スライスロブの打ち方~ゲームでスライスをしっかり使う~

【スライスロブ】

 

あなたはスライスを

日頃しっかり使っていますか?

 

意外と使っていないのがスライスショットです。

練習する機会も少なくなりやすいですが

 

スライスショットは

攻撃と守備のどちらでも使う必須ショットです。

 

攻撃では

伸びる滑るスライスでアプローチを打ったり

 

守備では

相手の攻撃をロブでかわしたりと

 

テニスのゲームでの組み立てには

無くてはならないショットです。

 

今回は『スライスロブ』の動画を紹介します。

 

このスライスロブを上げる際に

一番大きな落とし穴にがあります。

 

それは

『スライスショットのスイングを腕で振ってしまう事』です。

 

スライスロブが

『浅くなりやすい』人はこの落とし穴にはまっている可能性が高いです。

 

ロブはボールをしっかり飛ばす必要があります。

途中で失速すると、たちまちスマッシュの餌食になるからです。

 

その

途中で失速しないロブを上げるコツが

『腕を振らないフォーム』です。

 

■腕を振らないフォーム

 

腕を振らないフォームとは

どのようなフォームかと言うと

 

腕ではなく肩の回転

つまり体幹の回転でのヒッティングが重要になります。

 

ですがこの

〇体幹の回転で打っているか

●腕のスイングで打っているかが

見た目ではわからない

 

どちらも腕の振りに見えるために

腕の振りになりやすいショットなのです。

 

このポイントをしっかり頭に入れて

今回の動画をチェックしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【リターンが返る!】リターンミスがなくなるランニングリターン

【リターンミスがなくなるランニングリターン】

 

あなたは相手のサーブを

ミスなくリターンできていますか?

 

今回は

リターンについてお伝えします。

 

ゲームではこの

リターンがしっかり返っていないと

 

相手サーブをブレイクすることが出来ません。

 

反対に

リターンの返球率が上がると

 

ブレイク率がぐっと上がります。

 

特にダブルスでは

あなたのリターン率が100%になったら

あなたのペアのブレイク率がかなり上がります。

 

ここで考えてください。

あなたのサーブのキープ率がいかに高くても

 

試合中に回ってくる確率は

4分の1です。

 

ですがリターンゲームは

2回に一回のペースで回ってきます。

 

つまりは

あなたのリターンの返球率が上がって

あなたのペアのサービスブレイク率が上がった方が

 

ゲーム取得率が上がるのです。

 

そう思ったら

リターンの重要さが良くわかります。

 

そのリターンの返球率が高くなるための

必要なものが

 

『ランニングフットワーク』です。

そのフットワークを使ったリターンが

 

『ランニングリターン』です。

 

ランニングリターンが出来ないと

 

速いサーブや初対戦のサーブに対しての

リターンの返球率が下がります。

 

さてこのランニングリターンですが

もちろんすぐに出来るものではなく

 

必要なフットワーク練習と

初めて練習する人の多くが、流れてしまうので

チェックポイントもたくさんありますが

 

先ずばイメージを作るために

紹介動画がありますのでご紹介しておきますね。

 

あなたがこのフットワークで

リターンが出来ているかをチェックしてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【スマッシュの基本】初心者スマッシュのミスが減るスマッシュの大切な基本

【初心者スマッシュのミスが減るスマッシュの大切な基本】

 

あなたはスマッシュのコンタクト

安定していますか?

 

スマッシュはラケットに

綺麗に当たらないショットです。

 

ボールが落ちてくる上に

勢いを付けようと腕が降りすぎる確率が高いからです。

 

特に初心者の人にとっては

かなり難しいショットで

 

さらには練習時間も極端に短く

その割にポイントの大切な場面で必要なショットです。

 

チャンスボールが

ピンチボールになっている人が多いのです。

 

今回はそんな

『スマッシュに悩みがある方』に向けて

 

スマッシュのコンタクトの基本をお伝えします。

 

■腕で振って当てない

 

今回のテーマは

『グリップの握りでコンタクト』です。

 

多くのスマッシュに悩みが人は

コンタクトが不安定なのです。

 

そのコンタクトが不安定になる原因で一番多いのが

 

●ラケットを振ってボールコンタクトをする

という原因があります。

 

『スマッシュは振りながら当てるショットですよね・・・』と

もしあなたが思ったならば

 

今回の動画が

スマッシュの悩み脱出の糸口になる可能性があります。

 

スマッシュは

腕の振りでは当てません。

 

ではどうやって当てるのかと言うと

『グリップの握り』です。

 

どうやって!?

