【テニスコントロール】~動画を見て上達!感覚的コントロール方法動画~

【テニスストローク】

 

動画を見て上達!感覚的コントロール方法動画

 

今回は

そんな夢のような題名でスタートしました。

 

観るだけで

ストロークのコントロールが上達する

 

そんなイメトレ動画を作りました。

 

テニスは実際のゲームでは

感覚的にコントロール必要があります。

 

その際に

足がどうか・・

ラケットがどうか・・

 

と、

フォームに意識が行っていると

コースや空きコートの情報に集中できず

 

ゲームを感覚的にプレーすることが出来なくなります。

 

今回の目的はこの

【ゲームを感覚的にプレーすること】です。

 

そのために

ボールコントロールを簡単な意識で行うために

 

今回のイメトレ動画を作りました。

 

あまり深く考えずに

このイメージだけでヒッティングを行ってください。

 

意外と何か

新しいひらめきがあるかもしれません。

 

一度ヒッティング前に

自分でボール出しを行って見てください。

 

自分でボールを出して打ったら

このイメージでしっかり狙った場所にボールが行きます。

 

その場所にボールが来れば

同じイメージでバッチリコントロールできるはずなのです。

 

そこに

相手ボールの勢いや

ボールとラケットのコンタクトに集中しすぎると

 

このコントロールする感覚がなくなります。

 

そこがゲームでうまく打てない人がハマっている

感覚的にプレーが出来ない原因です。

 

今回のイメージで

他には何も考えずに

 

実践のゲームでプレーしてみてください。

 

何か新しい

閃きがある事を願っています!

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスフットワーク】体がブレなくなる!足の置き方が良くなるフットワークトレーニング

【テニスフットワーク】

 

体をブラさない!

足の置き方が良くなるフットワークトレーニング

 

今回のテーマは

体がブレなくなるフットワークトレーニングです。

 

動画でトレーニングをお伝えしています。

こちらのブログではもう少し切り込んでお伝えしていきます。

 

◇体をブラさない

 

今回の大きなテーマが

体をブラさない足の置き方です。

 

ストロークで

●詰まる

●打点が合わない

●距離感が悪い

という感覚になっている原因の一つに

 

『足のブレ』が挙げられます。

 

これは

ボールに入った際に足をセットしますが

その足を置く際に体がブレている人が多いのです。

 

その原因が

『ガツンと急な足の置き方』にあります。

 

今回の動画では

その足の置き方を柔らかくブレずにしっかり置くための

足の使い方のトレーニング動画となっています。

 

◇重心を残しておく

 

このゆっくりな足のセットのためには

『重心を後ろに残して足を置く』というコツがあります。

 

重心を全部前脚に、すぐにかけてしまうと

●重心のブレにつながります。

 

実はこれ

ストロークのセット足の置き方だけではなく

 

ボレーの際の

『後ろ脚のタメ』にもつながる足の使い方なのです。

 

ボレーの際に

●待てない

●突っ込んでしまう

●ネットミスが多い

●ローボレーが苦手

と言うエラーが多い人は

 

『蹴り足の重心を残しておけない人』なのです。

 

ボレーでは一般テニスでは

『踏み込みで飛ばす』と表現しますが

 

非常識理論では

『後ろの蹴り足で飛ばす』と表現します。

 

この二つの打ち方は

見た目は全く同じですが

 

前脚か後ろ脚か

どちらの足を意識しているかが

 

正反対に違います。

 

・・さすが非常識理論です。笑

 

この際に

前足の踏み込みに意識が強いと

 

●待てない

●突っ込む

と言うボレーになります。

 

反対に

後ろ脚の蹴りでのボレーは

 

〇待てる

〇ためれる

〇運べる

と言うボレーになります。

 

そして本題です!

