テニススライドフットワーク~フォアとバックのフットワーク~

【フットワークの役割】

 

今回のテーマは

【フットワーク】についてです。

 

あなたは漠然と

フットワークについての情報もないまま

テニスをプレーしていると思います。

 

フットワークについては

『良くなりたい』という思いはあるけど・・

 

どうすればよいかわからない・・

と言う方がほとんどだと思います。

 

今回はフットワークについて

少しお伝えしたいと思います。

 

■右足と左足の役割

 

フォアハンドとバックハンドで

右足と左足の役割があります。

 

この役割は

テニス理論によって大きく違います。

 

なので、

『それは絶対違う!』というのは、もともとのテニスの違いなので

違和感がある方はスルーしてください。

 

もしくは

『自分のテニスを変えたい』と思っている方は

【違いこそ変化の可能性】ですので、チェックしてみてください。

 

■フォアハンドのフットワークは

〇右足でボールの軌道へラケットをセットします。

〇左足をボールの高さに合わせてセットして

〇左足を軸として上半身を回転させてヒッティング

という流れとなります。

 

■バックハンドフットワークは

〇左足でボール軌道へラケットをセットします。

〇右足をボールの位置に合わせてセットして

〇右足を軸として上半身を回転させてヒッティング

という流れとなります。

 

あくまでも回転の軸足なので

踏み込んだり膝を曲げたいという足の使い方はありません。

 

そして今回は

オムニコートやクレーコートでの特殊なフットワークの

 

スライドステップについてもお伝えします。

 

■スライドステップ

 

上記のフォアとバックのフットワークの

『軌道の延長線上にピタッと足を止める』というフットワークは

 

意外と慣れるまでは難しいところです。

微調整が出来たならば打ちやすくなります。

 

その微調整の役割が

スライドステップとなっています。

 

このスライドステップは

字のごとく足を滑らせるフットワークで

 

滑らせながらちょうどいいところで止める

微調整が行えるフットワークになっています。

 

コートが滑る

オムニ・クレーのコートで出来るフットワークで

 

カーペットやハードコートでは

出来ないフットワークとなっています。

 

そのスライドステップを含めて

フットワークの説明は動画で行っています。

 

こちらの動画にて

フットワークをイメトレしていてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

バックハンドは左手と右手とどちらで打ちますか?

【両手のバックハンドは左手主導?右主導?】

 

あなたは両手バックハンドを

左手で押していますか右手で引いていますか?

 

または右主導ですか?左主導ですか?

どちらの手で打っていますか?

 

たくさんのパターンがあると思いますが

 

非常識理論は右引きで体幹を回して飛ばし

左手でのコンタクトでコントロールを付けます。

 

ヒッティング割合は50%50%です。

 

どちらの主導ですか?と聞かれると

『左手主導』と答えます。

 

左手で打っている感触だからです。

 

その

『左手主導』『左手で打つ』を

そのまま認識して取り入れると

 

左手で押すフォームとなり

体の回転よりも左手の押しが勝つことで

 

面がブレるフォームとなります。

 

非常識理論は50%50%です。

左手で安定したコンタクトを作り

 

右の引っ張りで体幹が回ってボールを飛ばします。

これが

 

コンタクトが安定して

力まない両手バックハンドのフォームとなります。

 

そしてこの

【バックハンドの右手の動き】は特殊な動きをします。

 

この動きが

出来ているか出来ていないかが

大きなバックハンドのターニングポイントとなります。

 

■出来ていなければ伸びしろあり

 

この右手の動きですが

あなたが使えていなければ、伸びしろありです。

 

この右手の動きで

左の力が抜けて安定したコンタクトとなり

安定したバックハンドとなるのです。

 

この動きは

非常識理論の『極意』となっているために

一般公開はしていない内容です。

 

ONLINE会員の方にだけ伝授しています。

 

今極意を

まとめてしっかり伝授出来るようにしますので

 

またメルマガでお知らせしていきますね。

 

こちら両手バックハンドの

左手での引く動きのイメトレ動画です。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ウエスタングリップとイースタングリップのヒッティングの違い

【グリップ別のヒッティング動画】

 

『グリップを変えて、打っているところを見せてください。』

というリクエストが届きました。

 

と言う事で今回のテーマは

グリップ別のヒッティング映像のお届けです。

 

そもそのグリップは

どうやって決めたらいいのでしょうか?

