【ラケットの構え】ラケットの構えの位置は変えるべし!〜構えの位置を同じにすると打てないポイントが出てくる〜

【ラケットの構えの場所】

 

質問:『ラケットの構えは、どこで構えたらいいですか?』

 

回答:体の中心です。だけではまだ情報が少ないのです。

 

 

というやり取りからスタートしました。

今回のテーマは、ラケットの構えの位置です。

 

そもそも構えとは

どこのことを言うのでしょうか?

 

あなたは次のうちのどれを連想しますか?

 

●打つ準備のために、ラケットを引いたところ

●打つ前のボールを待っているところ

 

どちらも

【構え】という人がいるのです。

 

『早く構えて』と言う人は

前者の、ラケットを引いたところのことを『構え』と言っています。

 

『打ったらすぐ構えて』と言う人は

後者の、ボールを待つ準備の姿勢のことを言っています。

 

非常識理論は

ラケットを引いて構えると言う意識はないために

 

今回のテーマの

『構え』とは、後者のことをさしています。

 

 

■レディーポジション

 

今回の【構え】の形のことを

レディーポジションと言います。

 

この言葉で

だいたいイメージが出来ると思います。

 

相手ボールを待っている状態です。

 

このレディーポジションでの

【ラケットの位置について】をテーマとしてお伝えしています。

 

レディーポジション時の

ラケットの位置や傾きによって

 

あなたのショットが

●打ちにくくも

●打ちやすくも

なるのです。

 

 

■バックハンドが遅れる

 

一つ例を挙げると

 

あなたの悩みが

『バックハンドを振り遅れてしまう』

 

と言う悩みがあるとします。

 

その解決策として

『早く構えて』と言われているとします。

 

この時の構えは

『ラケットを引く』という意味の『構え』でしょう。

 

ではその時の

レディーポジションでのラケットの位置はどうでしょうか?

 

そのレディーポジションの時に

●ラケットをバックハンド側に傾けていたらどうでしょうか?

 

この時にすでに

バック側にラケットを向けていたら

 

振り遅れが少なくなると思いませんか?

 

この根本的な

レディーポジションでのラケットの位置を変えることが

 

実はとても大切なことなのです。

 

今回の動画は

このレディーポジションの時の

 

ラケットの位置についてお伝えします。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス力の抜き方】力を抜きたくてもなかなか抜けない人は読んでください。

【ストローク力が抜けない】

 

ストロークの

力が抜けない悩みの人は

 

今回の記事を要チェックしてください。

 

『力を抜いて』と言われても

抜き方を知らないと抜けません。

 

つまりは

『抜き方を教えて!』ということです。

 

●抜き方を知らない

●だから抜けない

これが本来の問題です。

 

抜けないのではなく

抜き方をおしえて欲しいのです。

 

あなたはストロークで
力が抜けていますか?

 

または
力を抜こう抜こうとしても

『なかなか抜けない』と感じていませんか?

 
力を抜いたら
ボールが飛ばないと感じているのならば

力を抜けるわけがないのです。

 

力を抜いても

飛ぶ打ち方を教えてもらわないと

 

力は抜けないのです。

 

その力が抜けた打ち方のためには

二つのポイントがあります。

 

今回はこの
力の抜き方についてお伝えします。

 
■力の抜き方?

 

ではズバリ
力が抜けるためには二つの項目を実感する必要があります。

それは

 

●力が抜けても飛ぶ打ち方

●力が抜けても安定するラケット面

この2点を抑えておかないと
力を抜く事が出来ないのです。

 

脱力脱力と言っても
ぶらぶらとラケットが不安定状態だと

コントロールが出来ないフォームとなります。

 

そのために

テニスの力の抜けたフォームは

 

力を抜くというイメージよりも
力をプラスしないというイメージのヒッティングを意識します。
力を入れない=筋肉ではないラケットの固定
というフォーム作りが大切なのです。

 

つまり
筋肉で固めるラケットではなく

骨格でラケット面を固めて
安定したコンタクトを作るのです。

 

そのためには
若干の力は使います。

ボールを飛ばすことではなく
フォームを安定させるために力を使うのです。
この形が力を入れない
つまりは、プラスしないフォームとなり

 

