったところ

『リターンの返し方』についてのたくさんのメッセージが届きました。

 

ということで今回は

『リターンの返し方』というテーマで

 

リターンの大切なポイントとして

『ブロックリターン』についてお伝えしていきます。

 

■ブロックリターンの壁はどこで作る?

 

では大切なポイントの

ブロックの『壁』はいつ作るのか?という問題ですが

 

大きく

●スイングして最後に壁を作って当てる

●壁を作って当ててからスイングする

この二つの打ち方の派閥に分かれます。

 

あなたはどちらでリターンを打っていますか?

 

非常識理論は後者の

【壁を作って当ててからスイング】します。

 

踏み込みでボールを飛ばしているテニスの人は

スイングを先にスタートさせて当たるときに止める打ち方です。

 

この二つの打ち方の大きな違いが

『当たってからスイングする』か

『当たる前にスイングする』か、の違いです。

 

速いサーブに対して

スイングをしながら当てるか当たるまで動かさないかの

この違いがとても重要なのです。

 

もちろん当たるまで動かさなくていい

非常識理論の方が余裕があります。

 

ですが

このイメージでは『打てない』人も多いのです。

 

当たるまで動かしていないと

ボールは飛ばないと思っている人が多いのです。

 

このイメージの違いが

非常識テニスと昔テニスの、テニスの違いです。

 

昔テニスは

壁打ちの壁のように強い壁を作って返球するイメージです。

 

非常識理論は

卓球のようにラケットとボールの比重の違いをいかし

ボールとガットの反発力を使って返すイメージです。

 

今回のイメトレの目標は

このイメージを作る事です。

 

こちらの動画にてイメージを作ってみてください。

この動画はかなり昔の動画です。5年くらい前かな~

動画の中でも今でも使えるイメージと

すでに変わっているイメージがあります。

 

Youtubeにはそのイメージが混ざっています。

このテニスの最新情報を知っておきたい方は

下記のメルマガに登録しておいてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスの悩みランキング~3位リターン2位サーブ1位は?~

【テニス悩みランキング】

 

今回は

先日メルマガで回答をいただいた

『テニスの悩みアンケート』についてご紹介します。

 

あなたの悩みと比べてみてください。

 

年齢は20代~70代までの方が

幅広くお答えをしてくださいました。

 

その中から今回は

トップスリーをご紹介します。

 

■第三位

【リターン】

 

サービスリターンに悩んでいる人が第三位でした。

 

これは速いサーブに対して

返球確率がなかなか上がらない。と言うお悩みですね。

 

速いボールに対しての返球方法がわからない。

と言う方が多いというデータが取れました。

 

これはコンパクトスイングが必要となります。

 

コンパクトスイングと言っても

●面を作ってスライスで返すのか

●しっかり振りぬいたスピンで返すのかでは

大きく違いがあります。

 

アンケート結果としては

後者のしっかり振りぬくリターンの希望者が多かったです。

 

リターンはストロークとは違うショットで

リターンはリターンの打ち方が必要なのです。

 

ポイントをお伝えすると

『ブロック』のイメージです。

 

ブロックリターンと言う言葉は聞いたことがあると思います。

『壁』を作って安定したリターンを返すイメージです。

 

その壁ですがどうやって作るかが問題で

多くの人が後ろから勢いをつけて、コンタクトでラケットを止めて

壁を作ろうとします。

 

これがリターンがうまく返らないイメージとなります。

 

壁はもともと作っておきます。

その壁にボールが当たったら、少し押してあげると

 

ボールはしっかり返っていきます。

つまり、壁は最後に作るのではなく

 

最初に作っておいて当たって少し押すのです。

 

つまりコンパクトスイングとは

壁を作っておいてボールをとらえた後に

 

スイングを少し加えることで

リターンがしっかり変える打ち方となります。

 

これがリターンの大切なイメージとなります。

 

■第二位

【サーブ】

 

サーブが悩みの方はもちろんたくさんいます。

 

●速いサーブが打てない

●安定しない

●打ち方がわからない

などなど、たくさんのお悩みが届いています。

 

