【非常識理論&テニストレーニング講習会】in千葉

【テニストレーニングの必要性】

 

先週末

非常識テニス理論と

プロトレーナーの株式会社CORE N’ CODEさんの

早稲田さんと水川さんとの

 

テニス講習会&テニストレーニング講習会の

コラボレーション講習会を開催しました。

 

あなたは

テニストレーニングを行っていますか?

 

非常識理論ではテニスの上達には

『技術的な練習』と

『体の動かし方』のトレーニングと

 

両方からのアプローチが必要だと考えています。

 

例えば

●サーブの肩や腕の使い方

●フットワークのもともとの動かし方

●ひねりの体の作り方

●ボールに追いついた時の止まり方

などなど

 

テニスには

体の動きが悪いことで上達を妨げているポイントが

とてもたくさんあります。

 

そのために

テニスの技術的な講習会と一緒に

 

あなたの体の動きもチェックして強制する

トレーニング講習会も同時に行っているのです。

 

今回の講習会でも

またまた大きな非常識な発見がありました。

 

 

■体は固いほうがいい

 

あなたは体は

『柔らかいほうがいい』と思っていませんか?

 

僕はそう思っていました。

今回の講習で、トレーナーの方が言われて衝撃だったのが

 

『固いほうが良い場合もあります。』という言葉でした。

 

どういうことかと言うと

例えばボールに追いついて止まったときに

 

体が柔らかかったら

ふにゃりと止まって安定しないのです。

 

止まる時は

『ビタッ』と『カチッ』と固まるように止まりたいはずです。

 

その際に

バックハンドで例を挙げると

 

非常識理論のバックハンドのヒッティングでは

右足を突っ張るように止まります。

 

その足をガチッと固めるのです。

 

この時に

膝を曲げてしまうと

 

筋力がないと止まらない状態になるそうです。

 

つまり

膝を曲げた方が筋力がない人はブレるのです。

 

伸ばして固めてカチッと止まって、

筋力がなくても素早く動けるフットワークが

 

非常識理論の動き方だそうです。

う~ん。納得。

 

トレーナーの方に言われると

より一層非常識理論テニスが合理的に理解できました。

 

そしてその表現が

『足を固める』という表現になるのです。

 

僕の中でこの『固める』という表現は

あまりよくない印象で使わなかったのですが

 

『安藤さんの動きは、固める時にしっかり固めているので動きがブレないのです』

というトレーナーの早稲田さんからのお言葉でした。

 

非常識理論テニスは

筋力ではなく健で動くテニスということで

 

そのテニスは

跳ねるように、踏ん張らなく、踏み込まない、

重心の高い軽やかテニスとなります。

 

固めるポイントをしっかりレクチャーを受けました。

またバックハンドのコーチングスキルが上がりました。

 

講習会への参加の方達も

個人個人別々のトレーニングを受けていました。

 

『いいな~僕も受けたいです。』

もちろん

非常識理論テニスもガッチリ伝授しました。

 

今回は基本クラスでは

フットワークとヒッティングを合わせることを目標に行い

動きながら一定のショットが打てる事を目標にしました。

 

マスタークラスでは

『ゲームの組み立て』です。

このゲームの組み立てが

多くのプレーヤーが抜け出せないポイントです。

 

一通りのショットは打てるようになって

ゲームも出来るようになったけど

 

得意ショットはこれと言ってあるわけでもなく

ミスもそこそこ減らない

 

勝ったり負けたりがその日次第

相手に合わせたテニスをしているような状態

 

ここから抜け出すための

【自分の得意パターンを見つけてプレースタイルを見つける】

 

という段階が

一番大きな壁となっています。

 

今回はその組み立ての練習から

次の目標を見つける事が目的となっています。

 

参加者の方は

レポートで次のステップをしっかり決めていきましょう。

 

 

そして!

