【初心者にお勧め】サーブの段階的練習法のご紹介

【初心者にお勧めサーブの段階的練習】

 

今回は

サーブの段階的練習法をお伝えします。

 

ポイントは三つです。

 

1】肩の回転

2】ラケットの加速

3】1・2の連動

 

この三つのポイントが

サーブでの大切な動きとなっています。

 

では一つずつ

説明していきます。

 

1】肩の回転

 

この肩の回転とは

どういう回転かと言うと

 

頭を中心とした

両肩が入れ替わる回転運動です。

 

この時の落とし穴が

肩関節を中心とした腕の振りです。

 

サーブは腕で振ってはいけません

大きな肩の回転でのフォームを作ることが大切です。

 

ですがサーブは腕で振っている人が多いので

この肩の回転を先ずはトレーニングしていきます。

 

 

2】ラケットの加速

 

次がラケットの加速の動きです。

 

ラケットヘッドは背中でクルリと回った動きが

そのままコンタクト出ていく事で加速が生まれます。

 

その動きを

タオルを使ってトレーニングしていきます。

 

タオルが綺麗に動けば

無駄のない動きが出来たことになります。

 

このトレーニングで

見えないラケットの動きを正しく作る作戦です。

 

ラケットは

頭の後ろでどのように動いているかがわからないショットです。

 

そのために

今回のタオルトレーニングで動きをイメージします。

 

その動きでラケットを振って

フォームを作っていきます。

 

 

3】複合フォーム

 

サーブが難しいのは

色々な動きが合わさってフォームを作っているためです。

 

今回の二つの動きを

合わせる事も大切な練習メニューです。

 

ラケットヘッドが加速して

その加速を止めないように肩の回転が引き継ぎます。

 

その際に腕が動かないようなフォームになる事で

サーブフォームの安定を図ります。

 

今回の動画にて

このイメージでのサーブフォームの安定に

トライしてください。

 

まだまだサーブはこれだけではなく

もっと大切な項目があります。

もう少し突っ込んで知りたい方は

こちらのメルマガで動画をチェックしてください。

 

サーブのポイント動画体験←こちら

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス打ち方動画】苦手ない人が多いローボレーの打ち方

【テニス打ち方動画】~ローボレー編~

 

『ローボレーが苦手です』

この悩みは多くの方が抱えています。

 

今回は『テニス打ち方動画』シリーズとして

ローボレーの打ち方を動画でお伝えします。

 

そもそも

ローボレーはなぜ難しいのでしょうか?

 

それはズバリ!

ラケットを上に構えて打っている人が多いからです。

 

『ボレーは上にラケットを立てて構える』

と思っている方が多く

 

もちろん間違いではないですが

低いボールのボレーに対して

 

このラケットセットでボレーをすると

上から下へのラケットの使い方となり

 

ボールが持ち上がらずに

ネットにかかりやすいエラーの多いボレーとなります。

 

今回のオープニング画像を見てもらえれば

ラケットヘッドの方がグリップよりも低くなっているのがわかります。

 

このラケットとグリップの位置関係で

グリップから上にラケットを上げる事で

 

ボールが上に持ち上がるボレーとなるのです。

 

その際に

ラケットヘッドを高く上げていれば

 

上から下へのダウンスイングでのラケットコンタクトになってしまい

ローボレーが持ち上がらないのです。

 

今回のイメージで

フォアボレーはわりとラケットヘッドが下がりやすいです。

 

特にバックボレーが

ラケットヘッドが下がらない人が多いです。

 

その理由は

『左手と右手の位置関係が決まっている人が多い』からです。

 

どういうことかと言うと

バックボレーは片手も両手も左手と右手でラケットを構えます。

 

その際に

左手と右手の位置関係でラケットの角度が決まります。

 

その際に

あなたは左手と右手の位置関係を変えていますか?

