『スライスも引く動きで打つ』引き上げや引き下ろしの動きでスライス打てていますか?

【スライスの引く動き】

 

あなたはスライスを

『引き上げや引き下ろしの動きでヒッティングできていますか?』

 

今回はスライスがテーマです。

このテニスは『引く動きでのヒッティング』というテニス理論です。

 

もちろんスライスも

『押し』で飛ばすのではなく、『引き』でヒッティングしています。

 

今回は動画にて

引く動きのラケットワークをお届けします。

 

 

【引き上げ】

 

この引き上げとは

低いボールをスライスでヒッティングするときのラケットワークです。

 

●スライスは上から下に斬り下ろす。

というイメージでヒッティングしている人は、

 

この、『低いボールのスライスが苦手』という傾向があります。

 

低いボールはやはり

下から上に持ち上げるラケットワークが必要となります。

 

その際のイメージで大切なのが

『グリップエンドから引き上げる』というラケットの使い方です。

 

この時に

『ラケット面で押す』という打ち方の人は

 

●低いボールが持ち上がらないのです。

 

なぜなら

低いボールのより低いところへ入らないと

『押す』というラケットの使い方では持ち上げることができないからです。

 

【引き下ろし】

 

ということは

●高いボールのスライスでの返球も

 

『グリップエンドからの引き下げる動き』ではないと

うまく返球することができないということになります。

 

高いボールもラケット面で押していると

ボールが上に飛びやすくなり、アウトのエラーが出やすくなります。

 

このスライスのラケットの使い方

このテニスの『引く動き』がわかりやすいです。

 

今回の動画にて『押す』のではない

『引く』動きでのヒッティングを

 

イメージしてみてください。

 

そしてこのテニスをもっと見てみたい方は、

下記のメールマガジンから他の動画もチェックできますので

覗いてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスの合理的な打ち方とはどんな打ち方でしょうか?

【テニスの合理的な打ち方とは?】

 

あなたの打ち方は

体に無理のない、理にかなった打ち方が出来ていますか?

 

今回は

嬉しいメッセージが届きましたのでご紹介します。

 

 

以下メッセージ

—————

先日頂きました「持ち上げストローク」の動画のおかげでしょうか?
先の土日に家内はサークルの対抗戦で5戦4勝と大活躍し、
ゲーム獲得率で3位と素晴らしい成績を上げることができました。
 
私も、今まではフォアのネットミスが多かったのですが、
なんとショートクロスへのパスが打てるようになっていました。
 
実は私は膝に障害を抱えており、立った状態で膝を充分に曲げることができません。
(もし曲げれば、立ち上がれなくなってしまいます。)
 なのでスクールのコーチからは再三「膝を曲げて‼️」と言われています。
 
ですが、非常識テニス理論に出会ってからは、腰高でも素晴らしいストロークを打つことができ、正に福音でした。
 
本当にありがとうございました。

—————

メッセージありがとうございます。

こちらの方はご夫婦でこのテニスに取り組んでもらえているそうです。

 

奥様のご活躍と旦那様も

サーブマスター講座によってサーブが格段にレベルアップしたとの報告がありました。

 

そして、旦那様は膝へ障害があるとのことで

膝を曲げなくてもいい、非常識テニスでのテニスの進化を楽しみにされています。

 

膝を曲げろと言うアドバイスを受けながら

膝を曲げなくても、『素晴らしいストロークが打てた』ということです。

 

●膝を曲げることが

 

果たしてどのような理論によって

ボールを安定してヒッティングすることにつながっているのでしょうか?

 

『もちろんひざを曲げる』というアドバイスで

ストロークが良くなる人もいるでしょうが

 

単純に膝の曲げが

ボールコンタクトのラケットにどう作用するかは

 

間の体にたくさんの動きがありすぎて

膝の曲げが安定したストロークにつながる事に影響する確率は

 

ものすごく少ないはずです。

 

今回メッセージを頂いた方も

『膝を曲げない事』でストロークが良くなったわけではありません。

 

この打ち方が

膝を曲げなくても出来る、体幹の回転でのヒッティングだった事で

 

『膝を曲げなくても打てた』

という結果につながっただけです。

 

このテニスは

理論的に合理的な打ち方を目指しています。

 

理にかなわない

ただの見た目の説明にすぎないアドバイスは

 

『うまく打てる』という結果に直結しない

形を真似するだけのアドバイスになってしまいます。

 

その中で

あなたの目指すテニスが

 

●プロのシングルスプレーヤーを目指しているのか?

