【ストロークのラケット面の向き】あなたは正しくできていますか?〜ラケット面を固定するとミスが減らない〜

【ストロークのラケット面の向き】

 

このオープニング画像

ディミトロフ選手のフォアハンドの画像です。

 

これだけ見ると

ほとんどの人が『スライスショット』を打った画像だと、思います。

 

実はこの画像

スピンを打った時の画像で、しかも

 

コンタクトの少し後の画像なのです。

 

多くの人が

プロは必ず伏せ面で打っている。と

思っている人が多いです。

 

今回のディミトロフ選手のように

実はよく見ると、面がうえむきの場合も多いのです。

 

ではそれは

何の違いかというと

 

ボールのラケットへの

当たる角度の違いによるものなのです。

 

 

■ボールの軌道の角度

 

あなたはボール軌道の角度について

意識したことはありますか?

 

どういうことかと言うと、

 

●相手が普通に打ってきた前から飛んでくるボールと

 

●高くバウンドして、上から落ちてくるような高いボールと

 

同じラケット面で打つと

どちらかのショットがミスをしてしまうのです。

 

この二つのボールの違いわかりますか?

 

初めのボールは、前から飛んできます。

次のボールは上から落ちてきます。

 

これだけでも単純に

90度のボールの飛んでくる角度が違います。

 

これに合わせてあなたは

ラケット面を変えてヒッティングしていますか?

 

このボールの飛んでくる角度は

ひとつひとつ違います。

 

この軌道を意識して

打ち分けをしていないと

 

ミスが減らないストロークとなります。

 

■基本に騙されないように

 

あなたはラケットの向きを

この向きだと決めていませんか?

 

あなたがラケット面の向きを固定しているとしたら

 

どの高さかのボールに

苦手なボールがあるはずです。

 

とても多いのが

ラケット面を常に伏せ面にしていて

 

相手のゆっくりなボールが苦手な人が多いのです。

 

ラケット面が伏せ面の時は

したからボールが上がってくる時に打つ

 

ライジングの場合です。

 

そのために

上から落ちてくるゆっくりなボールに対しては

 

ヒッティング面が下を向いているために

とても打ちにくい感覚となるからです。

 

今回はこの

ラケット面を固定しないように

という意識でのヒッティングを意識してください。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【トスが後ろに乱れる】サーブのトスが乱れる原因で以外と多いのが後ろへの乱れ

【トスが後ろに乱れる原因】

 

今回は

トスの乱れる原因です。

 

と、

トスが乱れる原因については

今までたくさんお伝えしてきましたが

 

原因がどんどん出てくるんですよね。

 

テニスは奥が深いですね。

 

今回のトスの乱れの傾向が

『トスが後ろに流れる』という症状です。

 

実はこのトスの乱れの症状が

結構曲者なんです。

 

■後ろは打てない

 

どんな曲者かというと

後ろに流れてしまうと、ごまかして打つこともできないのです。

 

トスが乱れやすい人は

なんとなくごまかして打つという対策をしています。

 

その中でも

後ろにトスが流れる人は、ごまかしがきかないのです。

 

つまり

なかなか打つことができないのです。

 

これはかなりストレスとなります。

 

そんな

結構曲者なみだれが、後ろに流れるトスの乱れなのです。

 

■重心の乱れはトスの乱れ

 

今回のポイントは

サーブの時の重心です。

 

あなたはサーブの重心移動

どのようにおこなっていますか?

 

多くの選手が

前足に乗せている重心を

 

後ろに移して

また前に移動させてヒッティングします。

 

このイメージは

プロのフォームをイメージすればわかりやすいですが

 

ボールをつくときに前足重心

そこから後ろ足に移動して

また前足に移動してヒッティングとなります。

 

この重心移動の

いつトスを上げているかが今回の修正ポイントになります。

 

あなたのトスが不安定の時は

今回の動画をチェクしてください。

 

いや〜テニスは

問題が次々に生まれてきますね。

 

またそれに対しての対策コーチングの

引き出しが増えていきますが

 

できたら問題が出てこない方が嬉しいのですが・・

そんなにテニスは甘くないですね。

 

ということで

ひたすら毎日情報を発信していきますので

 

参考にしてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ボレーで人がいるところへ打つ癖は、普段の練習から付いている!?ボレーで相手についつい返してしまう人へ

【ボレーで相手のいるところへ返してしまう原因】

 

あなたは

ボレーを、相手に返してしまいませんか?