 

と聞きたい方は

今回の動画にて確認してください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【初心者にお勧め】サーブの段階的練習法のご紹介

【初心者にお勧めサーブの段階的練習】

 

今回は

サーブの段階的練習法をお伝えします。

 

ポイントは三つです。

 

1】肩の回転

2】ラケットの加速

3】1・2の連動

 

この三つのポイントが

サーブでの大切な動きとなっています。

 

では一つずつ

説明していきます。

 

1】肩の回転

 

この肩の回転とは

どういう回転かと言うと

 

頭を中心とした

両肩が入れ替わる回転運動です。

 

この時の落とし穴が

肩関節を中心とした腕の振りです。

 

サーブは腕で振ってはいけません

大きな肩の回転でのフォームを作ることが大切です。

 

ですがサーブは腕で振っている人が多いので

この肩の回転を先ずはトレーニングしていきます。

 

 

2】ラケットの加速

 

次がラケットの加速の動きです。

 

ラケットヘッドは背中でクルリと回った動きが

そのままコンタクト出ていく事で加速が生まれます。

 

その動きを

タオルを使ってトレーニングしていきます。

 

タオルが綺麗に動けば

無駄のない動きが出来たことになります。

 

このトレーニングで

見えないラケットの動きを正しく作る作戦です。

 

ラケットは

頭の後ろでどのように動いているかがわからないショットです。

 

そのために

今回のタオルトレーニングで動きをイメージします。

 

その動きでラケットを振って

フォームを作っていきます。

 

 

3】複合フォーム

 

サーブが難しいのは

色々な動きが合わさってフォームを作っているためです。

 

今回の二つの動きを

合わせる事も大切な練習メニューです。

 

ラケットヘッドが加速して

その加速を止めないように肩の回転が引き継ぎます。

 

その際に腕が動かないようなフォームになる事で

サーブフォームの安定を図ります。

 

今回の動画にて

このイメージでのサーブフォームの安定に

トライしてください。

 

まだまだサーブはこれだけではなく

もっと大切な項目があります。

もう少し突っ込んで知りたい方は

こちらのメルマガで動画をチェックしてください。

 

サーブのポイント動画体験←こちら

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス打ち方動画】苦手ない人が多いローボレーの打ち方

【テニス打ち方動画】~ローボレー編~

 

『ローボレーが苦手です』

この悩みは多くの方が抱えています。

 

今回は『テニス打ち方動画』シリーズとして

ローボレーの打ち方を動画でお伝えします。

 

そもそも

ローボレーはなぜ難しいのでしょうか?

 

それはズバリ!

ラケットを上に構えて打っている人が多いからです。

 

『ボレーは上にラケットを立てて構える』

と思っている方が多く

 

もちろん間違いではないですが

低いボールのボレーに対して

 

このラケットセットでボレーをすると

上から下へのラケットの使い方となり

 

ボールが持ち上がらずに

ネットにかかりやすいエラーの多いボレーとなります。

 

今回のオープニング画像を見てもらえれば

ラケットヘッドの方がグリップよりも低くなっているのがわかります。

 

このラケットとグリップの位置関係で

グリップから上にラケットを上げる事で

 

ボールが上に持ち上がるボレーとなるのです。

 

その際に

ラケットヘッドを高く上げていれば

 

上から下へのダウンスイングでのラケットコンタクトになってしまい

ローボレーが持ち上がらないのです。

 

今回のイメージで

フォアボレーはわりとラケットヘッドが下がりやすいです。

 

特にバックボレーが

ラケットヘッドが下がらない人が多いです。

 

その理由は

『左手と右手の位置関係が決まっている人が多い』からです。

 

どういうことかと言うと

バックボレーは片手も両手も左手と右手でラケットを構えます。

 

その際に

左手と右手の位置関係でラケットの角度が決まります。

 

その際に

あなたは左手と右手の位置関係を変えていますか?

 

バックボレーは

左手と右手の位置関係を変えて

ボールの高さに合わせてラケットのスイング軌道を変えています。

 

つまり

高いボールの時は上から下にラケットを使い

低いボールは下から上にラケットを使うために

 

左手と右手の位置関係を

大幅に変える必要があるのです。

 

これが多くの人が上から下にラケットを使う

左手が上右手が下の位置関係のために

 

バックのローボレーが苦手な人が多い理由なのです。

 

そのポイントも意識して

今回の動画を観てください。

 

この様により詳しいテニスの動画や情報は

下記のメルマガで配信していますのでチェックしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------