●一般のダブルスプレーヤーを目指しているのか?

 

によっても

必要な技術に大きな違いがあります。

 

プロを目指していないのならば

ものすごいエースを取るような打ち方は必要ないはずです。

 

その部分をそぎ落として

合理的な打ち方を目指すことで

 

テニス寿命が延びたり

体に負担のない打ち方になったり

長い時間プレーが可能になったりと

 

一般プレーヤーに必要な

体に負担の少ないテニスになります。

 

負担が少ないという意味合いを説明すると

『年齢の高い人向けのテニスですか?』とよく言われますが

 

このテニスをしっかり体力のある人がマスターすれば

ものすごく競技レベルの上がるテニスにもなります。

 

残念ながら体力に自信のある人は

やはりプロの打ち方を目指す傾向にあるために

 

体力的に負担の少ないテニスというよりは

ハードでも強いボールが打てるテニスに偏る傾向があります。

 

この方からのメッセージで

『関西ジュニアの女の子のサーブに対して、軽く打っただけなのにとんでもないリターンが返りました。』

 

という喜びの報告があり

このテニスで年齢が高くなっても

 

若くバシバシ打ってくる相手に

カウンターのようなテニスが出来たら最高ですね。

 

僕は若いころはこのテニスで

カウンターのように、年上の方達を走らせるテニスをして

かなり嫌がられましたが。笑

 

 

今回はこのテニスの実践者の方の

喜びのメッセージの紹介と

 

このテニスの目指すところを

実際にイメージしてもらえたらと思います。

 

参考動画はありませんが

またまたこのテニスを実践して

 

ジャイアントキリングの報告をお待ちしています。

 

このテニスについて知りたい方は

下記のメルマガで紹介動画をお届けしていますので

覗いてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスは他人のアドバイスに聞き耳を立てるな!

【他人のアドバイスに聞き耳を立てないように】

 

あなたは

隣で別の生徒がコーチからアドバイスを受けている内容に

『聞き耳を立てて』自分もやってみよう!と

こっそり練習したことはありませんか?

 

これ実はあまりよくない練習となってしまいます。

なぜならば

 

コーチが個人的にアドバイスをしている時は

その人だけに対しての『個人アドバイス』の可能性が高いからです。

 

たくさんの生徒さんに対してのアドバイスは

みんなの前で一斉にコーチングが行われます。

 

この時のコーチングは

基本的な大まかなアドバイスとなります。

 

その基本のアドバイスで練習をした時に

生徒さん個々で、微妙な違いが出てきます。

 

それに対して

コーチは個別にコーチングをします。

 

つまりは

その人用のコーチングのために

 

それをあなたがコッソリ試しても

うまくいかない可能性が高いのです。

 

テニスは大まかな基本の練習目標と

個別の微調整のコーチングが必要となります。

 

コーチングにも大まかな基本と

たくさんのフォローコーチングがあるのです。

 

■フォローコーチングは当たりはずれがある

 

そのために

フォローコーチングは人によって当たりはずれが大きく出ます。

 

例えば僕が配信している

非常識理論のYoutube動画では

 

大きな基本の内容と

たくさんのフォローコーチングをアップしています。

 

その中であなたが選択して

選別して練習をすることで

 

打つ方のヒントが見つかる動画チャンネルにしています。

 

つまり

全ての動画はヒットしないし

閃く動画と意味が分からない動画もあり

 

さらっと流した方がいい動画と

しっかり意識したい動画とあるのです。

 

中には個人的に

矛盾を感じる動画もあると思います。

 

それらを一つずつ理解しようとせずに

あなたに合った動画をチョイスしてください。

 

そしてこの基本動画と

フォロー動画の二つの動画にはもう一つ特徴があります。

 

■忘れる意識

 