非常識理論&トレーニング講習会は

動画の撮影を全工程行っています。

 

後日テニス講習会と

トレーニングの模様が届きますので

 

引き続き練習を続けていきましょう。

 

トレーニングの模様は

またダイジェスト版の動画を作ってご紹介しますね。

 

12月の

非常識理論&トレーニング合宿

4人の参加者に対して3人のコーチ&トレーナーの

 

スペシャル合宿が

募集開始一日で予約が埋まったことも納得できますね。

 

今回の講習会でも

トレーニングの必要性をもっともっと感じることができました。

 

合宿参加の方は

今回のトレーニングで生まれた内容を

 

事前に予習していきますので楽しみにしておいてください。

 

またまた引き続き

講習会のお知らせはメルマガで行っていきます。

 

興味があるかたは

下記のメルマガにご登録しておいてください。

 

また紹介動画お届けしますね。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ウエスタングリップとイースタングリップのヒッティングの違い

【グリップ別のヒッティング動画】

 

『グリップを変えて、打っているところを見せてください。』

というリクエストが届きました。

 

と言う事で今回のテーマは

グリップ別のヒッティング映像のお届けです。

 

そもそのグリップは

どうやって決めたらいいのでしょうか?

 

あなたはグリップを

どうやって決めましたか?

 

■理想のグリップとは?

 

基本的には

グリップは何でもいのです。

 

ただ、グリップの違いによって

『プレースタイル』が変わります。

 

いや、正式には

『スタイルが変わる傾向がある』と言う事にしておきましょうか。

 

イースタンフォアのグリップよりも

ウエスタングリップでフォアハンドを打っている人の方が

 

スピンボールでつなげるタイプがい多いです。

 

イースタンフォアの方は

基本的に跳ねて高い打点になるボールは苦手なので

 

ストロークのつなげ合いは苦手です。

 

もちろんポジションを下げて

打点を落として、フットワークの良さで拾いまくる選手もいます。

 

あくまでも傾向となりますが

 

●ウエスタングリップの選手は

 

スピン系の滞空時間の長いストロークで

『相手のミスを待つベースラインプレーヤー』

高い打点からガンガン攻撃する

『ハードヒッター』

 

●イースタングリップの選手は

 

低めのフラットドライブボールで

『早い展開でのカウンタープレーヤー』

ネットに早く着く

『ネットプレーヤー』

 

と言う傾向があります。

 

私の場合は

ウエスタングリップでの

ライジングを使ったカウンタープレーヤーです。

 

■持ち球を理解する

 

あなたのグリップと

ボール軌道は合っていますか?

 

先ほどのプレースタイル的に見ると

グリップの違いで打つボールの軌道が変わります。

 

ウエスタングリップの方は

高い軌道のスピンボールが打ちやすいです。

 

イースタングリップの方は

低い軌道のフラットドライブボールが打ちやすいです。

 

このグリップと持ち球が違うと

●フレームショットが多くなったり

●ネットミスが増えたりします。

 

あなたのグリップと

打っている軌道は合っていますか?

 

■スイング軌道が違う

 

ということは

グリップの違いでスイング軌道が変わります。

 

そのスイング軌道の違いを

今回の動画にて確認してみてください。

 

イメトレ用に

横からの撮影動画となっています。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

『フットワークの練習したことありますか?』~テニスフットワーク理論計画ついに始動!~

【テニスフットワーク理論計画】

 

『あなたはフットワークの練習したことありますか?』

 

これ実は

ほとんどの人がフットワーク練習を経験したことがないのです。

 

テニスは打ち方の練習がほとんどですが

フットワークが悪いと

 

●打点がズレる

●ボールに追いつけない

●スイングのタイミングが合わない

など、たくさんのエラーの原因が出てきます。

 

ですがこのフットワーク練習

実際に受ける環境がもの凄く少ないのです。

 

理由は

●フットワークと打ち方は連動している

●フットワークだけ情報と、打ち方だけ情報は存在する

●練習メニューが分からない

 

フットワークだけでは

ボールを動いて打つことには直結しません。

 

そのフットワークから

どのような打ち方に連動しているかが大切です。

 

そのために

どちらかの情報はたくさんありますが

 

連動させた情報は

ほとんどないのです。

 

さらには

フットワーク理論になると

 

体の動かし方という

トレーニング知識が必要になります。

 

知識のないフットワーク理論は

知識のない筋トレと同じで

 

そのせいでパフォーマンスが落ちたり

ケガをしてしまう可能性が出てきます。

 

あなたは今

●うさぎ跳びを行いますか?

●瞬発力アップにマラソンしますか?

 

知識がないと

その練習方法もわからないと思います。

 

これは僕も同じでした。

 

テニスフットワークの知識はあるけど

●この動きは正しいのか?

●その動きのためのトレーニングはどうすればいいのか?

●日々の練習で何をすればいいのか?