 

あなたはグリップを

どうやって決めましたか?

 

■理想のグリップとは?

 

基本的には

グリップは何でもいのです。

 

ただ、グリップの違いによって

『プレースタイル』が変わります。

 

いや、正式には

『スタイルが変わる傾向がある』と言う事にしておきましょうか。

 

イースタンフォアのグリップよりも

ウエスタングリップでフォアハンドを打っている人の方が

 

スピンボールでつなげるタイプがい多いです。

 

イースタンフォアの方は

基本的に跳ねて高い打点になるボールは苦手なので

 

ストロークのつなげ合いは苦手です。

 

もちろんポジションを下げて

打点を落として、フットワークの良さで拾いまくる選手もいます。

 

あくまでも傾向となりますが

 

●ウエスタングリップの選手は

 

スピン系の滞空時間の長いストロークで

『相手のミスを待つベースラインプレーヤー』

高い打点からガンガン攻撃する

『ハードヒッター』

 

●イースタングリップの選手は

 

低めのフラットドライブボールで

『早い展開でのカウンタープレーヤー』

ネットに早く着く

『ネットプレーヤー』

 

と言う傾向があります。

 

私の場合は

ウエスタングリップでの

ライジングを使ったカウンタープレーヤーです。

 

■持ち球を理解する

 

あなたのグリップと

ボール軌道は合っていますか?

 

先ほどのプレースタイル的に見ると

グリップの違いで打つボールの軌道が変わります。

 

ウエスタングリップの方は

高い軌道のスピンボールが打ちやすいです。

 

イースタングリップの方は

低い軌道のフラットドライブボールが打ちやすいです。

 

このグリップと持ち球が違うと

●フレームショットが多くなったり

●ネットミスが増えたりします。

 

あなたのグリップと

打っている軌道は合っていますか?

 

■スイング軌道が違う

 

ということは

グリップの違いでスイング軌道が変わります。

 

そのスイング軌道の違いを

今回の動画にて確認してみてください。

 

イメトレ用に

横からの撮影動画となっています。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

『フットワークの練習したことありますか?』~テニスフットワーク理論計画ついに始動!~

【テニスフットワーク理論計画】

 

『あなたはフットワークの練習したことありますか?』

 

これ実は

ほとんどの人がフットワーク練習を経験したことがないのです。

 

テニスは打ち方の練習がほとんどですが

フットワークが悪いと

 

●打点がズレる

●ボールに追いつけない

●スイングのタイミングが合わない

など、たくさんのエラーの原因が出てきます。

 

ですがこのフットワーク練習

実際に受ける環境がもの凄く少ないのです。

 

理由は

●フットワークと打ち方は連動している

●フットワークだけ情報と、打ち方だけ情報は存在する

●練習メニューが分からない

 

フットワークだけでは

ボールを動いて打つことには直結しません。

 

そのフットワークから

どのような打ち方に連動しているかが大切です。

 

そのために

どちらかの情報はたくさんありますが

 

連動させた情報は

ほとんどないのです。

 

さらには

フットワーク理論になると

 

体の動かし方という

トレーニング知識が必要になります。

 

知識のないフットワーク理論は

知識のない筋トレと同じで

 

そのせいでパフォーマンスが落ちたり

ケガをしてしまう可能性が出てきます。

 

あなたは今

●うさぎ跳びを行いますか?

●瞬発力アップにマラソンしますか?

 

知識がないと

その練習方法もわからないと思います。

 

これは僕も同じでした。

 

テニスフットワークの知識はあるけど

●この動きは正しいのか?

●その動きのためのトレーニングはどうすればいいのか?