この基本の動画と

フォロー動画には大きな違いがもう一つあります。

 

それは

基本的な動画の内容は、

『意識し続けて覚えこませる動き』という役割があり

 

フォロー動画の内容は

『出来たら忘れる動き』という役割があるのです。

 

どういうことかと言うと

フォロー動画の内容は

 

あなたが基本の練習で

目標Aの打ち方を目指していた時に

 

Bの打ち方になってしまったとします。

つまり、うまくAの打ち方が出来なかった場合です。

 

そのBの打ち方になってしまったために

コーチからCのフォローアドバイスを伝授されました。

 

そのおかげで

Aの打ち方がマスターできたとします。

 

その時の

Cのアドバイスをずっと意識し続けると

Aのフォームから別のDのフォームに変化してしまうのです。

 

このイメージわかりますか?

CのアドバイスはBからAにいくためのアドバイスのために

 

Aの打ち方がマスター出来たら

忘れるべきイメージなのです。

 

Aに行きついたら

Aの打ち方の基本練習のことだけ意識しておきたいのです。

 

つまり

うまくできたときの練習方法で

その打ち方がうまくできたとしても

 

そのまま練習し続けていたら

2週間後にはまた打てなくなった場合には

 

今回の内容の可能性があるのです。

 

■いいときの意識をはっきりと

 

この時の対処法としては

うまく打てるようになった時は

 

その打ち方になった方法よりも

そのいい打ち方をどうやって打っているかの

 

フォームの情報をしっかり覚えておくことが大切です。

 

そうすれば

また打てなくなってきたときに

 

いい打ち方の時の情報があるために

『これを忘れていた』という正解への戻り道がわかるのです。

 

これ先日の

オンコートの時に話に出た内容です。

 

実際に

『このイメージで打てたから意識し続けました』と言う方があり

 

そのままだと打てなくなるので

『そのイメージを忘れてください』というやり取りがあったのです。

 

あなたももしこのような経験があるのならば

ちょっと気を付けてみてください。

 

また僕のYoutube動画を観る際は

このイメージで作っていますので

それを意識して練習してみてください。

 

Youtubeチャンネルはこちらです。

非常識なテニス上達理論

『非常ラーチャンネル』

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスは戻りながら打つ!あなたは戻りながらフットワーク出来ていますか?

【戻りながらフットワーク】

 

あなたは『戻りながら打つ』という意識で打てていますか?

 

本日のオンコートでの練習で

『体を戻す』という動きでのフットワークと

 

ヒッティングのフォームを合わせる練習を行いました。

 

すると・・

意外と皆さん苦戦していました。

 

あなたは戻りながらのフットワークと

ヒッティングフォームは連動していますか?

 

■戻りながら打つイメージは?

 

あなたは

『戻りながら打っている意識』はありますか?

 

これと相反するイメージが

●踏み込みながら打つ

というイメージでのヒッティングです。

 

直線的な踏み込みで飛ばすイメージでは

打つ動きと、ポジションに戻る動きが

反対方向になるために

 

戻りがワンテンポ遅れる傾向となります。

 

反対の

『戻りながら打つ』イメージでは

回転でのラケットの動きの中で

外から内側に回ってきたところでヒッティングするイメージとなり

 

これが

『戻りながら打つ』という感覚となります。

 

 

■トレーニングが必要

 

この動きが

言うのは簡単です。

 

そして素振りだけでも簡単です。

 

実際のヒッティングになると

結構難しいのです。

 

戻る動きのほかに

●腕がボールを飛ばす

という動きが入ってしまうと

 

たちまち体のタイミングがずれて

腕がブレて不安定なフォームとなります。

 

つまり

腕で打つ意識を無くして

『戻る』という意識だけでのヒッティングの方が

 

細かなブレやすい

筋肉でのヒッティングではなく

 

鈍くて大きな筋肉でのヒッティングとなるために

緊張で縮こまったりしない、振り抜きの良くなる

 

安定したフォームとなります。

 

今回はこのイメージの紹介動画を載せて置きます。

この戻りながらのヒッティングのイメトレをしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

”Youtube非常ラーチャンネル”登録者10,000人!!ありがとうございます!

