【テニスは軌道の予測が重要】あなたはボール軌道の予測できていますか?

【テニスは軌道の予測が重要】

 

あなたは

ボール軌道の予測ができていますか?

 

この質問で

『ん〜』と、自信がない人は

 

練習でのショットが

ゲーム中にうまくできないという悩みがありませんか?

 

今回のテーマは

『練習でできてもゲームになると全くできない』という悩みに対してのテーマとなります。

 

あなたは

ゲーム中に練習通りにプレーできていますか?

 

■軌道の予測とは?

 

ではなぜ

ゲーム中に練習の時のような打ち方ができずに

 

頭が真っ白になってしまって

どう打っているのかわからなくなるのか?

 

そのキーポイントが

軌道の予測です。

 

ちょっとつながりがないように思えますが

 

この軌道の予測という

言葉の中に含まれた重要項目が

 

『感覚』です。

 

つまり

『ボールを見てラケットを当てる』という打ち方は

感覚の打ち方ではなく

 

いえば型です。

テニスのフォームを整える型を作っている意識です。

 

ざっくり簡単に言うと

フォームを作るための意識です。

 

そのために

ゲームではほとんど役に立たないイメージで

 

テニスをプレーしようとしている状態となります。

 

ゲームで重要なのが『感覚』です。

 

●ボールのバウンドを予測して

●ボールのスピードを予測して

●ボールの反発力を予測して

●どのような力で当てると

●どこにボールが返球できるか

 

その情報を

一瞬で判断する感覚がゲームでは必要になります。

 

つまりは

【感覚】でのプレーがゲームでは最重要項目となるのです。

 

つまり

すべての状況を『予測』することが大切なポイントになります。

 

そこに

●早く構えて

●ボールを見て

●踏み込んで

●ボールに体重を乗せて

という意識の項目は

ゲーム中には全く役に立たない意識となるのです。

 

非常識理論はこの

【感覚】の部分に照準を大きく当てています。

 

そのために

『非常識と言われる』という理由もあります。

 

その感覚の部分として

大切なのが軌道の予測なのです。

 

ボレーではノーバウンドでの軌道の予測

ストロークはワンバウンドでの軌道の予測

 

このノーバウンドと

ワンバウンドの軌道の予測の得意不得意も

 

ボレーが得意かストロークが得意かの

自分の得手不得手にも関係しています。

 

この軌道の予測について

また動画にてお届けしていきますので

 

引き続きブログをチェックしておいてください。

今回ご紹介のテーマは

 

『軌道の予測』

 

これが感覚でのテニスを作る

大切な意識になっています。

 

そして

感覚でのヒッティングが

ゲームでも同じ打ち方でプレーできる

需要項目となります。

 

あなたも

フォームの型を作る練習から

 

次戦でプレーするための練習に切り替えましょう。

 

まず第一歩は

軌道の予測からスタートしてください。

 

こちらはボレーの軌道の予測のイメトレ動画です。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスの進化】速いスピードに対応するテニスを目指しましょう!

【速いテンポのテニス】を目指す。

 

ダニエル太郎選手

パリバ・オープン残念ながら3回戦で敗退してしまいましたね。

 

 

しかし!

ジョコビッチ選手に勝利したことは

必ずメンタルブロックがいくつか外れたことでしょう。

 

昨年から練習拠点を日本に移し

テニスも進化させた結果が出ていると思います。

 

ダニエル選手は

ベースラインの深いところへポジションを取り

 

相手のミスを待つ守備的プレースタイルの

スペインテニスでしたが

 

ポジションを上げ

フォームをコンパクトにして

 

攻撃的なポジションでのテニスに

進化しているそうです。

 

今のテニスは

ベースライン上に立って

速いテンポでのスピードテニスですね。

 

これは

プロの世界のことではなく

 

一般のプレーヤーのにも言えることです。

 

ラケットの進化により

格段にボールスピードが上がっています。

 

正しいフォームを

きっちり覚えても、実践ではそんなボールがこないために

 

ゲームでは全く役に立っていない・・

と思っている人がとても多いのです。

 

 

僕のところに届く悩みの中で

ダントツに多い悩みが

 

●実践になったら全く打てません

という悩みなのです。

 

 

ではこの【実践】について

実践ではない時というのはどういう時かというと

 

●球出しの時

●ラリー練習の時

ということです。

 

つまり

実践=ゲームの時ということですね。

 

ではこのゲームの時に

どのようになってしまっているのか?