 

バックボレーは

左手と右手の位置関係を変えて

ボールの高さに合わせてラケットのスイング軌道を変えています。

 

つまり

高いボールの時は上から下にラケットを使い

低いボールは下から上にラケットを使うために

 

左手と右手の位置関係を

大幅に変える必要があるのです。

 

これが多くの人が上から下にラケットを使う

左手が上右手が下の位置関係のために

 

バックのローボレーが苦手な人が多い理由なのです。

 

そのポイントも意識して

今回の動画を観てください。

 

この様により詳しいテニスの動画や情報は

下記のメルマガで配信していますのでチェックしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス前衛の動きと2種類のポーチ】~わかりやすいイメトレ動画付き~

【テニス前衛の動きと2種類のポーチ】

 

『前衛の動きがわかりません』

と、お悩みの方に解決動画をお届けします。

 

ズバリ前衛の動きで

おススメの動きが2種類あります。

 

一つは

相手が打つときに一歩内側に寄るステップです。

 

これは

相手が打ち損じたボールに対して

チャンスを逃さずポーチに出れるフットワークです。

 

この動きを行っていないと

『あ!!今の取れたかも・・』と感じるボールが増えます。

 

そのボールこそ

相手が打ち損じて少し前衛寄りに入ってしまったボールです。

 

そこをあなたが逃さずボレーに出ていれば

ペアの後衛の方はとても嬉しいのです。

『ナイスポーチ!』とペアも喜んでくれます。

 

ですがそこを見過ごすと

あなたの中で今の出れたかな~と

そのボールを引きずってしまいます。

 

ここで一歩内側に動くステップを使っていると

その見過ごしていたボールにポーチに出れる動きになります。

 

この動きが先ず一つの

初心者の方向けの前衛の動きになります。

 

もう一つの動きが

相手が打つ前に一歩内側に入って

 

打つコースをなくしておいて

ストレートのケアに入る動きと、

そのままポーチに出る動きです。

 

こちらの方が難易度が高く

上級者向きですが

 

うまく機能すれば

相手のストローカーはものすごく打ちにくくなり

 

前衛の動きとしては完璧になります。

 

この説明は

なかなか文章では長くなりますので

今回ガッチリ動画にてお知らせしています。

 

こちらの動画をみて

前衛の動きに悩んでいる方は

 

先ずは初心者向けの一歩寄るフットワークから

そして次のステップに向けてトライしてみてください。

 

もっと詳しい動画を観たい方は

下記のメルマガで動画を観ることが出来ますので

チェックしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスフットワーク】錦織選手も多様している秘密のフットワーク

【錦織選手も使う秘密のフットワークとは?】

 

今回はフットワークについてお伝えします。

錦織選手が良く使うフットワークですが

 

実際に練習している人は物凄く少ないと思います。

 

そのフットワークとは

『クロスステップ』です。

 

・・・何だ・・

クロスステップは使ってるけど・・

 

と、思われる方もあると思います。

ですが今回のクロスステップは普通のクロスステップとは違います。

 

それは

クロスさせる足の違いです。

 

あなたはクロスステップと言われると

どの足をどの方向に動かすステップをイメージしますか?

 

と言われても

イメージはしにくいところですよね。

 

という事で今回は

早速動画を観てください。

 

 

と言う事です。

普通のクロスステップは足がスムーズに動きますが

 

反対のステップでは

うまく足が動かないですよね。

 

このように

日頃動かしているフットワークの中で

あまり使わない動きはスムーズには動かないのです。

 

つまりフットワークトレーニングは

しっかり基礎を行っていないと

 

『必ずうまく動いていない箇所がある』と言う事です。

 

あなたもこんな経験がありませんか?