共通して言えるのは

サーブの『体の使い方がわからない』という基礎の部分です。

 

この体の使い方に関しては

ボールを投げる練習もありますが

 

ただボールを投げてもそこからサーブフォームに結びつける事が

サーブが苦手な人には出来ないのです。

 

サーブの上達にはまず

体の動きを正しくするトレーニングからスタートすることが大切です。

 

この体の動きを良くするために

左足の片足でのボール投げを行います。

 

もちろんチェックポイントがいくつかありますが

先ずは片足でのボール投げを行ってみてください。

 

 

■第一位

【ストロークスピン】

 

そして第一位は

ストロークのスピンです。

 

〇安定したスピン

〇攻撃的なスピン

どちらも同じくらいの数ですが共通して

 

『ストロークの安定したスピン』がリクエストの第一位でした。

 

スピンと言うと

手首を動かして回転をかけるイメージの方が多く

 

今回の悩みにも

『ひじを痛めたので、腕に負担のないスピンの打ち方』というメッセージがありました。

 

スピンは手首もどこも動かしません。

腕の外旋と内旋での動きとなります。

 

ここが意外とスピンを目標にする人が

大きな落とし穴にハマっているポイントなのです。

 

手首は動かしません。

腕が安定した形が外旋内旋によって

スピンが安定する打ち方となっているのです。

 

もちろんこのフォームを作るために

トレーニングや練習は必要ですが

 

今回はそのイメージでのヒッティングにも

トライしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ボール軌道の予測とフットワークトレーニング

【ボール軌道の予測とフットワーク】

 

ボール軌道の予測できていますか?

フットワークは自然に動いていますか?

 

今回のテーマは

最近ハマっているトレーニング系の動画のお伝えです。

 

動画の名前は

フットワーク動画となっていますが

ボール軌道の予測にもつながっています。

 

もしあなたが

ストロークのボール軌道の予測が出来ていないならば

 

今回の動画の

ワンバウンドのボールキャッチのトレーニングを行ってください。

 

ワンバウンドのキャッチボールは

ジュニアのメニューでも良く取り入れられています。

 

ですが!

そのトレーニングの目的を、しっかり理解して行わないと

全く効果のないトレーニングとなります。

 

今回の動画のボールキャッチは

早く止まって、手を早く置いて、

その場所にピッタリボールが来るほどに

 

速くボールの軌道に入れたことになります。

 

それだけ

ボール軌道の予測が出来てくる動きとなります。

 

ただただボールを追いかけて

ボールを掴むだけでは、トレーニングになりません。

 

早く止まって待てるようになるほどに

実際のストロークにも余裕が出てくるのです。

 

今回の動画は

フットワークのトレーニングはもちろんですが

 

この

ボール軌道の予測もしっかり意識して行うことで

一石二鳥のトレーニングとなります。

 

そして動画は壁ですが

二人でお互いに投げ合いながら行えば

よりヒッティングに近い感覚のトレーニングとなります。

 

練習前のウォーミングアップで行ったり

お子さんがいる方は遊ぶと言いながら行ったり

こちらのトレーニングを行ってみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス】ハードコート用のフットワークとオムニコート用フットワーク

【テニスフットワーク】

ハードコート用のフットワーク

オムニコート用のフットワーク

 

あなたは

コートサーフェスによって

フットワークを変えていますか?

 

いつもオムニコートだけしかプレーしない人

いつもカーペットだけしかプレーしない人

 

これらの

『いつもプレーをするサーフェスが変わらない人』は

フットワークを変える必要がないために、意識はしないと思います。

 

ですがあなたは

こんな経験ありませんか?

 

いつも練習はカーペットの

インドアテニススクールでプレーしていて

 

試合はオムニコートになった時に

なぜか『いつものようにプレー出来ない』と言う経験。

 

オムニコートでの練習が基本で

たまにハードコートでプレーをすると

『全く打てなくなる』と言う経験。

 

これらはコートサーフェスに合わせた

 

フットワークと打ち方の

チェンジが出来ていないことが大きな原因となっています。

 

あんたは経験がありませんか?