 

例えば

●ボールとの距離が合わない

●動かされたら全く打てない

●高いボールが返せない

 

という理由が挙げられますが

それらに対して

 

腰のあたりの

打ちやすいボールに対しての

基本のフォームばかり練習している。

 

これが実践で全く打てない

原因だと思います。

 

ゲームではそんなボールは

ほとんど来ませんからね。

 

非常識理論テニスは

楽な打ち方のテニスです。

 

その楽な打ち方のために

●スピードボールが来ても簡単にボールが返る

●高いボールも楽に返せる

●足に負担がないので、遠くのボールも追いつける

というのがこのテニスの特徴です。

 

ラケットも

楽にボールが飛ぶセッティングにして

 

体に負担のないラケットで

スピードボールや高いバウンドにも慌てないテニス

 

それがこのテニスのスタイルです。

 

まずはダラダラとした状態で

このテニスを試してみてください。

 

そこに何かのヒラメキが出てきます。

テニスで実践で強くなるためには

 

速いボールと、高いバウンドを

克服する練習をしましょう!

 

ちなみに

高くて後ろにはネタボールの返し方です。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス段階練習法】段階目標設定していますか?

【テニス段階練習法】

 

ただいま

アメリカのインディアンウェルズで行われている

ATPマスターズ1000

 

ダニエル太郎選手が

ジョコビッチ選手に勝ったニュースは

みなさんすでにご存知ですね。

 

両手をあげて喜びたいとこですが

ジョコビッチ選手の61本の凡ミスの数は

彼が決して調子を戻しているわけではないことを表していますので

 

ダニエル選手には

このチャンスに上位に食い込んでポイントを稼ぎ

次回のドローを良くして今年のツアーで活躍してもらいたいですね。

 

そして

大阪選手ですが

彼女は今年中にはタイトルを一つは取るでしょう。

あのテニスは上位に確実に行けるテニスですですね。

 

ま、

大阪選手のテニスは

一般の人には真似できませんが。笑

 

ということで

どこを目指してテニスをしていくか。

 

というテーマがテニスにはあります。

 

ダニエル選手も

拠点を日本に移して、テニスのスタイルを変え

結果を出してきていますね。

 

目標とアプローチを変えることで

テニスは大きく進化します。

 

あなたは今

どこを目標にしていますか?

 

 

■まずはミスをなくす

 

まずテニスは始めてから

【ミスをしないテニス】を目指します。

 

この『ミスをしないテニス』という言葉に対して

マイナスなイメージを持っている人が多いのですが

 

テニスのルール上

ミスをしないことが勝つことにつながります。

 

そのために

【ミスをしないこと】に対して、プラスの考え方を持つことからスタートします。

 

 

あなたは『ミスをしないテニス』を目指す。

と言われて

 

●ミスをしてはいけない。。

 

と、マイナスイメージがばっちり出てしまう

このようなイメージでテニスを考えていませんか?

 

このイメージがミスに対してある人は

テニスの上達が止まりやすいのです。

 

ではこのミスに対して

どのようなイメージを持つといいのかというと

 

【ミスを減らしていく過程に集中すること】が大切です。

 

 

前回の練習で

フォアハンドのミスを【10本】してしまった・・

 

だから今回は

【9本】以内に収めることを目標にしよう!