 

●つい相手に返してしまう

●相手のいないところへ打てない

 

そのために

ボレーがなかなか決まらない。という

悩みがある人は多いです。

 

そんな悩みの中で

多くの人がはまっている、落とし穴があります。

 

それは何かと言うと

【前に押してボレーをしている】というイメージです。

 

 

■押すという意識は押し返す動き

 

あなたはボレーを

【押して飛ばしていませんか?】

 

この『押す』というイメージには

『押し返す』という感覚が含まれます。

 

これが単純に

相手から打たれたボールを

 

その相手に返してしまう

以外と落とし穴のイメージなのです。

 

では、どのようなイメージで打てば

相手がいないところへボレーすることができるか。

 

それは

【横に飛ばす】というイメージです。

 

■横に飛ばすとは?

 

この横に飛ばすというイメージは

例えばあなたの顔に飛んできたモノを

払い退ける手のイメージです。

 

このイメージでボレーをすると

ボールは横に飛んでいく軌道になります。

 

このイメージが

相手のいないところへ

 

ボレーでコースを変えるイメージとなります。

 

ここに

前に押す。という感覚はないのです。

 

■コースを変える

 

このイメージでのボレーは

コースを変える。という意識となります。

 

この意識が

常にボレーで、相手のいないところへ返球する

 

ボレーのイメージとなります。

 

そしてこの

コースを変えるというイメージには良いポイントがあります。

 

それは

体の向きです。

 

■体を横に向けなくていい

 

あなたはボレーのときに

体を横にしっかり向けていませんか?

 

ボレーはコースを変えるイメージのときには

体を横に向けなくても良いのです。

 

体を正面に向けたまま

ラケットで横にはたくようにコースを変えることで

 

体を横に向けることなく

ボレーができるようになります。

 

と、

ここまで説明しても

 

なかなかピンとこないと思いますので

こちらの動画にてイメージを作ってみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

『テニスの基本はクロス』あなたは基本がストレートになっていませんか?

【テニスの基本はクロス】

 

あなたのストロークは

クロスがメインになっていますか?

 

これについては

【前衛につかまりやすい人】に特にチェックしてもらいたいポイントです。

 

あなたは前衛に

よくつかまりませんか?

 

■クロスがメイン

 

テニスのゲームは

クロスでのラリーがほとんどです。

 

ストレートに打つことの方が

ダブルスでもシングルスでも少ないです。

 

つまり

基本の打ち方がクロスになっている必要があります。

 

僕のところに

『前衛によく捕まるのですが、どうすればいいでしょうか?』という

メッセージがよく届きます。

 

その方達の現状を聞いてみると

多くの方が【横向きの体の向きが強い】傾向にありました。

 

つまり

『ストレートに向いている』人が多かったのです。

 

あなたはストレートに

ストロークが向いているフォームになっていませんか?

 

■ストレートラリー

 

あなたはラリーの際に

クロスラリーが多いですか?

ストレートラリーが多いですか?

 

ストレートラリーの頻度が多い人は

この横向きが強い傾向があります。

 

特に

●あなたのフォアハンドが相手のバックハンドへ

●あなたのバックハンドが相手のフォアハンドへ

このようにボールが飛んでいる人は

特に前衛につかまりやすいのです。

 

僕は

ストレートラリーでも

自分のフォアハンドは相手のフォアハンドへ

バックハンドは相手のバックハンドへ

ボールが飛ぶようにベースをとっています。

 

そうではなく

上記の本当にストレートにしかいかないフォームの

 

癖がついている人が多いのです。

 

あなたは知らず知らずに

ボールが本当に真っ直ぐにしか行かない打ち方に

なっていませんか?