●前へのダッシュが遅い

●ロブを速く追いかけられない

●ポーチに素早く出れない

●ボールとの距離が合わない

これらの悩みの多くが

ヒッティング前の動きの悩みです。

 

そのために

ヒッティング技術ではない部分の

フットワークの技術不足だという事です。

 

ですが

フットワークトレーニングを行っている人は

ほとんどいないのも事実です。

 

と言う事で非常識理論では

フットワークトレーニングメニューも考案しました。

 

今回の動画は

ちょっとした付けし動画が出来たのでそれをご紹介しました。

 

ちなみにフットワーク講座のメニューはこちら

この様に

たくさんのフットワークがテニスにはあります。

それらをスムーズに動くようにするだけでも

 

あなたのテニスが見違えるように変わります。

 

参加者の方達から

動きが変わりました!と言うメッセージが届きます。

 

そうですよね

今までやっていなかったフットワークトレーニングを

 

少しでも行えばテニスが変わるのは確かです。

 

こちらすでに

先行申し込みは終了していますので

もし今からでもトライしてみたい!

 

と言う方があれば

下記のメルマガの上部に質問フォームがありますので

そちらから『フットワークの詳細教えて』と送ってください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

大坂なおみ選手のフォアハンドの三つの秘密~その1腕のひねり戻し~

【大坂なおみ選手のフォアハンドの秘密~その1~】

 

今回は

大坂なおみ選手のフォアハンドの秘密!

と言うテーマでお伝えしていきたいと思います。

 

もちろん非常識理論的見解です。

 

その秘密は三つあります。

今回はその三つの秘密の中の一つ

 

『腕のひねり戻し』についてお伝えしたいと思います。

 

大坂なおみ選手のフォアハンドで

一番に気が付きやすいポイントが

 

打つ前のラケットの向きです。

 

ラケットの先が

前に向けられているままの形です。

 

このフォームです。

 

これは昔テニスの人の

●早く構えて

 

と言うアドバイスで

ラケットの先を後ろに向ける打ち方とは

明らかに違います。

 

これが大坂選手の

フォアハンドの秘密の一つです。

 

この形の秘密は『ひねり戻し』です。

腕のひねり戻しを使ってヒッティングしているのです。

 

そのために

フィニッシュの形と同じ形になります。

 

こちらがフィニッシュです。

このフィニッシュの形のまま

肩をターンさせれば先ほどの形になります。

 

これがひねり戻しです。

つまり打つ前に、最後のフィニッシュの形を作って

 

その形に戻す意識で

ヒッティングしているのです。

 

その戻りの動きのために

『りきみにくい』

『同じ動きになりやすい』

という利点があります。

 

ここが大坂なおみ選手の

フォアハンドの秘密の一つとなります。

 

あ!もちろん

非常識理論的観点で、大坂選手の打ち方を解説しています。

 

非常識理論も

体幹の回転でのヒッティングをマスターした次のステップとして

この『腕のひねり戻し』の打ち方にトライします。

 

テニスは段階的に技術を向上させていくと

より楽しみが増えていきます。

 

体力は段々落ちますが

技術は上がりますので

 

この打ち方にトライしてみたい!と言う方は

より詳しいテニス動画はメルマガで体験出来ますので

 

下記のメルマガにご登録ください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

曲がるスライスサーブの打ち方~初心者からの段階的練習方法~

【曲がるスライスサーブの段階的練習法】

 

あなたは

『曲がるスライスサーブ打てますか?』

 

と言う事で今回は

スライスサーブの段階的な練習法の動画をお届けします。

 

何気に

『スライスサーブ』の動画の視聴率が高いのです。

 

つまり

『スライスサーブを打ちたいけど打てない人が多い』

と言う事です。

 

または

『スライスサーブが曲がらない』と言う人が多いのです。

 

今回の動画は

腕の使い方から手首の使い方まで段階的にお伝えしています。

 

ざっくりですが

まとまった動画になっています。

 

オープニングの題名紹介が

ミスで白紙になっていますが・・・汗

そこはお許しを。

 

今回の

スライスサーブ攻略の大きなポイントが3つあります。

 

一つが

『腕のひねり戻しを使う』

一つが

『手首を安定させる』

一つが

『肩の回転でスイングを安定させる』

 

