サーブの落とし穴は『腕の打ちおろしの意識』~ラケットで打ちおろす腕の使い方~

【サーブの落とし穴】~腕の打ちおろしの意識~

 

昨日はお初にお目にかかる方と
プライベートコーチングを行いました。

 

一年前より
『動画で非常識テニスにトライしています。』とのことで

 

 

フォアもバックも両手打ちのスタイルで
ゆっくりコンタクトが出来ていて

少しのアドバスで
かなり安定スイングとなりました。

 

いや~最近思うのが
動画ですでに予習をして打ち方を変えて

 

結構仕上がってから
講習会やプライベートに来られる方が増えたのです。

 
もちろんご本人は

『うまく打てているかチェックしてください』と

自信がない状態で来られていますが

 

意識して練習されているな~と
とても感じます。

 
Youtubeの凄さを感じます。
動画はテニスの練習の形を変えますね。
そしてそのプライベートの方と
サーブ練習の時にも話題になったのですが

 

今回のメルマガの表題にある
結構な確率で多くの人がハマっている

『サーブの落とし穴』があります。

 
それは
●『腕で下に打ちおろす動き』です。

 
サーブは頭より高い位置で
ラケットが上から下にボールを打ちおろすショットです。
と言う事は
腕は上に残ったままで

 

手首から先の
ラケットまでが下に降りるフォームと言う事です。

 
ですが多くの人がサーブフォームで

●腕が下に打ちおろす動き

になっています。

 
腕が肩関節を中心に下に降りてくる動きは

手首からリードして下に降りてくる動きとなり

 

ラケットヘッドが走らずに
グリップから抜けるような使い方になって

 

ボールにアンダースピンがかかる
確率の悪いサーブフォームになります。
あなたはこのフォームになっていませんか?

 
見ためのサーブフォームのイメージで
腕を動かそうとしても

高い打点で打ちおろす
サーブフォームにはなりません。

 
プロ選手のような
胸の前に大きな空間が開いた

上から打ちおろされた
サーブフォームになるためのイメージは

 
全く別の意識でのフォーム作りが必要になります。
それには

 

〇腕のひねり戻し

〇肘の動き

〇ラケットの動き

〇グリップ

といくつかの練習ポイントをクリアして
その動きが出来上がります。

 
なかなかガッチリお伝えしないと
このフォームが出来上がらないために

 

今回
サーブマスター講座をリニューアルして
募集をしています。

 
今回のメルマガの説明のイメージは
こちら紹介動画のスライスサーブの動きで

チェックしてみてください。

 
この動きを
サーブではマスターしたいのです。

 
■サーブ講座紹介動画

 

この動きを
しっかりマスターしたい方は

こちらサーブ講座は
募集が明日までとなりますのでご参加ください。

 
■サーブ講座詳細ページ&申し込み

サーブマスター講座詳細

 

このテニスを詳しく知りたい!と思っていただいた方は

下記のメルマガにご登録ください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

サーブマスター講座のお知らせ~サーブはコンタクトの情報が少ない~

【サーブマスター講座のお知らせ】

 

今回はサーブマスター講座のお知らせです。

非常識理論のシークレット講座はメルマガでのご紹介となっていますが

今回こちらのブログでもご紹介したいと思います。

募集期間は7月14日~20日までです。

 

後半では『サーブのトレーニング動画』をご紹介します。
その名も!マエケン体操トレーニングです。
野球の前田健太選手が
やっている体操なので結構知られている体操です。

この動きは肩甲骨の可動域と
肩との連動が良くなるトレーニングで

投手が行っているだけに
投球動作の動きが良くなるトレーニングです。
その動きを
サーブの動きに持ってくトレーニングです。
サーブは特に各動きをトレーニングによって正しい動きに矯正して
それらをまとめる練習をしないと
全くまとまりのない
フォームの連動のないフォームになります。
その他のストロークやボレーは
ヒッティングの部位が胸部の高さにあるために

体の回転と
ラケットの動きが連動しやすいショットです。
ですがサーブは
頭の上でのショットのために

肩と腕のフォームを連動させないと
途端に力も伝わらない、ブレも大きくなる

連動性のないフォームになるのです。
ここがサーブが
苦手な人が多い原因となっています。
今回はその中の
肘と肩の回転の連動トレーニングをご紹介します。
サーブはもっとたくさんの
練習の部位がありますが今回のサーブ講座の一番のテーマは

【ボールコンタクト】です。
サーブでいろいろな情報がありますが
一番大切なサーブのコンタクトの情報が

物凄く少ないのです。
トロフィーポーズや
足の動きや投げるようになどの情報よりも

とても大切なのが
『コンタクトのラケットの動きと当て方』です。

 

今回のサーブマスター講座では
ここに一番集中してお伝えします。
どのように当てれば

〇ボールに縦回転がかかるのか
〇ボールがスライス回転で飛んでいくのか

ラケットの動きが

〇コンタクトでどのようになればいいのか
〇その時の腕の動きはどうなるのか

このコンタクトでの
ラケットや腕の動きを特に集中してお届けします。
下記にトレーニング動画を
参考にお届けしますので

この機会に
サーブをしっかりマスターしたい方は

本日より
募集を開始していますこちらの
サーブマスター講座をチェックしてください。

『サーブ講座詳細ページ』

 

■サーブフォーム肘と肩の連動トレーニング

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ツイストバックでの回転のかけ方】

 

前回は
サーブの力が抜けるイメージ動画をお届けしました。

 

今回のテーマは

『サーブのツイストバック』です。

 

このツイストバックは

何かというと?

