【テニス高いボールの打ち方】〜高いボールが苦手な人はどうなっているか?〜

【テニス高いボールの打ち方】

 

テニスで

高いボールがうまく打てない人は多いです。

 

この高いボールに苦手意識がある人は

『このフォームになっているからうまく打てない』というポイントがあるのですが

 

気になりませんか?

 

それは実は

【ラケットを下に下げている】というポイントです。

 

高いボールの返球が苦手な人は

ラケットを下げて、そこから大きく振り上げて

 

ボールにラケットを勢いよく当てて

高い打点のボールを打とうとしているのです。

 

この打ち方は

ボールコンタクトまでのラケットの移動距離が長いために

 

コンタクトが難しくなります。

 

高い打点の返球に関して

一番のエラーの原因が

 

センターを外していることでの

コンタクトミスが原因で飛ばない場合が

 

ほとんどなのです。

 

つまりは

コンタクトしやすい打ち方にするだけで

 

返球確率はぐっと上がるのです。

 

そのためには

もちろん打ち方のイメージを変えなければいけません。

 

今回はその

高いボールの返球方法として

 

二つの方法をお届けします。

 

 

■二つの返球方法

 

その二つとは

スピン系とスライス系の二つです。

 

スピン系にはフラットも含まれます。

 

簡単に言えば

普段打っているストロークの打ち方です。

 

そして

トップスライスです。

 

トップスライスとは

肩よりも高い位置でコンタクトするスライスです。

 

この高さをスライスで打てると

楽に返球することができます。

 

以外と普通のスライスは打てなくても

このトップスライスから

 

スライスが打てるようになる人も多いです。

 

この二つの打ち方での

高いボールの返球を目指しましょう。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスストローク】面ブレはしたほうがいい!あなたのストロークが安定しないのは、面ブレをしないようにしているからです!

【面ブレしたほうがストロークは安定する】

 

あなたは

『面ブレをしないように打とうとしていませんか?』

 

多くの人がこれを聞いて

『当たり前!』『面ブレしたらボールが乱れる』

 

と、思っていると思います。

 

ここはさすがの非常識理論

『面ブレをしたほうが安定する』と言ってしまうのです。

 

僕は理系です

あ、もちろんテニス命で生きてきた

えせ理系ですが・・汗

 

頭の考え方は理系です。

 

今回の

『面ぼれしたほうがストロークが安定する』には

確固たる理論があります。

 

それは

面がガッチリ固まったら

 

その面が向いた方向に

ボールがしっかり飛んでしまうからです。

 

これ一見

いいことのように聞こえますが

 

あなたは

ボールコンタクトの時に

 

ラケットスイングを作りながら

キッチリ打ちたい方向に面を向けてボールをヒッティング出来ますか?

 

面がコンタクトで固まると

少しの乱れが、ボールの乱れにつながるのです。

 

これかなり

ハードルが高いと思いませんか?

 

■力が入る

 

あなたはテニスで

『力を抜いて~』というアドバイスを聞いたことはありませんか?

 

なのにコンタクトで

面をブレさせないために、グリップを握るなんて

 

『力み』以外の何ものでもないですよね。

 

ではこの

『力を抜く』というのは何のためなのでしょうか?

 

 

■力を抜く正体

 

ここが今回の

お伝えの最大のポイントです。

 

なぜ?

力を抜くのか?

 

力を抜くことと

面ブレをしないことは

 

相反することではないのだろうか?

 

そこで一つの回答が見つかります。

 

力を抜くことは

テニスでは正しいですよね。

 

ということは

【面ブレさせないこと】が間違っているのです。

 

テニスは

『面ブレ』させるために脱力するのです。

 

『でも面ブレしたらボールが乱れる』

 

そう思っているあなたは

上達が止まってしまう

大きな落とし穴にはまっているのです。

 

 

■面ブレしたほうがいい理由は

 

この

面ブレをしたほうがいいという理由があります。

 

今回ご紹介の動画はまさに

この部分を説明しています。

 

あなたはテレビで

プロの試合を観たことがありますか?

 

その際に

選手のボールヒットのタイミングを

スーパースローで見たことがありますか?

 

このコンタクトの時に

ラケットがブレているのです。

 

あなたはこれに

気が付いたことはありますか?

 

面はブレているのです。

 

そのほうがストロークが安定するのです。

 

まさにこれこそ

大きなイメージの間違いによる

 

テニスの上達の妨げとなっている

大きな落とし穴なのです。

 

ではその回答は

今回は動画にてお伝えしていますので

 

『なるほど!』と納得出来て

非常識理論の理論的な見解がお好みの方は

 

メルマガもぜひチェックしてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスライジング】あなたはライジング打てますか?

