新しいテニスの打ち方~フェデラー選手の片手バックハンド~

【新しいテニス打ち方】

 

今回はこのテニスの

片手バックハンドの紹介動画をお届けします。

 

その前に

とても嬉しいメッセージが届きましたのでご紹介します。

 

以下メッセージ

——————

安藤コーチ。

 
いつも貴重な情報をありがとうございます。
 
先日サービスの件でご回答を頂きました
あれから練習を重ねたところ、自分でも驚くようなサービスが打てるようになりました。
 
本当に目から鱗ばかりで、いままでの指導は一体なんだったのか?と呆れるばかりです。
 
いま家内が苦手なボレー(特に浮いたボールをふかしてしまう)を克服すべく、毎日動画を観ています。
 本当にありがとうございました。
 
youtubeのコメントを見ておりますと
批判的なコメントが散見しておりますね。
 
しかし、私は一般的に言われてる上達法(いわゆる常識)と言うものは
「過去の上級者の経験を文書化したもの。」と思っています。
 
常識と言われる練習法で上達ができないのであれば、
非常識な練習を取り入れるべきだとも考えています。
(過去に非常識と言われたコトが、今では常識となってる事は多々ありますから)
 
非常識テニス理論との出会いは、私のテニスを大きく飛躍させて頂けるものと確信しました。
どうぞ外野に悩まされる事なく、更なる活動をなさって下さい。
 
微力ながら、応援させて頂きます。
本当にありがとうございました。
 
——————
メッセージ
本当にありがとうございます!
 
 
嬉しいですね!
この様なメッセージを頂くと
 
動画の一番いい場面の撮影中に、
ものすごい音が鳴って、撮影がダメになっても・・・
 
心が折れずに笑顔で再撮影できますね!笑
 
Youtubeのコメントは
確かに批判の嵐ですが
 
批判があるということは
まだまだ非常識を名乗っていける!ということの確認となるために
 
批判があれば
『よしよし』と思っています。
 
 
それはいいとして
今回この方のメッセージで、ご紹介したいポイントは
そこではありません。
 
ポイントはこのフレーズ
 
——————
しかし、私は一般的に言われてる上達法(いわゆる常識)と言うものは
「過去の上級者の経験を文書化したもの。」と思っています。
——————

これが今回の

ブログのテーマです。

 

まさに僕もこのポイントを

テニス理論に取り込んでいます。

 

多くのテニス上達法の中には

「上級者のフォームを文書化したもの」がたくさんあります。

 

つまり

『見た目のフォームを説明したアドバイス』ということです。

 

あなたはテニスのアドバイス通りにやっても

『一向にその打ち方が出来ない』という経験がありませんか?

 

そこには今回のテーマの

『見た目の説明』というアドバイスで練習したから。

と言う原因が考えられます。

 

見た目のフォームの説明では

その打ち方にはならないのです。

 

実際に見た目のフォームを作る動きは

見た目とは違う動きを作る感覚となるからです。

 

そして今回ご紹介の動画

『片手バックハンドの引くフォーム』では

 

『引く』と言う動きでボールを飛ばしています。

 

ですが、

見た目は『押している』ように見えます。

 

実際にこのフォームで打っている僕が

『引く』と言う意識で打っているので間違いはありません。

 

片手のバックハンドは

『押す』と全く打てません。

 

ボールに押し負けてしまい

片手でラリーをバンバン振り切って打つ事は出来ないのです。

 

一昔前には

『押すテニス』の全盛期がありました。

 

その時期には

片手バックハンドの選手がほとんど上位に入れない時代がありました。

 

今この新しいテニスに変わってきて

また片手バックハンドの選手が復活してきました。

 

簡単に片手が打てるからです。

 

●あなたも長年バックハンドを片手にしたくても

全く打てないために出来なかったのならば

 

●これから先のフットワークの衰えを見据えて

片手に転向したいと思っているのならば

 

●フェデラーのような片手を打ちたいけど

しょうがなく両手にしているのならば

 

●女性でも片手のバックハンドを打ちたい!

と思っているのならば

 

『引くテニス』にチャレンジして

片手バックハンドをマスターしてください。

 

ということで今回ご紹介の動画はこちらです。

この『引くテニス』をもっと知りたい方は

下記のメルマガで無料体験動画をお届けしていますので

チェックしてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスの体のトレーニングはほとんど練習しない~体感トレーニングの必要性~

【テニスのトレーニング練習はほとんどない】

 

今回のテーマは

『テニスの体のトレーニング』についてお伝えします。

 

あなたはテニスの練習で

身体の動かし方を良くするトレーニングを行っていますか?