【祝!!Youtube非常ラーチャンネル10,000人】

 

コツコツと配信してきた

非常識なテニス上達理論のYoutubeチャンネル登録者数が

10,000人になりました。

 

観ていただいている方々に感謝です。

 

先日も

『Youtubeのコメント欄は批判の嵐ですが、頑張ってください』と

励ましのお言葉を頂きました。笑

 

批判されないと

『非常識』ではないので、批判大歓迎です。

 

幸い

『このテニスに出会えて、テニスが変わりました。』

というお言葉は、メールでたくさん届いていますので

 

このテニスの配信に

迷いなくガンガンお届けしていっています。

 

一般公開のYoutubeチャンネルでは基礎的なヒント動画は

たくさんアップしたために

理論説明動画は今はアップロードはしなくなりましたが

 

講習会の模様や

『このテニスはどんなテニスか?』というお知らせの動画はアップを続けています。

 

もっと詳しく

このテニスを知りたい方は

 

メルマガに登録していただければ

講習会や合宿・オンライン会員の紹介や

各特別コンテンツのお知らせをしています。

 

このテニスをもっと詳しく知りたい方は

下記のメルマガに登録してみてください。

 

 

■日々テニス理論は進化している

 

先日オンコートラボの生徒さんとお話していて

『コーチはネタが尽きないのですか?』と言われました。

 

確かに今は

●日刊メルマガ

●オンラインメルマガ

●サーブマスター講座

●ゴムチューブ強制練習講座

●ブログ

と、

メルマガコンテンツを週に10~20

動画を週に約10本

ブログ5記事くらいのペースで作っています。

 

『そんなに作ってネタが良く続きますね!』という内容は良く言われます。

 

それが尽きないのです。

 

本日もオンコートラボで

先日のトレーニング講習会で学んだトレーニング内容を

メニューに取り込んだところ

 

・・できない・・

足と体と腕がバラバラ・・・

 

という問題点がすぐに出てきました。

 

オンコートの生徒さんは落ち込まないでくださいよ

出来なくて当たり前ですからね。

 

この足の動きと上半身の動きは

●ボールがないとうまくできます。

 

これあなたも経験ありませんか?

『ボールがなければ完璧』と思っても

 

ボールが来ると

まったく同じ動きが出来ない・・

 

意外と多いし落ち込みますよね。

 

そのためには

ボールがない状態でトレーニングが必要です。

 

ですが

そのトレーニングがなかなか続かないのです。

 

そこで

そのトレーニング動画が手元に届けばどうでしょうか?

 

今週はこの内容で

この動きが出来るようにコツコツ動画トレーニングを続けていきましょう。と

 

動画で届けば意外と

コツコツ『やろうかな』というモチベーションが上がります。

 

その動画を

さらっと作ってお届けするわけです。

 

そうするとまた

次のどなたかのコーチングの際に

 

・・問題が出てくるのです・・ホントにこれも尽きない。汗

 

それをまた動画でシェア

その繰り返しの日々が

僕が独立して来年で10周年ですね。

 

このペースでずっと動画を作り続けています。

 

膨大な数の動画と

膨大な数のコーチングネタの数々が蓄積されているのです。

 

日々テニスの理論は進化しています。

その日々の進化には

日々新しく打ち方を更新していないと

 

直ぐに遅れたテニスになってしまいます。

 

毎日の動画作成と

毎日のメルマガが

 

この『非常識理論』を

常にキレッキレのコーチングスキルとして維持してくれています。

 

その一つの目標として

Youtube登録者数10,000人は

 

なかなか達成感がありますね。

直ぐに減ったら落ち込みますが、汗

 

ということで今回は

一つの大きな目標を達成した

 

自分へのご褒美記事でした。

次回はテニスネタをお届けしますので。

 

本日はビールで乾杯しておきます。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

新しいテニスの打ち方~フェデラー選手の片手バックハンド~

【新しいテニス打ち方】

 

今回はこのテニスの

片手バックハンドの紹介動画をお届けします。

 

その前に

とても嬉しいメッセージが届きましたのでご紹介します。

 