 

 

■振り遅れ

 

前衛によく捕まる人はこのように

ボールが外側に流れやすい特徴があります。

 

つまり、ボールが内側に入り前衛につかまりやすいのです。

 

テニスは常に

クロスにしっかり引っ張れるように打っていきたいのです。

 

非常識理論的には

クロスにしか打てないようにしたいのです。

 

その打ち方を

体幹のひねりを大きくすることで

 

ストレートにも行く打ち方にしています。

 

この打ち方は基本的に

クロスに引っ張る打ち方のために

 

サイドアウトになりにくい

ストレートの打ち方になっているのです。

 

反対に

ストレートに体が向いている人は

 

ボールが外側に流れやすいフォームのために

ストレートショットがサイドアウトしやすいフォームとなります。

 

常に振り遅れやすいフォームとなるのです。

 

 

■基本はクロス

 

簡単なイメージですが

大切な基本ですので、今回は

 

基本はクロスしか打てないフォーム

ということを意識してこちらの動画にてイメトレしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ボール軌道の予測】あなたはボール軌道を予測していますか?

【ボール軌道の予測していますか?】

 

 

『ボールの予測』

この予測についてあなたはどんなイメージを持っていますか?

 

●相手がどこに打ってくるかの予測

と思っている人が多いと思います。

 

あなたのフォアに狙っているのか

前衛を狙っているのか、ロブを上げようとしているのか?

 

もちろんそれも予測ですが

テニスで一番使う予測は

 

相手のコースの予測ではなく

 

【相手のショットの軌道の予測】なのです。

 

 

■ショット軌道の予測

 

このショットの軌道の予測とは

どういうことかというと

 

相手が打ったボールの始めの軌道で

そのボールがどのような軌道で飛んできて

どこでヒッティングするかを

 

軌道のイメージ予測によって先回りすることです。

 

ボールを見ながら

ずっと追いかけるように走っていては

 

ボールが飛んでくるポイントへ

先回りすることは出来ません。

 

ボールが来た瞬間から

軌道を予測して、ヒッティングポイントに先に行くイメージが

 

ボール軌道の予測によって

早いフットワークにつながる秘密なのです。

 

 

■ボレーは軌道の予測が必須

 

ボレーは特に

相手の速いショットに対して

 

ラケット面を瞬間的に作らないといけません。

そのためにこの

 

軌道の予測での

ボールコンタクトが出来ていないと

 

速いボールに対して

ボレーすることが出来なくなります。

 

 

このボール軌道の予測については

こちらの動画で確認してください。

 

 

■軌道予測のチェック

 

そして

あなたがボール軌道の予測でボレーしているか

 

または

ボールを見てラケットに当てているか

 

そのチェックをおこなって見たいと思います。

こちらの動画の打ち方で

 

あなたが

●ボールを見てボレーしているか

●ボール軌道の予測でボレーしているか

がわかります。

 

こちらの動画にて

あなたのボレーが軌道をとらえているかを

 

チェックしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ボレーのグリップの基本】ボレーはグリップが大切

【ボレーのグリップの基本】

 

今日は

ボレーのグリップの基本動画をお届けします。

 

あなたはボレーのグリップ

どのように決めましたか?

 

ボレーのグリップは

攻撃型と守備型とあります。

 

こんなイメージがなかった人は

今回の動画でちょっとグリップから

ボレーの調子が変わるかもしれません。

 

ポイントは守備型と攻撃型です。

 

■守備型

 

【ボレーは力が入りやすい握り】

が、一般的に多くの方が目指す握りです。

 

もちろん【力が入らない】という意識からの選択です。

 

そこに

【力が入らなくていい】という選択肢がない人が多いです。

 

あなたはボレーで

力が入らなくてもいいグリップは使っていますか?

 

■ボレーは力を入れたくない

 

ボレーは力を入れたいですか?

 

『持っち力を抜いて』と言われながら

力が入る握りにするという矛盾もあります。

 

ボレーでは

ドロップボレーや相手の威力を使って打つことが多いはずです。

 

では反対に

力が入らない握りにしてもいいはずです。

 

その力が入らない握りのボレーこそが

守備力が高いボレーのグリップとなります。

 

■守備範囲を広げるグリップ

 

ではその

守備力が高いグリップとはどんなグリップかというと

 

遠くのボールが取れるグリップです。

 

近くのチャンスボールを

ガツンと決めるグリップではなく

 

遠くのボールまで取れるグリップのことです。

 

そのグリップの握りが

力が入らないグリップなのです。

 

守備範囲を広げるグリップというのがあるのです。

 

 

■ボレーはフォアとバックで用途をわける

 

あんたの中で

攻撃のショットと守備のショットがあればいいと思いませんか?