 

ここが僕の中でも

理論の解明につながらないハードルになっていました。

 

そして今回ご紹介しています。

 

トレーニングプロフェッショナルの

CORE N’ CODEの方々とのコラボにより

 

【テニスフットワーク理論】の開発に着手することになりました。

 

そしてもちろんこれは

『非常識理論専用のフットワーク』ということになります。

 

このテニスの動きのためのフットワーク理論ということです。

 

フットワークは

テニス理論によって変わるからです。

 

 

【合宿でがっちり指導】

 

そして実はこの

トレーナーの早稲田さんには

 

12月に開催する

今年最後の合宿のトレーナーとして同行して頂けることになっています。

 

凄いです!

みっちり二日間トレーニングしてもらえるのです。

 

フットワークのトレーニングは

しっかり時間をかける必要があります。

 

合宿はまさに

そのフットワークのトレーニングにはうってつけの機会となります。

 

 

フットワークに課題を抱えている方は

12月8日9日開催の非常識理論合宿への参加を検討してみてください。

 

 

こちらはまだ募集はスタートしていません。

またメルマガで募集しますのでそちらを確認しておいてください。

 

非常識理論には

ヒッティングフットワーク理論があります。

 

今回非公開の動画を

ちょっとお届けしておきます。

 

こちらは体の使い方ではなく

テニススキル側のフットワークですね。

 

走ったり、止まったりのフットワークは

運動理論が必要なフットワークです。

 

その違いと

このようにフットワークでテニスが変わることも確認してみてください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

最新トレーニング理論&非常識理論~株式会社CORE N’ CODE代表早稲田さんとのミーティング~

【テニストレーニング練習理論を作る】

 

本日は株式会社CORE N’ CODE代表の早稲田さんと

ミーティングで上野に訪れました。

 

写真の西郷さんが切れているのは

完全な僕の撮影してもらう方の人選ミスです。

・・撮ってもらいながらすみません。笑

 

こちらの早稲田さんは

海外から最新のトレーニング理論を日本に取り入れ

 

セーリングチームやプロサッカー選手

アメフト・バレーなどと

 

数々のプロアスリートから

ジュニアの運動能力の向上プログラムまで手がける

 

プロトレーナーの方です。

詳しくはこちら株式会社CORE N’ CODE

 

以前より

非常識理論とコラボの講習会などを手掛けてもらっています。

 

なぜ今回

このトレーニング界の方と

ガッチリ組ませてもらっているかと言うと

 

前回のブログの記事でも書きましたが

テニスは

『体の動かし方を矯正することでも上達する』という

 

もともとの体の動きが悪いために

打てないショットがいつまでも治らない

と言う問題点があることに気が付いたからです。

 

こちらのブログをどうぞ

10月神戸講習会を開催しました。

 

あなたは

●テニスフットワークの悪さからの体力不足

●体の動きの悪さからの打ち方の違和感

●姿勢の悪さからの疲れ

これらの感じたことがありませんか?

 

これらはあなたの

体の癖によるものだとしたら

 

矯正する方法に興味はありませんか?

 

非常識理論はこの部分を

ガッチリテニスに取り入れることを今目標にしています。

 

トレーナーの方からすると

競技に必要なフォームは専門外のために

 

『そちらからアクションしてもらえないと動けない』

ということなのです。

 

テニスでもそうですが

他の競技でもチームなどに講習をしたりする機会があったそうで

 

個人的に多くの選手が

『個人的にトレーニングしてほしい』という連絡はあるそうなのですが

 

『チームの監督が許可してもらえたらOKですよ』

と伝えると、そこから連絡が来ないそうです。

 

これ今話題の

スポーツ界の本当に古い体質の

 

●他の情報を入れない

●輪を強調した囲い込み

になりますよね。

 

その選手が後に

プロとして活躍するために

 

今必要なトレーニングを受ける環境を

その時の監督の権限でつぶしてもいいのか。と

本当に思います。

 

そのために

日本ではトレーニング知識がものすごく低く

 

未だに

トレーニング=筋トレ

と言う概念がはびこっているそうです。

 

この流れでお分かりですか?