●日々の練習で何をすればいいのか?

 

ここが僕の中でも

理論の解明につながらないハードルになっていました。

 

そして今回ご紹介しています。

 

トレーニングプロフェッショナルの

CORE N’ CODEの方々とのコラボにより

 

【テニスフットワーク理論】の開発に着手することになりました。

 

そしてもちろんこれは

『非常識理論専用のフットワーク』ということになります。

 

このテニスの動きのためのフットワーク理論ということです。

 

フットワークは

テニス理論によって変わるからです。

 

 

【合宿でがっちり指導】

 

そして実はこの

トレーナーの早稲田さんには

 

12月に開催する

今年最後の合宿のトレーナーとして同行して頂けることになっています。

 

凄いです!

みっちり二日間トレーニングしてもらえるのです。

 

フットワークのトレーニングは

しっかり時間をかける必要があります。

 

合宿はまさに

そのフットワークのトレーニングにはうってつけの機会となります。

 

 

フットワークに課題を抱えている方は

12月8日9日開催の非常識理論合宿への参加を検討してみてください。

 

 

こちらはまだ募集はスタートしていません。

またメルマガで募集しますのでそちらを確認しておいてください。

 

非常識理論には

ヒッティングフットワーク理論があります。

 

今回非公開の動画を

ちょっとお届けしておきます。

 

こちらは体の使い方ではなく

テニススキル側のフットワークですね。

 

走ったり、止まったりのフットワークは

運動理論が必要なフットワークです。

 

その違いと

このようにフットワークでテニスが変わることも確認してみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【感動的!テニス添削システム】テニスのコーチングが大きく変わります!

【テニスのコーチングが変わる】

 

今回は

物凄い衝撃的なニュースをお伝えします。

 

それは

革新的な【テニス動画コーチングシステム】を発見したことです。

 

これは画期的過ぎて

即決で導入を決めました。

 

今でも非常識テニスは

動画付きのメールマガジンをお届けする

オンライン有料会員サービスを運営しています。

 

生徒さんは動画を送ってくれて

それを見てアドバイスをお届けしたりと

 

オンラインコーチングを

そのように運営していましたが

 

問題点として

●動画を送るハードルが高い

●コーチのアドバイスが文章

●コーチのチェックに時間がかかる

 

という

動画と添削のやり取りに時間がかかったり

アドバイスがうまく伝わらなかったりと

 

成果に対してハードルの方が高かったのです。

 

そこについに

救世主のようなシステムが生まれたのです。

 

 

■感動的!簡単!動画添削システム

 

これは凄い技術です。

今やスマホが普及して

 

誰でも簡単に動画が撮れる時代になっています。

 

動画を撮って

例えばラインで送る事に関しては

 

多くの人がハードルが高いとは思わなくなっています。

 

ラインでメッセージを送ることよりも

動画の方がワンタッチで送れるからです。

 

その動画に対して

 

コーチが

『線を引いてチェックポイントを示し』

『改善方法を、比較動画で教え』

『音声で解説する添削動画が』

『簡単に作れる時代になったのです。』

 

これを大改革と言わずして

何と呼びましょう!

 

今この添削を行っている方達で

【壁打ちでフォームを修正している方】があります。

 

修正ポイントをお伝えすると

次の動画でそれが修正されています。

 

ただ壁打ちをするのと

コーチが添削して、目標があるのとでは

大きな違いがあります。

 

これでフォームが

格段に良くなる成果も確認出来ました。

 

また

【お子さんの動画を送ってくれる方もあります。】

 

そのお子さんのフォームに対して

添削をして返信します。

 

次の時には

お父さんが修正をした、お子さんのフォームが送られてきます。

 

また今度は

ここを修正してください。と送ります。

 

そすると

また修正されていいフォームに仕上がった動画が送られてきました。

 

親御さんがお子さんの練習相手になっても

どこを治せばいいかがわからない場合が多いです。

 

今回のシステムは

この『遠隔代理コーチング』分野にも確実に成果が出る。

という成果を出してくれました。

 