以下メッセージ

——————

安藤コーチ。

 
いつも貴重な情報をありがとうございます。
 
先日サービスの件でご回答を頂きました
あれから練習を重ねたところ、自分でも驚くようなサービスが打てるようになりました。
 
本当に目から鱗ばかりで、いままでの指導は一体なんだったのか?と呆れるばかりです。
 
いま家内が苦手なボレー(特に浮いたボールをふかしてしまう)を克服すべく、毎日動画を観ています。
 本当にありがとうございました。
 
youtubeのコメントを見ておりますと
批判的なコメントが散見しておりますね。
 
しかし、私は一般的に言われてる上達法(いわゆる常識)と言うものは
「過去の上級者の経験を文書化したもの。」と思っています。
 
常識と言われる練習法で上達ができないのであれば、
非常識な練習を取り入れるべきだとも考えています。
(過去に非常識と言われたコトが、今では常識となってる事は多々ありますから)
 
非常識テニス理論との出会いは、私のテニスを大きく飛躍させて頂けるものと確信しました。
どうぞ外野に悩まされる事なく、更なる活動をなさって下さい。
 
微力ながら、応援させて頂きます。
本当にありがとうございました。
 
——————
メッセージ
本当にありがとうございます!
 
 
嬉しいですね!
この様なメッセージを頂くと
 
動画の一番いい場面の撮影中に、
ものすごい音が鳴って、撮影がダメになっても・・・
 
心が折れずに笑顔で再撮影できますね!笑
 
Youtubeのコメントは
確かに批判の嵐ですが
 
批判があるということは
まだまだ非常識を名乗っていける!ということの確認となるために
 
批判があれば
『よしよし』と思っています。
 
 
それはいいとして
今回この方のメッセージで、ご紹介したいポイントは
そこではありません。
 
ポイントはこのフレーズ
 
——————
しかし、私は一般的に言われてる上達法(いわゆる常識)と言うものは
「過去の上級者の経験を文書化したもの。」と思っています。
——————

これが今回の

ブログのテーマです。

 

まさに僕もこのポイントを

テニス理論に取り込んでいます。

 

多くのテニス上達法の中には

「上級者のフォームを文書化したもの」がたくさんあります。

 

つまり

『見た目のフォームを説明したアドバイス』ということです。

 

あなたはテニスのアドバイス通りにやっても

『一向にその打ち方が出来ない』という経験がありませんか?

 

そこには今回のテーマの

『見た目の説明』というアドバイスで練習したから。

と言う原因が考えられます。

 

見た目のフォームの説明では

その打ち方にはならないのです。

 

実際に見た目のフォームを作る動きは

見た目とは違う動きを作る感覚となるからです。

 

そして今回ご紹介の動画

『片手バックハンドの引くフォーム』では

 

『引く』と言う動きでボールを飛ばしています。

 

ですが、

見た目は『押している』ように見えます。

 

実際にこのフォームで打っている僕が

『引く』と言う意識で打っているので間違いはありません。

 

片手のバックハンドは

『押す』と全く打てません。

 

ボールに押し負けてしまい

片手でラリーをバンバン振り切って打つ事は出来ないのです。

 

一昔前には

『押すテニス』の全盛期がありました。

 

その時期には

片手バックハンドの選手がほとんど上位に入れない時代がありました。

 

今この新しいテニスに変わってきて

また片手バックハンドの選手が復活してきました。

 

簡単に片手が打てるからです。

 

●あなたも長年バックハンドを片手にしたくても

全く打てないために出来なかったのならば

 

●これから先のフットワークの衰えを見据えて

片手に転向したいと思っているのならば

 

●フェデラーのような片手を打ちたいけど

しょうがなく両手にしているのならば

 

●女性でも片手のバックハンドを打ちたい!

と思っているのならば

 

『引くテニス』にチャレンジして

片手バックハンドをマスターしてください。

 

ということで今回ご紹介の動画はこちらです。

この『引くテニス』をもっと知りたい方は

下記のメルマガで無料体験動画をお届けしていますので

チェックしてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスの体のトレーニングはほとんど練習しない~体感トレーニングの必要性~

【テニスのトレーニング練習はほとんどない】

 

今回のテーマは

『テニスの体のトレーニング』についてお伝えします。

 

あなたはテニスの練習で

身体の動かし方を良くするトレーニングを行っていますか?