【ライジング打てますか?】

 

あなたはライジング打てますか?

 

テニス人口からすると

『打てない人の方が多い』と思います。

 

あなたはライジングは

上級者のショットだと思っていますか?

 

ライジングは

初心者のころから

練習していきたいショットです。

 

理由は

ライジングには

 

攻撃型と守備型の

大きく二つの役割があり

 

特に守備のライジングは

足元に深いボールが来たときや

相手の速いボールを返球する際に

 

必須の守備ショットとなります。

 

つまり

攻撃に使うには、

かなりのレベルが上がってからのショットになりますが

 

反対に

ライジングではないと返球しにくい状況があるために

 

ライジングを覚えないと

返せないボールがなくならないのです。

 

 

■ライジングでの攻撃

 

そして攻撃のライジングですが

簡単に言うと

 

相手のショットの力を使って

速いタイミングでカウンターのような攻撃をする。

 

と、いう攻撃のイメージとなります。

 

多くの方がイメージしている

 

『軽い力でボールが飛ぶ』

『力ではない速いタイミングでの攻撃』

 

というのが

ライジングのイメージだと思います。

 

これが

ガッチリ足を踏ん張って

しっかり体重移動を使ったパワーで攻撃をするテニスから

 

軽い力で軽やかなフットワークで

早いタイミングでのライジングによる攻撃テニスに

 

今テニスが変わってきているのです。

 

あなたもライジングは

上級者のテニスだと思い込んで

 

練習したことがないのならば

ちょっと目標にいれてみてください。

 

あなたの周りの人達のテニスが

タイミングでのテニスに変わりだしてからでは遅いです。

 

今からあなたは

先にライジングに取り組んで

 

周りのテニスから

一歩抜け出しましょう。

 

ライジングのイメトレ動画はこちらです。

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニスサーブ】あなたはサーブの基本を知っていますか?

【サーブの基本って何ですか?】

 

あなたは

『サーブの基本を知っていますか?』

 

こう言われると

サーブに関しては結構

 

多くの人が

言葉に詰まってしまいます。

 

実はサーブの基本というのを

体系立てて説明をしている情報がないのです。

 

 

ちょっとニュアンスが伝わらないですね。

 

もちろんサーブの情報はありますが

その情報通りに打っても、サーブが全く打てるようにならないという

 

そんな情報が多いということです。

 

これは

僕が他の情報を批判しているわけではなく

 

自分の経験としてお伝えしています。

 

これには理由があります。

それは

 

サーブというのは

自分の打ち方が見えないからです。

 

つまりは

情報通りに出来ているかが

 

全く見えないショットが

サーブなのです。

 

これが情報通りに練習しても

うまくいかない原因となっています。

 

■サーブのいい情報は?

 

では

『サーブの打てるようになる情報って何?』ということになりますね。

 

これが今回の

ブログのテーマとなります。

 

多くのサーブが打てない情報は

●見た目の説明の情報です。

 

自分のフォームが見えない以上

見た目の説明のようなアドバイスでは

 

確認の仕様がないために

打てるようにはならないのです。

 

では打てるようになる情報とは

ズバリ!

 

『自分の体の動かし方の説明』です。

 

サーブはこの

体の動かし方を体系化して段階を踏むことで

 

自分の感覚として

サーブが打てるようになる。

 

というのが

非常識理論の見解となっています。

 

体験者の感覚としては

『言葉では説明できないが、ボールが良く飛んでいる』

『この部分だけ気を付ければ、いい当たりになる』

『これがタメという感覚なんですね』

 

という

自分の感覚的な部分で打っている言葉が出てきます。

 

サーブは自分の体の動きが見えないために

【体の感覚的な使い方からの練習】が必要となるのです。

 

今回ほんの二つの

基本の基本の二つをお伝えしておきますので

 

こちらの動画のイメージでの

自分の体の動かし方や

 

手の感触に対して

意識してトライしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニス体感トレーニング〜簡単な三つのトレーニングを紹介〜

【簡単な三つのトレーニング】

 

あなたは

フォーム練習ばかり行っていませんか?

 

ラリーや球出しが打てても

『ゲームでは全く打てない・・』なんて悩みはありませんか?

 

ここには

●フォーム練習ばかりで

●体感のトレーニングができていない

という、原因があると非常識理論は考えています。

 

テニスは感覚でプレーするスポーツです。

 

ボールに追いつきながら

ボールを打つ準備をして

ちょうどいい距離で止まり

ボールのタイミングに合わせてラケットを振り

相手がいないところにボールを打つ

そこからすぐに戻りながら相手の様子を伺う

 

この中に

打つフォーム的な要素はどのくらいあるでしょうか?

