松岡修造さんにお会いしました!熱血・激熱・そして・・・

【ミズノ松岡修造テニスクリニック】

 

先日行われました。

ミズノ主催の松岡修造テニスクリニックの模様です。

 

そちらのサポートコーチとしてお手伝いさせていただきました。

いつもお世話になっているミズノさんへの力添えということで

気合を入れていってきました。

 

こちらのクリニックは

ミズノシューズを購入された方の中から

抽選で選ばれた方が参加できるクリニックとなっています。

ミズノのシューズのシェアはものすごく伸びています。

やはり日本ブランドの強さで、品質はぴか一ですね。

 

シューズの知名度は高いですが

ラケットはまだまだ持っている方は少ないです。

 

このFツアーはボールが軽く良く飛び

体への負担のない、非常識テニスにはピッタリです。

 

年明けに新しい白いモデルが出ます。

そちらに僕も変更します。

その際は非常識理論としても

特典を付けて、販売のご紹介をしますので

 

年明け新年に

新しい白いラケットで来年に向けて気合を入れる方大募集です。

 

また12月の詳細が飛び込み次第

お知らせしていきますね。

 

こちらは今年プロになった

清水悠太プロとコーチになったら絶対生徒が殺到すると思う大前プロです。失礼しました。

しかし・・大前プロのエンターテイメントスキルは高かったです。

 

僕もこんな感じでお手伝いをしていましたが

・・ちょっとやる気ないように見えますね‥反省。

松岡修造さんの熱さは

本当に参加者の方々の笑顔でよくわかります。

 

とても熱心に指導され

しかも新しい技術をわかりやすく伝えるスキル

 

そして何よりも

みんなを楽しませる空気を作りだす人柄が最高でした。

 

最後には皆さんと握手をしながら

フォア良かったね!と、なんとほとんどの方の打ち方や特徴を覚えてる!

さすがだな~と思いました。

 

全員のサインまでもらえて

皆さん物凄く喜んで帰られました。

左は内田海智プロ

口下手でシャイですが、ボールのスピードは圧巻でした。

 

スタッフ写真です。

また、コーチとの横につながりもでき

このように出会いの機会も頂けて

 

ミズノの方々には感謝でいっぱいです。

ありがとうございます。

 

ということでみなさん

ミズノ商品を購入すると

 

このような楽しいイベントも盛りだくさんです。

またまたラケットも試してみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

大坂なおみ選手優勝!!全米オープンテニス2018

【大坂なおみ選手優勝!!】

 

大坂なおみ選手

全米オープンテニス優勝おめでとうございます!

 

日本人女性で初のグランドスラム制覇という

快挙を成し遂げました。

 

しかし・・

グランドスラムの表彰式でブーイングとは・・ガッカリ

 

試合中の応援やアウェイの洗礼はもちろんいいのです。

 

しかし

ゲームセットした後の結果に

ブーイングをするなんて・・ちょっとマナーが悪すぎましたね。

 

セリーナウイリアムズの態度も・・

ま、負ける人のパターンなのでいいとして

 

彼女にあこがれていた若い選手が

 

その選手に勝とうとして頑張ってきたのに

相手がこのような態度を取ったら・・ガッカリです。

 

最高にカッコ悪かったですね。全米オープン

 

彼女が夢にまで見た舞台の

お膳立てがバッチリ決まって

 

こういう奇跡の状況には

必ず奇跡的なことが起こると言いましたが

 

まさかの最悪な奇跡の決勝戦でした。

 

が、大阪選手が優勝したことには

大いに意味のある大会でしたので

 

このあこがれの選手も

もはや見る影もない尊敬に値しない選手となりましたし

 

次の目標に向かい

今度は自分がこのような選手にならないようにと

心に刻んでいると思いますので

 

次の世代の世界ランクNo.1に

自分がなることを目標にして頑張ってもらいたいですね。

 

さて気を取り直して

大坂選手のフォアハンドは

 

しっかり腕のひねり戻しを使った

威力なおある安定したフォームです。

 

この打ち方は

ただ今非常識理論では

 

ゴムチューブを使ったテニス練習法で

目指している打ち方です。

 

参加者の方は

大坂選手のフォアハンドも詳細解説を付けて

 

打ち方説明をお届けしますので

マスター目指していきましょう!