 

今回なぜ

唐突にこのテーマなのかというと

 

先日、プロのトレーナーの方達に

テニスの動きを良くするトレーニングを行ってもらう講習会を開催したところ

 

参加者の方達一人一人の

テニスをプレーする上での

 

『足りない動き』というものがたくさん出てきました。

 

その中でも

大きく足りなく、そしてプレーに大きく影響する

 

二つのポイントを教えていただきました。

 

そのポイントとは

『ブレーキング』と『左足の弱さ』です。

 

これについては

またブログにて報告のページを作りますので

その時にお伝えします。

 

今回の講習で感じたことは

『体の動きが悪いために、テニスの上達が止まっている人が多い』ということです。

 

そのために

早速翌日のオンコートラボでは、

 

ヒッティング練習の際に

トレーニングの内容も踏まえた練習メニューに変更しました。

 

そうすると・・

ん~できない人がやはり多い・・

 

という結果となりました。

出来ている人にとってはまさに、盲点となるポイントでした。

 

日ごろから

この二大ウィークポイントを補うように

練習していくことがとても大切だと感じましたので

 

しっかり練習メニューに入れ込んでいこうと思います。

 

今回の講習会では

基礎のストロークの動きだけをチェックしました。

 

ということは

『まだまだものすごい数の、身体の動きのチェックポイントがある』

ということです。

 

これで

テニストレーニングの重要性が

ものすごくわかりました。

 

こちらの講習会は

またまた開催していきます。

 

興味がある方は

申し込みはメルマガで行いますので

 

下記のメルマガに登録しておいてください。

 

本日は今回の講習会の内容とは

全く関係ないですが、体感トレーニングの動画をのせておきますので

チェックしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

大坂なおみ選手優勝!!全米オープンテニス2018

【大坂なおみ選手優勝!!】

 

大坂なおみ選手

全米オープンテニス優勝おめでとうございます!

 

日本人女性で初のグランドスラム制覇という

快挙を成し遂げました。

 

しかし・・

グランドスラムの表彰式でブーイングとは・・ガッカリ

 

試合中の応援やアウェイの洗礼はもちろんいいのです。

 

しかし

ゲームセットした後の結果に

ブーイングをするなんて・・ちょっとマナーが悪すぎましたね。

 

セリーナウイリアムズの態度も・・

ま、負ける人のパターンなのでいいとして

 

彼女にあこがれていた若い選手が

 

その選手に勝とうとして頑張ってきたのに

相手がこのような態度を取ったら・・ガッカリです。

 

最高にカッコ悪かったですね。全米オープン

 

彼女が夢にまで見た舞台の

お膳立てがバッチリ決まって

 

こういう奇跡の状況には

必ず奇跡的なことが起こると言いましたが

 

まさかの最悪な奇跡の決勝戦でした。

 

が、大阪選手が優勝したことには

大いに意味のある大会でしたので

 

このあこがれの選手も

もはや見る影もない尊敬に値しない選手となりましたし

 

次の目標に向かい

今度は自分がこのような選手にならないようにと

心に刻んでいると思いますので

 

次の世代の世界ランクNo.1に

自分がなることを目標にして頑張ってもらいたいですね。

 

さて気を取り直して

大坂選手のフォアハンドは

 

しっかり腕のひねり戻しを使った

威力なおある安定したフォームです。

 

この打ち方は

ただ今非常識理論では

 

ゴムチューブを使ったテニス練習法で

目指している打ち方です。

 

参加者の方は

大坂選手のフォアハンドも詳細解説を付けて

 

打ち方説明をお届けしますので

マスター目指していきましょう!

 

この大坂選手の打ち方は

こちらのブログでも少しご紹介しますので

 

またチェックしておいてください。

 

大坂選手

優勝おめでとうございます!!!!

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスで必要な体の動き~引く・弓なり・ひねり戻し・止め~

【テニスに必要な体の動き】

 

あなたはテニスに必要な

体の動きは意識してマスター出来ていますか!