 

今回なぜ

唐突にこのテーマなのかというと

 

先日、プロのトレーナーの方達に

テニスの動きを良くするトレーニングを行ってもらう講習会を開催したところ

 

参加者の方達一人一人の

テニスをプレーする上での

 

『足りない動き』というものがたくさん出てきました。

 

その中でも

大きく足りなく、そしてプレーに大きく影響する

 

二つのポイントを教えていただきました。

 

そのポイントとは

『ブレーキング』と『左足の弱さ』です。

 

これについては

またブログにて報告のページを作りますので

その時にお伝えします。

 

今回の講習で感じたことは

『体の動きが悪いために、テニスの上達が止まっている人が多い』ということです。

 

そのために

早速翌日のオンコートラボでは、

 

ヒッティング練習の際に

トレーニングの内容も踏まえた練習メニューに変更しました。

 

そうすると・・

ん~できない人がやはり多い・・

 

という結果となりました。

出来ている人にとってはまさに、盲点となるポイントでした。

 

日ごろから

この二大ウィークポイントを補うように

練習していくことがとても大切だと感じましたので

 

しっかり練習メニューに入れ込んでいこうと思います。

 

今回の講習会では

基礎のストロークの動きだけをチェックしました。

 

ということは

『まだまだものすごい数の、身体の動きのチェックポイントがある』

ということです。

 

これで

テニストレーニングの重要性が

ものすごくわかりました。

 

こちらの講習会は

またまた開催していきます。

 

興味がある方は

申し込みはメルマガで行いますので

 

下記のメルマガに登録しておいてください。

 

本日は今回の講習会の内容とは

全く関係ないですが、体感トレーニングの動画をのせておきますので

チェックしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

大坂なおみ選手優勝!!全米オープンテニス2018

【大坂なおみ選手優勝!!】

 

大坂なおみ選手

全米オープンテニス優勝おめでとうございます!

 

日本人女性で初のグランドスラム制覇という

快挙を成し遂げました。

 

しかし・・

グランドスラムの表彰式でブーイングとは・・ガッカリ

 

試合中の応援やアウェイの洗礼はもちろんいいのです。

 

しかし

ゲームセットした後の結果に

ブーイングをするなんて・・ちょっとマナーが悪すぎましたね。

 

セリーナウイリアムズの態度も・・

ま、負ける人のパターンなのでいいとして

 

彼女にあこがれていた若い選手が

 

その選手に勝とうとして頑張ってきたのに

相手がこのような態度を取ったら・・ガッカリです。

 

最高にカッコ悪かったですね。全米オープン

 

彼女が夢にまで見た舞台の

お膳立てがバッチリ決まって

 

こういう奇跡の状況には

必ず奇跡的なことが起こると言いましたが

 

まさかの最悪な奇跡の決勝戦でした。

 

が、大阪選手が優勝したことには

大いに意味のある大会でしたので

 

このあこがれの選手も

もはや見る影もない尊敬に値しない選手となりましたし

 

次の目標に向かい

今度は自分がこのような選手にならないようにと

心に刻んでいると思いますので

 

次の世代の世界ランクNo.1に

自分がなることを目標にして頑張ってもらいたいですね。

 

さて気を取り直して

大坂選手のフォアハンドは

 

しっかり腕のひねり戻しを使った

威力なおある安定したフォームです。

 

この打ち方は

ただ今非常識理論では

 

ゴムチューブを使ったテニス練習法で

目指している打ち方です。

 

参加者の方は

大坂選手のフォアハンドも詳細解説を付けて

 

打ち方説明をお届けしますので

マスター目指していきましょう!

 

この大坂選手の打ち方は

こちらのブログでも少しご紹介しますので

 

またチェックしておいてください。

 

大坂選手

優勝おめでとうございます!!!!

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスで必要な体の動き~引く・弓なり・ひねり戻し・止め~

【テニスに必要な体の動き】

 

あなたはテニスに必要な

体の動きは意識してマスター出来ていますか!