 

この大坂選手の打ち方は

こちらのブログでも少しご紹介しますので

 

またチェックしておいてください。

 

大坂選手

優勝おめでとうございます!!!!

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ボルグ/マッケンロー】を観てきました。~大坂なおみ選手/S・ウイリアムズ選手~

【ボルグ/マッケンロー】

 

昨日

ボルグ/マッケンローを観てきました。

 

いや~入り込みましたね。

選手の表には見せない裏の表情を追ったこの作品。

 

フェデラー選手のように連覇が当たり前

常勝、常勝、という世界の声に怯えるボルグ選手と

 

悪童、ヒールという声に

一人葛藤するマッケンロー選手の

 

まさに氷と炎の人生を送る伝説の二人の作品です。

 

この二人の対決までの全く違ったルートを追い

 

その全く真逆の二人が

一つのコートのネットを挟んで対峙したときに起こる

 

『奇跡』にとても感動しました。

 

本当に

対戦する二人の技術とメンタルと周りの環境がかみ合った試合には

奇跡のような出来事が生まれます。

 

今回

大坂なおみ選手とセレナ・ウイリアムス選手の決勝戦

 

大坂選手は

ウイリアムズ姉妹にあこがれてきました。

 

初のグランドスラムの決勝戦に

あこがれの選手との対決となったこと

 

この対戦は

全米オープンの奇跡となるスタンバイが出来ています。

 

何年か後に

なおみ/セレナとなる試合になるかもしれません。

 

テニスは過酷で孤独なスポーツです。

その苦しさも、勝利のうまみを知ると

 

なぜか中毒になってしまうのです。

 

あなたもかなりの中毒になっている事でしょう。

 

明日の試合と

是非ボルグ/マッケンローも観てください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスを何のためにやっているのか?

テニスを何のためにやっているのか?

 

『あなたのテニスの目的は何ですか?』

突然の深い質問ですが

 

単刀直入に

【毎日の生活を楽しくするため】だと思います。

 

あ、写真はまったく関係ありませんが

先日の飲み会&テニス合宿の一枚です。

 

なぜ突然

こんな始まりなのかと言うと

 

深いお言葉のメッセージが届きましたので

こちらでご紹介したいと思ったからです。

 

以下メッセージ

———————-

非常識理論はユーチューブで知り、何度も動画を見て、
そのとおりやってみたら驚くほどフォアが安定しました。
 
体幹を使った回転打法には本当に感心しました。
恐る恐るメルマガに登録しDVDを手に入れメールが毎日着て、本当に励みになりました。
そして、サーブ研究会、ゴムチューブと参加し、現在に至っています。
 
この理論は、首尾一貫した思想とわかりやすさ、情熱があります。
ネットしたとき、オーバーしたとき、フォルトしたとき、
確信の持てる打ち方理論があれば、なぜ失敗したか考えることができ自己修正できます。
 
おまけにこの理論には練習方法、極意までついています。
まだまだ、体感でうまく理解できていないところがありますが、
くりかえし動画を見て、スクールで意識してやっとみると何となくこれかと思うこともあります。
 
たとえば、サーブでボールの上をこすってラケットを抜くイメージで
縦回転をつけるのが難しかったのですが、最近何となくイメージできそうです?
 
本当は非常識でなく当たりま前ではないかと思っています。
親しい人には話したりしていますが、あまり乗って来ません。
 
動画は繰り返し見ることができるし、わかりやすくイメージでき、感謝しています。
 
———————-
 メッセージありがとうございます。
 
 僕はこの文章から
 
この方が
自分の中での【自己上達能力】が付いてきたと感じました。

 

自分で修正して

自分で上達していく能力です。

 

これが

テニスが楽しくなる秘訣です。

 

テニスのことを考えて

毎日が楽しくなります。

 

 

テニスにはこの能力は必要なのです。

 

そしてこれが本来の

コーチングの目的です。

 

テニスはコートで自分で考えてプレーする必要があります。

監督の指示は出来ないスポーツです。

 

そのために

ティーチングではなくコーチングが必要なスポーツです。

 

選手が自分で修正できる能力を

育てていく事がコーチングです。

 

この方のメッセージが

その自己修正能力を感じるセリフだったことが

 

とても嬉しかったのです。

 

●早くコートに行きたい

●次はこの練習をしてみよう

●この方法だと打てるかも!

