【テニス】低い短いボールの打ち方~短いボールの返し方を教えます。~

【低い・短いボールの打ち方】

 

あなたは

低いボール・短いボールを

しっかり打ち返すこと出来ていますか?

 

今回はこの

短く低いボールの返し方をお伝えします。

 

意外と難しく

意外と練習したことがないために

 

うまく返せない人が多いのがこのショットです。

 

ボールが短く低い打点になる

下から持ち上げるスピン系の打ち方では打ちにくいボールが対象です。

 

このボールは

スライスで持ち上げる打ち方になります。

 

今回は

このショットについてお伝えします。

 

■ラケットの使い方

 

今回のキーポイントは

『ラケットの使い方』です。

 

どのような使い方かと言うと

『グリップエンドからリードさせる動かし方』です。

 

基本的にストロークは

ラケットヘッドから動いていきます。

 

その打ち方ばかりで打っている人は

低いボールのスライスは打ちにくいと思います。

 

通常のスライスショットを

グリップエンド側から動かしてヒッティングしている方は

 

低いボールは打ちやすいと思います。

 

このグリップエンドからリードさせて

ラケットを動かす使い方が今回のキーポイントです。

 

■ラケットの使い方

 

ではその

グリップエンド側からリードさせる

ラケットの使い方はどのようになるのかと言うと

 

ラケットヘッドをグリップより下に下げて

低いボールが膝を曲げなくてもヒッティング出来るようにします。

 

その形からグリップエンドを上に引き上げると

下のラケット面もボールを上げる動きになります。

 

この際に

ポイントとしてはボールにサイドスピンをかける

ラケットの使い方になります。

 

このサイドスピンをかける使い方が

低いボールに対して膝を曲げなくても楽に持ち上げる事が出来る

 

非常識理論の

低いボールの返球方法となっています。

 

このイメージを持って

今回の動画にてイメトレしてください。

 

今回の動画で何かこのテニスに閃きを感じた方は

未公開動画をお届けするメルマガを配信していますので

下記に記載していますので覗いてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【オムニコートでのシングルス】必須ステップのスライドステップ使えていますか?

【オムニコートでの必須ステップスライドステップとは?】

 

あなたは

スライドステップを使っていますか?

 

今回は

スライドステップについてお伝えします。

 

今回はさらにスライドステップの中でも

『スライドセット』のステップをお伝えします。

 

このスライドステップでは

ギリギリのボールを滑りながら返球するステップと

 

ボールに入る際に

足を摺り足のようにセットするスライドセットがあります。

 

今回は後者の

摺り足でセットするスライドステップをお伝えします。

 

■摺り足のメリット

 

ではこの

スライドステップで足をセットするメリットをお伝えします。

 

それは

〇重心のブレが少ない

〇足の負担が少ない

この2点が利点となります。

 

走って足をバチッと決めるときに

体は意外とブレています。

 

この際に

脚力がある人ほどブレない

体幹が強い人ほどブレない

 

もちろんこの様に

フィジカルのポテンシャルが高い人は

 

どんなに激しく動いても

バチッと体を止めることが出来ます。

 

が・・・

 

一般プレーヤーは

そんなにフィジカルが強い人ばかりではありません。

 

その際にこの

『スライドセット』

 

スライドステップでボールに入ると

体がブレにくくて足への負担も少ないステップとなります。

 

それだけに

このステップは簡単には出来ません。

 

無理やりやろうとしても

ねん挫の可能性があるために正しく練習する必要があります。

 

今回は動画にてお伝えしますが

摺り足のイメージで、摺り足でボールに入る意識にすると

 

ねん挫のリスクが少なくなります。

 

これが大切です。

スケートのように滑るイメージは無くしてください。

 

そろりそろり~です。

 

どこかのお笑い芸人さんの

『そろりそろり』のステップで

 

ボールに入るのです。

 

これで体がブレない

足への負担の少ない入り方になります。

 