 

ざっと並べると

『腕のひねり戻し』

『胸の弓なりの動き』

『体幹の回転』

『左手の締め』

『グリップの握りのタイミング』

『抜重ステップ』

『各フットワーク』

『ブレーキング』

などなど・・

 

思いつくままに上げると

全くまとまりなく、たくさん上がってきてしまいました。

 

テニスはとても

難しいスポーツですね~

 

これだけの体の動きを

上級者の人は自然に出来ていますよね。

 

もちろん長い年月をかけて

練習の中で自然に身についていったものがほとんどです。

 

なぜなら未だに

それらの動きを科学的に分析して

その一つ一つをトレーニングする環境なんて

全くないですから。

 

でもそれを

しっかり必要な動きとして認識して

 

そのトレーニングメニューを立てて

意識してトレーニングすることで

 

長い時間をかけて体に覚えこませるテニスの上達の道を

最短距離でショートカット出来るのではないか。

 

これが今

非常識理論が取り組んでいるポイントの一つです。

 

『体の動かし方を良くすること』に着目しています。

 

というか

この時代にいつまでも昔と同じ練習環境なんて

かなり遅れていると思いませんか?

 

もっと科学的な

練習方法やトレーニングメニューが

出てきてもいいですよね。

 

 

■テニストレーニング講習会

 

と言う事で

今週末に非常識理論は

 

プロのトレーナーの方達と

テニストレーニング講習会を開催します。

 

そこで

テニスに必要な動きの中で

 

一般の人が動いていない

体の動きについてしっかりピックアップして

トレーニングメニューを組み立てていきたいと思っています。

 

あなたのテニスで

上達がスムーズにいっていないショットはひょっとして

 

体の動かし方が

うまく出来ていない事が原因かもしれません。

 

またこの結果や詳細については

メルマガでご紹介していきますので

 

テニストレーニングについて

興味がある方は、下のメルマガにご登録しておいてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

バックハンドも引く動きで打つ~シュワルツマン選手の綺麗なバックハンド~

【バックハンドも引く動きで打つ】

 

前回

フォアハンドの引く動きの動画をお伝えしました。

 

動画はこちら

 

今回は

バックハンドの紹介動画です。

 

バックハンドも引く動きでヒッティングします。

 

基本的にテニスは

クロスに打つことをベースにします。

 

振られた時に

クロスに打ち返せないと

 

シングルスなら

相手にオープンコートを狙われますし

 

ダブルスならば

前衛に捕まってしまいます。

 

あなたは振られても

しっかりクロスに打ち返すことが出来ていますか?

 

もし出来ていないならば

『引く動き』ではなく『押す動き』でボールを打っている可能性が高いです。

 

バックハンドが前衛に捕まる人は

今回の『引く動きでのバックハンド』をチェックしてみてください。

 

 

■引くからクロス

 

引く動きと言うのは

イメージは背中側に飛ばすイメージとなります。

 

あなたが『押し』でボールを飛ばしているのならば

前に飛ばす意識となるはずです。

 

そうすると

ボールの常に後ろに追いつかなければ

ボールが打てないことになります。

 

テニスは相手が

あなたの打ちにくい場所にボールを打ってきます。

 

つまり

後ろに入れない事の方が多いのです。

 

もしあなたが

球出し練習の時にはしっかり打てたり

ストレートラリーの時にはしっかりうてているのに

 

ゲームになると全く打てないのならば

『押すテニス』のために

 

打ちやすいボールしか打てない打ち方になっている可能性が高いのです。

 

『引く動き』での打ち方は

振られたときにもしっかり返球することが出来ます。

 

背中側に飛ばすイメージのために

振られてもクロスに打てるからです。

 

先ず今回は

あなたの打ち方が『押す』意識となっているのならば

 

今回の動画で

コンタクトから引く意識でのヒッティングをチェックして

 

そのイメージでのヒッティングに

チャレンジしてみてください。

 

今回は両手バックハンドの紹介動画ですが

もちろん片手のバックハンドも同じです。

 

片手の方も

イメージしてみてください。

 

今回の動画のイメージで

閃きがあった方は、下記のメルマガでたの動画もお届けしていますので

チェックしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスのレベルアップには腕のひねり戻しが大切

【体の使い方矯正でレベルアップ】

 

最近は

動画コンテンツを大量に作成しています。

 

『サーブ』から始まり

『腕のひねり戻し』を使った打ち方や

『胸の弓なりの動き』を使った打ち方など

 

テニスはノーバウンドもあり

ワンバウンドもある協議で

 

さらにラケットを使って

しかも、そのラケットとボールの比重が近いスポーツです。

 

この条件に他のスポーツを当てはめると

テニスはかなり難しい部類に入るスポーツです。

 

そのいろいろな要素がふくまれるために

体の使い方もたくさん必要とされています。

 

ということは

『感覚的な部分』もたくさん使うスポーツなのです。

 