●今日はいいプレーが出来た。次が楽しみだ

こんな経験

あなたにもあると思います。

 

『テニスがうまくいった時』

『新しい発見があった時』

『次のテニスが楽しみな時』

 

こんな時は

楽しみでワクワクしますよね。

 

さらにうまくいったときには

本当にハッピーな一日となります。

 

そのために

テニスをしているはずです。

 

ハッピーな一日になるように

それまでのワクワクする日もハッピーになるように

 

テニスで勝つためにやっていると

負けたときにものすごく気分が落ち込んでしまいます。

 

本来の

テニスは毎日を充実させるためにあることを忘れないようにしてください。

 

そのために

このテニスは情報をあなたにお届けし続けています。

 

あなたのテニスが

毎日楽しみになるように

 

動画やメルマガで

モチベーションをずっと持ち続けてくれるように

 

テニスをずっと

続けていってもらえるようにを目的として

 

お届けしています。

 

僕もまた

今回の方のメッセージによって

そのことを再確認することが出来ました。

 

明日もコートに立ちますが

またワクワクする練習を考えています。

 

あなたもこの暑い中

テニスをするほどのテニスバカだと思います。

 

テニスの楽しさを再確認して

この暑い夏を乗り切りましょう!

 

メッセージありがとうございました。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスのトレーニング用品満載!スポルテック2018に行ってきました。

スポーツマンのお祭りスポルテック

 

金曜日に

スポーツ用品や新しいスポーツ技術の祭典

スポルテック2018が東京ビッグサイトで開催されました。

 

勝者のフットワーク塾の

松田コーチが発起人で

 

ラフィノの及川さんに声をかけて頂きました。

いつもありがとうございます。

 

松田コーチとはなんと

同郷なのです。

 

と言っても僕は生まれではないですが

僕の第二の故郷、徳島出身ということで話が盛り上がりました。

関東で徳島出身つながりは少ない!ということで募集していきたいと思います。笑

 

では報告です。

 

スポルテックは

スポーツ用品や食品サービスなどの

スポーツ全般の大展示会です。

 

このように会場は

トレーニングのデモが各場所で行われており

テンションがとても高い空気感でした。

 

腹筋バキバキの女性がとても多く、『頑張ろう!』と決意させてくれました。

 

気になったブースは

『STROOPS』というトレーニングチューブのブースです。

 

ゴムの性能がいいのはもちろん

テニスへの応用がとてもたくさんできる器具が揃っていました。

そして

 

素晴らしいのが

このギアノ使い方をしっかり指導してくださる

 

CORE N’ CODE

代表の早稲田さんのコーチングスキルでした。

 

ギアはたくさんありますが

それを効率よく指導してくれる人がいないのがほとんどです。

 

このブースでは

ギアとコーチングがハイクオリティーで準備されており

アスリートの欲しいトレーニングスキルがドンピシャにもらえる

 

素晴らしいブースでした。

 

その証拠に

ブースにこれられていたのが

 

左のイケメン

サッカー大宮アルディージャの

ゴールキーパー加藤選手です。

 

一流のアスリートが受けているのは

本当に信頼感がアップしますね。

 

写真にも気軽に答えていただきました。

一流選手はやはり身のこなしもスマートですね。

 

一番右のイケメンが

CORE N’ CODE の早稲田さんです。

同じミズノ契約とのことで一枚お願いしました。

真ん中も・・体の作りを見直そう・・

 

 

こちらは松田コーチが

水川トレーナーに指導を受けているところです、

 

水川トレーナーは

プロテニス選手のトレーナーもされたことがあり

的確なトレーニングで、一瞬で下半身が安定したのには驚きました。

 

このギアはよかったですね。

ぜひ非常ラー講習会で出張トレーニング会を開催したいと思います。

 

このように関東は新情報の宝庫です。

その新しい情報をしっかりテニスの現場に取り入れますので

 

非常識理論このまま突っ走っっていきますよ!