今回の動画にて

これをイメージしてトライしてみて下さい。

 

今回の動画にて

何かこのテニスに閃くことがあれば

他のショットも詳しく説明した動画が届くメルマガがありますので

下記より登録して動画チェックしてみてください。

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

曲がるスライスサーブの段階的練習法~サーブの基本ポイント~

【曲がるスライスサーブの段階的練習法】

 

今回の動画は

人気一番の動画です。

 

つまりサーブに悩みがある人が

とても多いと言うことがわかります。

 

サーブはいろいろな打ち方が出来ます。

正しい打ち方と言うのはないと考えます。

 

それは人によって

どのくらいのサーブを目指すかが違うからです。

 

ですがやはり

スライスやふらっとやスピンと言った

 

サーブの球種の打ち分けはしたいところです。

 

と言う事は回転がかかるサーブはやはり

目指す目標にしたいところです。

 

この回転をかけるサーブフォームでは

腕のひねり戻しを使って安定させます。

 

筋肉の動きでスイングを作っていると

ダブルフォルトがなかなかなくならないので

 

腕のひねり戻しでのスイングのマスターを

目指すことをお勧めします。

 

ですがこの

腕のひねり戻しの動きでヒッティングすることが

 

サーブはとても難しいのです。

 

ここが

サーブがうまく打てない人が多い原因となっています。

 

今回の動画では

腕のひねり戻しでラケットがどのように動いて

 

そして

『どの方向にボールが飛ぶか』を特に意識してください。

 

この腕のひねり戻しは

『内転』と言うネーミングで多くの人が知っている知識ですが

 

それをどうやって

サーブにつなげるかがとても分かりにくいのです。

 

今回の動画では

そこを特に意識してチェックしてください。

 

そしてこの動画で少しでも何か閃きがあったら

ここで一気にサーブをマスターしてください。

 

テニスは人によって

今の現状のテニスの状態が様々で

 

そのためにたくさんの練習メニューが必要になります。

非常識理論では40本のサーブ練習動画講座を準備しています。

 

2019年令和元年の年に

サーブをマスターしよう!と言う方は

こちらのサーブ講座へ参加してみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

実はドライブボレーは初心者にお勧めの練習方法です!

【ドライブボレーは基本をチェックする練習】

 

あなたは

ドライブボレーを打ったことがありますか?

 

『ドライブボレーとは?』

 

ストロークの打ち方で

相手からのボールをボレーのように

 

ノーバウンドで打つことです。

 

ノーバウンドでのストロークは

見た目にかなり派手なショットになり

 

ボールの威力も抜群で

インパクト大のショットです。

 

その分

上級者の人が打っているのを観たことある人は多い反面

自分で試したことがない人の方が多いと思います。

 

実はこの

ドライブボレーですが

 

初心者の人にこそ

トライしてもらいたい打ち方なのです。

 

その理由は

〇コンタクトから先のスイングが大きくなる

〇コンタクトがコンパクトになるという

 

テニスで必要な2大要素が

うまく出来ていないと打てないショットだからです。

 

つまり

ドライブボレーを練習すると

コンパクトな振り抜きのいいストロークが打てるようになるのです。

 

これだけ聞いても

とてもいい練習ですが

 

なかなか練習する機会がないために

多くの人がドライブボレーの練習ができないのです。

 

〇壁にボールを当てて返ってきたボールを打つ

〇オートテニスでボレーのボールをドライブボレーで打つ

〇ボールを出してもらってのバウンドで打つ

 

この3種類くらいしか思いつきませんが

ストロークで悩んでいる人は是非トライしてください。

 

ゆっくりコンタクトしないと

ドライブボレーは安定したコンタクトが出来ません。

 

その分

コンタクト後にしっかり振り抜かないと

 

ボールが飛ばないショットになるために

コンタクト後のスイングが大きくなります。

 

そしてその練習を行った後は

ワンバウンドでボールを打つ意識ではなく

 