 

非常識理論がテニスで変えようとしていることと

早稲田さんがトレーニング界で変えようとしていることが

 

【同じなのです】

 

これがこの繋がりの答えです。

 

早稲田さんのトレーニングも

今までのトレーニング教科書にないことだそうです。

 

やはり非常ラーがつながるのは

マニアックな人たちですね。笑

 

しかしお話を聞くと

実に理論的で答えが明確です。

 

今回興味深かったお話は

『筋肉でのテニス』と

『腱でのテニス』と言うお話でした。

 

非常識理論は

軽い跳ねるようなフットワークでのテニスなので

 

『腱』を使った動きだそうです。

 

昔テニスは

腰を落として膝を曲げて

水平移動のフットワークですよね。

 

これは『筋力』での動きだそうです。

 

つまりこの筋力での動きを続けるテニスは

疲労がとてもたまるテニスとなります。

 

CORE N’ CODEさんのコンセプトは

【パフォーマンスに直結するコーチング】です。

 

日本にはいまだに

『疲労に直結するコーチング』が萬栄しているそうです。

 

と言われて僕も

『テニスでも、疲労に直結するコーチングがあります。』と報告しました。

 

まさにですよね。

 

そしてその

『あなたが腱を使っているか、筋肉を使っているか』が

 

動作特性評価測定という

マシンを使った測定でわかるそうです。

 

その測定機材はまだ

日本ではほとんどないそうですが

 

CORE N’ CODEでは取り入れているそうです。

さすが最先端のトレーニング技術ですね。

 

そのマシンで測定すると

あなたの今の状態がわかります。

 

『腱と筋肉のどちらを使っているか』です。

 

そしてその結果、トレーニング方法が決まります。

そのトレーニングを日常で行ってもらえるように

 

あなたに合わせたメニューが決まり

それをこなすことで体の動きが変わるのです。

 

まさにデータからの合理的な

誰もが納得する明確な目標とメニューを提示してくれるのです。

 

そこには根性論も気合でもありません。

最先端の理論には感覚的なものはないのです。

 

 

ここで重大発表ですが

実はそのマシンを

 

『合宿』に持ってきていただけることになりました。

凄いです!

 

僕はその前に

パーソナルトレーニングを受けて体験します。

また報告しますね。

 

合宿参加者の方は楽しみにしてください。

 

という熱い話で

あっという間に時間が過ぎました。

 

今後とも同じ志を目指して

ガッチリ組んでいきますので

 

テニストレーニングDVDを楽しみにしておいてください。

 

ちなみに!

来月の千葉県での講習会では

 

早稲田さんとのコラボ講習会となります。

参加の方はマシンはさすがに無理ですが、

 

トレーニングとテニス講習会のコラボを楽しみにしてください。

 

参加希望の方は

下記のメルマガに登録しておいてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

10月神戸講習会を開催しました。

【非常識理論:神戸講習会】

 

10月27日28日に

神戸で非常識理論講習会を開催しました。

 

絶好のテニス日和となり

最高のコンディションでガッチリ講習を行いました。

 

今回のテーマは

【テニストレーニング理論】と

【腕のひねり戻し理論】です。

 

これは今年の

非常識理論の大きなテーマになった練習方法で

 

テニストレーニング理論は

『正しい体の動かし方を練習することで打ち方が良くなる』という

トレーニング理論を取り込んだ練習方法で

 

簡単に説明すると

フォアハンドの際に右足で止まった時に

 

●足を踏ん張ってただ止まっているか

●ひねりが作られる止まり方をしているか

 

という上記の違いで、そこから

 

『飛ばす動きをまた作るのか』

『ひねりの戻しですぐに打てるのか』

 

と言う大きな違いとなります。

 

その止まり方を矯正することで

フォアハンドが大きく変わります。

 

この部分は

体の動かし方という

 

僕の専門外の分野となるために

プロトレーナーの方から伝授された内容になっています。

 

つまりは

●フットワーク

●サーブのフォーム

●体の回し方

これらの動きに関して

テニスコーチはあまり専門的な知識はないのです。

 

打ち方のコーチングで

遠回りに指導していることにはなりますが

 

体の動きを理解したトレーナーの方が

直に矯正した方がとても速いのです。

 

ここがテニスの上達に

大きな時間を費やす結果になっていると

 

僕は考えます。

 

そのために非常識理論は今

プロトレーナーの方と組んで

 

テニストレーニング練習法を積み上げています。

 

今回の講習会でも

大きくその成果を出してくれています。

 

 

そしてもう一つの

【腕のひねり戻し】でのヒッティング理論です。

 

これは

腕のひねり戻しを使って

 

フォアハンドやバックハンドを

力のいらないヒッティングフォームで

 

軽くボールを打つことをテーマに伝授しています。

 

そしてまたまた今回出ました!