 

 

会場のビッグサイトは本当にどでかい会場でした。

 

左の及川さんに

今回のコーディネートをしていただき

 

仙台人が集まるお店

イルマッジョで二次会を行いました。

 

たくさんの同郷の人が集まっており

たくさんの身になるお話が聞けました。

 

及川さんありがとうございました。

 

どなたか徳島人が集まるお店知っていますか?

ご存知なら是非ご連絡ください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

安藤組テニス合宿〜和歌山〜

安藤組合宿 in和歌山

 

先週末

安藤組合宿を和歌山で行いました。

 

今回は

関東組で車に乗って7時間くらいかかっての参戦となりました。

 

 

今年で何回めですかね。

15回目かな?

 

テニスの時間が毎年短くなっていますが

今年もテニス&飲み会の合宿とな李ました。

 

テニスコートはもちろんインドアコートで

外でテニスをしてはいけない気温でした。

 

今回の幹事の、森口さんです!

完璧な仕切りはさすがでした。ありがと〜

 

 

関東組の一人

さすがのミラクルフレームショットの瞬間です。

 

 

岡山チームとも

久しぶりのテニスでした。

 

 

今回の宿泊所は

湯浅城というお城に宿泊できる施設でした。

 

今回はみんな岡山・倉敷のメンバーなので

先日の豪雨災害の話になりました。

 

参加者の方で避難された方もあり

その時の話も聞きました。

 

真備町のテニス仲間を思って

何かできないかな。という話しにもなりました。

 

まだまだ復旧には多大な時間がかかると思いますが

また楽しくテニスができることを願っています。

 

 

和歌山ラーメンを食べて解散となりました。

 

みんなテニスのキレは

毎年落ちていっていますが。笑

 

まだまだテニスを通して

楽しいつながりが続いていくことは楽しいですね。

 

参加の皆さんお疲れ様でした。

また次回を目指して練習に励みましょう。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスというスポーツ】ドミニク・ティエム選手VSアレクサンダー・ズベレフ選手に学ぶ

【テニスというスポーツ】

 

『ズベレフ選手棄権するかな?』

 

これは昨日の

ティエム選手とズベレフ選手の試合を見ての

 

僕の浅はかな心配でした。

 

試合は

昨日錦織選手を倒した

 

ドミニク・ティエム選手の勝利です。

 

スコアは

6-4

6-2

6-1

 

試合展開は

ファーストセットを取ったティエム選手が

 

じりじりと得点率で上回り

じわじわとリードしていく

 

テニスでは一番いやな取り方で

ズベレフ選手を追い詰めていきました。

 

お互いサーブが良く

強烈なフォアハンドを武器として

 

テニススタイルも似ている二人だけに

この差がかなり厳しい状況に

 

ズベレフ選手を追い詰めたと思います。

 

そして、セカンドセットの終盤に

ズベレフ選手は足を痛め、メディカルタイムアウトを取りました。

 

ここで僕は

浅はかにも、オープニングの言葉を思ってしまいました。

 

『ズベレフ選手棄権するかな?』

 

ここで選手は思います。

 

●展開はかなりの劣勢

●そこにつけて足の負傷

●この大会、今の時点で自己最高成績

●まだこれからツアーは続く

 

ここで棄権をしたほうが

 

●次回の試合に影響がないのではないか?

●ここで無理をする必要がないのではないか?