 

■違いは何ですか?

 

ではこの

コートサーフェスに対しての違いをお伝えします。

 

単純に打ち方からすると

●ハードコートはボールが伸びてくる

●オムニコートはボールが止まる

と言う違いがあります。

 

そのためにハードコートでプレーする場合は

●ボールが伸びてくるためにコンパクトに

●ボールの伸びがあるため軽い力でもボールが飛ぶ

●ボールに伸びがあるのでライジングが必要

と言う打ち方の特徴があります。

 

ハードになれていない人は

●振り遅れ

●ボールがアウトする

という特徴が出ます。

 

例えば

いつもはカーペットでのプレーで

試合でオムニコートでのプレーをした際に

 

●足の踏ん張りがきかずに手打ちの感覚となる

●遠くに振られたら戻れない

●体が不安定で打点が詰まる

という特徴が出ます。

 

オムニをベースにしている人が

ハードコートでの試合に出た際には

 

●短いボールが怖くて走って取れない

●高いボールばかりで試合にならない

●走らされたら足が合わずに返球できない

●急に体が止まって足に負担が来る

と言う特徴が出ます。

 

これらの現象は

フットワークと打ち方に

ギャップがある事で起こります。

 

『オムニは足が滑るがハードは止まる。』

『ボールはハードは軽く飛ぶが、オムニはしっかり体でを使わないと飛ばない。』

『ハードのフットワークは軽く跳ねるように』

『オムニのフットワークは軽くとグリップの両方必要』

『カーペットは軽いフットワークと軽い打ち方でOK』

 

この様なイメージとなります。

 

■非常識理論&トレーニング合宿を経て

 

これらのフットワークのイメージも

今回の非常識理論&トレーニング合宿の中で

 

トレーナーの早稲田さんからのご指摘と

僕の経験とを総合することで、とても腑に落ちる内容となりました。

 

今回参加者の方達の

フットワークの特性を測って頂いたのですが

 

一見ハードコートでプレーする様なフットワークなのに

地面が体育館のバレーボールと同じ特性ではなく

 

地面が砂のビーチバレーの方が似ている特性だった。

という測定値が出ました。

 

もともと非常識理論テニスは

ハードコートでのパフォーマンスが高いテニスです。

 

それをオムニコートでプレーするように

変化させたテニスだという見解でとても納得できる測定結果となりました。

 

つまりは

もともとのハードコート用の動きも含まれているために

 

ハードコート用のテニスと

オムニコート用のテニスの

 

どちらのサーフェスにも対応出来るテニスと言う事になります。

 

そこにはもちろん違いがあり

その違いを理解すれば

 

どちらのサーフェスにも対応できる

オールラウンダーなプレーになります。

 

またその違いなどの詳しい情報は

メルマガの方でお伝えしていきますので

 

このテニスに興味がある方は

メルマガ登録しておいてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ボレーフットワークトレーニング~正しく理解することが大切~

【ボレーフットワークトレーニング動画】

 

『今回のYoutube動画は嘘です!』

 

さて今回は

凄い一言からスタートしました。

 

この言葉は何に対しての言葉かと言うと

本日公開した非常識理論の動画についてのコメントです。

 

『え!?今日の動画は嘘なんですか?』と

まだ思わないでください。

 

もちろん嘘ではないですが

このトレーニング動画は、かなり前に僕が考案して

撮影した動画なんです。

 

賢明なブログの読者の方はお分かりですが

『ホーホケキョ』はかなり以前の動画ですね。笑

 

『ホーホケキョがなくなって寂しいです!』

と言うお言葉も頂きましたが。。笑

 

話しを戻すと

 

この動画は最近ガッチリタッグを組んでいる

トレーナーの方々と出会う以前の動画となります。

 

つまりそこに

専門的なトレーニングの知識がなかった時に

作った動画だということです。

 

もちろん今のトレーニングの知識が入っても

悪くないトレーニングの動きではあります。が・・

 

ですが

このトレーニングを行う際に

どのように意識して行うと効率が良いかを

 

知ってからのトレーニングと

知らないままでのトレーニングでは

 