 

と、ミスに対して

ミスの確率を減らすことに意識を持っていくことで

 

プラスの考え方での目標設定となります。

 

その項目が

●ストロークフォア

●バック

●ボレーフォア

●バック

●スマッシュ

●サーブ

と、項目に分けて

 

あなたの各ショットで

どのショットでのミスが多いのか

 

その数を

だんだん減らすことができているか

これを意識することが大切です。

 

さらに

●バックハンドの高いボールがエラーが多い

 

ではその

高いボールを返す打ち方はどうすればいいか

 

その方法でバックの高いボールが

返球できるようになった。と

 

細かな目標がわかってきて

それをクリアしていくことで

 

ミスの数が減っていき

ミスが減ってくると次のステプの

 

ボールのレベルを上げる段階へと

シフトしていくのです。

 

これが

テニスの段階的練習方法となっています。

 

■自分を知ること

 

まずは

あなたのミスが多いポイントを知ること

ミスが比較的少ないポイントを知ることです。

 

ここから意識を変えることで

テニスの上達が始まります。

 

基本は

相手にどこに打たれても

ミスをしない状態を目指すことが

 

テニスの大きな目標ですので

その前に自分のチェックをしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ラケットトレーニング】意外とできない?ボールつき

【ラケットトレーニング】

 

あなたは

ボールつきをラケットで連続で何回も

 

できますか?

 

意外とできない人も

実は多いので、今回ご紹介します。

 

ボールつきがうまく出来ない人は

ボレーが苦手な傾向もあります。

 

ボレーが苦手で

ボールつきがうまくできない人は

 

ボレーの感覚が

良くなる可能性がありますので

 

今回ご紹介のボールつきを練習してみてください。

 

■感覚トレーニング

 

今回の練習は

テニスのフォームではなく

 

ラケットを扱う

感覚のトレーニングです。

 

テニスはラケットでボールを打ちます。

手で打たない分、ラケットを扱う感覚というものが必要になります。

 

例えば

手でボールを投げることが苦手で

 

全くボールを投げても飛ばない人が

ラケットでは弾丸サーブを打つ人もいます。

 

手でボールを扱う感覚と

ラケットでボールを打つ感覚は

 

やはり違いがあるということです。

 

ということはテニスは

ラケットでボールを操ることを

しっかりトレーニングをする必要があるということです。

 

トレーニング方法によって

どのショットの感覚がよくなるのかは

 

トレーニングによって違います。

今回ご紹介の、簡単なボールつきトレーニングは

 

ボールコンタクトの感覚トレーニングがメインです。

 

ラケットでボールを捉える感覚です。

 

 

これがうまくできない人は

ボールコンタクトがズレる傾向になります。

 

一番はボレーに影響が出て

もちろんストロークにもつまりの原因となります。

 

ご紹介の動画では

悪いボールつきのやり方もご紹介していますので

 

いいボールつきのやり方で

しっかりボールつきができるかをチェックしてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニス体感トレーニングはとても大切~あなたは感覚のトレーニングしていますか?~

【テニス体感トレーニング】

 

あなたはテニスの

感覚のトレーニングしていますか?

 

あなたが次のような悩みがある場合

感覚のトレーニング不足の可能性があります。

 

●速いボールにボレーがうまく当たらない

●つまりがいつになってもなくならない

●チャンスボールが決まらない

●ハーフボレーが苦手

●バックハイボレーがうまく返らない

 

などなど

たくさんのテニスの悩みがありますが

 

特に

速いボールに対しての返球や

離れたボールに対しての返球でエラーが多い場合は

 

あなたの感覚が

トレーニング不足のために

 

ラケットのスイートエリアで

ボールコンタクト出来ていない可能性があります。

 

そのような症状の人は

ラケットの感覚トレーニングをすると

 

うまくヒッティング出来るようになります。

 

その感覚のトレーニングをご紹介します。

 

■体感トレーニング

 

今回のテーマの体感は

体の感覚のトレーニングの【体感】です。

 

体幹のトレーニングではありません。

 

身体の感覚ということは

ラケットを手のように扱うラケット感覚の事です。

 

『ラケットをうまく扱えていない』

 

速いボールや遠いボールに対して

ラケットをうまく使えていないから

 

コンタクトがズレて

エラーの原因となってしまいます。

 

ではそのトレーニング方法としては

どのような練習をするかというと

 

●ボールつき

●ボールアップ

●ボールキャッチ

などなど・・

 