 

両手バックハンドの方が

片手バックハンドに転向されました。笑

 

以前からも言っていましたが

このひねり戻しを使ったバックハンドの練習をすると

 

片手バックハンドが簡単に打てます。

 

今までフェデラーにあこがれて

片手バックにしたかったのに

●なくなく両手で打っている人

 

片手で打っているけど

●どうしてもうまく打てない人

 

女性ですが

●片手バックハンドにしたい人

 

ジュニアでどうしても

●片手を教えてもらえない人

 

これらの人は

どんぴしゃりでハマる練習方法があります。

 

腕のひねり戻しを使った打ち方で

フォアハンドもスピンがかかった伸びるボールが打てます。

 

バックボレーやバックスライスも

楽に伸びるボールが打てます。

 

反対に言うと

バックスライスやバックボレーが飛ばない人は

 

この腕のひねり戻しを

使えていない可能性が高いのです。

 

という

腕のひねり戻しを使った練習を行いました。

 

これはもちろん

Youtube動画にも上げていない極意です。

 

体験したい方は是非

講習会や合宿、ONLINE会員にご参加ください。

 

今回の神戸講習会では

新しい方のご参加もたくさんあり

 

またまた新しいつながりが増えました。

大阪からの参加の方が多かったので

 

次回一日大阪開催の案が出ました。

 

またコートがうまく見つかりましたら

大阪開催を計画したいと思います。

 

またまた今回は

長く昔からの方や新しい方達との交流も出来

 

同じ大学の同じ学部の同じ学科の

先輩後輩というつながりの方があったりと

 

世間の狭さとつながりを感じました。

 

いや~こういう出会いが

同じテニスを目指す志が同じ仲間で

 

共有できることは最高に楽しいですね。

 

次回は千葉と愛知講習会が開催されます。

またメルマガで募集をお伝えしますので

 

参加をご検討の方は

下記のメルマガに登録しておいてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【海外進出】韓国でも配信されています!非常識理論テニス

【非常識理論海外進出計画】

 

非常識理論は

海外にも進出しています。

 

今回はそんな

非常識理論の野望のお話です。

 

実は今

非常識理論は韓国でも配信されています。

 

ブログにもご紹介しました。

韓国の非常ラー、朴さんが韓国で紹介してくださるということで

 

ただ今韓国で

非常識理論が配信されています。

 

朴さんいわく

なかなか評判がいいみたいです。

 

日本でのYoutubeコメントはひどいですが。笑

 

そんな韓国ではこのテニスのことを

『厚いテニス』と言っています。

 

何が厚いかと言うと

『ボールへのラケットの当たり』です。

 

つまり

『厚い当たりのテニス』ということですね。

 

韓国では『厚い当たり』というのが

とても重要な言葉とのことです。

 

非常識理論は

●ゆっくりコンタクトでボールをラケットで掴み

●そこからフィニッシュまでしっかりラケットを動かします。

●その動きで、ボールが凹む割合が大きくなり

●ボールとストリングスの反発力が大きく使え

●ボールがバウンドして失速しない、伸びるボールとなります。

 

これが厚い当たりの非常識理論の原理です。

 

反対に昔テニスの

後ろからの勢いでボールを飛ばす打ち方は

 

インパクトと言うイメージで

点でボールを飛ばしたり、

 

押す意識でのヒッティングが

ラケットの動き幅を狭めて、

 

ボールの凹む時間が短くなるために

ボールが伸びない、薄い当たりと呼ばれる打ち方に

なりやすいテニスと位置づけしています。

 

その厚い当たりを生む

グリップの握り方が

 

『コンタクトでグリップを握らすに』

『コンタクト後に握っていく』

 

つまりこれが

ボールを握っている、掴んでいる感触となり

 

『ボールをつぶす』と言われる

感覚に繋がるのです。

 

どのように潰しているかと言うと

握り潰すような、握った感触があるからなのです。

 

この理論の

その部分が韓国の『厚い当たり』と言う文化にマッチして

 

この様な韓国進出に繋がりました。

 

と言う事で今回は

その韓国での『厚い当たり』のチャンネルをご紹介します。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【感動的!テニス添削システム】テニスのコーチングが大きく変わります!