これを画期的と言わずして、

そして使わずにいれるわけがありません。

 

■テニス理論も技術も最先端を

 

非常識理論は

テニス理論が昔のテニスからすると『非常識』

 

という理由で

非常識理論と表現していますが

 

今の新しいテニスとすれば

全く非常識ではありません。

 

『最先端のテニス理論』という位置づけで

日々お伝えしています。

 

そして『技術も最先端』です。

 

非常識理論の講習会では全撮影です。

 

その動画を

後日編集してお届けしています。

 

この講習会の撮影は

本当に簡単に出来ます。

 

そして

プライベートコーチングでは

 

その動画撮影プラス

その場でも撮影して実際の打ち方を確認してもらっています。

 

自分で見て

どうなっているのか?

出来ているのか?

 

を確認することは必須項目です。

 

タブレットや

スマホがある今の時代では当たり前ですね。

 

ですが

隣でこれらの機器を使ってコーチングしているコーチは

まだまだ見かけません。

 

こんなに技術が進んだ時代に

まだ動画を使わないコーチングしているとすれば

 

日本のテニスのコーチングを受ける環境が

まだまだ遅れていると思ってしまいます。

 

と、嘆いてはいるわけではありません。

もちろん『しめしめ』と思っています。

 

なぜなら

こんな素晴らしいコーチングの技術が出来上がっているのに

 

日ごろ自分が動画を手掛けていないコーチは

取り入れることが絶対出来ないからです。

 

コーチ自体が動画撮影に対して

高いハードルを感じていれば、取り入れることはないでしょう。

 

『しめしめ』ですね。笑

 

それではここまで引っ張って

添削動画を見せないと怒られますので

こちら添削の様子を撮影した動画がありますので

 

実際に添削の様子を見てください。

そして、この添削システムについては

 

来月よりメルマガにてご紹介していきますので

興味がある方は、下記のメルマガに登録しておいてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスフットワークとトレーニング

【テニスフットワークとトレーニング】

 

あなたのフットワークはバッチリですか?

 

と言われてバッチリです!

と言える人は少ないです。

 

今回はフットワークがテーマなのですが

ちょっとその前に

 

先日新しい会員サイト用の

動画の撮影がありました。

 

こちらがその様子です。

いつもの撮影用のカメラが右のgoproで

プロのカメラは左のものです。

 

やはり違いますね~

 

編集された動画を早速送って頂いて

見て驚きましたが

 

画質の綺麗さがやはり

半端なかったですね・・さすがプロですね。

 

そしてウエアーも

ミズノさんより提供していただきました。

 

いつもありがとうございます。

ウエアーのシルエットがとても綺麗でした。

 

最近お腹が出ていたのですが

ウエアーのおかげでちょっと細身に映って

助かりました!笑

 

その撮影の際に

フットワークのトレーニング動画を撮影してもらったのですが

 

カメラマンの方が

『テニスがうまくなった気がします。』と言われました。

 

いろいろ聞いていたら

うまくなる気がしますよね。

 

特にフットワークトレーニングは

自分でも動けるような気がしてきます。

 

今期では

プロトレーナーの方達とコラボして

テニス用のトレーニングを提供してもらっています。

 

そのトレーニングをもとに

オンコートラボで打ち方をフットワークから見直しているのですが

 

やはりフットワークと

ヒッティングの関係は深いですね。

 

この足の動きが出来ていないと

『体幹が回らない』と言う動きにつながることが良くわかります。

 

つまり

テニスのフォームの練習だけでは

 

●止まっては打てるが

●動いて打つことが出来ない

 

というテニスに陥ってしまいます。

 

もちろん初めから

出来ている人がいるのがこのフットワークです。

 

それだけに

共通のメニューとして意識されないことが多いのです。

 

今回はフットワークのバリエーションの動画をご紹介しておきます。

メルマガの方で

 

トレーニングやフットワーク練習などを

ご紹介していきますので、フットワークに興味がある方は

 

下記のメルマガに登録して

チェックしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ファーストボレーは意識を変えれば得意になる~ファーストボレーはアプローチ~

【ファーストボレーは意識を変えるだけで上達する】

 

 

あなたはファーストボレーを

とても難しいと感じていませんか?