 

『タイミング』

『距離』

『目線』

 

これらのフォームではない

感覚的な部分がとても多いことに気がつきます。

 

ではあなたはこの

【感覚】の練習をいくつ行っていますか?

 

 

■感覚トレーニング

 

『あの人は運動神経がいい』

という言葉には、今回のテーマの『感覚』がいいという要素が含まれます。

 

この感覚のトレーニング方法を

今回はテーマとして動画にてお伝えしています。

 

内容は珍しくもなく誰でも一度は経験したことがある練習です。

 

では何が

今回の内容として大切なポイントかというと

 

その練習の意図を

しっかり理解して行うことが大切だということをお伝えしたいのです。

 

テニスの練習には

『この練習は、こんな感覚的な部分も意識して練習してください』

 

という意識付けだけで

同じ練習メニューでも、ゲームでしっかり打てるようになる練習となります。

 

ただただ

フォームを作ることばかりにとらわれると

 

この感覚的な部分が上達せず

ゲームでは全く使えないフォームとなってしまいます。

 

今回の内容にて

感覚のトレーニングに意識も向けて

 

ゲームでの

感覚的なプレーを目指してみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

グリップとフットワークの関係〜あなたのフットワークが辛いのはグリップに原因があるかも〜

【グリップとフットワーク】

 

あなたのフットワークが辛いのは

グリップが原因かもしれません。

 

と言われて

ピンときますか?

 

あなたが今

フットワークで悩んでいるのならば

一度グリップを見直してみてください。

 

なぜ?

 

と思いますか?

 

実はグリップとフットワークには

お大きな関係があるのです。

 

今回のテーマはこの

グリップとフットワークの関係についてお伝えしていきます。

 

 

■グリップとフットワーク

 

では、

この関係はどんな関係かをお伝えします。

 

グリップには種類があります。

例えばストロークに絞って大きく分けると

 

●イースタン

●ウエスタン

 

もっと細かくはありますが

大きく分けるストロークにはこの2種類があります。

 

このグリップの握り方については

あなたもご存知だと思います。

 

ではこのグリップと

フットワークの関係を見て行きます。

 

●ウエスタングリップ

 

この握り方は

軟式テニスでよく使われるグリップです。

 

このグリップで

●低いボールを打つ際は姿勢を低くする必要があります。

 

反対に

●高いボールが楽に打てるのです。

 

 

■イースタングリップ

 

このグリップは

●低いボールが楽に打てます。

 

姿勢を低くしなくても打てるからです。

 

その反面

高いボールに力が入りにくいという面があります。

 

つまり

グリップによって

フットワークにも関係してくるのです。

 

 

■組み立て

 

例えば相手がウエスタングリップの場合は

 

低いボールを集めることで

相手のミスが誘えます。

 

相手がイースタンフォアならば

高いボールで狙って行きたいところです。

 

というように

組み立ての基本にもなっているくらい

 

グリップの違いによって

打ちやすいポイントに違いがあるのです。

 

 

■フットワークとの関係

 

では本題に入ると

あなたが膝を曲げて打つことが

体力的にもやりたくない打ち方だとすると

 

【グリップがイースタンより】になるべきです。

 

にもかかわらず

ウエスタングリップにしてしまうと

 

足を楽にすることは

なかなかできない可能性が高いです。

 

ガンガン威力のあるストロークで攻撃がしたいのに

イースタンのーグリップだと

 

なかなか威力が出ない可能性があります。

 

このように

ざっとなお伝えですが

 

グリップとフットワークには

大きな関係があるのです。

 

実際の映像での確認は

こちらの動画にて確認してください。

 

あなたのグリップとフットワークは

正しく機能していますか?

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

姫路合宿での気づき

【姫路合宿での気づき】

 

先週末は

姫路で非常識理論合宿を開催しました。

 

今回も

参加者の方は10時間以上の過酷なテニスレースを乗り切って

自分のテニスの新しい方向性を見つけて帰りました。

 

その中で

今回の合宿や、講習会

前回の合宿を通して一つのテニスのコーチングの道しるべを見つけました。

 

それが

『フォーム練習』と『感覚練習』の同時進行の練習が

 

テニスをゲームでプレーするためには

必ず必要だということを確信しました。

 

あなたも

『練習で打てているのにゲームでは全く打てなくなる』

という経験はありませんか?

