テニスの大切な肩を回すポイント~右を押しても肩は回らない~

【テニスで大切な肩を回すポイント】

 

今回のテーマは

前回に引き続き『肩の回転』です。

 

前回の記事はこちら

■テニスで大切な肩の回転~振り切れない人は要チェック~

 

今回の要点は

『左手の使い方』です。

 

非常識理論テニスは

『引く動き』でスイングを作ります。

 

非常識テニスには

『押す』概念がありません。

 

理由は

●押すと肩が回らないからです。

 

フィギュアスケーターが

腕を折りたたんで高速回転をするイメージです。

 

反対に腕を広げると

回転は遅くなります。

 

この原理と同じで

腕は引くように縮めると

 

回転の動きが生まれるのです。

 

■左手が大切

 

その動きを作るさいに

大切な動きを作るのが『左手』です。

 

右手を押すのではなく

左手を引くのです。

 

左肩が引かれると

右肩が前に出ます。

 

右を出そうとしても

左が下がっていなければ

 

右肩は前に出ないのです。

 

そして右手は力みたくなく

ラケットがブレないために動かしたくないのです。

 

そのために

左手を引くことで右肩を力みなく

 

前に出す動きを作るのです。

 

と言う事で今回は

その左手の使い方を意識してください。

 

このイメージがピンときた方は

このテニスをもっと知りたいときは

 

下記のメルマガからさらに詳しい

説明動画をお届けしていますのでチェックしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスで大切な肩の回転~振り切れない人は要チェック~

【スイングに大切な肩の回転】

 

今回は

『肩の回転』についてお伝えします。

 

体幹の回転テニスと

お伝えしています、この非常識テニスですが

 

体幹の回転と肩の回転は

同じフォームを表現した言葉です。

 

体幹と言うのは

四肢を除いた首から下の部分という大まかなくくりで

 

体幹テニスとは

その体幹をぶらさない体軸を中心とした

回転スイングでのテニスとなります。

 

そのスイングは実際には

胸部の回転となります。

 

体幹自体が回るのではなく

胸部が回転します。

 

体幹テニスの体幹が

回るわけではないのです。

 

なので肩の回転や

胸部の回転とスイングを表しています。

 

そのテニスを

おおまかに体幹テニスと表現しています。

 

と、

ちょっとマニアックな内容ですが

その前置きをお伝えしたうえで

 

肩の回転スイングをお伝えしたいと思います。

 

もちろんこの言葉は

胸部の回転スイングでもOKです。

 

胸部というと

肩の回転よりもあまりなじみが少ないので

 

『肩の回転』ということの方が多いのです。

 

この肩の回転は

右肩と左肩の入れ替わりです。

 

そこにラケットを持っていれば

180度のスイングが生まれます。

 

と言うことは

『ラケットを持っていればスイングが成り立つ』ということです。

 

やっと今回のブログのテーマです。

 

ラケットは持ってさえいれば

肩の回転がスイングを作ってくれるのです。

 

つまり

 

●腕が力む

●スイングが安定しない

●振り切れない

●肩が回らない

 

これらの悩みがある方は

肩ではなく腕でスイングしているはずです。

 

肩が回らないから

腕でスイングしてしまうのではなく

 

腕でスイングしているから

肩が回らないのです。

 

腕さえ動かさなければ

肩を回すしかないのです。

 

ということで前置きが長くなりましたが

あなたの肩が回っているかを

 

今回の動画にてチェックしてみてください。

 

この肩の回転テニスを

チェックしてみたい方は説明動画をメルマガでお届けしていますので

下記のリンクよりチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

これもツイストバックショットです~遠いボールのスライス返球~

【ツイストバックショット】

 

前回

『ツイストバックショット』についてお伝えしました。

 

今回はツイストバックショットの

バリエーションショットをお伝えします。

 

そのなも

『ギリギリ返球スライス』です。

 

前回

ウインドミルが理論的ではない!。。と言いながら

 

『ギリギリスライスショット』は

理論的なのか!と、突っ込まれそうですが

 

我ながら

ネーミングセンスのなさを感じます。

 

『クイックツイストバック』的なニュアンスです。

 

動画ではスライステップと一緒に使っています。

錦織選手やジョコビッチ選手が使っているのがイメージ強いと思いますが

 

これも手首を使っているように見えて

腕のひねり戻しを使っているショットなのです。

 

この動きを手首でやると

たちまち手首を痛めてしまいます。

 

腕のひねり戻しだから

怪我のないラケットワークになっています。

 

今回も動画にて

イメトレをしてください。

 

そしてこの腕のひねり戻しの

『ツイストバック』の動きの大切さを感じてください。

 