この3つのポイントをチェックして

段階的に練習することで、曲がるスライスサーブをマスターします。

 

〇ポイントをしっかり意識して

〇段階的に練習する

これがテニスでの鉄則です。

 

その中で

『腕のひねり戻しが上手くできない』

『コンタクトの当て方がうまく当てれない』

『肩がうまく回らない』

『ボールが曲がらない』

と言う個別の悩みが出てきますので

そこを微調整の練習を加えていくという流れです。

 

今ではあなたの打ち方を撮影してコーチに送れば

ハッキリ原因がわかり、修正練習法の動画をお届けする時代です。

 

離れていてもコーチングが出来るのです。

凄い時代ですよね。

 

特にサーブは

自分がどのように打っているのか?

 

どこがおかしいのかがわからないショットです。

 

つまり

修正が第三者にお願いするか

自分で撮影してチェックしないとなかなか変わらないショットなのです。

 

そのためにどちらも環境がない方は

部分的に分けて段階を分けた練習をする必要があります。

 

それにより

どうなっているかわからないフォームであるサーブを

綺麗に作り上げていく事ができるのです。

 

今回の動画は

そのイメージをもって見てください。

 

もっとこのテニス動画を詳しく観たい方は

下記のメルマガにご登録ください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスフットワークの基本説明】~これは絶対練習しないと良くならない~

【テニスフットワークの説明動画】

 

今回は

フットワークの種類についてお伝えした動画のご紹介です。

 

前回のご紹介より

オフコートでのテニス情報をお届けしています。

 

今回は

フットワークの種類についてご紹介しています。

 

目的は種類を紹介するのではなく

実は・・今回お伝えしたいのは

 

『フットワークどうなっているか見えますか?』

と言う意味合いの方が強いです。

 

フットワークは早すぎて

どのように動いているのかがわからないのです。

 

わからないから

フットワークを練習するにはイチから基本の

フットワークメニューをこなして

 

体が自然に動くように

トレーニングしていく必要があるのです。

 

これがフットワークがスムーズに動かない

フットワークに悩みを持つ人が多い理由です。

 

あなたはフットワークに

悩みを持っていませんか?

 

フットワークが良くなれば

あなたのテニスが大きく向上すると思いませんか?

 

こちらに

フットワークのメニューをご紹介しておきます。

 

こちら

 

こんなにたくさんのフットワークがありますが

実際に出来るようになれば体が勝手に動いてくれます。

 

それまでは

しっかりトレーニングを行う必要があります。

 

本日も実は

『後ろに下がってスマッシュが打てません』と言う悩みの方の

プライベートコーチングを行いました。

 

イチから走り方のトレーニングを行いました。

 

〇バックサイドステップ

〇バッククロスステップ

〇バックラン

〇ベースローテーション

〇バックギャロップステップ

 

この数のフットワークトレーニングを行う事で

パッと瞬間的に後ろに下がる動きが出来るようになりました。

 

それでやっと

ロブを上げてスムーズに下がることが出来るのです。

 

もちろんその際に姿勢も重要で、

肩が伸びた形になってしまうと

そもそものフットワークが機能しなくなります。

 

このテニスの技術面からと

フットワークの体感の面からの

 

ダブルアプローチを行う事で

テニスはゲームでのプレーが作られています。

 

フットワークに悩みがある方

●シングルスで動きが悪い

●動かされたらフォームが崩れる

●下がってのスマッシュが打てない

●ボレーが動けない

●スムーズなテニスが出来ない

●高いボールが返球できない

●楽にテニスがしたい

などなど・・

 

上げれば数えきれないほどの

フットワークが原因になっている悩みがあります。

 

それらを2019年の春に向けて

一気に解消しよう!と言う企画が今回の

【フットワークトレーニング研究会】です。

 

あなたがもし

フットワークに悩みがあるのならば

今回の企画に参加してください。

 

春には華麗なフットワークなった

あなたを周りに見せて驚かせましょう!