【テニスのコーチングが変わる】

 

今回は

物凄い衝撃的なニュースをお伝えします。

 

それは

革新的な【テニス動画コーチングシステム】を発見したことです。

 

これは画期的過ぎて

即決で導入を決めました。

 

今でも非常識テニスは

動画付きのメールマガジンをお届けする

オンライン有料会員サービスを運営しています。

 

生徒さんは動画を送ってくれて

それを見てアドバイスをお届けしたりと

 

オンラインコーチングを

そのように運営していましたが

 

問題点として

●動画を送るハードルが高い

●コーチのアドバイスが文章

●コーチのチェックに時間がかかる

 

という

動画と添削のやり取りに時間がかかったり

アドバイスがうまく伝わらなかったりと

 

成果に対してハードルの方が高かったのです。

 

そこについに

救世主のようなシステムが生まれたのです。

 

 

■感動的!簡単!動画添削システム

 

これは凄い技術です。

今やスマホが普及して

 

誰でも簡単に動画が撮れる時代になっています。

 

動画を撮って

例えばラインで送る事に関しては

 

多くの人がハードルが高いとは思わなくなっています。

 

ラインでメッセージを送ることよりも

動画の方がワンタッチで送れるからです。

 

その動画に対して

 

コーチが

『線を引いてチェックポイントを示し』

『改善方法を、比較動画で教え』

『音声で解説する添削動画が』

『簡単に作れる時代になったのです。』

 

これを大改革と言わずして

何と呼びましょう!

 

今この添削を行っている方達で

【壁打ちでフォームを修正している方】があります。

 

修正ポイントをお伝えすると

次の動画でそれが修正されています。

 

ただ壁打ちをするのと

コーチが添削して、目標があるのとでは

大きな違いがあります。

 

これでフォームが

格段に良くなる成果も確認出来ました。

 

また

【お子さんの動画を送ってくれる方もあります。】

 

そのお子さんのフォームに対して

添削をして返信します。

 

次の時には

お父さんが修正をした、お子さんのフォームが送られてきます。

 

また今度は

ここを修正してください。と送ります。

 

そすると

また修正されていいフォームに仕上がった動画が送られてきました。

 

親御さんがお子さんの練習相手になっても

どこを治せばいいかがわからない場合が多いです。

 

今回のシステムは

この『遠隔代理コーチング』分野にも確実に成果が出る。

という成果を出してくれました。

 

これを画期的と言わずして、

そして使わずにいれるわけがありません。

 

■テニス理論も技術も最先端を

 

非常識理論は

テニス理論が昔のテニスからすると『非常識』

 

という理由で

非常識理論と表現していますが

 

今の新しいテニスとすれば

全く非常識ではありません。

 

『最先端のテニス理論』という位置づけで

日々お伝えしています。

 

そして『技術も最先端』です。

 

非常識理論の講習会では全撮影です。

 

その動画を

後日編集してお届けしています。

 

この講習会の撮影は

本当に簡単に出来ます。

 

そして

プライベートコーチングでは

 

その動画撮影プラス

その場でも撮影して実際の打ち方を確認してもらっています。

 

自分で見て

どうなっているのか?

出来ているのか?

 

を確認することは必須項目です。

 

タブレットや

スマホがある今の時代では当たり前ですね。

 

ですが

隣でこれらの機器を使ってコーチングしているコーチは

まだまだ見かけません。

 

こんなに技術が進んだ時代に

まだ動画を使わないコーチングしているとすれば

 

日本のテニスのコーチングを受ける環境が

まだまだ遅れていると思ってしまいます。

 

と、嘆いてはいるわけではありません。

もちろん『しめしめ』と思っています。

 

なぜなら

こんな素晴らしいコーチングの技術が出来上がっているのに

 

日ごろ自分が動画を手掛けていないコーチは

取り入れることが絶対出来ないからです。

 

コーチ自体が動画撮影に対して

高いハードルを感じていれば、取り入れることはないでしょう。

 

『しめしめ』ですね。笑

 

それではここまで引っ張って

添削動画を見せないと怒られますので

こちら添削の様子を撮影した動画がありますので

 

実際に添削の様子を見てください。

そして、この添削システムについては

 

来月よりメルマガにてご紹介していきますので

興味がある方は、下記のメルマガに登録しておいてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

非常識理論石川講習会を開催しました。

【非常識理論石川講習会】

 