脱力テニスではなく本来は
脱入力テニスというイメージでのヒッティングとなります。

 
そして次の
●力を入れなくても飛ぶフォームです。

これは以前よりお伝えしている
『腕のひねり戻しでのヒッティング』です。

 

腕のひねり戻しで
楽にボールが飛ぶことを腕が覚えると

ヒッティングに力を入れようとしなくなります。
と、
ざっとのお伝えでしたが

以上のポイントを練習することでやっと
『力がいらない打ち方』の原型が出来ます。

 

 

それをコツコツ意識して

ヒッティングをすることで

 

ふと

『力入れなくてもラリーできている』

『こんな楽な打ち方でいいの?』

 

と感じる時が来ます。

そこで初めて

 

『力がいらないんだ!』と感じることが出来るのです。

 

ただの力を抜いてでは

全く打ち方は変わらないのです。

 

この感覚を目指して

それに行きつく段階を踏んだ練習が

 

テニスには必要なのです。

 

ここを意識して

あなたも練習を行ってください。

 

今回ご紹介動画は

内容とはちょっと関係ありませんが。

 

フォアハンドのキーポイントを絞った動画ですので

チェックしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【両手バック】両手バックハンドの面ズレの原因~あなたのバックハンドはこうなっていませんか~

【両手バックハンドの面の秘密】

 

両手バックハンド

良くネットにかかる人が良くいます。

 

あなたは

思い当たる経験はありませんか?

 

この

『なぜかネットにかかる』というミスをおこす原因となる

大きな秘密が

バックハンドの面にはあるのです。

 

それを今回はお伝えします。

 

 

あなたが両手バックハンドで

思いもよらないミスがあるとしたら

 

今回の内容をチェックしてください。

 

■バックハンドは感覚が鈍い

 

バックハンドとは基本的に

利き腕側とは反対のショットのことを言います。

 

つまりは

利き手ではないために

 

感覚がフォアハンドに比べて鈍い人が多いです。

 

鈍いということは

ラケット面がどの方向に向いているかが

 

正直あまり

わかっていない人が多いのです。

 

実際にラケット面を見ながら

ボールを打つわけにはいきません。

 

自分ではこうなっていると思っている

バックハンドを打つときの顔の後ろになるラケット面の方向を

 

正しく出来ている自身はありますか?

 

ラケットを見ていなくても

ハッキリとどこに面が向いているか

 

自信をもって言えますか?

 

■自分では・・

 

実はバックハンドには

『自分では向けているつもり』という症状が存在します。

 

自分では向けているつもりでも

実はヒッティングの時に体の傾きが変わりやすいのが

このバックハンドの特徴で

 

そのためにラケットが

自分で思っている方向とは

 

全く違う方向に向いている場合があるのです。

 

今回の動画は

このポイントを意識してもらうチェック動画です。

 

両手バックハンドの人は

チェックしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ボール軌道】持ち上げフォームとボールの頂点のイメトレ動画

【ボール軌道とフォーム】

 

あなたはボールの軌道を

しっかりイメージ出来ていますか?

 

ちょっと難しいイメージですが

テニスのショットは横から見ると

 

どこからボールが落ちているのかが良くわかります。

 

そのボールが落ち始めるポイントが

ボール軌道の頂点です。

 

その頂点が

相手コート深くになるとアウトの確率があがります。

 

もちろんその頂点が

低い位置になると、ネットにボールがかかりやすくなります。

 

ボールの回転によっても

この頂点をどこにするかが変わります。

 

今回はこの軌道の頂点と

ラケットの使い方のイメトレ動画です。

 

その頂点よりも手前で

ボールが落ち始めると

 

思ったよりも短いボールとなり

ネットにかかりやすい打ち方となります。

 

じつはこの

●思ったよりも短くなる

という症状が

 

テニスではコントロールできない感覚となるのです。

 

■ラケット面の使い方

 

ボールが上に上がりすぎる

大きくアウトになりやすいという症状は

 

基本的には打ったボールの

頂点の感覚が少ないためにおこるミスとなります。

 

この症状は

ボールが落ち始める頂点のポイントを意識することで

 

大きくアウトミスの確率がさがります。

 

症状として重いのは

●思ったよりも短くなる症状の方です。

 

この症状の原因が

『ボールのこぼれ』です。

 

あなたは『ボールがこぼれる』という感覚の

経験がありますか?