 

ざっと並べると

『腕のひねり戻し』

『胸の弓なりの動き』

『体幹の回転』

『左手の締め』

『グリップの握りのタイミング』

『抜重ステップ』

『各フットワーク』

『ブレーキング』

などなど・・

 

思いつくままに上げると

全くまとまりなく、たくさん上がってきてしまいました。

 

テニスはとても

難しいスポーツですね~

 

これだけの体の動きを

上級者の人は自然に出来ていますよね。

 

もちろん長い年月をかけて

練習の中で自然に身についていったものがほとんどです。

 

なぜなら未だに

それらの動きを科学的に分析して

その一つ一つをトレーニングする環境なんて

全くないですから。

 

でもそれを

しっかり必要な動きとして認識して

 

そのトレーニングメニューを立てて

意識してトレーニングすることで

 

長い時間をかけて体に覚えこませるテニスの上達の道を

最短距離でショートカット出来るのではないか。

 

これが今

非常識理論が取り組んでいるポイントの一つです。

 

『体の動かし方を良くすること』に着目しています。

 

というか

この時代にいつまでも昔と同じ練習環境なんて

かなり遅れていると思いませんか?

 

もっと科学的な

練習方法やトレーニングメニューが

出てきてもいいですよね。

 

 

■テニストレーニング講習会

 

と言う事で

今週末に非常識理論は

 

プロのトレーナーの方達と

テニストレーニング講習会を開催します。

 

そこで

テニスに必要な動きの中で

 

一般の人が動いていない

体の動きについてしっかりピックアップして

トレーニングメニューを組み立てていきたいと思っています。

 

あなたのテニスで

上達がスムーズにいっていないショットはひょっとして

 

体の動かし方が

うまく出来ていない事が原因かもしれません。

 

またこの結果や詳細については

メルマガでご紹介していきますので

 

テニストレーニングについて

興味がある方は、下のメルマガにご登録しておいてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

バックハンドも引く動きで打つ~シュワルツマン選手の綺麗なバックハンド~

【バックハンドも引く動きで打つ】

 

前回

フォアハンドの引く動きの動画をお伝えしました。

 

動画はこちら

 

今回は

バックハンドの紹介動画です。

 

バックハンドも引く動きでヒッティングします。

 

基本的にテニスは

クロスに打つことをベースにします。

 

振られた時に

クロスに打ち返せないと

 

シングルスなら

相手にオープンコートを狙われますし

 

ダブルスならば

前衛に捕まってしまいます。

 

あなたは振られても

しっかりクロスに打ち返すことが出来ていますか?

 

もし出来ていないならば

『引く動き』ではなく『押す動き』でボールを打っている可能性が高いです。

 

バックハンドが前衛に捕まる人は

今回の『引く動きでのバックハンド』をチェックしてみてください。

 

 

■引くからクロス

 

引く動きと言うのは

イメージは背中側に飛ばすイメージとなります。

 

あなたが『押し』でボールを飛ばしているのならば

前に飛ばす意識となるはずです。

 

そうすると

ボールの常に後ろに追いつかなければ

ボールが打てないことになります。

 

テニスは相手が

あなたの打ちにくい場所にボールを打ってきます。

 

つまり

後ろに入れない事の方が多いのです。

 

もしあなたが

球出し練習の時にはしっかり打てたり

ストレートラリーの時にはしっかりうてているのに

 

ゲームになると全く打てないのならば

『押すテニス』のために

 

打ちやすいボールしか打てない打ち方になっている可能性が高いのです。

 

『引く動き』での打ち方は

振られたときにもしっかり返球することが出来ます。

 

背中側に飛ばすイメージのために

振られてもクロスに打てるからです。

 

先ず今回は

あなたの打ち方が『押す』意識となっているのならば

 

今回の動画で

コンタクトから引く意識でのヒッティングをチェックして

 

そのイメージでのヒッティングに

チャレンジしてみてください。

 

今回は両手バックハンドの紹介動画ですが

もちろん片手のバックハンドも同じです。

 

片手の方も

イメージしてみてください。

 

今回の動画のイメージで

閃きがあった方は、下記のメルマガでたの動画もお届けしていますので

チェックしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------