 

そんなあなたにピッタリ!

今回のテーマは『ファーストボレー』についてお伝えします。

 

ファーストボレーは

『意識を変えるだけで上達します。』とお伝えしました。

 

この理由は

ファーストボレーが苦手だと感じている人の多くは

 

●ファーストボレーをサービスラインの辺りで

●必ずノーバウンドでボレーしようとしている

という傾向があります。

 

ここを変える事で

ファーストボレーは格段に打ちやすくなるのです。

 

■ファーストボレーはアプローチ

 

ここで今回のキーポイントをお伝えします。

それは

 

『ファーストボレーはアプローチだとイメージすること』です。

 

ファーストボレーからすでに

平行陣のボレーがスタートすると思っている人が多いのです。

 

ではなく

ファーストボレーはまだ

 

【前に出るためのアプローチ】だと考えてください。

 

そうすると

相手のリターンを一旦止まった状態で確認し

 

そのボールを打ちながら前に詰めて

その次のショットから平行陣がスタートするイメージです。

 

これを行うと

スムーズに前に流れていく、サービスダッシュになります。

 

つまりは

ファーストボレーを前で前でとろうとして

 

突っ込みながらボレーすることで

体の勢いとボールが衝突するボレーとなり

 

全くコンタクトが安定しないファーストボレーになるのです。

 

今回のミッションは

サーブを打って前に行きます。

 

そこで

早く一旦止まりましょう。

サービスラインとベースラインの間くらいです。

 

そこで相手リターンを一度確認して

そのボールに対して軌道に入ります。

 

そこで

早まってはいけません。

 

ラケットにボールが当たるまでは

まだ体を前に持っていこうとしないでください。

 

ここで体が前に行きながらボレーすると

コンタクトが安定しません。

 

コンタクトまで待って

ボールを飛ばすのと一緒に前に出ていくのです。

 

これが綺麗に

アプローチのように前に詰めながらのボレーとなります。

 

ファーストボレーはアプローチなのです。

 

■足元のボレー

 

この出方を紹介すると多くの人が

『足元にボールがたくさん来てミスしやすくなります!』

 

と、言われます。

昔は・・『足元のボールが来ないようにしっかり前に詰めろ』的なこともよく聞きました。

 

足元のローボレー・ハーフボレーも

今のラケットでは簡単に返球出来ます。

 

いつまでも足元ボレーを

避けていては、古いテニスから抜け出せません。

 

『ハーフボレーは楽に変える』という時代です。

 

そうすると

前に詰める必要がなく

 

サーブを打ってちょっと前に出て

アプローチのようにファーストボレーをさばきながら

 

前に詰めてそこから平行陣がスタートする

何と優雅な流れのサービスダッシュでしょうか。

 

これを是非目指してトライしてみてください。

 

ということで

前に軽くダッシュした後に

 

ボール軌道に入る動きとなるために

こちらのステップをちょっと参考にしながらトライしてみてください。

 

 

このテニスをもっと知りたい方は

下記のメルマガで紹介動画がたくさん見ることが出来ますので

覗いてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

レベル1体幹の回転・レベル2腕のひねり戻し

【テニスの段階レベルと練習メニュー】

 

前回の記事で

テニスには目に見える段階目標と

その目標達成に向けてのみに見える練習メニューが必要。と、お伝えしました。

 

その中で

『テニスの段階レベル』についてお伝えしています。

 

テニスはそのレベルによって、

『テニスが変わる』ということです。

 

もちろんこれはわかりますよね。

初心者のテニスと、上級者のテニスは違います。

 

テニスの初心者が

いきなり上級者のテニスを目指すかというと

もちろんそれは違うのです。

 

前回の記事で

画像でテニスレベル分けピラミッドとして

 