 

狙ったところよりも思いのほか短くなった場合

手からボールがこぼれ落ちる感覚となります。

 

このこぼれの原因は

ラケット面が下を向きすぎて

 

ラケットからボールがほんとうに

こぼれ落ちるフォームになっているのです。

 

よくあるのが

『アウトしたのはラケットが上を向いているからだ』

と感じて、ラケット面を下に向けてしまう場合です。

 

今回の目標は

●ボールの頂点の意識と

●ボールがこぼれないラケット面の

 

2つのポイントを意識してください。

 

これで安定したストロークを目指しましょう。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ファーストボレー】ファーストボレーでミスが減る、止まりのフットワーク!

【ファーストボレーのエラーの原因】

 

あなたは

『ファーストボレーうまく出来ていますか?』

 

●ファーストボレーがうまく打てない

という悩みがある人はとても多いのです。

 

この大きな原因となっているポイントが

一つあります。

 

それは

『止まり方』です。

 

サービスダッシュで前に上がると

体に勢いがついています。

 

その勢いを止めるフットワークがうまく出来ていないために

次のファーストボレーの姿勢が悪くなり

 

ファーストボレーの確率が下がっているのです。

 

あなたも心当たりはありませんか?

 

■スプリットステップのやり方の違い

 

この

ファーストボレーの後の姿勢が悪い人は

 

ズバリ!

『止まれていない』のです。

 

しっかり止まれていないために

ボレーに対して体を動かして軌道に入ろうとしても

 

体の勢いが残っているために

スムーズに入れないのです。

 

ボレーはボール軌道にスムーズに入れなければ

うまく打てないショットです。

 

この止まれていない事が原因の人は

フットワークを変えない限り

 

いつまでも止まれないために

ファーストボレーがうまく返せないのです。

 

この大きな原因となっているのが

スプリットステップです。

 

止まれない人の

スプリットステップと

 

止まれる人の

スプリットステップには大きな違いがあります。

 

その違いは

足の使い方です。

 

止まれない人のスプリットステップは

つま先を使っています。

 

止まれる人は

かかとです。

 

この違いが

しっかり体が止まる違いとなるのです。

 

 

■紹介動画

 

今回はこのポイントに注意して動画を見てください。

ファーストボレーがうまく打てない人は要チェックです!

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスレベルアップ】段階的テニスのレベルアップ出来ていますか?

【テニス段階的練習法】

 

あなたはテニスの練習を

段階的に設定出来ていますか?

 

これなかなか難しいと思いますが

何事も、段階的に練習することが

 

一番の上達の方法ですよね。

 

コツコツクリアすることで

モチベーションの維持にもつながります。

 

テニスでは特に

段階的にマスターしていくことで

 

早く目標の位置に行くことが出来ます。

 

無駄な練習はしたくないものです。

 

ということで今回は

テニスの基本をマスターした次のステップをお伝えします。

 

■基本が大切

 

先ず何事も

基本が大切です。

 

その基本も

次の目標があるからこそ頑張ってマスター出来ます。

 

いつまでも基本ばかりでは飽きてしまいます。

 

テニスの基本としては

体幹の回転でのヒッティングです。

 

腕のを使わない

体幹の回転でのヒッティングが

 

安定したスイングを作ってくれます。

 

しかし!

『プロ選手はそんな打ち方はしていない!』と

良く言われます。

 

そうですね。

プロ選手はその基本を踏まえての

 

次のステップの

威力の出る打ち方をしているからです。

 

しかしその

プロ選手の打ち方を

 

基本が出来ていないうちにトライしても

ただの不安定なショットになる可能性があるのです。

 

そこで

『基本が大切』と、気が付く人も多いのです。

 

こちらのブログやYoutubeでも

基本的な部分だけをほとんどお伝えしています。

 

そこで

このテニスに引っかかってくれた人は

 

『もっと濃い内容の情報ありますか?』とコンタクトしてくれています。

 

今回ご紹介の動画は

基本の次のステップの紹介動画です。

 

基本的な部分が出来たら是非トライしていってもらいたいところです。

 

テニスのモチベーションを維持してもらうことが

このブログやYoutubeでの発信の目標です。

 

今回の動画で

まだまだ先の目標があることをイメージしてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【全仏オープンテニス2018】ラファエル・ナダル選手優勝!