 

と、様々なセリフが飛び交います。

 

こういう時には

意外と精神的な影響は思い浮かばずに

 

なぜか物理的な理由ばかりが

頭の中に浮かぶのです。

 

でもここに大きな影が潜んでいます。

 

この状況で棄権をすると

相手に対して

 

『強大なイメージ』が残ります。

 

圧倒的に勝利のイメージがわかない

強大な敵のイメージが残ってしまうのです。

 

実はこれこそが

テニスでは一番残したくない意識なのです。

 

勝てそうにないイメージ

これはテニスでは持ってはいけない大きなイメージなのです。

 

ズベレフ選手は試合を続けました。

 

彼の方がランキングは上です。

ズベレフ選手3位

ティエム選手8位

 

このプライドと

折れそうな気持を押さえて

 

彼はコートに立ち続けました。

 

それは誰のためでもない

自分のプライドを守るためです。

 

彼は試合後の会見でこう言えるでしょう。

『今日は彼が良かった』と

 

そこに途中棄権で憔悴しきった

足を引きずるズベレフ選手はいません。

 

そしてまた次の対戦に向けて

プラスのイメージで試合の準備が出来るのです。

 

テニスは試合後に相手を称えます。

 

試合中に不可抗力のポイントに対しては

相手に謝ります。

 

相手のスーパーショットに

拍手をする選手もいます。

 

または

相手のショットのアウトのコールを

インだと覆す選手もいます。

 

でもこれは全て

自分のプレーのためなのです。

 

自分が負けたときに

相手をけなしていたら

 

そのけなした相手よりも負けた

そんな自分を誰が励ますことが出来るでしょうか?

 

または

自分よりも弱いと決めつけていた相手に

ドンドン負けていく流れに

 

どんなストレスを試合中に感じてしまうでしょうか?

 

そのために

相手を称え相手をリスペクトする必要があるのです。

 

ただ

自分よりも相手が強いと思ってはいけません。

 

相手を称え相手に有利にジャッジをします。

でも、それに打ち勝って勝利することで

 

テニスの何とも言えない

他のスポーツにない勝利の味わいがあるのです。

 

テニスでの勝者には

あふれんばかりの称賛が送られます。

 

全てのポイントを称賛され

取られたポイントすらプラスに考えることが出来ます。

 

反対に

敗者はいいポイントさえも、励ましに聞こえます。

 

その時の復活の意識のために

相手を称え、相手を認め、敬意を払ってプレーするのです。

 

そのテニスの神髄を

今日の試合で久しぶりに感じました。

 

いいスポーツですね。テニスは

 

このテニスの素晴らしい

相手との相互に敬意を払ったプレースタイルを

 

もっと多くの方に知ってもらい

 

この意識でのプレーを

心がけてもらえたらと思います。

 

それは誰のためでもない

あなたのプレーがとても楽しいものになる

 

テニスの忘れてはいけない

神髄なのです。

 

 

ティエム選手の次回の勝利と

ズベレフ選手の次回の勝利と

 

あなたのテニスの気持ちいいワンポイントを願っています。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

全仏オープンテニス2018開幕

【全仏オープン開幕】

 

全仏オープンテニスが開幕しました。

本日より一回戦がスタートしました。

 

今年も楽しい戦いを期待しましょう!

 

本日は

アレクサンダー・ズベレフ選手の試合がありますね。

 

ズベレフ選手はグランドスラムでは

上位に進出していないジンクスがあります。

 

今季は

クレーコートでもバッチリの結果を出していますので

今回は気合が入っていることでしょう。

 

ナダル選手が万全の体勢で全仏に入っています。

 

ネクストジェネレーション達が

今年の全仏でどれほど活躍してくれるかが見ものですね。

 

韓国のチョン・ヒョン選手の欠場は

残念なところですね。

 

ワウリンカ選手の

復活テニスも楽しみですね。

 

そして

前回のブログで

 

【スライドステップ】を

今回の全仏でチェックしてください。とお伝えしました。

 

その他には

【ランニングステップ】

【ライジング】

【ツーステップ】と

 

これらのショットによって

今のテニスは早いテンポでのスピードテニスとなっています。

 

今日の錦織選手の試合も

地上波で放送しています。

 

この辺りのショットをチェックしてみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

これからの非常識理論

私事ですが

本日誕生日を迎えて42歳となりました。

 

本日は雨天のために

撮影もままらないので

 

メルマガ&ブログを

がっちりやっております。

 

自分御褒美には

テニス用のバッグを購入し

 

明日からのハードな撮影週間に向けての

モチベーションを上げました。

 

これからの

非常識理論のいろいろなチャレンジに向けて

まだまだ精進していきます。

 

先日

僕がオンコートラボの前に

 