ジュニアが練習の時に取り入れている

ラケットによるコーディネーショントレーニングを行います。

 

ここで大切なことが

そのコーディネーショントレーニングが

 

何のショットに役立つのかを

意識することが大切です。

 

今回ご紹介するトレーニングは

 

●ボールコンタクト練習と

●ボールの反発力を使う練習です。

 

ボールコンタクトがどうしても強い人や

ボールの反発力を使えていない人

 

ボールが飛びすぎたり

力が抜けなかったり

ボールが飛ばなかったりと

 

ボールの飛びにばらつきがある人

力が抜けない人は、このトレーニングを行ってください。

 

意外と出来ない人がいる

ボールアップトレーニングです。

 

テニスは感覚のスポーツです

今回ご紹介の練習は一つですが

 

たくさんの用途に合わせた

感覚のトレーニングがありますので

 

なかなか改善されないエラーがある人は

感覚のトレーニングを行ってみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【体の正面ボール】体の正面のボレーどう返しますか?

【体の正面ボール】

 

体の正面のボール

うまく返せていますか?

 

 

『体の正面のボールがうまく返せません』

 

『サーブが正面に来た時のリターンがうまく返せません』

 

『正面のボレーはどうやった帰すのですか?』

 

このような

正面に来たボールに対しての、返球質問はとても多いので

 

今回のテーマがこの

正面ボールの返球です。

 

今回は

『ボレー』です。

 

■正面ボールはフットワーク

 

正面に来たボールの返球は

ラケットを動かさずに体を逃す動きが大切です。

 

この動きはフットワークの動きとなります。

 

正面ボールの返球のキーポイントは

フットワークなのです。

 

先ほどの質問の内容の

リターンや、ボレーの時に

 

あなたはフットワークを

どのように準備していますか?

 

この

体の正面にボールが来る時は

 

●リターン

●前衛

と、大きくこの二つの場面が想定されます。

 

この時に

あなたのフットワークは正面ボールを警戒して

 

正面用のフットワークの準備をしているかが重要です。

 

この正面用のフットワークとは?

どんなフットワークかというと

 

パントマイムステップです。

 

■パントマイムステップ

 

このパントマイムステップとは

どのようなステップかというと

 

今僕が作った名前です。笑

このステップを説明しますね。

 

ちょっとイメージしてください。

 

体の正面のボールに対して

ラケットは体の正面にセットしていますよね。

 

このラケットの位置を動かさないように

ラケット面だけ前向きにしたいですよね。

 

【ラケットの位置を動かさないようにして】です。

 

この時のステップが

ラケットを動かさないようにして

 

体は横向きに逃すように

動いていく必要があります。

 

この動きが

パントマイムで持っているものを動かさずに

体だけ動かす技術と似ているために

 

パントマイムステップと名付けました。

イメージですね。

 

体の正面のボールに対しては

ラケットを動かしたくないので

 

このイメージのステップとなります。

 

これに関しては

本当にステップの素振りを行います。

 

とっさにボールが来た時に

すぐにこのステップが使えるようにトレーニングします。

 

今回の動画にて

このステップをひたすら練習してください。

 

またストローク編は

撮影の予定ですのでお楽しみに。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス体感トレーニング】テニスは感覚を練習しないと上達しない。

【テニス体感トレーニング】

 

あなたは

体感トレーニングをしていますか?

 

体幹ではなく体感です。

身体の感覚のトレーニングです。

 

テニスはフォームばかり気を付けても

身体の感覚的な部分をたくさん使うために

 

感覚をトレーニングしないと

いつまでも上達しないスポーツです。

 

この感覚的な部分が

コツと呼ばれているポイントでもあります。

 

今回のテーマは

その感覚に焦点を当てています。

 

感覚についても

ちょっと意識してみてください。

 

 

■左手とラケットの関係

 

今回ご紹介する動画では

あなたのラケットの感覚チェックの動画となっています。

 

あなたはラケットを

手のように扱えていますか?

 

さて、

この手に様に扱うとは?