 

この問題を解決するために

今年に入っていくつかの方法でのコーチングをテストしていました。

 

出た結論が

●フォーム練習と

●感覚練習の

二つの練習を同時に行う事でした。

 

フォーム練習だけでは

ゲームでのプレーにつながらないのです。

 

ゲームでは

感覚的な部分での対応が必要となります。

 

その練習をすることで

やっと

 

練習の打ち方が

ゲームでも打てるようになるのです。

 

今年の上半期は

この気づきが僕のコーチングスキルを大きく上げてくれる

 

大きな気づきとなりました。

そして!

 

サーブです

サーブに関しても今年に入って

 

たくさんのコーチングアプローチを試しました。

そこで、オンコート生のみなさんや

 

講習会・合宿の皆さんが

大きな成果を上げてくれて

 

サービスの非常識理論スキルも

大きく確立されました。

 

今回の合宿では

●曲がるスライスサーブが打てるようになった方

●スピンサーブが突然打てるようになった人

●伸びのあるサーブが打てるようになってスライスにも挑戦し始めた人

●アングルにスライスサーブを打てるようになった人と

 

サーブでも大きな成果が上がりました。

 

これらのコンテンツをしっかりまとめて

またお届けしていきたいと思います。

 

こちらの詳しい情報は

メルマガでのお知らせとなりますので

 

テニスの感覚練習や

サーブの基本を理解してきっちりマスターしたい人は

 

下記のメルマガに登録しておいてください。

 

今回も楽しい合宿となりました。

 

南は長崎から、島根・和歌山・大阪と

全国から集まって一緒にテニスをするということが

 

一昔前では考えられなかった

テニスの新しい形となっています。

 

非常識理論は全国を飛び回り

少数精鋭でのマニアックなテニスでつながるチームです。

 

あなたもチーム非常識に入って

非常ラーとなってみてください。

 

ちょっと面白いですよ。笑

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【シングルバックハンド】片手は両手に打ち負ける!と、いまだに思っていませんか?

【片手バックハンドにチャレンジしよう】

 

あなたはフェデラー選手のような

シングルバックハンドを打ってみたいと思いませんか?

 

でも・・

片手は、両手に比べて力負けするから・・

 

なんて・・

10年前に言われていたようなことを

いまだに気にして、片手のバックハンドにトライしていないのなら

 

意識を変えて

かっこいいシングルバックハンドに

是非チャレンジしてください。

 

もちろん両手よりも

片手の方が『かっこいい』と言っているのではなく

 

片手に憧れがありながらも

『力負けするから』という理由であきらめている人に向けてお伝えしています。

 

僕もこの口です。

片手にあこがれながらも

 

シングルバックハンドが打てなかったために

両手に転向しました。

 

もちろん今は

コーチになりましたので

 

片手も両手も打てますが

当時は泣く泣く両手にしたことを覚えています。

 

あなたも

シングルバックハンドに憧ればあるのならば

 

あきらめないでください。

 

今は片手が

簡単に打てる時代です。

 

片手の方が守備範囲が広いです。

この恩恵は一般プレーヤーには大きいです。

 

理由は、守備範囲が広いと

走る距離が少なくて済むために、体に優しいからです。

 

ということで

片手のバックハンドの可能性をお伝えします。

 

 

■勝手が増える

 

これから片手のプレーヤーが

どんどん増えていきます。

 

守備範囲が広いために

単純にパフォーマンスが上がるからです。

 

もちろん高いボールや

低いボールの返球に対して

 

片手と両手の利点に違いがありますので

プレースタイルでの選択になりますが

 

その部分は動画にてお伝えしていますので

こちらのブログでは

 

なぜ片手のバックハンドが増えるのか?

 

について

僕の考えをお伝えしていきます。

 

 

■打ち方が変わって

 

ズバリ!

打ち方が変わったからです。

 

今までの

『押す』という飛ばし方から

 

『引く』という回転でのヒッティングになったために

 

片手では押すことが難しかったのが

引く動きでの回転でのヒッティングになると

 

片手のショットも

簡単に打てるようになったからです。

 

もちろんこれは

両手のバックハンドにも同じことが言えて

 

押すバックハンドは

速くボールに追いつく必要がありましたが

 

引く動きでのヒッティングは

速く追いつかなくてもいいために

 

パフォーマンスが上がる

つまり、楽にボールが打てる余力が出来る打ち方になったのです。

 

ま、時代の流れですね

テニスの変換期なので

 

男子プロが今

テニスが変わっています。

 

女子もそろそろ変わりますかね?