13・14日と

石川県小松市の粟津運動公園にて

非常識理論石川講習会を開催しました。

 

天候が最高でしたね~

秋晴れと言うか石川晴れというか

 

最高の天気の中で

開催はインドアでしたが、絶好のテニスの季節になって来ましたね。

 

今回のテーマは

『ブレーキングを意識したストロークの打ち方』という

 

テニスで大切なフットワークの

『ブレーキング』が皆さんできているかをチェックしました。

 

やはり意外と

出来ていない事がわかりました。

 

そもそもそんなことを

『意識したことがないです。』と言う人がほとんどですよね。

 

テニスは『ブレーキング』つまり

止まり方のフットワークがあります。

 

ボールに追いついて

止まった時のフットワークが

 

●ただ止まるだけのフットワーク

 

ではいけないのです。

あなたはボールに追いついた時に

 

【体にひねりが入るブレーキング】出来ていますか?

 

 

■正しいブレーキング

 

この

【体にひねりが入るブレーキング】とは

 

止まったときに

上半身にひねりが入っています。

 

これがただ止まっている人は

ひねりが入らないために、そこからボールを飛ばす動きを

行わなければならない打ち方となります。

 

止まったときにすでに

ボールを飛ばすひねりが作られていたら

 

打つ準備が出来ているので

スムーズにヒッティングが行えるのです。

 

ざっくりお伝えすると

このフットワークが出来ていない人が多いのです。

 

またしても写真を撮り忘れました・・汗

本当にどうにかならないかな・・

 

写真がない他の皆さん・・すみません。

コートをいつも撮ってくださる上田さんと遠方からのご参加の岩本さんです。

 

■トレーニング講習会

 

話が戻ると、

このフットワークについては

プロトレーナーの方とのコラボ講習会の際に指摘があったポイントです。

 

生徒さんとコーチの違いの中で

この違いが優先順位No.1のコーチングポイントだと言われました。

 

そうなのです

コーチが出来ていて、とても大切で

 

生徒さんが出来ていない確率が高いのがこの

『ブレーキングフットワーク』だったのです。

 

この動きの部分は

体の動かし方の構造所の問題点のために

 

僕も気が付かなかったポイントでした。

やはりこの、トレーニング分野とのコラボ講習会は

 

とても大切だと痛感したのです。

 

と、長くなりましたがそういう流れで、

今年の年内の講習会はこのブレーキングをチェックしたいと思います。

 

そして

『ゴムチューブを使った、ひねり戻しトレーニング』も

講習会のポイントとなっています。

 

年内は

●神戸

●愛知

●神奈川

●千葉

での開催が決定しています。

 

さらに

非常識理論合宿も控えています。

 

今回の合宿は

すごい内容になっています。

 

またメルマガでお知らせしますので

詳細をチェックしたい方は、下記のメルマガにご登録ください。

 

と、石川講習会の様子よりも

ブレーキングの記事になてしまいました。

 

今回は同じホテルにお相撲さんが多数泊まっていました。

高見盛も近くで見ると大きかったです。

 

今回は石川の海の幸を堪能しました。

町さんありがとうございました。

 

またいいお話も聞けて

人のつながりとはとても奇跡のような出会いがあるものだと

テニスのすばらしさをかみしめました。

 

いや~テニスって

本当に素晴らしいですね。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニスフットワークとトレーニング

【テニスフットワークとトレーニング】

 

あなたのフットワークはバッチリですか?

 

と言われてバッチリです!

と言える人は少ないです。

 

今回はフットワークがテーマなのですが

ちょっとその前に

 

先日新しい会員サイト用の

動画の撮影がありました。

 

こちらがその様子です。

いつもの撮影用のカメラが右のgoproで

プロのカメラは左のものです。

 

やはり違いますね~

 

編集された動画を早速送って頂いて

見て驚きましたが

 

画質の綺麗さがやはり

半端なかったですね・・さすがプロですね。

 

そしてウエアーも

ミズノさんより提供していただきました。

 

いつもありがとうございます。

ウエアーのシルエットがとても綺麗でした。

 

最近お腹が出ていたのですが

ウエアーのおかげでちょっと細身に映って

助かりました!笑

 

その撮影の際に

フットワークのトレーニング動画を撮影してもらったのですが

 

カメラマンの方が

『テニスがうまくなった気がします。』と言われました。

 