大きな違いが出るために

今回のテーマの

 

『Youtube動画をそのままやっても』

効果半分の動画です。と言うニュアンスで

オープニングのセリフからスタートしました。

 

この動画のままでは

注意ポイントと一緒にお伝えしないと効果にバラツキが出ます。

 

うまくいく人とうまくトレーニングにならない人とに

バラツキがあるということです。

 

これが

『嘘動画です』と言った理由です。

 

Youtube動画は

批判コメントが多いので、いたずらしたくなりました。笑

 

こちらのブログの読者の方達は

とても熱心に僕の情報を見てくれていますので

 

こちらのブログの方で

しっかりお伝えしたい気持ちになりますよね。

 

と言う事で

今回の動画のチェックポイントをお伝えします。

 

それは

『すね』の角度です。

 

動画の僕のすねを見ると

角度が垂直ではなく前に少し倒れた角度で止まっています。

 

この状態では実は

●後ろに戻るときにも

●前に進むときにも

どちらにも少し遅れる動きとなってしまいます。

 

正解は

『すねの角度を地面と垂直』にすることが大切なのです。

 

このアングルを

『シンアングル』と言って

 

スポーツの世界では必須な

どの方向にも素早く動くことが出来る

 

『ニュートラルポジション』となります。

 

今回の動画の中でこのシンアングルを意識して行うと

とてもこのトレーニングが難しくなります。

 

動画のトレーニングはとても簡単ですが

すねを垂直に保とうとするととても難しくなるのです。

 

そのトレーニングを行うことで

どこにでもすぐに動ける状態を作れることになり

素早い動きにつながるのです。

 

この一言が

とても大切なポイントになっています。

 

では今回は

その『シンアングル』を意識して動画を観て下さい。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ボールの後ろに入るフットワークのコツは→→→『〇〇の向き』

【ボールの後ろに入れない原因】

 

あなたはボールの後ろに入れていますか?

 

もともとボールに対して

横向きに入るテニスの人には響かない内容かもしれませんが

 

このイメージで

ヒッティングにもフットワークにも、閃きが見つかるかもしれません。

 

今回のテーマはズバリ!

『顔の向き』です。

 

あなたはどのように

ボールに顔を向けていますか?

 

■顔が横向きだとどうなる?

 

あなたがボールに対して

横向きに入って横向きにコンタクトを見てヒッティングするとします。

 

この向きでボールに追いつくと

ボールに対して体が遅れているポジションになります。

 

つまり

ボールの後ろに入れていない

常にボールから遅れている入り方になるのです。

 

走らされて、クロスに打てない人は

この症状の確立が高いのです。

 

今回のテーマでは

『顔を前向き』にしたままボールに追いつくことを目標とします。

 

顔が横に向いた瞬間

ボールから遅れている状態になるからです。

 

これ意外と大変そうに思えますが

実は癖によるところが大きいのです。

 

顔をすぐに横向にする癖がある人は

始めの一歩が動かずに、顔でボールを追いかける動きとなり

 

常に一歩遅れたフットワークになります。

 

顔を前向きのままボールに入る癖を付ければ

一歩早くスタートする癖が付きます。

 

この意識づけだけでも

フットワークは良くなります。

 

■ひねりは顔で入れる?

 

そして顔が横向きになると

ひねりがどこにも入らないフォームとなります。

 

顔が前に向けば

上半身にひねりが入ります。

 

上半身のひねりは

肩を入れるのではありません。

 

顔を前に向ける意識でも

ひねりは入ります。

 

そしてこちらの方が

ボールの後ろに入るフットワークとなり

 

一歩の速いフォームになるのです。

 

今回はこのテーマで

こちらの参考動画を観てイメトレしてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【トス】サーブの時のトスの乱れ修正方法~エリアを広げる修正法~

【サーブの時のトスの乱れ修正方法】

 

あなたのサーブのトスは安定していますか?