今回

12日よりこのツイストバックショットマスター講座の

募集を19日まで行っています。

 

このツイストバックショットに興味がある方は

こちらのページに詳しく説明が乗っていますので

 

チェクしてみてください。

ツイストバックショットチェックはこちら

 

では今回の

『ギリギリスライスショット』をどうぞ。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

全仏オープンテニス2019ラファエル・ナダル選手優勝~ツイストバックショットって何?~

【全仏オープンテニス2019ナダル選手優勝】

 

全仏2019

ラファエル・ナダル選手が

前人未到の12回目の優勝を決めました。

 

決勝が終わった後のどろどろの背中で

ティエム選手と組み交わした肩が感動的でした。

 

今回はナダル選手のフォアハンドの代名詞

『ツイストバックショット』をご紹介の予定でしたが

 

そのショットも吹き飛ばすほど

ナダル選手の攻守の切り替えが見事過ぎて

 

キャリアの中で一番強いのではないか?

と、思わせるテニスの進化ぶりに脱帽です。

 

つなげるだけでなく

 

相手の浅い球にはポジションを上げ

ライジングでの切り返しを繰り出し

 

オープンコートを作ったら

ファイヤーフォアハンドを叩きこむ

 

このテニスをされたら

どんなプレーヤーも勝てないですね。

 

ティエム選手も

これでまだ来年に向けて大きく進化してくれることを期待しましょう。

 

そんな興奮冷めやらぬ

みんなシングルスがしたくなる気分でしょうが

 

『ツイストバックショット』についてお伝えします。

 

このショットは俗に

『ウインドミル』と呼ばれるショットです。

 

ウインドミル=風車です。

 

ソフトボールのウインドミル投法で

聞いたこともあると思いますが

 

僕の中で

風車ショットって・・・と

 

その理論的ではないネーミングが

いまいち技術的なイメージがもてないので

 

非常識理論では

『ツイストバックショット』と呼んでいます。

 

『ツイストバック』とは

ひねり戻しの事です。

 

ナダル選手が良く使うこのショットは

腕のひねり戻しの動き『だけ』でヒッティングしています。

 

この『だけ』と言うのがポイントで

 

もちろん通常のショットの際にもこの

腕のひねり戻しを使っています。

 

ですが通常のショットはその他にも

胸郭の回転、つまり体幹の回転も使っています。

 

そのために

『ツイストバック』だけではない打ち方のために

この呼び名ではなくなります。

 

ですがこの

ナダル選手が使うショットは、僕もよく使いますが

 

『腕のひねり戻し』だけでのヒッティングなのです。

 

ということでこのショットを

『ツイストバックショット』と呼んでいます。

 

このショットは

 

●高い打点の打ちにくいショット

●後ろに食い込まれた打ちにくいボール

●振られて鋭角に切り返すショット

 

これらの場合によく使います。

 

つまり

 

〇高く食い込まれたボールの返球が楽に出来る

〇振られてもクロスに切り返すショットが打てる

 

という利点があるショットなのです。

 

ということで今回はこの

ツイストバックショットについて動画で説明をお届けします。

 

またこの打ち方をマスターしたいという方は

練習方法の情報をお届けしますのでこちらのメルマガにご登録ください。

 

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

全仏オープンテニス2019~ラファエル・ナダル選手VSロジャー・フェデラー選手~

【ナダル選手VSフェデラー選手】

 

昨日

ナダル選手VSフェデラー選手の戦いが終わりました。

 

流石クレーコートの王様

ナダル選手の圧巻の勝利でした。

 

フェデラー選手も

今回の全仏での成績は神業的な結果でしたね。

 

見ていても

ナダル選手の勝ちが濃厚な試合展開ですが

この二人の試合は引き込まれるものがあります。

 

その理由はやはり

お互いイージーミスがなく

スーパーショットの応酬のゲーム展開だからですね。

 

これが

二人の戦いを何度見ても世界が熱狂して

最後まで引き込まれるテニスの魅力ですね。

 

ジョコビッチの試合が

何だか眠くなる理由は

 

ジョコの完璧さに

相手が崩れてミスポイントの展開だからですね。

 

そんなジョコビッチ選手は

 

ティエム選手との1セットオールからの

3セット目での雨天サスペンデットとなっています。

 

ティエム選手は

かなりの安定感で試合を進めていますね。

 

このまま進んでいくと

ジョコビッチ選手との攻守の激突の試合となり

 

かなり面白い展開になりますね。

 

ティエム選手が打ち崩すか

ジョコビッチ選手が守り切るか

 

楽しみになってきました。

 

熱い戦いを

楽しみましょう!

 

また

『フットワークについて』

『ツイストバックショットについて』は

 

次回お伝えします。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------