 

どちらも攻撃もいいですが

どちらも守りよりももちろん

 

どちらかが攻撃で

どちらかが守備力が高い方が

 

よりパフォーマンスの高い

ボレーになると思いませんか?

 

今回の動画は

このあたりをお伝えしています。

 

こちらの動画より

ボレーのグリップについてチェックしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【サーブの対処法まとめ】サーブが不調な時の三つのチェックポイント

【サーブの不調回復三つの対処法】

 

 

今回は

サーブの打ち方をマスターする方法ではなく

 

サーブの不調を改善する

対処法が内容となっています。

 

あなたはサーブが不調の時

どうやって不調を切り抜ける対処をしていますか?

 

今回はこの対処法を三つお伝えします。

 

■三つの対処法

 

この三つの対処法は

 

●体の向き

●トスとスイングのタイミング

●ルーティン

の三つです。

 

意外と大切なのが

【ルーティン】です。

 

サーブのルーティンは

プロの選手は必ず行ています。

 

やっているかわからない選手や

ナダル選手のように、とても特徴のあるルーティンを行う選手もあります。

 

これは

一般のプレーヤーとしても

 

取り入れたいポイントなのです。

 

■ルーティン

 

ルーティンというのは

同じ流れを癖付けするということで

 

サーブ前にボールを2回ついて

前後にラケットを2回振って

それから打つ

 

という流れのことで

これが緊張した場面でも

 

何も考えずに

サーブを打つことができる体の癖付けとなります。

 

自分は【何もない】という方はチャンスですので

今回を機会に、サーブのルーティン化を目指してください。

 

■トスとスイングのタイミング

 

これが多くの方が

サーブでハマっている落とし穴

 

トスとスイングのタイミングが合っていないという

大きな原因を修正するポイントです。

 

どのような状態になっているかというと

【トスにスイングを合わせている】フォームになっている人が多いのです。

 

正しくは

【スイングにトスを合わせる】というイメージにしたいのです。

 

 

トスによって

スイングがバラついている人は

トスが乱れる傾向にあります。

 

スイングを意識して

それにトスを合わせる意識が

 

トスも安定するサーブフォームに繋がります。

 

今回の動画にて

このあたりをチェックして修正をしてみてください。

 

もっと深くこのテニスを知りたい人は

記事の最後にもっとたくさんの動画が届く

メルマガの登録もありますのでご登録ください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ストロークが振り切れない人は押している!?】振り切るストロークを手に入れる回転テニスとは?

【振り切るストロークをマスター】

 

あなたはストロークを

『しっかり振り切っていますか?』

 

もしあなたが

ストロークを振り切れていない悩みがある場合は

今回の内容をチェックしてください。

 

振り切るためには

三つのポイントがあります。

 

その三つのポイントを注意して

あなたのストロークを振り切れるストロークにしてください。

 

■三つのポイント

 

あなたのストロークを

振り切れるストロークにする三つのポイント

 

先ず一つ目は

【ボールの飛ばし方】です。

 

ボールをあなたは

●直線的に飛ばしていますか?

●回転で飛ばしていますか?

 

この違いが

振り切れない事にもつながります。

 

もう一つは

【体の向き】です。

 

振り切るテニスは回転でのテニスです。

この回転が生まれない原因となる

 

●体の向きは【横向】です。

 

あなたの体は

横向きになっていませんか?

 

そして最後は

ボールを【押して】いませんか?

 

ボールを押すと

振り切れないのです。

 

この三つのポイントで

どれか一つでも当てはまる場合は

 

あなたのストロークが

振り切れるようになる可能性があります。

 

今回の動画にて

そのポイントをチェックしてみてください。

 

そのチェック項目で

あなたのテニスがぐっと変わった場合は

 

このテニスがあなたにはまる可能性があります。

その場合は下記にその他にもたくさんの動画をお届けする

動画メルマガを体験できますので

 

チェックしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスフットワーク】フットワーク練習していますか?

【フットワークの練習していますか?】

 
あなたは
フットワークに不安はありませんか?
と、聞かれて

『フットワークはもっと良くなりたい』と思っていますか?

