ゲームでコースを狙える人と狙えない人の打ち方の違い

【コースを狙える人狙えない人の違い】

 

今回は

『コース変更が出来る人出来ない人』

をテーマにお伝えします。

 

あなたはゲームで

コースをしっかり変えてテニスが出来ていますか?

 

『つい相手に返してしまいます。』

と言う悩みの方はとても多いです。

 

このコース変更が出来ない人の中で多いのが

『ボールを押すように打ち返している人』です。

 

これは非常識理論で言うところの

昔テニスの踏み込んで押すテニスの人です。

 

ボールを押し返すイメージのために

そのまま相手に帰る場合が多くなります。

 

反対に

非常識理論テニスは

 

ボール軌道にラケットをセットして

体幹の回転でボールのコースを変える打ち方のために

 

常にボールのコースを変えるテニスとなります。

 

同じ場所に返すと

テニスは相手に攻撃される確率が高くなります。

 

毎回違う場所に

ボールを返球したいところです。

 

この様にお伝えすると

『先にコース変更するとミスが出るからやめた方がいい。と言われます。』

 

と言う方がいますが

もちろん初心者のミスが多い方はその方がいいと思います。

 

ですが

もうワンステップアップしたい人は

 

相手より先にコースを変えて

こちらから仕掛けてポイントが取れる

 

ゲームを優位に進めるテニスに

レベルアップしていきたいのです。

 

そのための

先ずは始めのステップとして

 

コースを変える打ち方にトライしてください。

 

例えば壁打ちでボレーの練習をする際に

 

押すボレーの人は

同じフォアならフォアだけで

 

ずっと壁打ちをしてしまいます。

 

コース変更のボレーのイメージでは

フォアに来たボールをコース変更して

 

バックハンドに飛ぶように打ちます。

 

そしてそのバックでも

コース変更してフォアハンドに飛ぶようにします。

 

この打ち方で

フォアとバックを交互にボレーすることで

 

常にコース変更のボレーが身に付きます。

 

このイメージで

常にボレーやストロークを練習しておいかないと

 

相手の同じところに返すテニスになってしまいます。

 

そのイメトレとして今回は

コース変更のボレーのイメトレ動画をお届けします。

 

この押すテニスではない

コース変更のテニスの打ち方がもっと知りたい方は

こちらのメルマガに登録してもらえれば

このテニスがわかる動画をお届けしますので

覗いてみてください。

未公開動画メルマガはこちら

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

テニス関係者の会~in西船橋by川田さん(テニスサポートセンター渋谷)

【テニス関係者の会】in西船橋

 

昨日

テニスサポートセンター渋谷の川田さん主催で

テニス関係者の会というテニス繋がりの方々の集まり会が開催され

私も参加させていただきました。

 

とても有意義で

たくさんの方との交流ができ

思いもよらない繋がりも発見され

 

テニスの繋がりを再確認しました。

 

こちら主催の川田さんです!

いや~こんなにたくさんの方をつなげられる人って

なかなかいないですよね~

 

川田さんの人柄がみんなをつなげるんだな~と

物凄く感じました。

 

こちらは言わずと知れたスーパーテニス一家

プロテニスプレーヤー綿貫選手を育てたお父様

綿貫弘次さんです。

グローバルプロテニスアカデミー

3人の息子さんをプロ選手に育て上げた

そのコーチングスキルをお聞きしたところ

 

柔軟な考え方と

選手を考え、押し付けず、押さえつけないスタイルで

 

それでいて365日生徒を受け付けるテニスへの情熱をお聞きして

指導者と言うのはこうあるべきだと感動しました。

 

そこにあるものを肌で感じさせていただくことが出来ました。

ありがとうございます。

 

最近のスポーツ界の不祥事事件に始まる

今の丁度トップの方々世代特有の威圧感による指導スタイルと

 

他を排除して新しいものを入れない

囲い込みの風潮を排除しきれないチームは

この先の伸びはなくなりますね。

 

柔軟な考えの目上の方のお話は

本当に染み入る貴重なキャリアとなりました。

 

こちらはテニスショップボールボーイの石割さんと

テニスコーチ星野さんです。

石割さんは僕の恩師の先生の

大先輩というつながりでした。

 

こちら毎日庭球日の

橋口コーチです。

毎日庭球日

橋口コーチは

動画添削で同じシステムを使っていたり

同年代だったり

岡山のゴローコーチ夫婦とお知り合いだったりと

話が満載でした。

 

テニス雑誌スマッシュの編集長

保坂さんともお話しをさせていただきました。

たくさんのコーチの方々と

貴重な情報交換をさせていただき

とても有意義な時間となりました。

 

川田さん

またまた次回もよろしくお願いします!

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【スマッシュの予測】~ロブの簡単予測方法~

【ロブの簡単予測】

 

今回は

スマッシュの予測

ロブの予測についてお伝えします。

 

『もしロブが予測出来れば』

 

◇スマッシュが打ちやすくなります。

◇スマッシュの決定率が上がります。

◇ロブで抜かれなくなります。

 

このためには

ロブを予測する必要があります。

 

今回は

簡単なロブの予測方法をお知らせしたいと思います。

 

その方法は

ズバリ!

 

『ロブで待つ』です。

 

・・・ちょっと意味が・・

分かりにくいですよね。

 

ざっくり説明すると

 

〇ボレーで待っている時にロブが来るのと

〇ロブを待っているところにボレーが来るのと

 

どちらが打ちやすいか?