まだみんな、ガチガチに硬いのストリングに中厚のラケット

足を踏ん張ったパワーテニスですが

 

テンションを落として

ランニングショットやライジングを多彩に使うプレースタイルが出てくると

 

変換期に突入していきすね。

 

そこから

一般プレーヤーに降りてきますので

まだまだ先になりそうですね。

 

このテニスを

いち早くお伝えしているのが非常識理論です。

 

テンションを落として

足を踏ん張らずに、ライジングを使って

 

タイミングでの攻撃や

フットワークの軽いボレーのプレーでのテニス

 

マッケンロー選手やフェデラー選手のテニス

錦織選手もこのテニスでランキングを上げましたが

 

男子は他の選手も

このベースラインから下がらないタイミングでのテニスに変わったために

 

錦織選手はサーブがぐっと伸びないと

もう厳しい現状となりました。

 

と、

話がそれましたが

 

あなたが片手のシングルバックハンドに

憧れがあり、一歩踏み出せなくいるのならば

 

今一度チャレンジしてみてください!

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【ドライブボレー】これからの必須ショットになる!?

【ドライブボレーは必須ショットになる】

 

ドライブボレー打っていますか?

 

この質問に

『Yes!』と答える人は、どのくらいいるでしょうか?

 

プロの試合でも

ちょくちょく見るショットですね。

 

このショット

以外とトライしてみると、ためになります。

 

あなたのフォームの

どの部分が悪いかが、わかったりもします。

 

●コンタクトなのか

●振り抜きなのか

●面の作り方なのか

●ボール軌道の予測なのか

●ステップの合わせ方なのか

 

これらのチェックポイントが

わかりやすいとう利点もあります。

 

あなたもこの機会に

ぜひチャレンジしてみてください。

 

■ドライブボレーとは?

 

ではドライブボレーとは

どんなショットかというと

 

ストロークの打ち方で

ノーバウンドでボールをヒッティングする打ち方です。

 

この打ち方に関しては

動画にてお伝えしていますので

 

なぜこの打ち方が

これから必須ショットになると思われるかをお伝えします。

 

ドライブボレーは

ゆっくりコンタクトで打ちます。

 

というか

ゆっくりコンタクトではないと打てないのです。

 

もちろん

ゆっくりコンタクトでストロークを打っている人にとっては

 

とても簡単なショットになります。

 

 

簡単に打てるために

ひゅっとチャンスボールが来ると

 

あっさりと打つことができます。

 

以外と楽しくて

打てるようになるとはまりますよ。

 

見た目もカッコよく

ボールの威力が出るために

 

女性のバックへのチャンスボールは

このドライブボレーでのヒッティングがオススメです。

 

大きなポテンシャルを秘めたこのショット

非常識理論の打ち方ならばらくらく打つことができます。

 

楽に打てて

威力が出るこのショットは

 

これからの必須ショットとなりますね。

 

まだトライしたことのない方は

周りよりも先にマスターしておきましょう。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【安定したロブ】あなたのロブは乱れていませんか?乱れないロブの打ち方動画

【安定したロブの打ち方】

 

あなたはロブを

安定して上げることができていますか?

 

高いボールが苦手な人は

打ち方が乱れている可能性があります。

 

相手に高いボールを打たれた時に

『嫌なボールが来た・・』と感じるならば

 

今回の動画をチェックしてください。

 

高いボールの苦手意識を

克服することができるかも!

 

 

■高いボールのラケットの使い方

 

ズバリ!

高いボールの返球が苦手な人が

どのような打ち方になっているかというと

 

ラケットを大きく下に下げて

そこから高いボールに向けて

 

ラケットに勢いをつけて

ボールをヒッティングしている打ち方です。

 

この下から勢いをつけて

高いボールを打とうとすると

 

高いボールの返球が難しくなるのです。

 

 

では、

どうすれば楽に高いボールを返球できるかというと

 

高いボールに対して

高い位置にラケットをセットして打つ

 

という打ち方が

楽に高いボールを返球する打ち方になります。

 

高く構えたら

ボールを飛ばす勢いがつかない・・・

 

と感じている人が

とても多いのです。

 

実は高いボールが苦手な人の

共通の打ち方があります

 

それが

ラケット面を被せてしまっているという打ち方です。

 

高いボールをラケト面を被せることで

ボールが飛びにくくなります。

 

飛ばないために

下に大きくラケットを引いて

 

勢いをつけてコンタクトしようとしてしまいます。

 

この打ち方が

高いボールが安定して返せない打ち方になります。

 

 

■実践あるのみ

 

今回は動画にて

イメージをしっかり作ってみてください。

 

 

そして

高いボールが苦手な人は

こちらの動画のイメージでヒッティングしてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------