 

どのようになればいいのかというと

突然飛んできたボールにラケットを合わせたときに

 

【ラケットのスイートエリアでとらえることができれば】OKですよね。

 

つまり

ラケット面の感覚がボールにあっていればいいのです。

 

これがズレている人は

ボールが詰まったり、ボレーが飛ばなかったりします。

 

この感覚が

きちんとできているかのチェック動画となっています。

 

 

■左手と右手

 

意外と多いのが

ラケットではなく手の感覚が強い人です。

 

手に力が入っている人は

ラケットの面の感覚が手元に寄ってくるために

 

ラケットの根元の方で良く打ってしまいます。

つまり、詰まった感覚が多くなります。

 

この症状の人は

グリップにものすごく力が入っている人が多いです。

 

その方には特徴があり

ストロークを打つ際に

 

左手と右手が同じ高さになっています。

 

これはどういうことかというと

右利きの場合で説明すると

 

右手にラケットを持っていて

ヒッティングする際に

 

ラケット面と左手の位置が近いほうがいいのです。

 

これから打つ場所がラケット面だからです。

 

反対に

右手と左手が

同じ高さの人がいます。

 

これはラケット一本分が

上に高く上がっているために

 

ヒッティング時にその面を手前に修正しないといけないために

詰まった状態になりやすいのです。

 

この原因が

左手と右手の高さが同じだからなのです。

 

この感覚を修正するとてーニングが

今回の動画のテーマです。

 

 

本当にシンプルなトレーニングですが

だいたいいつもラケットで打っているポイントで

 

ボールを取ってしまいます。

 

ちょっとあなたの

コンタクトポイントをチェックしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ゾーン状態とは?テニスはゾーン状態を目指すことが目標

【テニスの目標ゾーン状態とは?】

 

あなたのテニスの目標はなんですか?

 

と、

唐突に聞かれると以外と・・ん?

と考えてしまうこの質問

 

 

もちろん

●試合での優勝

●クラスを上がること

●バックハンドが打てるようになること

など、たくさんの目標があると思います。

 

その頂点の状態とは

何が目標の頂点でしょうか?

 

もちろん

カテゴリー別に試合も行われますので

 

その都度その経験の違いによって

目標は様々だと思いますが

 

僕は

そのカテゴリーの中で

 

どのショットに不安も迷いもなく

自分の思ったとこにボールを運び

相手の攻撃をかわし

 

テニスというゲーム性を

純粋に楽しめる状態が目標の頂点だと考えています。

 

もちろんそのプレーも

上のクラスに入った途端に

 

全くゲームにならない

技術の足りなさを感じてしまいますが

 

純粋に

そのクラスでのテニスのゲーム性を楽しめる状態になることが

目標だと考えています。

 

 

なぜならば

何か不安なショットがある状態では

 

ゲームが楽しく感じられないからです。

 

 

■情報がたくさんあるために・・・

 

今は試合を見に行かなくても

Youtubeでたくさんのプロの打ち方が身近に確認できます。

 

 

とその打ち方を追い求めすぎると

ゴールのないマラソンを走り始めてしまいます。

 

テニスのゲーム性を楽しむことや

フォーム以外の感覚を育てていくことを忘れてしまうと

 

テニスが苦行のスポーツとなってしまいます。

 

つまり

フォームを追求しすぎると

なかなか迷いの消えない状態に陥ってしまうということです。

 

それよりも

もう少し、あなたの周りのクラスで

 

打ち方よりも返球の確率

ゲーム性に着目して、

 

 

ここは今、ポーチに行くところだから出てみよう!

でも、『ポーチはできないけど』(笑)

 

 

というような

もっとゲーム性を重視したり

 

 

もっと感覚的に体を使うことに

意識を持ってもらいたいのです。

 

 

その感覚でのテニスこそが

【ゾーン状態】と呼ばれる状態だと考えています。

 

 

■ゾーン状態とは?