 

今回のテーマは

サーブのトスについてです。

 

トスの上げ方は

トスの3原則としてお伝えしています。

 

 

このトスの上げ方とは違う

トスの修正方法について今回はお伝えします。

 

今回のポイントは

トスを上げる位置についてです。

 

例えばあなたが

トスをピンポイントで上げているとします。

 

そのピンポイントがために

トスが少しでもブレると、上げ直しとなっているならば

 

トスを上げる位置を

ピンポイントではなく

 

『エリアに上げる』と言うイメージにするのが

今回の作戦です。

 

『エリア』というのは

この辺りにトスが上がればOKという感じで

 

トスを上げるポイントを広くして

トスを上げやすく感じる作戦です。

 

その『上げやすい』と感じることが

トスを上げる際のメンタル的な余裕も生み

 

トスに苦手意識をなくす作戦でもあります。

 

または

トスと球種がうまく合っていないために

トスがピンポイントになっている可能性もあります。

 

その打とうとする球種に対して

打ちやすくなるようなトスを上げることも大切です。

 

今回の動画は

以上のポイントを意識して作っています。

 

トスの乱れに悩んでいる方は

こちらの動画にてチェックしてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスストレッチ】~おススメ3か所のストレッチ動画~

【おススメストレッチ動画】

 

ストレッチを

あなたは日頃やっていますか?

 

僕はもちろんやっています。

体が資本ですので。

 

と行っても

みなさんも体が資本ですよね。

 

特にテニスはケガをしてしまうと

長期離脱もありえます。

 

と言う事で今回は

テニスストレッチのご紹介です。

 

■三つのポイント

 

今回のストレッチは

三つのポイントに絞っています。

 

なぜなら

一般的なストレッチ方法は

たくさんの情報があるからです。

 

と言う事で

今回のストレッチは

 

体幹テニス用のストレッチです。

 

体幹の回転でのヒッティングは

●肩甲骨をしっかり使います。

 

ひねり戻しのヒッティングは

●お尻の筋肉を使います。

 

お尻の筋肉は

●太ももの筋肉を伴います。

 

と言う事で今回はこの

●肩甲骨

●太もも

●大殿筋

この3か所のストレッチをご紹介です。

 

特に昔テニスと

体幹テニスの止まり方は

 

大きく足の筋肉の使い方が違います。

 

昔テニスのフォアでは

●右足で体重を支えて止まり

●左足へ踏み込みながらヒッティングします。

 

非常識理論では

●右足のお尻で体重をひねりで支えて止まり

●そのひねりを戻してヒッティングします。

 

この違いわかりますか?

 

昔テニスは

右足が横を向きます。

 

非常識理論は

足が前向きです。

 

ここに大きな違いがあります。

 

昔テニスは踏み込まないとボールが打てません。

非常識理論は、止まった時点でひねりが準備されています。

 

『踏み込まないと打てない』か

『すぐひねりを戻して打てる』の違いは大きいです。

 

この大きな違いとして

非常識理論のブレーキングは

 

【ツイストブレーキング】を使っています。

 

体の勢いを

ひねりで受け止めるのです。

 

つまり

止まった時点でひねりが出来ているのです。

 

これが遅れない

楽々テニスの極意でもあります。

 

その足の使い方をすると

お尻の大殿筋や太もも裏の、ハムストリングが疲労します。

 

反対に

踏み込むテニスは

ふくらはぎや太ももが疲労します。

 

この部分が疲労すると

足がとくに疲れを感じるのです。

 

今回のストレッチ動画を試してみて

あなたが日頃この部分を使っているかの

 

チェックをしてみてください。

 

そして、このテニスをもっと深く

知りたい方は下のメルマガにご登録してみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス】バックツイストショットあなたは知っていますか?

【バックツイストショット】

 

あなたは

『バックツイストショット』を知っていますか?