しこたまサーブの素振りをして

どう伝えるかの感覚を確認していたところ

 

『コーチもまだ素振りするのですね?』と生徒さんに言われました。

 

コーチ『毎日やっています!』

 

生徒『毎日ですか!?私もです。』笑

 

結局お互い

毎日やっているという確認となりました。

 

いや~病気ですね。

 

先日の講習会では

サーブの壁打ちを2時間やります。という

 

これまたテニス病の方がいました。

 

わりかしこの

非常識理論を志す非常ラーのみなさんは

 

追求型の人が多く

話がマニアックに突入していく傾向にあります。

 

それに負けないように

僕も日々毎日ラケットを振り

 

毎日何かのヒントを発明しています。

 

本日も

明日の撮影に向けて新しい閃きがありましたので

明日の試しが楽しみです。

 

ただただコートに行き

今までの経験貯金でコーチングするだけでは

 

テニスコーチも面白くないですよね。

 

全国に幅広い人たちとの交流をしながら

日本各地に飛び回り

 

メルマガや動画で情報を発信し

メールで日本全国や世界の人達とつながることができます。

 

テニスコーチも

このようなコーチングが出来る事を

 

僕も少ない力ですが

このような形でのコーチングのスタイルがあることを

 

発信していきたいと思います。

 

ということで今回は

テニスのヒントではありませんが

 

節目ということで

ちょっと自分紹介をさせていただきました。

 

また明日より

非常識理論をよろしくお願いします。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

大坂なおみ選手マスターズ1000優勝!男子は復活の男ファン・マルティン・デルポトロ選手

【大坂なおみ選手BNPパリバ・オープン優勝】

 

嬉しいニュースが入ってきましたね。

大坂なおみ選手が

 

マスターズ1000のグレードの大会

アメリカのインディアンウェルズで行われれた

 

BNPパリバ・オープンで

見事優勝を収めました。

 

優勝のスピーチも

大きな笑いとたくさんの賛辞をあつめていますね。

 

この勢いで

またまた日本勢の快進撃を期待したいところです。

 

2020年の東京オリンピックで

金メダル候補の競技の仲間入りをしましたね。

 

今年のグランドスラムも

楽しみになってきましたね。

 

男子は

決勝で今季負けなしのフェデラー選手を

 

復活の男

ファン・マルティン・デルポトロ選手が

見事撃破し優勝を収めました。

 

やっと復活してくれましたね~

この世代がもうひと頑張りしてくれると

 

今年のツアーも盛り上がりを見せてくれるはずです。

ラオニッチ選手も復活してきたので楽しみですね。

 

男子のテニスランキングは

 

1・ロジャー・フェデラー

2・ラファエル・ナダル

3・マリン・チリッチ

4・グリゴル・ディミトロフ

5・アレキサンダー・ズべレフ

6・ファンマルティン・デルポトロ

7・ドミニク・ティエム

8・ケビン・アンダーソン

9・ダビド・ゴフィン

10・ルーカス・プイユ

です。

 

シュワルツマン選手や

チョン・ヒョン選手と、安定感のあるプレーの選手が

 

じりじりランキングを上げてきていますね。

今年のツアーは故障なくいかにコンスタントに安定したプレーが出来るか

 

そこに焦点を当てた選手が

ランキングを上げている印象があります。

 

ま、それと

グランドスラムの優勝は違いますけどね。

 

今年は本当に

誰がグランドスラムを制するかわかりません。

 

フェデラー選手も

さすがに一年を通じて神のようなプレーは持続できないと思います。

 

フェデラー選手が

勢いのある選手に負けた時が

 

グランドスラムの王者に誰がなるかの

バトルロワイヤルが始まります。

 

マスターズの大会で各選手調子を合わせつつ

グラインドスラムの大会、さらにはフェデラー選手が苦手な

 

フレンチオープンへ

多くの選手が照準を合わしている事でしょう。

 

そのツアーの流れを考えながら

各試合を観ていくと、また戦略的な面白さが見えてきます。

 

春になり

今年もこれからシーズンインになりましたね。

 

ケガに気を付けて

今年もテニスを楽しみましょう!

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------