テニスの状態と

ステップアップについてをお伝えしました。

 

その右側に

基本クラスと、マスタークラスと表記しているのは

 

このテニスでは

基本クラスのテニスと、マスタークラスのテニスと

二つの打ち方を分けています。

 

ざっと言い表すと

【体幹の回転でのテニス】と

【腕のひねり戻しでのテニス】です。

 

もちろん始めに

基本の体幹の回転でのテニスをマスターし

 

次のステップとして、腕のひねり戻しを使うテニスに

レベルアップしていくのです。

 

 

◾️Youtubeでも分けています。

 

この二つのテニスが

Youtube動画にも存在します。

 

はっきりと

これは初心者用とは言っていませんし

上級者用とも言っていません。

 

初心者の人でも

上級者用の動画が刺さることもあれば

 

その逆もあるからです。

 

つまりは、どのレベルの人にも

『何かしら刺さる動画』をお伝えしようとすると

 

初心者の人用の動画と

上級者用の動画もあり、それを区別することもなく

 

その人が選択してもらえればいいと思っているからです。

 

◾️直撃効果があるピンポイント動画

 

そして

その動画で何かが刺さった方は

 

質問してくれたり、メルマガを登録してくださったり

講習会に来てくれたりと

 

次のステップで

このテニスの情報を受けてくれています。

 

そのアクションでやっと

あなたのテニスの情報をお聞きして

 

あなたにピンポイントで響く動画をお届けしています。

 

今動画は

公開未公開含めて1064本の動画があります。

 

あなたが欲しい情報が

必ず準備してあるのです。

 

◾️今回のテーマ

 

何を今回はお伝えしたかったかというと

 

今回は

一般公開している動画は

 

いろいろなレベルに合わせて作っているために

あなたに合う動画と合わない動画が一緒に存在しています。

 

というお伝えでした。

 

その理由は

前回のレベル分けピラミッドの様に

いろいろなテニスの状態があるからです。

 

ということで

すべての動画を吸収しようとせずに

 

その時に閃きのある内容だけ

意識してもらえたらいいと思います。

 

今回二つの動画をピックアップしました。

 

体幹の回転でのヒッティングと

腕のひねり戻しのヒッティング動画の例です。

 

違いを意識してみてください。

 

【体幹のひねり戻し】

【腕のひねり戻し】

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

あなたのテニスの位置はどこですか?~テニスレベル分けピラミッド~

【テニスクラス分けピラミッド】

 

今回お伝えするのは

テニスのクラス分けの目安を状態で表した図です。

 

この状態で表すとは

どのような表し方かと言うと

 

あなたの日ごろのプレーから自分で感じる

自分のテニスを言葉で表したものです。

 

上記の各項目の言葉を

あなたのテニスに当てはめてみてください。

 

そうすると

あなたのテニスの状態がわかってきます。

 

■状態がわかったら次のステップは?

 

ではこの今のあなたのテニスの状態が分かったとしたら

次は目標が必要になります。

 

上の表は次に必要なステップもわかるようになっています。

 

次はどんなテニスを目指すのか

そのイメージが出来れば練習にも身が入ります。

 

■目標がわかったら次のステップは?

 

ではその

『目標』がわかったら、次に必要なのが

 

【段階的な練習メニュー】です。

 

今のあなたの状態がわかって

次のステップまでに必要な目標がわかったら

 

その目標を達成するに必要な

練習メニューが出来てきます。

 

そのメニューを一つずつクリアすることで

目標が達成され、あなたのテニスが次のステップに進むのです。

 

■段階的練習メニューの必要性

 

そこまで来ると

必然的に必要になってくるのが

 

【目に見える練習メニュー】です。

 

この

『目に見える』というのが大切で

 

この練習の次はこれ、その次はこれ、と

段階を踏んでいることを意識出来る事が大切なのです。

 

その理由は

◎自分の上達が感じられるから

◎得意なポイントが分かるから

◎苦手なポイントが分かるから

◎出来た練習と出来なかった練習がわかる

◎次のステップに必要な練習が絞られる

 

この上の理由を想像してください。

あなたがテニスを続けていくうえで

 

これをイメージすると

とても楽しくテニスが続けて行ける気がしませんか?