これが

なかなか上達をさせない原因でもあります。

 

最近は

『体の使い方』をしっかり練習する

【トレーニング的要素】の練習方法が

 

『成果が早く出ている。』という結果が出てきました。

 

そのために

各ショットの打ち方に対して

体の正しい使い方を矯正することで

 

どのショットも

共通してレベルアップしていく。という成果が

 

大きな発見でした。

 

あなたの打ち方が

なかなか変わらないのは

体の使い方が間違っているせいかもしれませんよ。

 

 

■テニストレーニング

 

と言う事で来週には

プロトレーナーの方達をお呼びして

 

『テニスフィジカルトレーニング講習会』を開催します。

 

こちらは残念ながら

一般募集はしておらず

 

オンライン会員や

DVD/サーブ/ゴムチューブ会員の方達のみのご紹介となっています。

 

もちろんまたまた

計画をしていきますので、その際にご参加ください。

 

このトレーニング講習会では

体の使い方にテーマを置いて

 

テニスで必要な動きで

あなたの体がうまく動いていないポイントを矯正して

 

その動きがスムーズになるように

テニスの練習の中で取り入れていく作戦です。

 

プロに

『あなたの体の使い方で弱いところ』を

ぴしゃりと指摘してもらって

改善してもらいたくないですか?

 

なかなか面白い

講習会になりそうなのでとても楽しみです。

 

またブログでご報告しますね。

 

 

■紹介動画

 

今回は

前回ご紹介した動画を一般公開向けに編集しました。

 

今やっと主流になりつつあるテニス

マッケンロー選手やフェデラー選手はかなり前から

このテニスでプレーしていました。

 

こちらの動画で

今主流の腕のひねり戻しを使った引く動きのテニスを

チェックしてください。

 

『押し』で飛ばす昔テニスと

この新しいテニスの違いに閃いた方は

下記のメルマガで他の動画もお伝えしていますので

チェックみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

フェデラー選手のフォアハンドとandyコーチのフォアハンド比較動画

【フェデラー選手とandyコーチのフォア比較】

 

前回

『やはりフェデラー選手も引く動きで打っているそうです。』と

お伝えしました。

 

フェデラー選手も、の『も』とは?

誰のことを言っているのか・・

 

僕です。

おこがましいですが

同じテニス理論でテニスをしていると自負しています。

 

このテニスは

『押す』のではなく『引く』動きで打っています。

 

その意識ですが

見た目は『押している』ように見えます。

 

【見た目と実際の意識にはギャップがある】というのも

このテニスが非常識と言われる理由でもあります。

 

そのために

僕のYoutube動画は批判の嵐ですが。笑

 

と言う事で今回は

フェデラー選手と僕のフォアハンドを比較した動画を作りました。

 

今回のグリップは

イースタンフォアのグリップなのでフェデラー選手との比較ですが

 

次回は

ウエスタングリップでの他のプロとの比較動画を作る予定です。

 

今熱い選手の中で

熱いグリップの選手をピックアップしてお届けしますね。

 

今回は

フェデラー選手のフォアハンドをお伝えします。

 

あ!

フェデラー選手のシングルバックハンドもお届けしますね。

ワウリンカ選手も一緒にしましょう。似てますので。

 

両手バックハンドは誰にしましょうか。

 

両手はやはり錦織選手が良さそうですね。

 

また撮影して編集しますね。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【フェデラーテニス】フェデラー選手も言っていた!?フォアハンドを引くという意識

やはりフェデラーも『引いていた』

 

あなたはストロークの際に

●押していますか?

●引いていますか?

 

『引く』という動きでヒッティングをするのがこのテニスです。

 

昔テニスは『押し』でボールを飛ばします。

 

このテニスは昔は

●マッケンロー選手

それから

●フェデラー選手

そして

●錦織選手と続きました。

 

今は多くの選手が

このテニスになっています。

 

ですが

一般のテニスにはまだこのテニスが浸透していません。

 

そのチェックがこの質問

『あなたはストロークの際に、押していますか?引いていますか?』です。

 

 

■韓国からの来日

 

先日韓国より

非常識なテニス上達理論Youtubeチャンネルを見て

僕に会いに来てくれた方がありました。

 

その方が言報告してくれたのが

フェデラー選手がどこかの動画で

『引く動きで打っている』と言っていた。

 

という衝撃の報告がありました。

 

その言葉でその方も

この非常識テニスが正しい理論だと確信したとのことです。

 

僕もフェデラー選手の打ち方を

再現できますので、その打ち方は引く動きで作ります。

 

『押す』動きでは、あの打ち方にはならないのです。

 

もちろん見た目は

●押しているように見えます。

 

でも損フォームを作っている感覚は

『引く』という意識でのヒッティングなのです。

 

あなたはストロークを

●押していますか?