いろいろ聞いていたら

うまくなる気がしますよね。

 

特にフットワークトレーニングは

自分でも動けるような気がしてきます。

 

今期では

プロトレーナーの方達とコラボして

テニス用のトレーニングを提供してもらっています。

 

そのトレーニングをもとに

オンコートラボで打ち方をフットワークから見直しているのですが

 

やはりフットワークと

ヒッティングの関係は深いですね。

 

この足の動きが出来ていないと

『体幹が回らない』と言う動きにつながることが良くわかります。

 

つまり

テニスのフォームの練習だけでは

 

●止まっては打てるが

●動いて打つことが出来ない

 

というテニスに陥ってしまいます。

 

もちろん初めから

出来ている人がいるのがこのフットワークです。

 

それだけに

共通のメニューとして意識されないことが多いのです。

 

今回はフットワークのバリエーションの動画をご紹介しておきます。

メルマガの方で

 

トレーニングやフットワーク練習などを

ご紹介していきますので、フットワークに興味がある方は

 

下記のメルマガに登録して

チェックしてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

ファーストボレーは意識を変えれば得意になる~ファーストボレーはアプローチ~

【ファーストボレーは意識を変えるだけで上達する】

 

 

あなたはファーストボレーを

とても難しいと感じていませんか?

 

そんなあなたにピッタリ!

今回のテーマは『ファーストボレー』についてお伝えします。

 

ファーストボレーは

『意識を変えるだけで上達します。』とお伝えしました。

 

この理由は

ファーストボレーが苦手だと感じている人の多くは

 

●ファーストボレーをサービスラインの辺りで

●必ずノーバウンドでボレーしようとしている

という傾向があります。

 

ここを変える事で

ファーストボレーは格段に打ちやすくなるのです。

 

■ファーストボレーはアプローチ

 

ここで今回のキーポイントをお伝えします。

それは

 

『ファーストボレーはアプローチだとイメージすること』です。

 

ファーストボレーからすでに

平行陣のボレーがスタートすると思っている人が多いのです。

 

ではなく

ファーストボレーはまだ

 

【前に出るためのアプローチ】だと考えてください。

 

そうすると

相手のリターンを一旦止まった状態で確認し

 

そのボールを打ちながら前に詰めて

その次のショットから平行陣がスタートするイメージです。

 

これを行うと

スムーズに前に流れていく、サービスダッシュになります。

 

つまりは

ファーストボレーを前で前でとろうとして

 

突っ込みながらボレーすることで

体の勢いとボールが衝突するボレーとなり

 

全くコンタクトが安定しないファーストボレーになるのです。

 

今回のミッションは

サーブを打って前に行きます。

 

そこで

早く一旦止まりましょう。

サービスラインとベースラインの間くらいです。

 

そこで相手リターンを一度確認して

そのボールに対して軌道に入ります。

 

そこで

早まってはいけません。

 

ラケットにボールが当たるまでは

まだ体を前に持っていこうとしないでください。

 

ここで体が前に行きながらボレーすると

コンタクトが安定しません。

 

コンタクトまで待って

ボールを飛ばすのと一緒に前に出ていくのです。

 

これが綺麗に

アプローチのように前に詰めながらのボレーとなります。

 

ファーストボレーはアプローチなのです。

 

■足元のボレー

 

この出方を紹介すると多くの人が

『足元にボールがたくさん来てミスしやすくなります!』

 

と、言われます。

昔は・・『足元のボールが来ないようにしっかり前に詰めろ』的なこともよく聞きました。

 

足元のローボレー・ハーフボレーも

今のラケットでは簡単に返球出来ます。

 

いつまでも足元ボレーを

避けていては、古いテニスから抜け出せません。

 

『ハーフボレーは楽に変える』という時代です。

 

そうすると

前に詰める必要がなく

 

サーブを打ってちょっと前に出て

アプローチのようにファーストボレーをさばきながら

 

前に詰めてそこから平行陣がスタートする

何と優雅な流れのサービスダッシュでしょうか。

 

これを是非目指してトライしてみてください。

 

ということで

前に軽くダッシュした後に

 

ボール軌道に入る動きとなるために

こちらのステップをちょっと参考にしながらトライしてみてください。

 

 

このテニスをもっと知りたい方は

下記のメルマガで紹介動画がたくさん見ることが出来ますので

覗いてみてください。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------