地面からボールが打ち出されて

それをノーバウンドで打つイメージにすると

 

何と不思議ですが

ストロークがしっかり振り抜けて打てるようになるのです。

 

その練習として

今回のドライブボレー動画を観てください。

 

今回の内容で何かストロークに閃きがあった方は

もっと詳しくこのテニスを紹介したメルマガがありますので

こちらより登録して覗いてみてください。

メルマガ登録はこちら

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ボレーをネットにかけない方法】~ボレーがネットしない〇〇〇の方法~

【ボレーがネットにかからない方法】

 

今回は

ボレーがネットにかからなくなる方法です。

 

限りなく嘘っぽいですが

これ実際に理論的な部分から来ている内容です。

 

つまりは

理論的にネットミスを減らす作戦です。

 

あなたがボレーをネットにかける事が多いのならば

今回の内容を参考にしてください。

 

 

■コンタクト後のラケットワーク

 

ではボレーをネットにかけない方法として

キーポイントがあります。

 

それは

『コンタクト後のラケットの動き』です。

 

ズバリ回答を言うと

コンタクト後のラケット面がネットの上を向いていれば

理論的にネットにかからないのです。

 

詳しく説明すると

ボレーの際にラケット面でボールを受けます。

 

その後

〇ラケットの下のフレームが

〇ネットの上の白帯に向いて行けば

〇ネットにかかる事がないのです。

 

これイメージ出来ますか?

 

反対にネットにボールがかかるときは

ラケットの下のフレームが

 

ネットに向いているかまたは

もっと下を向いています。

 

もちろんこれは

全てのボールに対してではありませんが

 

意識としてコンタクト後に

ラケットの下のフレームをネットの白帯に向けていけば

 

ネットミスは減るのです。

 

そしてここで問題があります。

多くの人がこのポイントを意識出来ない問題があります。

 

それは

『ボールを見る問題』です。

 

これ結構テニスの練習の際に

上達の妨げになっている項目なのですが

 

今回のネットにかからないボレーを練習しようとして

コンタクト後のラケットをネットの白帯に向けている時

 

あなたの打ったボールが

飛んで行っています。

 

そのボールのことが気になりすぎて

自分のラケットに意識が向けられない人が多いのです。

 

これはストロークの振り切れない問題も同じで

 

コンタクト後に

フィニッシュにラケットをしっかり収めて

 

振り抜いた形のフォームを作ろうとしていても

飛んでいくボールが気になりすぎて

 

ラケットの振り抜きに意識が行かない人は

なかなか降り抜いたフォームに直せないのです。

 

ボレーも同じで

コンタクトして飛んだボールが気になりすぎて

 

その後のラケットをしっかり動かせない事で

ネットミスが多いボレーフォームになっているのです。

 

この話を言うと

『ボールが飛んだ後のラケットを気にしても意味がない』と

結構考えている人が多いのですが

 

あなたの体はあなたの思った通りには動かずに

自分の意識よりも早く動き出すのです。

 

つまり

コンタクト後のラケットをネットに向けようとする意識は

 

コンタクト前にラケットを動かし始めて

コンタクトの際にネットにかからない動きをしてくれるのです。

 

この際に

本当にコンタクト前にラケットを動かす意識になると

ボレーのコンタクトが乱れる動きとなります。

 

ここがテニスの難しいところで

実際の意識と体の動きのズレを使って

 

コンタクト後にラケットを動かす意識が

 

丁度ラケット面を安定させて、ネットにかからない

ボレーフォームを作ってくれる

 

意識をずらした練習方法なのです。

 

この辺りが非常識理論が

非常識と言われる部分でもあります。

 

このイメージで今回のイメトレ動画を

チェックしてみてください。

 

そして今回の内容で何か閃いた方は

もっと詳しくこのテニスを紹介したメルマガがありますので

こちらより登録して覗いてみてください。

非常識理論体験ブログ

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------