 

この練習メニューは

僕が配信しているテニスに関しては

 

段階的にメニューを組んでいます。

またメニューもご紹介しますね。

 

今回はあなたの

テニスの状態を画像でチェックしてみてください。

 

 

より詳しくこのテニスを知りたい方は

下記のメルマガで無料動画をお届けしていますのでチェックしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

スライスは切ると伸びない!伸びる・滑るスライスを作る厚い当たりとは?

【伸びるスライスの打ち方】

 

あなたはスライスを

切るように打っていませんか?

 

『伸びるスライスが打ちたい』

『ものすごく回転がかかっているスライスが打てない』

『打っても打っても切るだけのふわふわスライスになる』

 

こんなスライスの悩みがある人は

スライスを腕で切るように打っている可能性が高いです。

 

今回はこの

伸びるスライスとふわふわ浮くスライスの違いをお伝えしたいと思います。

 

 

■伸びる・滑るスライスとは?

 

先ずスライスの

伸びる・滑るメカニズムをお伝えしていきます。

 

スライス回転とは

進行方向に対してのバックスピンです。

 

このバックスピンのイメージは

ボールが止まるイメージだと思います。

 

その止まるイメージのスライスが

伸びないスライスのイメージとなります。

 

この止まるスライスは

ドロップショットに寄ったショットとなり

 

ボール軌道が上からコートに対して

垂直方向に近い入射角での地面への着地の場合となります。

 

つまりは

ふわっと上に上がった軌道で

上から地面に落ちるスライスは、バックスピンによって推進力が弱まり

伸びない止まるスライスとなるのです。

 

 

反対に

滑るスライスになるボールは

 

地面への入射角が垂直よりも

地面に平行に近い軌道での、地面への着地軌道になるショットで

 

その軌道で地面に着地すると

バックスピンが地面への摩擦を無くす方向に働き

 

氷の上に着地したようなバウンドとなり

失速率が下がるために、相手に対して伸びてくる感覚のショットのなります。

 

これが滑るスライスと

止まるスライスの、軌道のイメージの違いです。

 

 

■推進力

 

何か難しい話のイメージになってしまいましたね。

何となくイメージだけ感じてください。

 

上記の滑るスライスのイメージの

『氷の上にバウンドした様態』にするために

 

必要な要素があります。

それは

 

【推進力】です。

 

スライスに大切なのが

回転数ではなくこの【推進力】なのです。

 

ここに落とし穴があります。

『伸びるスライスを打つためには、回転数が大切』と思ってしまうと

 

切るような打ち方になり

その打ち方ために、推進力が弱くなります。

 

推進力よりも回転数の方が強くなると

ボールは上に浮いて、落ちて止まります。

 

推進力こそが

伸びるスライスに必須の項目なのです。

 

その推進力を出すものが

ラケット面への厚い当たりです。

 

 

■簡単に言うと・・

 

ここまで

わけのわからない説明となってしまいましたね。

 

ズバリ簡単に言うと

【伸びるスライス】を打つには

 

『腕で切らずに』

『厚く当てて』

『肩の回転で飛ばせ』ということです。

 

この時の大切なポイントが

『厚い当たり』です。

 

手の感触がすでに

『回転をかける感触』になっていれば

 

ボールに推進力がなくなります。

 

手の感触はフラットにしてラケット面をガチッと固めて

肩の回転でそのラケット面を動かすフォームになれば

 

ものすごくしっかり固まった面が

ボールを潰しながら回転をかけて押し出してくれます。

 

これが伸びするライスのヒッティングのイメージで

手の感触としては、フラットに当てている感触となり

 

回転をかけるために切ったりしていない

腕でちょん切っていないスライスの打ち方となるのです。

 

このイメージを今回はもって

こちらの参考動画を見てください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------