●引いていますか?

 

 

■そういう意識で観てみましょう。

 

今回は

フェデラー選手のスローモーションの動画をご紹介します。

Youtubeにはたくさん選手の動画がありますね。

 

その打ち方を今回は

『コンタクトから引く動きで打っている』という意識で観てください。

 

あなたがこのイメージによって

自分の打ち方が変わって

 

フォアハンドが劇的に安定したならば

このフェデラー選手と同じテニスの第一歩を踏んだことになります。

 

今まで『押す』という意識での

ヒッティングでうまくいっていないならば

 

このイメージでのヒッティングにトライしてみてください。

 

そしてその閃きがあった方は

下記のメルマガにその他の動画もお届けするメルマガがありますので

チェックしてみてください。さらにあなたのテニスが変わるかもです。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスの左手と右手と足の連動した動き

【弓なりの動きとフットワーク】

 

ここ最近

『胸の弓なりの動き』についてお伝えしています。

 

その弓なりの動きは上半身の動きですが

もちろん下半身との連動性もあります。

 

今回のテーマは

下半身との連動についてお伝えします。

 

そして

今回ご紹介の動画はスマッシュですが

 

この動きは

全てのショットに共通した動きとして

各ショットの打ち方に連動させています。

 

つまり

この体の連動の動きをマスターすると

いろいろなショットが良くなるということです。

 

もちろんその同じ体の動きから

全てのヒッティングを共通させる打ち方の確立があってこそですが

 

なかなか打ち方を練習しても

体が覚えてくれなかったり

 

無意識に打てるようになる

感覚的な打ち方にいつまでも達しなかったりと

 

フォームばかりに意識が行っている人は

この【体の使い方がうまく出来ていない】事が原因の場合が多いです。

 

もしあなたが

●フォアハンドストローク

●バックハンド

●ボレー

●スマッシュ

●サーブ

この中で得意なショットがあれば

 

その得意ショットの

『体の使い方』を注目してください。

 

そこにあなたの打ち方が

劇的に変わるヒントがあります。

 

得意ショットの

体の使い方をしっかりチェックして

 

それを

苦手なショットに落とし込んでいくのです。

 

打ち方よりは

体の使い方に注目してください。

 

今回の動画で

弓なりと足との連動性をチェックしてみてください。

 

そして

その連動理論をもっと知りたい方は

下記のメルマガで無料の動画をプレゼントしていますので

登録してみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスに必要】胸をそらせて縮める弓なりの動き使っていますか?

【弓なりの動き使えていますか?】

 

あなたは

『胸の弓なりの動きを使えていますか?』

 

テニスでとても大切なこの動き

胸が弓なりの形を作って

それが戻る動きでヒッティングをする動きは

 

各ショットで使う

大切な動きとなります。

 

この動きを表す言葉に

肩甲骨を近づけて緩めるとうい表現も使います。

 

難しいですが

肩甲骨で固めた腕を弓なりの動でスイングとして作ります。

 

このイメージわかりますか?

 

■スマッシュは腕を動かさない

 

あなたが

『スマッシュが不安定』と言う悩みを持っているのならば

 

今回のテーマの

●弓なりの動き

が使えていない可能性があります。

 

この弓なりの動きは

安定したスマッシュのフォームを作ります。

 

腕を動かすことなく

スマッシュのフォームを作ってくれる動きとなるのです。

 

あなたは使えていますか?

 

■ストロークやサーブ

 

この動きは

サーブやストロークでは、良く認知されています。

 

左手を引っ張って

左わきが閉まっている動きです。

 

こちらは以前のブログ記事の画像です。

どちらも

左手が締っている形になっています。

 

この形は

胸の弓なりの動きを使った証でもあります。

 

これをスマッシュで

使えていない人が多いのです。

 

■サーブのイメトレ動画

 

今回は

『スマッシュ』と言いながら

サーブの動画ですみません。

 

動画の一般公開はストップしたためです。

もちろんスマッシュの弓なり動画はあるのですが

 

もっと深くこのテニスを知りたい方は

メルマガに登録してみてください。

 

スマッシュ用は

サーブとちょっと違う弓なりの使い方ですが

 

基本は同じですので

こちらの動画にてイメトレしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------