 

●なんでそんなに動きが良くなったの!?

●前衛で動いてくれて助かる!

●足早くなった!?

●下がるの早いから上が抜けない!

●シングルスで勝てない相手に勝てた!

 

動きが変わると

またまたテニスが楽しくなりますよ。

 

冬の時期にしっかりフットワークを磨いて

今年のテニスを楽しみましょう。

 

参加詳細は

こちらのページからどうぞ!

特別価格での募集期間は2月25日までです。

 

【フットワークトレーニング研究会】←こちらをクリック

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

非常ラーチャンネルで情報発信!!~テニスの情報をお届けします~

【ボールコントロールの練習法】

 

今回は

テニスのコントロール練習法についてお伝えします。

 

何と今回は

初のスタジオ収録を行いました。

 

コートではない

別の形での発信もトライしていきたいと思います。

 

Youtubeでは様々なテニスの情報の発信を目指していきます。

こちらのブログではテニス理論や情報の他にも

 

講習会や合宿の報告など

非常識理論の活動報告もお届けしていきます。

 

もう一つ

非常識理論にはメールマガジンがあります。

 

そちらでは

テニス理論の情報をガッチリお届けしています。

 

もっと詳しく

テニス理論の情報を知りたい方は

メルマガにご登録ください。

 

今回初チャレンジのスタジオ収録では

ストロークのコントロール練習法をお伝えしています。

 

この練習からスタートすると

コントロールのイメージが作りやすいと思います。

 

こちらの動画で

練習方法を確認してみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスフットワーク練習~種類や動画を紹介します~

【テニスフットワーク練習】

 

あなたはテニスの

フットワーク練習をしたことがありますか?

 

と言われて実は

フットワーク練習をしっかり取り組んだことがある人は

ほとんどいないのです。

 

ではなぜ?

フットワーク練習に取り組んだことがない人が多いかと言うと

 

フットワークは実はたくさんの種類があり

それらをしっかり練習しようと思ったら

 

しっかり体系化出来ていないと

うまく練習メニューが組めないからです。

 

『え?そんなにフットワークに種類があるの?』

と、思ったあなたに

 

ちょっといくつかのフットワークの種類を上げますね。

●サイドステップ

●クロスステップ

●キャリオカステップ

●ドロップステップ

●ギャロップステップ

●ペンデュラムステップ

と、ステップだけでも今六つ上げましたが

 

まだほかにローテーション系やブレーキング系

ヒッティンのためのフットワークや組み合わせを含めると

 

ものすごくたくさんのフットワークがあるのです。

 

あなたがもし

どこかのショットの時の動きに悩みがある場合は

 

その時必要な

フットワークがスムーズに出来ていない可能性があります。

 

例えばスマッシュの際に

●素早く後ろに下がれない

●前向きの万歳の形でさがってしまう

●アッと気が付いたら上を抜かれている

 

あなたがこの様な悩みがある場合

スマッシュボールが来た時に以下のフットワークが出来ているか

チェックをしてみてください。

 

『下半身のローテーションフットワーク』

『素早く後ろに下がるギャロップステップ』

『その動きを瞬時に行えるアスレティックポジション』

 

どうですか?

出来ていないポイントがありましたか?

 

これらのどこかにウィークポイントがある場合

●スマッシュが上がっても素早く下がれない

という悩みに繋がっている可能性が高いのです。

 

三つすべて使えていないと・・・

たぶん万歳後ろ下がりの形になります。

 

テニスはとにかく

前後左右上下斜めと立体的な動きを行います。

 

さらにヒッティングに必要な

体のローテーションの動きを入れます。

 

これらの動きを作るために

フットワークは様々な動きを必要とします。

 

複雑に動きが混ざった

フットワークのコンビネーションで作られます。

 

そのために

一つのフットワークが出来ていても

どこかのフットワークが出来ていないと

 