と言う事です。

 

ボレーで待っている時に

ロブを上げられるから難しいですよね。

 

下がらないといけないし

上を向上げないといけないし

 

ではロブの構えから

普通のボレーがきたらどうでしょうか?

 

〇前に進むだけ

〇上を見上げなくてもいい

明らかに打ちやすいです。

 

ちょっとここでは

『チャンスボールを詰めることに送れる』という

少し上級者のご意見は置いておいて

 

ロブがうまくスマッシュできない方は

スマッシュで待ってボレーの方が簡単です。

 

実際にこの動きは

『もちろんロブを待つ』と言う事で

 

上級者の方は行っています。

 

あなたも一度ロブ待ちで待っておいて

そこからスマッシュやボレーをヒッティングすることを

 

一度試してみてください。

これが意外と簡単なのです。

 

ざっくり説明しましたが

動画でもそんなに説明は変わりませんが

 

最後まで見るといいことがありますので

こちらの動画で確認してみてください。

 

この動画にピンときた方は

メルマガでより詳しい動画がありますので

メルマガ登録をしてチェックしてみてください。

登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【テニス】低い短いボールの打ち方~短いボールの返し方を教えます。~

【低い・短いボールの打ち方】

 

あなたは

低いボール・短いボールを

しっかり打ち返すこと出来ていますか?

 

今回はこの

短く低いボールの返し方をお伝えします。

 

意外と難しく

意外と練習したことがないために

 

うまく返せない人が多いのがこのショットです。

 

ボールが短く低い打点になる

下から持ち上げるスピン系の打ち方では打ちにくいボールが対象です。

 

このボールは

スライスで持ち上げる打ち方になります。

 

今回は

このショットについてお伝えします。

 

■ラケットの使い方

 

今回のキーポイントは

『ラケットの使い方』です。

 

どのような使い方かと言うと

『グリップエンドからリードさせる動かし方』です。

 

基本的にストロークは

ラケットヘッドから動いていきます。

 

その打ち方ばかりで打っている人は

低いボールのスライスは打ちにくいと思います。

 

通常のスライスショットを

グリップエンド側から動かしてヒッティングしている方は

 

低いボールは打ちやすいと思います。

 

このグリップエンドからリードさせて

ラケットを動かす使い方が今回のキーポイントです。

 

■ラケットの使い方

 

ではその

グリップエンド側からリードさせる

ラケットの使い方はどのようになるのかと言うと

 

ラケットヘッドをグリップより下に下げて

低いボールが膝を曲げなくてもヒッティング出来るようにします。

 

その形からグリップエンドを上に引き上げると

下のラケット面もボールを上げる動きになります。

 

この際に

ポイントとしてはボールにサイドスピンをかける

ラケットの使い方になります。

 

このサイドスピンをかける使い方が

低いボールに対して膝を曲げなくても楽に持ち上げる事が出来る

 

非常識理論の

低いボールの返球方法となっています。

 

このイメージを持って

今回の動画にてイメトレしてください。

 

今回の動画で何かこのテニスに閃きを感じた方は

未公開動画をお届けするメルマガを配信していますので

下記に記載していますので覗いてみてください。

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【オムニコートでのシングルス】必須ステップのスライドステップ使えていますか?

【オムニコートでの必須ステップスライドステップとは?】

 

あなたは

スライドステップを使っていますか?

 

今回は

スライドステップについてお伝えします。

 

今回はさらにスライドステップの中でも

『スライドセット』のステップをお伝えします。

 

このスライドステップでは

ギリギリのボールを滑りながら返球するステップと

 

ボールに入る際に

足を摺り足のようにセットするスライドセットがあります。

 

今回は後者の

摺り足でセットするスライドステップをお伝えします。

 

■摺り足のメリット

 

ではこの

スライドステップで足をセットするメリットをお伝えします。

 

それは

〇重心のブレが少ない

〇足の負担が少ない

この2点が利点となります。

 

走って足をバチッと決めるときに

体は意外とブレています。

 

この際に

脚力がある人ほどブレない

体幹が強い人ほどブレない

 

もちろんこの様に

フィジカルのポテンシャルが高い人は

 

どんなに激しく動いても

バチッと体を止めることが出来ます。

 

が・・・

 

一般プレーヤーは

そんなにフィジカルが強い人ばかりではありません。

 

その際にこの

『スライドセット』

 

スライドステップでボールに入ると

体がブレにくくて足への負担も少ないステップとなります。

 

それだけに

このステップは簡単には出来ません。

 

無理やりやろうとしても

ねん挫の可能性があるために正しく練習する必要があります。

 

今回は動画にてお伝えしますが

摺り足のイメージで、摺り足でボールに入る意識にすると

 

ねん挫のリスクが少なくなります。

 

これが大切です。

スケートのように滑るイメージは無くしてください。

 

そろりそろり~です。

 

どこかのお笑い芸人さんの

『そろりそろり』のステップで

 

ボールに入るのです。

 

これで体がブレない

足への負担の少ない入り方になります。

 

今回の動画にて

これをイメージしてトライしてみて下さい。

 

今回の動画にて

何かこのテニスに閃くことがあれば

他のショットも詳しく説明した動画が届くメルマガがありますので

下記より登録して動画チェックしてみてください。

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

非常識理論を詳しく知りたい方は

メルマガを配信していますので

こちらから登録してください。

メルマガ登録はこちら

-----------------------------------------------------------------------------