今回の動画の後ろ脚の使い方

 

最後にかかとを上げて足で蹴る動きが

ボレーの際のコンタクト後の蹴り足になっています。

 

このトレーニングを行って

ボレーの際にコンタクト後にこの蹴り足が出来るようになると

 

ボレーが安定しますので

そこもマル秘ブログ情報としてチェックしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【サーブ】ネットミスを減らす!サーブで大切なラケットの使い方

【サーブでのネットミスを減らすラケットの使い方】

 

今回はサーブでの

ネットミスしないラケットの使い方です。

 

詳しくは動画にてお伝えしていますので

こちらのブログではプラスアルファーをお伝えします。

 

今回の動画では

●ボールを叩き下ろすフォームではなく

●回転をかけるフォームをご紹介しています。

 

多くのサーブが苦手な人は

ラケットでボールを叩き下ろすように

ヒッティングしてしまっています。

 

ここが大きな間違いで

叩き落すラケットの動きは

 

ボールにアンダースピンをかける動きとなります。

 

サーブの回転は

縦回転が欲しいところです。

 

もちろんスライスサーブは横回転ですが

その横回転もアンダースピン系かトップスピン系かで

確率が変わります。

 

そのサーブの確率を上げる

縦回転のボールが飛ぶには

 

ラケットがボールの上に進む必要があります。

 

この際に

腕がボールを叩き下ろす使い方をしていると

 

反対にアンダースピン系となり

確率が下がるサーブになってしまいます。

 

サーブは縦回転を意識して右斜め上に

ラケットを振りぬいていく意識が大切です。

 

今回の動画にて

回転をかけるラケットの使い方をイメージして

 

さらにその

回転をかけた時のボール軌道も意識して

動画をチェックしてください。

サーブのもっと詳しく情報が見たい方はこちら

【サーブもっと追加情報】

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスロブ】スマッシュが打たれない!必殺ロブコース

【テニスロブ】

 

スマッシュが打たれない!

必殺ロブコース!

 

今回は何と素晴らしい!

 

スマッシュが打たれないロブのコースと言う

 

素敵な情報です。

 

と言いますが

そんなに特別なショットでもないのですが

 

意識出来ているかが大切です。

 

そのコースはこちら

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスダブルス】リターンが返る!守備力最強のダブルバック陣形

【テニスダブルス】

リターンが返る!守備力最強のダブルバック陣形

 

 

今回は

『ダブルバック平行陣』についてお伝えします。

 

これは後ろ平行陣で

ペア共にベースラインに下がった

 

二人でストロークを打つ陣形となります。

 

この陣形の利点は

守備力が高いところです。

 

前衛がいない分

相手に攻撃されてポイントを取られやすい

 

『前衛の足元』がないために

相手の決定力を下げる効果があります。

 

もちろんその分

攻撃力は下がります。

 

こちらも前衛がいない分

相手前衛の足元を狙う決定率が下がります。

 

ですがこの陣形は

もう一つの大きな効果があります。

 

それが

【レシーブがしやすい】ことです。

 

なぜレシーブがしやすいかと言うと

『前衛につかまってもポイントが取られにくい』からです。

 

ダブルスで

レシーブが返らない状況になった時は

 

●相手の前衛に捕まる

●相手前衛を避けようとしてエラーする

という

 

前衛を避けようとしてのエラーがほとんどです。

 

その

〇前衛を避けなくてもいい

〇前衛に捕まっても大丈夫

 

という緊張がなくなる意識が

楽にレシーブを返してくれるという効果があります。

 

もちろんその返球後に

ロブを上げたりしても

 

スマッシュで前衛が狙われることがないために

相手のスマッシュミスも誘えます。

 

この陣形は

プロでも一般プレーヤーでも使える陣形で

 

相手にリードされた時や

相手の平行陣を崩す時

 

流れをがらりと変えたいときに

かなり使える陣形です。

 

〇ストレートアタックを打つとき

〇ロブの調子が悪い時

〇レシーブが返らない時

〇相手の平行陣を崩したいとき

〇4-4でワンブレークしたいとき

〇どうしても流れを変えたいとき

 

この様な時に

この陣形を使う事をお勧めします。

 

と言う事であとは動画にて確認をして

しっかりトライしてみてください。

 

このテニスをもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------