 

もしフットワークについて

ちょっと悩みを抱えているのなら

 

今回のブログを読んでください。

 

さてこのフットワークですが
どうすればフットワークが良くなるのか
この段階的な練習方法ってないと思いませんか?

 

というよりも

【フットワーク練習】ってやっていますか?

 
フットワークを良くするドリル的なものは
他のスポーツとも共通のフットワークドリルなるものは

多数存在しています。

 

でもそれが

●どのようにテニスに使われるのか?

●どの部分で必要になるのか?

 

または、
あなたがどのフットワークが苦手で
改善のために
『このフットワークを練習してくださいね。』という

ピンポイントのフットワーク練習って

 

あなたの周りにありますか?

 
僕があなたにこれを提供します。

 
とは、まだ言えません。
すみません。

 
実はこのフットワークの
一つの段階的な形を作り上げようとしています。
あなたに足りないフットワークはこれです!と
自信をもってお伝えできるようにです。

 
この段階的に
フットワークを作り上げる練習方法が出来たら

フットワークに悩むことがなくなりますよね。
あなたにはこれが足りないので
この練習をしてください!
『なんてすばらしいコーチングでしょうか』

このフットワーク理論をただいま確立させようとしています。

 

ストロークDVDもこの様に、

 

先ずは基本をマスターする【段階練習法】があればいいのに

という思いから作成しました。

 

Youtubeのように

たくさんの情報はあふれていますが

 

テニスの上達には

【段階的練習】ということがとても大切です。

 

一つうまくなっても

テニスでゲーム中に打てるようになるには

 

たくさんの要素が必要です。

 

そのためには

基本の段階を一つずつ確認する必要があります。

 

あなたが何が足りなくて

何を練習すればいいのか

 

これが段階的に

わかることがテニスにおいてはとても大切です。

 

フットワークは特に情報が少ないうえに

段階的な練習方法がほとんどありません。

 

段階的とは

●フットワークの練習ドリルが

●どのような場面に使われるのか

●使用目的がはっきりしている方法のことです。

 

フットワークドリルは

他のスポーツと共通でたくさんのドリルがあります。

 

必要なのは

このフットワークはどこで使われるのか。を

 

しっかり意識して練習することが大切です。

 

ここで

これを練習してください。と

 

お伝えしたいのはやまやまですが

ただいま段階練習法を確立させている途中です。

 

また出来上がり次第

お知らせしていきます。

 

非常識理論はただいま

テニスの情報のほとんどを

 

メルマガでのみお届けしています。

 

非常識理論のテニスに

何かを感じてもらえたら

 

こちらのメルマガにもご登録ください。

 

もっと濃い情報は

こちらのメルマガにてお知らせしますので

 

サーブやフットワークと

多くの人を悩ませるショットに

 

みんなで挑んでいきましょう。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【サーブのトスの乱れ解消】試合中にトスが上がらなくなった時の応急処置方法

【試合中にトスが乱れたときの応急処置方法】

 

 

試合中にトスが乱れて

修正できなかった事がある人は聞いてください。

 

 

いつもはトスなんか乱れないのに

大事な試合になったら

 

【トスが急に乱れ始める】

 

こんな経験あなたはしたことがありませんか?

 

僕は経験ありです。

 

そんなときの僕がやって

トスの乱れを修正する方法をお伝えします。

 

■メンタル?

 

練習はそんなことないのに

試合になって、特に大事な試合やポイントで

 

●トスが急に乱れ始める

●左手がうまく動かなくなる

 

この経験がある人は

【メンタル】が弱いせいだな・・と

 

対処法をあきらめてしまう方が多いです。

 

メンタルもコントロールするのがテニスです。

 

今回の方法は

メンタルをコントロールする方法です。

 

■意識を背ける

 

実は

【メンタル的負荷】がかかっている状態の多くは

 

そこに意識が集中しているのです。

 

意識が集中し過ぎることで

普段動かない筋肉が動き、フォームの邪魔をするのです。

 

と、本来はもう少し根深い問題ですが

イメージしやすいように簡単にお伝えしました。

 

つまり

トスから意識を背けることが

今回の対処方法なのです。

 

 

ということで

トスが乱れたときの緊急の対処法をお伝えします。

 

言い忘れましたが

これは、トスとラケットのタイミングが合わない人にも

 

効果がありますので

サーブのリズムが悪い人はチェックしてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------