 

スポーツの世界でちょくちょく言われる

神が舞い降りたような状態【ゾーン状態】という意味合いで

よく言われていますが

 

これこそ

感覚でのプレーだと考えています。

 

つまり

やれ早く構えてとか

腰を落としてとか、ボールをよく見て

 

ボールとの距離が詰まった・・

振り遅れた・・・

ボールが跳ねたらどうやって打つの?とか・・

 

このようなことばかり考えていては

テニスが全く楽しくありませんよね。

 

このフォーム重要テニスに陥っている人が

とても多いと感じます。

 

もう少し感覚に頼っても

テニスはプレーすることができるのです。

 

そのフォームの悩みもなく

詰まるや、ボールのスピードやバウンドに惑わされることもない

 

相手の動きや空いたコート

ペアの動きやコンビネーションを発揮して

 

ポイントに結びつけるゲーム性だけを

楽しめる状態が、ゾーン状態だと僕は考えています。

 

もちろんそこに

打ち方やボールの威力が入ると

 

無敵の神が舞い降りた

【ゾーン状態】へと突入するのです。

 

■感覚も重視する

 

そのゾーン状態こそが

この非常識理論の目指すところです。

 

これは上位のクラスでしか

見つけることができないものではなく

 

感覚的な部分のために

どのクラスでも目指せる目標だと考えています。

 

今回お伝えするテーマとしては

フォームや距離やボールの速さやバウンドなどにとらわれすぎずに

 

もう少し体の感覚に

着目しましょうというお伝えでした。

 

ちょっと伝わりにくいので

動画でもお伝えしていますが

 

かといって動画でも

これという答えがあるわけではありませんが

 

なんとなくの

ゾーン状態のイメージを持ってもらえればと思います。

 

そのゾーン状態をお伝えしていますので

ちょっとチェックしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスフットワー】【比較動画】構えると遅くなるフットワークの落とし穴

【テニスフットワーク比較動画】

 

あなたは

フットワークで悩みはありますか?

 

今回は

フットワークの落とし穴についてお伝えします。

 

今回の内容のポイントは

●構えて走るか、まず走るかの違いです。

 

あなたはどちらのフットワークですか?

 

●構えて走りますか?

●まず走りますか?

 

この違いわかりますか?

 

 

■構えて走るとは?

 

この違いの

非常識理論の見解は

 

構えて走る人は

【早く構えることを重視していつ人】です。

 

この構えて走る動きにより

ボールに追いつくフットワークが遅れてしまい

 

その遅れてしまうがために

ヒッティングが忙しくなるために

早く構えているとしたら

 

本末転倒ではないでしょうか?

 

ちょっと

頭がこんがらがりそうですね。

 

では反対に

 

まず動く非常識理論のフットワークをお伝えすると

 

何もせずに

まず動くことによって

はじめの一歩が早くなります。

 

その早い動きにより

ボールにワンテンポ早く追いつくことで

 

余裕を持ってヒッティングできるようになります。

 

この違い微妙にわかりますか?

 

■動きは明らかに違う

 

今回の動画は

この違いを一目瞭然に表している動画です。

 

二つを比べるとよくわかります。

 

そのフッットワークについては

今回ご紹介の動画を見てもらえれば分かりますが

 

その後のヒッティングについて

こちらのブログでは動画の後に補足しておきたいと思います。

 

フットワークの違い動画

 

■まず動いた後のヒッティング

 

ではなぜ?

多くの人がまだ、構えて走っているのかというと

 

後ろからのコンタクトまでの

ラケットの勢いでボールを飛ばしている人が多いからです。

 

この打ち方の場合は

まず動いて、ボールに追いつくフットワークをしながら

 

ヒッティングの準備をしても遅れてしまいます。

 

その打ち方ならば

早く構えないと遅れてしまうからです。

 

このテニスが

男子テニスの中で昨年から一気にランキングが変わった

ポイントでもあります。

 

まず動くことで

フットワークの軽い状態を作ります。

 

そして

軽いフットワークで、ライジングを使い

 

軽やかな

コートを駆け抜けるようなテニスが

 

今のテニスの主流となっています。

 

このテニスは

コンタクトからの先のスイングでボールを飛ばします。

 

そのために

まず走って、ボールに追いつきながらでも

 