 

この『バックツイスト』というのは

【ひねり戻し】のことです。

 

つまり

腕のひねり戻しを使った打ち方です。

 

例えば

大坂なおみ選手のフォアハンドを打つ前に

ラケットのコンタクト面が外側を向いています。

 

これが腕のひねりを作る前の

準備をしている段階の形なのですが

 

ここから

この形がひねりが入った形で

 

これが戻った形です。

始めのラケット面を外側に向けた準備の時と

同じラケットの形に戻っているのがわかります。

 

これが

『バックツイスト』を使ったフォームです。

 

腕のひねり戻しを使ったショットで

『バックツイストショット』です。

 

これ

非常識理論の体幹の回転をマスターした次のステップの打ち方で

 

『腕のひねり戻し』を使ったショットなので

バックツイストショットと名付けています。

 

もちろんこの打ち方で

〇バックハンド

〇スライス

〇ボレー

〇スマッシュ

〇サーブ

と、全てのショットを

レベルアップさせます。

 

このテニスの

『引く』という意識の中にはこの

ひねり戻しを使って引く意味合いも含まれます。

 

体幹の回転を作る動きも

腕を伸ばす押す動きでは回転が止まります。

 

引く動きは

体を回す動きを作ります。

 

体の使い方には

見た目のイメージとは違う感覚で動かす使い方がほとんどです。

 

あなたも

見た目のフォームに惑わされずに

 

体の動かし方に意識を向けて

テニスの練習をすることをお勧めします。

 

これから打ち方としては主流となる

腕のひねり戻しを使った『バックツイストショット』に

 

注目していってください。

 

 

そして先日

コーチ契約をさせて頂いているミズノさんの

 

千代田区にあるフラッグシップ店舗

エスポートミズノへお邪魔させていただきました。

 

ミズノのブランドアドバイザー

イボ・カルロビッチ選手の

シューズが飾ってありました。

物凄く大きかったです。

カルロビッチ選手は身長が2mオーバーです。

 

流石に大きいですね。

 

そしてこのお方

ミズノと言えば『ミスターミズノ』

松岡修造プロの写真が至る所に配置されていました。

 

修造さんの熱さに負けないように

ビシビシ新しいテニスを追求していきます。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニススライドフットワーク~フォアとバックのフットワーク~

【フットワークの役割】

 

今回のテーマは

【フットワーク】についてです。

 

あなたは漠然と

フットワークについての情報もないまま

テニスをプレーしていると思います。

 

フットワークについては

『良くなりたい』という思いはあるけど・・

 

どうすればよいかわからない・・

と言う方がほとんどだと思います。

 

今回はフットワークについて

少しお伝えしたいと思います。

 

■右足と左足の役割

 

フォアハンドとバックハンドで

右足と左足の役割があります。

 

この役割は

テニス理論によって大きく違います。

 

なので、

『それは絶対違う!』というのは、もともとのテニスの違いなので

違和感がある方はスルーしてください。

 

もしくは

『自分のテニスを変えたい』と思っている方は

【違いこそ変化の可能性】ですので、チェックしてみてください。

 

■フォアハンドのフットワークは

〇右足でボールの軌道へラケットをセットします。

〇左足をボールの高さに合わせてセットして

〇左足を軸として上半身を回転させてヒッティング

という流れとなります。

 

■バックハンドフットワークは

〇左足でボール軌道へラケットをセットします。

〇右足をボールの位置に合わせてセットして

〇右足を軸として上半身を回転させてヒッティング

という流れとなります。

 

あくまでも回転の軸足なので

踏み込んだり膝を曲げたいという足の使い方はありません。

 

そして今回は

オムニコートやクレーコートでの特殊なフットワークの

 

スライドステップについてもお伝えします。

 

■スライドステップ

 

上記のフォアとバックのフットワークの

『軌道の延長線上にピタッと足を止める』というフットワークは

 

意外と慣れるまでは難しいところです。

微調整が出来たならば打ちやすくなります。

 

その微調整の役割が

スライドステップとなっています。

 

このスライドステップは

字のごとく足を滑らせるフットワークで

 

滑らせながらちょうどいいところで止める

微調整が行えるフットワークになっています。

 

コートが滑る

オムニ・クレーのコートで出来るフットワークで

 

カーペットやハードコートでは

出来ないフットワークとなっています。

 

そのスライドステップを含めて

フットワークの説明は動画で行っています。

 

こちらの動画にて

フットワークをイメトレしていてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------