ゲーム中の動きにウィークポイントが出来ます。

 

もしあなたが今

フットワークに悩みがあるのならば

より詳しくはメルマガでお伝えしますので

 

下記のメルマガに登録しておいてください。

 

今回は一つのフットワークをご紹介します。

後ろに下がりながらのヒッティングフットワークです。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニススライスサーブの打ち方動画の紹介~初心者~中級者~

【スライスサーブの打ち方動画の紹介】

 

テニス初心者の人はまず

スライスサーブをマスターしましょう。

 

本当に初めたての初心者の方は

俗にいう羽子板サーブのような打ち方からスタートすると思います。

 

それでまずはサービスコートに入るようになったら

次は回転をかけたサーブにステップアップしていきます。

 

その目指すサーブがスライスサーブです。

 

ではなぜ

スライスサーブをまずは目指したほうがいいかと言うと

 

体の動きを正しく使った際に

スライス回転がかかるフォームが基本フォームになるからです。

 

先ずは当てるだけのサーブでコートに入れられるようになったら

体の使い方を正しい動きを目指して、スライスサーブにトライしていきます。

 

■体の使い方

 

ではサーブの正しい体の使い方についてお伝えしますね。

この動きを簡単にお伝えすると

 

腕のひねり戻しを使ったサーブの打ち方となります。。。

 

と言われても・・

そんな打ち方全くイメージできないですよね。

 

そうなんです

サーブの打ち方は体の全ての動きが総合して作られているために

とても難しいショットになっています。

 

いきなり『腕の内転外転』と言われても訳が分からないですよね。

 

そこで今回は

肩の回転についてお伝えしたいと思います。

 

■肩の回転

 

肩の回転とは

肩の関節を中心に腕が回る動きではありません。

 

肩の回転とは

頭を中心とした、両肩が入れ替わる大きな回転の事です。

 

サーブで例えると

トスを上げる手が先ず前にあって、トスを上げます。

 

次に後ろに合ったラケットを持った方が

前に出てきてサーブを打つフォームになります。

 

この際には両肩が入れ替わっている肩の回転運動が行われています。

この動きはイメージ出来ると思います。

 

ではこの動きでサーブを打つ際に

この肩の回転の動きはラケットを振らなくてもスイングを作ってくれそうですよね。

 

イメージしてください。

ついサーブは腕を振ろうとしてしまいます。

 

腕でのスイングではなく

腕は動かさずに肩の回転がサーブフォームを作るフォームをイメージしてください。

 

これが安定サーブの一つのイメージとなっています。

 

ではそのイメージを

スライスサーブに変換していきます。

 

右利きのプレーヤーで説明します。

 

右手に持ったラケットを肩の回転でサーブフォームを作った際に

 

ラケット軌道は右上に上がり左下に降りる軌道になると思います。

 

その時に

ラケットをボールをの外側に当てるようにすると

肩の回転とともに左に飛んでいくサーブになると思います。

 

これがスライスサーブになります。

 

■安定させるイメージ

 

ではこの際に

スライスサーブを安定させるイメージと言うのが

『腕を振らずに肩の回転でスイングを作る事』です。

 

腕が動いていないために

ラケット面がブレる事がありません。

 

肩の回転は頭が動かなければ安定した回転になります。

 

この肩の回転でのスイングで

スライスサーブを打つことを、次のステップとしてトライしていきます。

 

もちろんこのイメージだけでは難しいと思いますが

先ずはこのイメージでのヒッティングにトライしてください。

 

スライスサーブの参考動画をご紹介しておきます。

コースの打ち分けと言う、中級クラスの目標も紹介しています。

 

こちらの動画でスライスサーブをイメージしてみてください。

 

サーブにお悩みの方は

動画の下にサーブのヒントになる無料動画をプレゼントしているメルマガがありますので

サーブでお悩みの方は参考にしてみてください。

 

 

サーブのヒント未公開動画はこちら←こちらをクリック

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------