準備をして十分にヒッティングができる

効率的な打ち方と、フットワークのテニスになっています。

 

これが

軽く機動力が高いフットワークのテニスとなっています。

 

昨年で

このテニスを使う若い世代も十分にランキングに食い込んできました。

 

反対に

踏ん張るテニスの世代がことごとくランキングから下がってきました。

 

今年の男子テニスは

楽しいツアーになりそうですね。

 

今回ご紹介のテニスの違いを知りたい人は

 

今の男子テニスと女子のテニスを比べてみてください。

 

女子はまだ

がっちり踏ん張ったパワーテニスが主流です。

 

今年あたりから

テンションを低くして

 

ランニングショットをふんだんに使った

軽やから選手が出てくると思います。

 

みなさんチェックしていきましょう。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス:伸びるボールの打ち方】伸びるボールのメカニズム

【伸びるボールのメカニズム】

 

あなたは

【伸びるボール】打ちたくないですか?

 

 

もちろん打ちたいですよね、誰でも

 

そして

自分が伸びのあるボールが打てている!

 

と、自信を持って言える人の方が

もちろん少ないと思います。

 

この伸びるボールについて

今回はテーマにしてお伝えしたいと思います。

 

■伸びのメカニズム

 

今回

伸びるボールを打つために

二つのポイントをお伝えします。

 

一つは

●ボールの回転

 

もう一つが

●ラケットスピードとボールスピードの差

 

この2点に焦点を絞って、お伝えしていきます。

 

■ボールの回転

 

まずは【ボールの回転】です。

 

ボールに回転がかかっていると

バウンド後にボールが前に伸びていきます。

 

ボールに回転がかかっていないと

バウンド後に伸びはありません。

 

もちろんそれに関しては

誰でもわかっていることなのですが

 

この回転がかかる

フォームに関してのポイントがあります。

 

それは

『押すと回転がかからない』ということです。

 

もちろんあまりと付け加えますが

理由はこうです。

 

たくさんの回転を生むのは

ラケットのヘッドスピードです。

 

ラケットのヘッドスピードを上げる動きは

腕が押す動きをしていてもヘッドスピードは上がりません。

 

腕が止まらないと

ヘッドスピードは上がらないからです。

 

この動きについては

動画にお伝えしていますのでこちらで確認してください。

 

ボールの回転を生むのはラケットの動きです。

 

腕をひたすら動かしても

ラケットヘッドが走らなければ、回転はかからないのです。

 

この回転のかかる腕の使い方が

一つの伸びのあるボールのポイントです。

 

 

■ラケットとボールのスピード

 

そしてもう一つの

ラケットとボールスピードの差

 

これは何かというと

 

ボールコンタクト時の【ラケットスピード】と

【打ち出されたボールスピード】について

 

どのような関係があるか

あなたは考えたことはありますか?

 

 

説明すると

ラケットスピードよりもボールスピードが

 

速い場合と遅い場合があるということです。

 

あなたはどちらがいいですか?

 

それはもちろん

ラケットスピードよりも

 

【ボールスピードの方が速い】方がいいですよね。

 

実はこれ

どちらの打ち方も存在しています。

 

どうしてこのような差が生まれるかというと

ボールとストリングの反発力によるものだと考えます。

 

ボールとストリングの反発力を

十分に使っていれば

 

スイングスピードよりも

ボールスピードの方が早くなります。

 

反対に

吸収力になっている人は

 

ボールスピードの方が遅いのです。

 

これに関しては

後ろからの勢いで飛ばしている人は

ラケットスピードの方が早くなる傾向があり

 

コンタクト後のスイングで飛ばしている打ち方は

ボールスピードの方が速くなる傾向にあります。

 

もちろん非常識理論の打ち方が

この原理に基づいて、ゆっくりコンタクトからの

らくらくテニスであり

 

スイングのイメージよりも

ボールスピードの方が速いために

 

相手が

ボールが伸びてくると感じる

 

伸びるボールのメカニズムになっています。

 

このポイントをイメージして

あなたも伸びるボールを目指してください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------