本日は多くの方が

寝不足だと思います。

 

昨日の

ナダル選手VSティエム選手の

全仏オープン決勝戦を見た方も多いでしょう。

 

スコアは

6-4

6-3

6-2

のストレートで

 

ナダル選手が

赤土の王者にふさわしい戦いぶりでの優勝となりました。

 

ですとマッチでここまで勝ち上がってきた

ドミニク・ティエム選手も

 

王者の前になすすべがなかったです。

 

なかなか次世代に

王位を譲らない

 

ナダル選手とフェデラー選手は

本当に素晴らしいプレーヤーですね。

 

この二人の時代に

テニスが出来たことを誇りに思いますね。

 

そんなフェデラー選手が

ウエアー契約をユニクロと結ぶ。

 

という衝撃なニュースも入ってきました。

 

眠気が消し飛びました!笑

 

あなたもいろいろなことを考えると思いますが

気になってしょうがないですよね。このニュース

 

続きのニュースを

楽しみにしておきましょう。

 

さて全仏オープンも終わりました。

やはりオムニコートが多い日本では

 

全仏の戦いは参考になりますね。

特に今回は女子のダブルスもたくさん見る機会がありました。

 

平行陣やアイフォーメーション

オーストラリアフォーメーションなど

 

多彩なフォーメーションを使って

ダブルスをプレーしていた映像は

 

見ていてとても楽しかったですね。

 

是非非常識理論としても

取り入れたいところですね。

 

またオンコートや講習会で

みんなでトライしていきましょう。

 

ということで今回も

フットワークの動画をお届けします。

 

全仏オープンで

フットワークの大切さが

 

やはりわかった人も多いと思います。

こちらのシュワルツマンの安定したショットは

 

安定したフットワークに支えられています。

 

今大会唯一

ナダル選手からセットを取った

 

シュワルツマン選手の

心地よいフットワークをご覧ください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【フットワーク】前後に動きながらのフットワーク~前後の動きが悪い人への練習方法~

【前後のフットワーク】

 

●前に動きながら

●後ろに下がりながら

 

この状態で

打つ練習をしたことありますか?

 

ほとんどの人が”ない”と思います。

でも実践では、この状況で返球しなければいけない場合が

実は多いのです。

 

テニスの練習ではラリーが続くのに

ゲームになったら全くラリーが続かない

 

そんな悩みのある人がとても多いのです。

 

その大きな理由がこのような

『打ちにくいボールの返球の練習』をしていない

 

というところにあります。

 

今回はその練習

前に動きながらと下がりながらの

 

ヒッティング練習の動画をお伝えします。

 

■体軸をキープする

 

テニスのヒッティングは

ひねり戻しを使います。

 

そのためには

体軸をキープする必要があります。

 

その体軸をキープしたまま

スイングをする練習をすることがポイントです。

 

常に体は

バランスよくキープしたいので

 

そのバランスをキープして

スイング練習をすることが

 

動きながらヒッティングの練習方法となります。

 

■下がりながらボールを打つ

 

この下がりながらの打ち方の練習をすると

●足を踏ん張って

●踏み込んで

ボールを飛ばしている人は

 

ボールが飛ぶイメージがしません。

足を踏ん張らないと、ボールは飛ばないと感じているからです。

 

その支えの体が下がっていると

飛ぶ気がしないのです。

 

ボールのスピードは

100キロ前後のスピードが出ます。

 

体が後ろに下がるスピードなんて

時速何キロでしょうか?