 

【腕のひねり戻し】です。

 

サーブではよく

『内転』と言われています。

 

どのような動きかは

こちらのトレーニング動画を参考にしてください。

 
『サーブの腕のひねり戻し』

先日この動画の練習が
〇出来る方と

●出来ない方との

アンケートを取らせていただいたところ
6対4で

出来る方が6割という結果となりました。
この練習をサーブでの

回転をかける段階ではトライしたいところです。

 

出来ない方は
コツコツトライしてみてください。
ではこの練習が出来るようになったら

その動きで『サーブが打てますか?』

 

と言うポイントが大きな課題となります。

 
●この練習は出来るけど

●その動きをどうやってサーブに持っていくかが

●わからない人が多いのです。

 

結局サーブは
フォームとボールをつなぐ

『コンタクト』がとても難しいのです。
難しいというのは方法が難しいのではなく

イメージと打ち方が大きく離れているために

 

打つイメージに
繋がっていない人がものすごく多いのです。
そのコンタクトを
難しくさせているポイントが二つあります。
一つは
●ラケットの使う場所

もう一つは
●ボールの当てる場所

 

この二つの情報があまりはっきりしていないために
うまく打てない人が多いのです。
今回は
ラケットの場所をお伝えします。
それはラケットの上側の半分面です。

 

上側と言うのはサーブを打つ際に構えたときの

そのラケット面の上半分です。
そこを使う事がポイントです。
今回のこの動画の練習で
その半分の面でボールを打ち上げていることを

 

意識してもう一度チェックしてみてください。

『サーブ回転トレーニング』

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス非常識合宿】動かずに勝つテニス合宿報告~姫路~

【動かずに勝つテニス合宿】in姫路

 

今回は先週末に開催した

非常識理論『動かずに勝つテニス合宿』のご報告です。

 

今回の目標の

『動かずに勝つテニス』には

 

●足にケガでの故障があり、スムーズに動けない

●自分は動かずに相手を動かすテニスを覚える

●動かされても切り返す、カウンターテニスを覚える

●今のうちに動かずにできる、配球テニスをマスターする

と言う目標がありました。

 

そのためには

腕のひねり戻しを使った

コンパクトスイングをマスターしました。

 

そのコンパクトスイングで

ライジングをマスターしていき

 

動かないテニスを覚えていきます。

 

今回はトレーナーの水川さんも参加して頂き

足の状態やトレーニング方法を提供して頂きました。

 

テニスのプレーを

長く続けていくために

 

体のケアは本当に大切です。

 

今回はトレーナーの方に

ケアするウォーミングアップ方法を伝授して頂きました。

 

練習の奥で呼ばれて

トレーニングを受けるガッチリ体制です。

個別に体の状態に合わせた

トレーニングを行っています。

 

しっかり練習をしたら

夜はしかり食べないといけませんね。

 

今回はみなさんよく飲みましたね~笑

僕よりも黒い人が一番コーチっぽいですね。

 

 

合宿では個別ミーティングもあり

それぞれの目標も設定していきます。

 

ぐっと詰め込んで技術を手に覚えこませて

それを持ち帰ってしっかり固定化していきます。

 

次の日にはこの様なメッセージも届きました。

 

以下メッセージ
————————-

ちなみに今日スクールへ行って来ました。

不思議にコートが良く見れて、
ナダル打ち良く決まって楽しかった。

本当に力を入れず
ロブでもスピンでもボレーでも
自由自在で追い込まれても使える、

スピンがかかっているので良く入りました。

————————-

早速成果が出ましたね

この方が言われている『ナダル打ち』が

 

ツイストバックショットのことで

回転をかける手の使い方の事です。

 

この動きが出来ていないと

各ショットで回転がかかりません

 

この使い方をマスターすることは

テニスの技術の習得としては一番の目標です。

 

こちらのツイストバックショットをマスターする

【ツイストバックショットマスター講座】が

 

今月内限定で募集を行っています。

 

ツイストバックに興味がある方は

こちらの詳細ページをチェックしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスの肩の回し方下半身との連動~あなたは同じ手足を動かしていませんか?~

【肩の回し方下半身との連動】

 

肩の回転を

あなたは下半身とどのように連動させていますか?

 

と、突飛に聞かれても

どう答えていいのやら自分がどう打っているのやら

 

わからないですよね。

 

今回の記事で

肩の回転シリーズ3記事目です。

 

前回前々回はこちら

①テニスで大切な肩の回転~振り切れない人は要チェック~

②テニスの大切な肩を回すポイント~右を押しても肩は回らない~

 

この2記事は

上半身についてお伝えしていました。

 

今回は

下半身との連動させた肩の回転についてお伝えします。

 

ズバリ今回のテーマは

『クロスに体を使う事』です。

 

クロスに体を使うとは

どのような使い方かと言うと

 

悪い例として

●右足に体重を乗せて、右手でラケットを構え

●左足の踏み込みと一緒に左手に右手を近づけて打つ

 

つまり

右足と右手

左足と左手の

動きが連動している動きです。

 

この動きは肩の回転ではなく実は

右手のドアのような動きとなるのです。

 

出は肩を回すには

どのような動きになるのかと言うと

 

左手を右足に近づけ

右手を左足に近づける動きです。

 

このクロスの手足を

交互に入れ替える動きが

 

肩がしっかり回る

体軸を安定させてスイングを作る

 

体の使い方でのスイングなのです。

 

今回はこのテーマを

動画にてお伝えしていますので

 

詳細説明はこちらの動画を

チェックしてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------