 

たかが数キロ下がりながら打っても

ボールスピードはほとんど変わらないのです。

 

このイメージも

今回の練習には必須のイメージです。

 

■練習動画

このイメージで今回の練習動画をみてください。

 

【フォアハンド】

 

【バックハンド】

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【シングルス】シングルスの必須ショット~これが打てれば勝率アップ!?~

【シングルス3種の神器】

 

ただいま

全仏オープンテニスで熱い戦いが繰り広げられています。

 

全仏オープンはクレーコートですので

オムニコートでのシングルスが多い人にととっては

一番イメトレになる試合です。

 

 

ではその特徴としては

どんなところがあるかと言うと

 

先ずは

●スライドステップの多様

●ドロップショットの多様

ですね。

 

もちろんドロップショットは

ハードコートでもあるショットですが

 

クレーやオムニコートの

ボールが止まるコートでは

 

ハードヒットとドロップショットの打ち分けが

やりやすいためにこのショットは必須ショットに認定しています。

 

そしてやはり

一番の特徴がスライドステップですね。

 

ジョコビッチ選手は特に

ハードコートでもこのスライドステップを多用しますが

 

ほとんどの選手は

ハードコートではこのステップは使いません。

 

クレーコートでは

足が止まらないために

 

このスライドステップを使った方が

守備力が上がるのです。

 

このスライドステップですが

特にオムニコートでのシングルスプレーヤーは

 

必須ショットです。

 

使えるようになると

大幅に守備範囲が広がります。

 

そして

そのスライドステップにプラスして

 

緊急時の

腕のひねり戻しを使った

スライスショットを組合せば鬼に金棒です。

 

その守備力を広げた状態で

攻撃力を上げるショットとしてもう一つのご紹介が

 

ドロップショットです。

 

シングルス選手だけではなく

ダブルスプレーヤーも

 

このショットを使って

相手を前におびき出したり

 

セカンドサーブを攻撃したりと

プレーのバリエーションが広がります。

 

日ごろ何も目標を持たずして練習するよりも

何かにチャレンジすることが

 

日々のテニスの楽しみが広がります。

 

今回の動画は

シングルスの必須ショットとしてご紹介していますが

 

ダブルスプレーヤーも

是非トライしてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【スライス】遠いボールの返球方法!遠いボールは特殊なスライスで返す

【遠いボールの返し方】

 

全仏オープンテニス

熱い戦いが繰り広げられていますね。

 

本日は

アレクサンダー・ズベレフ選手

VS

ドミニク・ティエム選手の

 

次の世代の

2大巨頭の戦いですね。

 

この戦いは次の世代の

トップ争いの前哨戦となりますので楽しみですね。

 

ティエム選手の方が

クレーでは有利な展開となりそうですね。

 

ズベレフ選手も

自己新の4大大会上位進出で気合が入っています。

 

気合爆発の戦いを期待しましょう。

 

個人的には

シュワルツマン選手がベスト8に入ったことが嬉しいです。

 

アンダーソン選手との身長差が

33センチ差ですが

 

テニスは身長ではないですね。

 

そういえば先日の講習会で

初参加の方に

『コーチもう少し大きいかと思いました。』と

言いにくそうに言われました。笑

 

『説得力あるでしょう』と返しておきました。

 

僕が2メートルあったら

テニス理論に説得力がないですからね。笑

 

頑張れシュワルツマン!

 

■遠いボールのスライスの打ち方は?

 

先日

『全仏で錦織選手が振られたときに打っているスライスはどうやって打つのですか?

という質問がありました。

 

確かに全仏で選手が振られたときの

フォアハンドのスライスの打ち方が

 

普通のスライスではない打ち方になっています。

 

このスライスが

引っかかった。ということですね。

 

今回はこの

『遠く振られたときのスライスの打ち方』

 

についてお伝えしていきます。

 

■普通のスライスでは返球できない

 

遠いボールは

普通のスライスでは打ち返せません。

 

打点がはるかに後ろになっているために

普通のスライスでは返球できないのです。

 

この遠いボールの返球は

ラケット面を『自分に向けて』使う必要がります。

 

この自分に向けたラケットの使い方が

特別な返球方法となっています。

 

キーポイントは

『腕のひねり戻し』です。

 

この動きを作るためには

腕のひねり戻しを使います。

 

今回の動画での

遠いボールのヒッティングでは

 

腕のひねり戻しをチェックしてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------